孫さんのあれこれ雑記

カテゴリ: 音楽など

まずはいきなり映像から。

「卒業写真」この曲についてはもう説明するまでも無く、松任谷由実さんが荒井由実時代にリリースした、いわずと知れた名曲中の名曲である。



この映像では、1コーラス目は徳永英明さんが歌い、その後松浦亜弥さんと「いきものがかり」の吉岡聖恵さんが交互に歌っている。

松浦亜弥さんの他のアーティストさんとのコラボレーション動画も、私は結構好んで見ている。
中には絶妙の調和を見せる珠玉のコラボ物もある。

しかし、ここでの彼女の歌唱についての私の率直な感想を言うと、実は余り来るものが無いというのが正直なところだ。
共演者がどうとかいうより、アレンジが少し合っていないようにも感じる。

動画を挙げておいてこう書くのも妙だが、この映像を引き合いに出したのは、コラボ物について書くためではなく、単に「卒業写真」を彼女がソロで歌った映像がないからだ。実際どこかで歌った場面はあったのかもしれないが、映像としてネットで得られる限りは存在しない。

そもそも何故「卒業写真」のことから切り出そうとしたかというと、この曲の今井美樹さんのソロ歌唱を耳にしたことがきっかけだ。
最近のことではなく1年ほどにはなるのだが、その歌声を聴くと、荒井(松任谷)由実さんのオリジナルとの大きな違いを感じることができるのだ。

そのオリジナル音源を直接ここに挙げるのは、はばかられるので、公式映像を貼付しておく。
(フルコーラスではありません)



なんと言う優しい歌声だろう。荒井(松任谷)由実さんの歌声が頭に刻まれている方が多いと思うし、詩の内容からも本来はその方が相応しいと思うのだが、こんな「卒業写真」もあるのだと。

そしてやはり次に思ったのが、これを松浦亜弥さんが歌うとどんな感じになるかというところだ。

コラボで歌ったのはやはり私個人的に気に入らない。もっと本人に合ったアレンジでソロで通しで歌ったら、どんな曲になるかを見たいのだ。
比較的シンプルなメロディーラインであるので、歌唱力よりも表現力で勝負する部分が多いかに思われる。私は彼女の歌の魅力は、歌唱力もさることながらその比類ない表現力と思っているので、ぜひともこの曲の真正面からのカバーを見たい。


松浦亜弥さんのカバーという面では、ぜひとも聴きたいと思うのがもう1曲ある。

河合奈保子 「けんかをやめて」

 https://youtu.be/ecyatQfHvqs
(状況によって抹消する可能性があります)。

この曲は、わたしが小学校高学年の時に流行った曲だ。
子供心に、いい曲だと思ってTVなどで流れると耳を傾けたのを思い出す。

「卒業写真」とは違い、表現力はもちろん歌唱力もかなり要求されるメロディーラインと思う。

この「けんかをやめて」、作詞作曲は竹内まりやさんだ。
竹内さんは彼女に楽曲提供もしているし、また色々な面で接点も多かったのだから、カバー集などを出すという機会があれば、ぜひともこの曲を歌ってほしいとずっと思っている。
それもアルバムの1曲目がいい。
松浦亜弥さんの生れる前に発表された曲だが、この曲は多分竹内まりやさんつながりで知っている?はず。

追伸
今聴き直して、河合奈保子さんの歌唱力の高さを改めて感じる。
河合奈保子さんは当時アイドル歌手という括りだったと思うけど、今の認識なら間違いなく本格的歌手だ。
今のジャンル分けに当てはめると、どちらかというと歌謡曲に近いかもしれない。
こういうタイプの歌手が今ほとんど存在しない、いや存在していても注目されないことは、寂しいことだ。
以上、ちょっと余談。

このアルバムは、今井美樹さんの3枚目のオリジナルアルバムで1988年発売。

それより前、中学から高校のはじめにかけては、空前のおニャン子ブームといったものが巻き起こっていた。
ブームの核心世代は5歳くらい上だったのだろうけど、私も例に漏れず夕方の番組を見、クラスの仲間とは誰が好みやらどうやらといった話題が頻繁に湧き起こった。
今の数々の一大アイドル集団と、形は違えど内容は似ている所も少なくないように感じる。
何せ仕掛けは同じ秋元康氏だ。

なので、私の初めて購入した楽曲というのも、メンバーの一人だった渡辺満里奈さんのアルバムだった。
CDが普及し始めた頃で、最初はカセット版で買い、後にCDで買いなおした。そのCDは今でも手元にある。
しかし今思い出すと、渡辺満里奈さんは大好きだったのだが、ではグループ全体の歌はどうだったかというと、正直余り興味なかったようだ。

