中年になってくると、頻尿になる人が時々見受けられます。若い人に、たまにいると思いますが、中年の人の方が断然に多いと思います。なにを隠そう私も頻尿でした。相当酷い頻尿でした。頻尿は傍目で見るより苦痛です。なって分かりました。

何とか頻尿が良くならないものかと思い、医者にも行きましたがダメでした。自分で治すしかないと思い、いろいろ自己療法で試みてみました。自己療法で頻尿は、良くなりました。夜の就寝は、トイレに5回位起きていたのがほとんど起きなくなりました。日中もトイレの回数は半減しました。便秘ぎみだったのも、ついでに良くなりました。毎日体は、すこぶる快調です。

 何をやったかというと、足の捻じれと、体幹の捻じれを取る自己療法をやりました。体幹の捻じれと言っても分かりにくいと思いますが、脊椎の捻じれ取りです。特に腰椎、仙骨の捻じれ取りです。益々分からなくなったかもしれませんが、要するに中年になってくると、長年の疲労で体が歪んで、捻じれてくるということです。それを捻じり返して体を正常にしたということです。

 捻じれ取りし出すと、以前は下腹部が相当張っていたのが、段々と張らなくなり、触っても、以前よりは下腹部が数段柔らかいという状態になりました。下腹部が張っていたことが、私の場合、頻尿になった直接の原因ではないかと思います。

それから体が冷えるというのも原因です。冷えを良くするにはどうしたらよいか。体の緊張を取ってやれば、体の結構が良くなり、冷えはなくなります。要するに骨格をまっすぐにし、筋肉の凝りを取ってやれば、体は健康になり段々と頻尿はなくなっていきます。ほんとの話です。


名古屋駅から徒歩5分
まごころ自然整体研究所