孫さんのあれこれ雑記

孫右衛門運営、「郷愁小路」シリーズ 一番アウトサイドに位置するこちらまで ようこそおいでくださいました。 郷愁小路本編で受けるイメージとは 随分違うと思いますが、 むしろこれが私の本来の姿に近いと思います。 こちらでは、古い町並の話は一切なしにします。 私の興味あるさまざまなことを取扱います。

カテゴリ: 気象・季節の話題

昨年の8月19日の夜、私は人に誘われ店で飲み食いしていたところ、外から大きな雨音が聞こえた。
それから間を空けずして、店内が時折一時的に停電した。雷鳴も聞こえた。
その時は一旦収まり、帰宅したのだが、翌朝テレビをつけた私は愕然とした。
市内北部の丘陵に接する住宅地が、泥流に呑み込まれているではないか。
広島市北部で発生した未曾有の土砂災害の日である。

当日、大気が不安定で局地的な雨や雷雨の予報は出ていたように思う。
ただ、このような大きな災害につながる集中豪雨は想定されていなかった。
暖かく湿った気流が一点で合流して、山脈のように積乱雲が連続して流れ込んだのだそうだ。

天気図や上空の気流の流れなどから、おおよその天気傾向は予報できても、このような局地的な激しい現象については現在のところ予報技術の限界がある。
そうしたものをカバーするのは、個々の用心する心はもちろんだが、その土地に古くから根ざした災害の言い伝えなども役立つものである。地名からでもそれが読み取れ、この土砂災害発生箇所でもそれをにおわす地名が残存していたと聞く。

繰返すが災害の予測は、難しいものがある。

今年春には、箱根地区で火山活動が活発になったことで一部地域に入山規制が敷かれた。
幸い、今のところは大きな被害を伴う事態にはなっていないが、メディアでも大袈裟に報道されたこともあり、風評被害に遭っただけとの考えもある。
しかし、大規模な災害が発生していたら、どうなっていただろうか。

折しも、桜島でも大規模な噴火の可能性のある変状が観測され、一部の住民に避難勧告が出されている。
それから数日経過しているが現在のところ大噴火は発生していない。これも、このまま日時が過ぎると、騒がれただけ損だった、迷惑事のように考えられるのだろうか。
結果的に目立った被害が生じなくても、万一住民の生活を脅かすほどの災害が発生した場合とを天秤にかければ、どちらが良いといえるだろうか。
予測されている災害は、それだけでまだ幸いといえるのではないだろうか。

身近なところで発生した災害から1年ということで、そのようなことを考えていた。

P1100479
昨年の土砂災害時に出現した「たる募金」

先日、長野県北部を震源に発生した規模の大きな地震は、9月に町並探訪をしたばかりの地域でもあり心が痛んでいる。特に重要伝統的建造物群保存地区とも なっている白馬村青鬼集落、発生翌日頃集落への村道が崩壊しているとの情報を聞いており心配である。ただ以後続報が入ってこない。建物への被害はなかった のかと。
今回の地震は糸魚川から静岡への構造線に沿った動きで、専門家によると、今回動いたのは付近にある断層帯の一部で、今後南側に連なる別の断層帯が一度に動いて、わが国最大の内陸直下型地震とされている濃尾地震に匹敵するほどの大地震となる可能性も示唆されている。

地震大国ともいえるわが国、伝統的建物に限ってみてもとても不利な条件といえる。たとえば欧州でのそれは石造の建物が中心なのに対し、日本は圧倒的に木造建築が多い事もそれに拍車をかけている。

一 度規模の大きい地震に見舞われると、古い町並を構成する建物は当時としては破格の頑丈かつ立派なつくりだったとはいえ、その修復は難しい。この5月に私は 茨城県の真壁という町を訪ねたのだが、東日本大震災による爪痕が未だに濃く残っていて、ブルーシートや単管足場に覆われた古い建物が多く視界に入ってきて 辛かった。ここも重伝建地区、青鬼地区同様、早く健全な姿を取り戻してほしい。

昨日、気象庁から8月の天候まとめが発表されたが、西日本の日照時間は記録的な少なさであり、かつ降水量は大変多かったという。
それは私も実感す るところであり、梅雨末期に逆戻りしたかのような曇天や雨が続いたというイメージしかない。全国各地で大雨被害が発生し、地元でも未曾有の土砂災害に見舞 われた。幸い被災地区は大きく離れた地区であったが、自宅から見える丘陵も大規模に宅地造成され、斜面に接していることを考えるといつ災害に見舞われるか 分からないものがある。

気象庁は今日の会見で、今回の大雨と日照不足を「30年に一度の異常気象」であったと発表したという。
確かに、今回の8月の天候まとめを見ると、日照時間の短さを記録した地点では1980年についで2位という箇所も多い。この年は全国的な大冷夏であり、私は小学校の登校日にこんな日にプールで泳ぎたくないとの理由で欠席したのを覚えているほどだ。