おニャン子ブームが去った頃、私は部屋にいるときにはずっとFMラジオを聴いていた。あの時代にネットがあれば私はどうしていただろうか。部屋にTVを置かせてもらえなかったのでラジオが唯一の娯楽だった。
FMラジオからはさまざまなアーティストさんの楽曲が流れてきた。

渡辺満里奈さんの場合はもちろん明確な理由があったのだが、今井美樹さんをはじめこの頃手にしたアルバムというのは、そのきっかけが思い出せないものが多い。
恐らくFMラジオで歌声を聴いて興味を持ったからだろう。

さてこの「Bewith」、私が買った初めての今井さんのアルバムであり、またアーティスト系の歌手のアルバムだった。今聴き直しても若々しく綺麗な声に魅了されるのだが、歌詞やタイトルに再婚とかいった当時20代半ばである今井さんが歌う内容としてもなかなか大人びているものが含まれていた。もちろん当時の私にはそのような歌詞を文字としては理解しても、真意を理解できるはずもなかった。しかしとにかくその声の美しさは陶酔するようでもあり、そしてその歌声が自然に体に浸透してくる感触はそれまでに味わうことの無かったものだった。しっとりと歌い上げる曲が多いのも私の好みにあっていたのかもしれない。
渡辺満里奈さんの歌唱力についてはここでは言わないが、本当の歌手の歌声に始めて身近に接した気がした。

このアルバムを手にしたことが、私の好んで聴く音楽のジャンルというのを位置づけたような気がする。

今井美樹さんのライブ映像等は、第三者による動画掲載が相当規制されているようで、このアルバム曲のものがほとんど存在しない。

このアルバムのものではないが、今井さんの代表曲の映像を一つ置くことにする。

私のUPしている映像のごく一部にMisiaのライブ映像がある。沖縄で行われた「Candle Night」という屋外ライブのものだ。この曲のオリジナルは加藤登紀子さん。


そのうちの一つ、この映像に数日前にこんなコメントが寄せられた。

『やはり、激動の時代を生きてきた加藤登紀子にしか歌えない。これはミーシャの歌として聞くにはいいけど、この歌の激動を表すには若すぎて透明感がありすぎる。』

ふとわれに返った、そして深く考えさせられるコメントというのが正直なところだ。

この曲、耳にしたことはあって全く知らない曲ではないはずだった。しかし私はこの映像に触れて、Misiaの歌声によってはじめて染み入って来たわけで、加藤登紀子さんの原曲を意識して聴いた事も、もちろんなかった。
加藤登紀子さんのファンや、加藤さんの曲で馴染んでいた人には、このMisiaの歌声を聴いて違和感を感じる人もあるのだろう。

年齢的には30代後半のMisiaもまもなくデビュー20周年になるし、実力派の中堅どころとしては十分なものを持っているはずなのに、それでも若すぎるといわれるのである。

加藤登紀子さんのような超ベテランの域に達しないと本当の意味で歌いこなせない曲。

勢いと歌唱力、歌声の張りだけでは聴くものに真の説得力が伝わってこないのだろうか。
それには、コメントにあるように負の事も含めてさまざまな人生経験を積まないと達し得ないものなのか?

Misiaの楽曲は、数年前までの長い期間、車で遠出をする時や、たまに気が向いた時にアルバムを手にとって聴くくらいの淡い期間が続いた。そんな盛大な間欠があるし、最近になってライブに足を向けるようになったとはいっても決して熱心なファンというわけでもない。
しかし、デビューから3作目のアルバムくらいまではかなり熱心に聴いたし、それらの詩は自然と思い浮かぶくらいなのだから、一応初期からのファンと言ってもよいだろう。

これから歌手として人間として経験をもっと積み重ねることにより、このような歌に説得力を帯びてくるはずだ。初期の姿から知っているのなら、これからそれを楽しみにしようではないか。

それがこのコメントを見ての最終的な感想だ。

最近、YouTubeで尾崎亜美さんの楽曲を視聴していて、ふと思ったことがある。

松浦亜弥さんとの共通点を覚えるアーティストを挙げよといわれると、私は尾崎亜美さんと迷わずいうことだろう。
尾崎亜美さんの曲は、学生の頃から親しんでいた。その頃の私は結構背伸びして大人の曲を聴いていた。
若い人ならともかく、ベテランの方の年齢を明記するのは憚られるので、私を基準にするとちょうど松浦亜弥さんとの年齢差をちょうど年長側にひっくり返した位が尾崎亜美さんだということで濁しておく(笑)。

しかしそのように親子ほどに年齢が離れているのに、二人に同じような魅力、共通するものを感じる。
後になって松浦亜弥さんの歌声から受けた衝撃は、尾崎亜美さんの楽曲を聴きこんだときに受けた感触とかなり共通しているものを感じるのだ。

