最近、若い女性の患者さんで、足裏に魚の目、たこがある人が数件見受けられました。本人達は、足の魚の目、タコは、良くなると思っていませんでした。施術するたびに、少なくなっていくので、本人たちは、不思議がっていました。

 魚の目、タコは、極度に足が疲労し、足の骨格が変わったため起きるものです。例えば、ハイヒールを長期間履いたりして、足を疲労させ、足を捻じらさせたりすると、本来、地面に着くべきところが、少しずれてしまいます。そのずれたところを保護するために、皮膚を厚くしようとします。しかし、それが反対に痛みの原因になってしまいます。魚の目、タコを削ったりして取っても、できる環境があるので、また、魚の目、タコが、できてきます。

 魚の目、タコをなくするには、正しい足の形に、すればよいのです。形を良くすれば、魚の目、タコは、なくなっていきます。さらに、血行が良くなり、足裏や踵のカサカサ肌も、きれいになっていきます。ハイヒールを履きたい人は、日ごろの足のメンテナンスが大事です。メンテナンスしていれば、足のむくみ、疲れも起きにくくなります。本当の話です。


名古屋駅から徒歩5分
まごころ自然整体研究所