孫さんのあれこれ雑記

孫右衛門運営、「郷愁小路」シリーズ 一番アウトサイドに位置するこちらまで ようこそおいでくださいました。 郷愁小路本編で受けるイメージとは 随分違うと思いますが、 むしろこれが私の本来の姿に近いと思います。 こちらでは、古い町並の話は一切なしにします。 私の興味あるさまざまなことを取扱います。

カテゴリ: 松浦亜弥

今日7月14日。ここ最近は何とも無しに通り過ぎる事もあったが、松浦亜弥さんのライブに初めて参加した日だ。今年は5年になるということからか、さすがに思い出した。

以前のマニアックライブシリーズの映像をネット視聴していて、もともと音楽ライブに参加することは趣味にない私でも、このライブだけは心から臨席したいと思ったのがきっかけだった。
ファンクラブ限定のこのライブ開催を知ったのも1ヶ月前と遅く、しかもその時点ではファンクラブ会員でもなかった私は参加できるはずがないと最初諦めていたのだが、複数の偶然ともいえる幸運にも恵まれ参加にこぎつけることが出来たのである。
(詳しくは  

今日、このライブのことに思いを寄せている人は少ないと思われるが、私にとっては、そういった経緯もありとても思い入れのあるライブとして今でも強い印象に残っている。5年にもなるのかと改めて思う。
当日の映像は何度か貼付したことがあるが、今回はこの曲。参加した回の最後に歌ったもので、ひとしきり余韻を引く歌声だった。


折しも、先日第二子を妊娠中である旨が報じられ、ファンの間でひとしきりの盛上がりを見せたところだ。もちろん、祝福の気持は私も変わりない。
『来年ぐらい2人目が誕生して、付きっ切りにならなくなる3・4歳頃に、マイペースながらぼちぼち再活動の方向に向うのではないか』との見立てを2016年5月に書いている。やや遅れがちにはなったといえ、そうなってほしいものと願う。

しかし、現状で活動休止状態が長引いてきて、復帰するかどうかも今は全く不透明な中で、復帰の形を思い続けることには正直しんどいものを感じるようになった。
彼女の将来について、これまで時折ややきつい内容の書き方をしたこともあったが、それだけの期待が出来る人と思っているからだ。
しかし最近は、少し迷いが生じていたともいえるだろうか。今回の妊娠報道を受けて、わたしもやや「小休止」といったところだろうか。

しばらくは、以前良く聴いていたアーティストさんの曲を聴き返したりして過すことになるだろう。

しかしもちろん、松浦亜弥さん、松浦亜弥さんの歌声が好きなことは今でもこれからも変らない。

今日は松浦亜弥さんの誕生日だ。

もう32歳になるという。早いものである。
ネット界隈はファンのコメントなどでひとしきり賑わいをみせている。

先日から歌声を見聞きした二人の女性歌手に、思わず彼女の将来の姿を重ねてみていた。
古内東子さんと今井美樹さんだ。
古内さんは今年デビュー25周年。ピアノの弾き語りを中心としたライブで初めて生の歌声を聴いた。
今井さんは、久々に歌番組に登場し変らぬ美声を披露していた。
中堅からベテランに差しかかろうとする古内東子さんと、デビューから32年を数えベテランの領域に入った今井美樹さん。
特に今井さんは彼女が生まれた年から歌い続けているわけだ。
二人とも長期間歌うことを止めたことはない。

人にはそれぞれ選んだ、そして歩むべき道程がある。なので素晴らしい歌声を持っているからといって、歌い続けなくてはいけないという義務はない。
ただ私としては、古内東子さんや今井美樹さんを超えるものを松浦亜弥さんの歌声に感じているわけなので、それが残念で、歯がゆくてならないわけだ。

コメントには、幸せで居てくれればそれでよいといったものや、懐かしいライブを見たい、みたいな意味合いのものも少なくない。
しかし私はそれでは満足できない。
再び姿を見せたといってもそういう姿での「復活」なら、私はもう彼女から徐々に離れていってしまうことだろう。

こういう希望要望を持ち続けることは、無駄なことなのか。
古内東子さんや今井美樹さんに仮託して彼女の将来を夢想するのは、もはや意味のないものなのだろうか。

そうは思いたくない。

k4lds-1



松浦亜弥さんに関する記事。

前回は昨年10月だったので久々だ。

もちろん彼女の歌声に魅力を感じなくなったからではない。
何度も書いてきたように別格の歌声は決してわたしの中で色褪せ消えることはない。

でもやはり、活動をしていないということは大きく、改めて記事をこしらえるという機会が訪れにくいのだ。

全盛期と呼ばれる時代の姿に遡って、アーカイブ的定期記事を取り上げていく手もあるかもしれない。
しかしわたしはその時代にリアルタイムではなく、思い出も思い入れもないため、それは難しい。
そのため、今後も新たな話題がなければ、基本的には書く事がないわけだ。

最近何やら引退宣言をする有名人のニュースが続いている。

それらを見て改めて思うと、彼女は引退宣言はしていないのである。
再活動時期は確かに直近ではなさそうとはいえ条件が整えば歌を披露する気持は持っているのは間違いないと信じている。

