マゴノテ交換日記

パフォーマー古藤と作家西垣のユニットマゴノテです。交換日記というタイトルがついています。 日記と活動報告と次回にむけての構想とか、大げさなもんでないメモ書きです。 福祉施設に呼んでください!

2015年03月

西垣です。

先日の金曜日くらいから、東京にいて、
お芝居TOKYO HEADを観て、打ち合わせや、Let's天才てれびくんの新年度の、
決起集会、そして、暗い旅の収録と、もりもりやって京都に帰ってきた。

一方、ヨーロッパ企画のショートショートムービーフェスティバルというものが、
一ヶ月後に開催される↓
http://www.europe-kikaku.com/ssmf-9_yokoku/ 

なんと、僕と古藤と一緒に住んでいた岡村くんも参加予定で、
感動はひとしお。けど、テーマは「ラブコメ」ということで苦戦している。

街を歩いても、カフェに入ろうとも、雑貨屋に入ろうととも、
ヒントは見つからない。
ガストに落ちていた、しいたけのシール。ここにラブはあるのかい。
securedownload

 

西垣です。

14日の土曜日は高槻の雨読晴耕舎さんにお邪魔しました。
年があけてからイドバタエベント初です。

古藤は利用者さんを、
「女性陣が正解率高いですね。僕ら男性陣負けてられませんね」
「お父様、よく気がつきましたね」と、場を盛り上げつつ、
雰囲気を読んで、出し物の構成をかえたりと、ベストをたたき出していたと思う。

ただ行きのタクシー運転手さんとの会話は、
古藤と一緒に乗ったタクシーでワーストだった。

古藤「タクシー運転手さんは、飛脚ですよね。江戸でいう」
運転手さん「えっ?…ひ、ひきゃく?」
古藤「あっ、あのー、江戸とかの?」
運転手さん「…江戸?」
古藤「江戸時代とかの、人を運ぶ」
運転手「人を運ぶ?殿様とかですかね?」
古藤「そうです!それがタクシー運転手さんみたいな」
運転手「あ…はぁカゴやさんみたいなことですかね…」
古藤「ああ、そうですかね」

飛脚はたぶん、宅急便屋さんだと思う。
佐川急便のロゴ、飛脚だったし。 
そもそも、タクシー運転手さんにそんなこと言って何になると思った。

到着した直後の古藤。
写真 (2)

 

西垣です。

3月特にここ最近は、色んな締め切りがかぶったり、
アダムちゃんが公開されたり、どきどきが激しい。
マリオカート8をしながら、楽しみながら、作った動画です⇩
http://www.nintendo.co.jp/adam/

マリオカートあるあるを詰め込みました。
10分くらいあります。風呂あがりや通勤中などに!

ほっとしたときに、首が痛くなり、頭もいたくなり、気持ち悪くなってくるほど、だった。昨日。
真っ暗な夜道の中に、灯台のように輝いている接骨院に飛び込んだ。
笑ってしまうくらいゴキゴキされて、よくわからないまま帰った。
だけど、起きてすぐまたその接骨院にいる僕。案の定、ゴキゴキされた。
「西垣さんは、パソコンするとき、どのようなしせいでされますか…ゴキゴキ!」
と首をひねられてしまう。3、2、1、で、心の準備が整ってから、鳴らしてほしいが、
それだと、力んでダメなのかな。油断しているところに、鳴らされる。
ただお医者さんの「パソコンするとき、どのようなしせいでされますか…」の「…」の部分で鳴らしてくることを学んだ僕は、
ちょっとした会話の間「…」文の終わりで身体がこわばる。

「頭のどこ部分が一番いたいですか…」 こない。
「一日何時間くらいパソコンをされますか…」 こない。
「職場…」ゴキゴキ!

タイミングを外してきた。完敗。
首はマシになった気がする。頭痛もおさまった。


 

このページのトップヘ