1月7日は、馬貴派八卦掌の初心者講習に参加してきました。

実は私自身の今回の研修のメインは、この初心者講習でした。

というのも、一人で練習を継続していても、さまざまな要訣を高度に要求される馬貴派八卦掌では、どうしても姿勢が崩れてしまったり、甘くなってしまうため、定期的に老師に修正してもらう必要があるからです。

現在、李老師の直接の初心者講習は年に4回程度。そう考えると、非常に貴重な機会です。

初心者講習は、馬貴派八卦掌の根幹である龍形走圏と単換掌に絞った講習が行われるため、初心者に限らず自分を見つめ直す良い機会だと思います。

言い換えれば、走圏と単換掌を修正する事で、必然的に他の掌法も修正されていきます。

この日の講習には、実際に初めての方も参加されていたので、本当に初歩中の初歩から学び直す事が出来ました! 

○筋を伸ばす。
○中正を意識する。
○背骨から動く。
○足に力を入れる。
○首筋を伸ばす。

など、どれも私自身が学び始めた頃に繰り返し説明を受けていたものばかりですが、年数が重なっていくと、ついつい分かった(出来ている)つもりになってしまうんだよなぁf(^_^;

そして、この日の私自身のハイライトは、休憩中にYさんと談笑している時に李老師から「あなたは肩が開いていない」と直接注意されました。またその為には何が必要か体のある部分を触らせて説明して頂きました。

感想は、「そうだよなぁ」の一言。

季節的にも冬は、ついつい肩が上がりがち、また重い荷物を背負って上京して5日の講習に参加した後は首や肩がガチガチでした。

休憩後の講習でも同様の説明が全体にありましたが、この注意を受けた事で、ようやく余分な力みが抜けて練習する事が出来ました(^-^)

講習終了後は、Yさんと熊形の掌法を確認する事もできて、良い一日となりました。

2017年1月7日記す


 この記事が参考になった方は、ブログランキングに投票していただけると感激です(⌒-⌒)
  
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
 人気ブログランキングへ 


  福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
  中国武術の時間 湧泉会 公式ブログ
  福岡八卦掌研究会 八卦掌専修教室
  福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
  twitter@yusenkai 当会の練習記。
  湧泉会@facebook 湧泉会公式facebook