しかし私が気になるのは、最近、温暖化に結び付けて何でも異常、異常と騒ぎ立てることだ。
こ の気象庁発表の記事に関連して、ある人のコメントに、江戸時代の頃は頻繁に飢饉が発生していたことを考えると、20世紀の気象がたまたま安定していただけ というのがあった。当時より農業技術や気象学が格段に発達していることを差し引いても、現代の状況が異常であると結論付けるのは私も歓迎しない。

と はいえ今回の土砂災害も、私にとっては楔を打ち込まれるような衝撃を受けた。地元の人も知らない人が多かったらしいが、災害が頻発する土地であると古い地 名が示していたらしい。私のところは安心といえるところはまず無いといってよい。どんな災害が起りやすいか、また発生の際の避難経路を想定しておくだけ で、いざというときに随分違ってくるのではないだろうか。

天気予報のコーナーで、個人の気象予報士の姿をあちこちで目にする。事業所等に所属されている方もいるようだがこれは数年前までは見られなかったことである。気象庁とは別に個人的に予報ができることから、天気予報、気象の世界も随分規制緩和されたなというところだ。
ただ少し気になるのは、一部ではアイドル的な人気を博している女性予報士もいるように、一部タレント化した姿が目立つことだ。まず女性が多いこと自体に驚く。
また視聴者にわかりやすく説明しようとするばかりに、なんだか稚拙な言い方になったり、この人本当に予報士なの?と疑いたくなるほど気象に対し素人のような発言をする人も一部に見られる。
私は小学4年の頃からラジオの気象通報を愛聴し、中学のテストでは試験勉強0で満点を取ったほどの気象好きなので、そのくらいは見抜いてしまう。

先週末に太平洋上に台風が発生し、数日後には沖縄の近海で猛烈な勢力に発達し過去最大級の勢力で接近するという話題がネットそしてTVでも報道され始めている。
台風が発達する要因として、海面水温の高さがあり、高いほど水蒸気の供給を多く受けるのだが、現在既に沖縄近海まで30℃前後となっており盛夏時並の高さとなっている。そのため台風シーズンと同様の発達をし影響も大きいだろうというのだ。

この予報、そして実況など、各予報士がどのようにこなすのか、非常に興味がある。

テレビでの相変わらずの東京偏重。これはある程度やむを得ないこととは思うが、やはり特に民放において、ワイドショーの域を出ない報道姿勢は何だかもう諦めに似た感慨を抱いてしまう。
しかし、それも致し方ないのかなと、痛切に感じた事例が最近発生した。キー局が全て東京にある以上、どうにもならないことなのだろう。

これは、最近ツイッターをはじめ出したことで特に身にしみたのかもしれない。甲府で1m超という、120年の記録を2倍以上も上回るまさに未曾有の豪雪が発生した時だ。
こ の実態を全国で大体的に放映しだしたのは発生後2・3日も経ってからだ。太平洋側に属する山梨県にとっては想像を遥かに絶する豪雪で、報道も身動きできな いのは理解できる。しかし、ツイッターではリアルタイムでその凄まじさがネット上を飛び交っていた。日本海側の豪雪地帯でも1日で1mも降れば災害級なの に、それが山梨で降ればどんな事態になるのかは想像に難くない。
報道に携わる方々は、一般人よりはネットの情報にも敏感なはずなのに、全く取り上げないとは何たることかと。私はどんどん寄せられるツイートを見ながら苛立っていた。

しかし、冷静になって考えると、それも無理からぬことかと思う。
雪の害は地震や台風といったような激しい自然災害とは異なり、非常に緩やかな形で襲う災害である。
し かも今回のケースは太平洋側の豪雪という、これまでにほとんど例を見なかった災害である。私は子供の頃から気象に興味があって、気象通報を小学生の頃から 聞き、中学校の時に理科で気象分野のテストだったとき、全く試験勉強などしなくても満点を取るなどある意味気象マニアだった。そんな私でも想像を絶する猛 烈な山梨や関東内陸部の豪雪であった。素人の私どころか気象庁を始め専門家ですら予報の域を超えていたと述懐するほどの事象だったので、情報の遅れや混乱 はある程度致し方なかったのかもしれない。

こういう時、ツイッターの情報を活用するのはかなり有用と思う。またウェザーニュース社がやっているように、会員からウェザーレポートをリアルタイムで提供を受け、天気予報ではカバーしきれない局地気象の把握ができれば、災害の発生を少しでも低減できるのでは、と思う。

近年、極端な気候による災害が増えているように思う。それは地球規模の温暖化の影響か、いや一部では太陽活動の低下により小氷河期に入りつつあるという研究科の見解もある。
これまでにもまして気象情報に関心を持つべきだと、認識を新たにしたところだ。

このページのトップヘ