顎関節症の症例です。20代女性。2年前から口をあける時、右顎が痛い。長く歩くと、鼠頚部が痛くなる。という症状で来所されました。 インターネットでここのホームページを探し来たそうです。

 体を検査したところ、体全体が結構、歪んで捻じれが目立っていました。特に頚椎が捻じれて歪んでいて、首の筋肉の張りが酷い状態でした。肩や胸の筋肉も、かなり緊張していました。顎関節症がある人は、首や肩、胸の筋肉がかならず緊張しています。それらを取れば顎関節症は良くなっていきます。

それから、この患者さんは足やお尻の筋肉も酷く張っていました。これが、長く歩いた時の鼠頸部痛の原因でした。それらの歪み、凝りを取っていったところ、通院2回で、すべて症状が良くなりました。口を開けても顎が痛くないし、長く歩いても鼠頚部の痛みは、なくなりました。

  口を開けると音が出る人、口を開ける時、真っ直ぐに開けれない人、口を開けようとすると顎が痛い人も通院してもらえば、段々と症状は良くなります。顎関節症を良くするのにそんなに時間はかかりませんが、症状が軽いうちに良くした方が、早くよくなります。     

       
名古屋駅から徒歩5分
まごころ自然整体研究所