それは、一言で言い極めれば歌声が直接体内に浸透するという感触だ。

ただ、少し引いて聴いてみると、その歌唱法は素人の私の中では似ていると思い込んでいるようで、そうではないような気もする。
それにこんな感想は、もしかしたら私以外の人には理解できないものなのかもしれない。

でも私が松浦亜弥さんの曲を何でもないきっかけで耳にし映像を見、そしてそれまでにないほど強烈に引き込まれたのは、尾崎亜美さんの楽曲に触れていたことがそもそもの原因なのではないかとも考える。


尾崎亜美さんの楽曲です、この記事に相応しいものを、というよりそういう楽曲はないのかもしれませんが。。

  
  松浦亜弥さんの楽曲(ライブ映像)です。どうしてこの組合せになるのかは私も良くわからずじまいです。


何だか自分でも良くわからない記事になってきたが、しかし唯一ついえるとするなら、音楽、楽曲そして歌唱から感じるものというのは誰一つ同一ではなく、だからこそ面白いものでもあるのではないか。

どんなジャンルの楽曲そしてライブでも一定の支持層がある。どんな歌手でも数はともかくファンはつく。

だから一方で、ある程度知名度のある歌手でも、身近な人に働きかけても、好意的な返事をくれることはあっても同好のファンを見つけるのは、意外と難しいものだ。

9月10・11日と私は奈良に身を置いていた。奈良県を訪ねるのは久しぶりで、訪ねたことのある幾つかの町並と「久闊を叙す」ではないが、新規探訪を含めてそんな週末だった。

この機会をくれたのは、奈良公園内の春日大社で行われたライブ「Misia Candle Night」だった。

このライブは、不定期ながらこれまで全国各地で開催されていて、今回は春日大社の敷地内で「世界遺産劇場」と銘打ったライブの一つとして開催されたもの。参加者一人ひとりに渡されたキャンドルが無数に灯る中での屋外ライブだ。
以前行われた模様をDVDや動画映像で見ていて、一度絶対参加してみたいライブという思いを強くした。
もともとライブ鑑賞が趣味といえない私としては、そのように感じたものはこれまで数本しかない。

ライブから10日以上過ぎたが、昨日ラジオのレギュラー番組で彼女本人がこのライブのことに触れたことから、記事にしてみようかと思った。

実際のところ、期待していた通り素晴らしいライブだった。特にこのライブシリーズのハイライトである歌に合わせて参加者がキャンドルを手にとって穏やかに揺らしながら翳すというシーンが続きだしてから、その歌唱パフォーマンスはさらに迫真に迫るものがあった。

会場入口で渡された配布物の中には、このようなことが記されていた。
『2011年3月11日に起こった東日本大震災。改めて人と人とのつながりの大切さ、そしてこの大量消費社会の在り方が問われたのではないでしょうか?キャンドルを灯して、物質的社会から少し距離をおいたところで、私達の幸せをもう一度見直すきっかけになればという想いのもと、2012年8月26日、第1回目となる「Misia Candle Night」はスタート。』

さらに、ラジオの中で心に残った言葉があった。
「歌(を聴く)というのは、心の一番柔らかいところまで入り込んで来るもの」
心の奥深くで感じ、日常では見過ごしがちの人とのつながりの暖かさを再発見するというのは、まさに歌が持つ一番の魅力なのかもしれない。

そういえばこのライブのある曲で、
「もう一度最初から歌わせて! ・・・大切な歌なので・・・・・・・」
と、歌い出しの数フレーズでやり直した曲があった。
納得行かない何かがあったのだろうけど、私には気付かなかった。
「心を込めて歌いたい」と前もって言っていた通り、一切妥協を許さない姿を見た気がする。

プロとしては当然のこととはいえるのだろうけど、このライブパフォーマンスやMCの内容、そしてラジオで話を聞くにつれ、何かとても一貫したものを強く感じた。

さらに、ライブの最後に彼女が少し涙ぐむ場面があって、数ヶ月前に被災地に赴き歌ったことを告げた。
ラジオでのお話、そして配布物の文章を読み返すことでその意味が良く理解できた。

以前彼女のことを一度取り上げた時も書いたと思うが、デビュー数年後からしばらくの間は熱心に聴きこんでいたものの、その後少し距離を置いてしまったことで、すぐにその涙の意味を気付くことが出来なかったのだろう。


P1190600


  何だか上手くまとまりませんね。もう少しライブに通い、CDの以前の曲を聞きなおせば違ってくるでしょうか。
ライブの雰囲気は、この映像のイメージと思って貰えばそれほど間違いはありません。
この曲は当日も歌っています。

 




このページのトップヘ