ただその時期が余り遠ざかると、戻っても並の歌手の一人に・・。
そうならないことだけは願いたいのだが。

IMAG0008_2s-1

松浦亜弥さんの動画。
睡眠時間が削られるほど視聴しまくった時期もある。

最近は音楽動画としてはどのようなものを視聴しているかというと、10代の頃に聴き馴染んだ曲をランダムに聴きまわることが多くなっている。
中高生の頃は部屋にTVはなく、FMラジオばかり流していたので、その頃の曲の多くは記憶にあり、懐かしさを感じるからだ。
今や動画サイトではそのような音源も不自由する事もなく聴くことができる。もっとも勇をふるって映像をUPしたが削除対象になる事も多いようで、UP主さんも大変だが、そのためおお懐かしいと言ってそれっきりで刹那的な出合に終わる曲も多い。

これもある意味松浦亜弥さんの副産物と言えるので、感謝している。

いや、そこで思った。
松浦亜弥さんの動画ですら、わたしの今書いたように感じて視聴している人も、もはや多くなっているのではないか?
もはや半ば過去のものになってしまっているのか?
そのようには思いたくない。

しかし一方で、未だにネット動画の影響を受けて新たなファンが生まれているのを実際目にしている。しかもその数は少なくない。
私もそうだったが、ネット動画のみで熱烈なファンになるという力を持っているわけだ。

わたしは運よく滑り込みで生歌を聴けたのだが、いつかそのような新しいファンも含め、満足できるようなステージに触れる機会が訪れないかなと、最近しきりに思うところだ。

ブランクが長くなりすぎて、錆び付いてしまわぬうちに・・。

松浦亜弥さんのオリジナルアルバムとしては4枚目となるこの「ダブル レインボウ」

収録曲の中に同名曲があり、またその年には同じ名前のコンサートツアーも開催された。

CDのラベルを確認すると、2007年10月10日と印字されているから、発売からちょうど10年になる。
ファンによっても様々だろうが、わたしはアルバムとしては、この「ダブル レインボウ」が一番好きだ。

当時、CDショップでこのアルバムが並べられていた光景は今でも覚えている。
しかし、当時は彼女の一般的イメージが先立って手に取る事もしなかった。
そういうミスマッチから、その絶好調の時期に触れることを逸してしまったファンも少なくないのではと思う。

わたしがこのアルバムを手に取ったのは2013年、実に発売から6年も経過してからだ。
しかし遅れ馳せながら感じたことは、まさにこの頃、本人的には(これまでで)一番充実していた時期と言えるのではないかということだ。

その一番の理由は、このアルバムでの歌声からは一生懸命さ、そして充実感が一番伝わってくるからだ。
創作されたアイドル時代から、みずから表現力を存分に表すことのできた最初の一枚のように感じる。
歌声が伸び伸びしていて、とにかく聞いていて気持がいい。

一時は部屋を暗くしてその歌声に何度も何度も聴き入った。
あるときはヘッドフォンでそれ以外の音を全てシャットダウンして。



これは、発売後のコンサートツアーでの収録曲の歌唱シーンのひとつ。

このツアー中には自ら絶好調というほど充実していたこの頃。
これほどとはいわなくても、歌うことに情熱を傾けてくれる日は来るのだろうか。

やはり、わたしはこの続きが見たい。

昨日、久々に松浦亜弥さんの情報がネット上に。
現在の所属事務所を移籍するとの話題。
SNS上で他のファンからの情報で知った。
それにつれてファンの間での様々な思いが垣間見られた。

3月頃、某週刊誌で再活動を匂わせる記事があったが、それとの関連性も感じられるし、何時かは別として再び歌が聴ける日が来ることは間違いないと見て良さそうだ。

実際、これまで所属していた事務所を離れると言うこと自体は、メリットあると思う。
余り批判的なことは書くつもりないけど、その事務所は全般的に、所属している人の扱い、ファンや一般に向けてのアピールなどは余り得意でないと感じている。
それに私の場合、それまで好んで聞いていた歌手の人と並んで、彼女のファンであるという位置づけだったので、その事務所に所属している他のグループ等への関心はなかったし、逆に復帰しても何だか内輪的なものに終始してしまうのではないかという心配もあった。
わたしはあくまで、復帰するのならイメージチェンジした1歌手としての姿を見たい。既に活動後期にはその片鱗がうかがえていたが、その姿は世間にはほとんど知られていない。そこに私の彼女を応援するエネルギーの多くが注がれているといってよい。再デビューするなら改名してもよいとまで思っているほどだ。
なので、復活ライブだけとか、焼き直しのような活動だけではもったいないし、意味がない。
一時的な一般受けはよいだろうが、それだけで終わってしまう。

古くからのファンの人たちを中心として、彼女へのアプローチはハロー系やアイドルとしてが多いと思うし、このニュースに寂しさを感じている人も少なくないだろうが、私はそのようなことでファンとして毛色の違う少数派?なので、事務所脱退自体は良い方向だと思っている。

では、移籍先はどうか。旦那さんグループの「個人事務所」ということだが、そこにもすこし不安が淀む。間違いなくここで復帰となれば、イメージチェンジにはなるだろうが、完全に旦那さんの傘下でのプロデュースなどとなれば、個人的には、どうも抵抗を感じてしまう。
それはもっと先であるべきではないか?
こんなことを思ってしまうのは、私はまだまだだということだろうか。

proxy

何だか以前も書いた気がするが、活動休止期間が長引くにつれ、一時のがむしゃらさは落着いてきた代わりに復帰後の要求が高くなって、頑固なファンになってしまったきらいがある。

でも実際出てきた時には、どんな形にせよ、全てに寛容になって受け入れてしまうのか?
そんな気もしている。

期待半分危惧半分で、どんな姿になるのか、しばらく楽しみにしておくとするか。

このページのトップヘ