福岡八卦掌研究会

福岡県福岡市と筑紫野市で活動する福岡八卦掌研究会の紹介と練功日程。福岡八卦掌研究会は、宋長栄派八卦掌、程廷華派八卦掌、馬貴派八卦掌を基盤に八卦掌を体系的、統合的に研究する会です。八卦掌の技法、套路の紹介。講習会ドキュメント!

2015年03月

八卦掌の基本技法の紹介

八卦掌で用いられる基本技法を紹介する。

1.穿掌

穿掌
馬貴派八卦掌 李老師の穿掌
穿掌2

八卦掌全般における最も代表的な技法である。
英名 spear palm の名の通り、槍の意を用い、全身を一本にまとめる。歩法により変化は無限に広がる。

2.探掌

探掌
李老師の探掌
探掌

技法としては穿掌の応用となるが、こちらは、弓を引き矢を放つ意を用いる。また手を引き寄せる際は、袋の中から物を取り出す意も用いる。応用は無限であるが、その代表的なものとして探掌八変がある。

3.蓋掌 

蓋掌4 
大地を蓋い尽くすような気概で
蓋掌2-2

穿掌や探掌が直球のストレートなら、蓋掌の軌道は落ちるカーブ、ドロップといったところだろうか。非常によけにくい軌道を通って襲ってくる。大地を覆い潰すような気魄を用いる。また進歩、斜行、三角歩と歩法の変化も多彩である。

私は以前、老師に肩の側面に打ち込まれたことがあるが、その威力は尋常なものではなかった。

4.反背捶


CIMG0056-2
外見はキックボクシングのバックブローのように反転して振り向きざまに相手を打つ技だが、真の威力を身につけるには、やはり姿勢の安定と扣擺歩の熟練が必要不可欠だろう。

岡山の講習会で初めて見た李老師の反背捶の威力は、今も目に焼きついている。


反背捶

次のページ 》 八卦掌の基本技法 ②


福岡八卦掌研究会  トップページへ 》

Copyright(C)2010 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

燕か、蛇か、鷹か、熊か…。

2015年3月15日

昨年の11月以来、4ヶ月ぶりに東京の講習会に参加してきました。本当は2月に行きたかったのですが、確定申告やら福岡教室の準備やらで一月遅れの参加となりました。

狙いは単勾式の蛇形バージョン。単勾式と言えば、これまでは燕の意識で行っており、双頭の蛇の意識も部分的には教わっていたのですが、今年に入って具体的な蛇形の指導が始まったとの事。蛇が釣れるかどうかは、行ってみなければ分からない(^_^;)

李老師の印象は変わらず、この日は経験者のみが参加している講習会となりました。

最初にやってくれたのは、単勾式の八掌目。套路の構成自体は、以前に学んだものと変わっていないが、よくよく観察してみると、やはり少し違う。

CIMG1455-2
       単勾式

1)最初の撩掌が、圏ではなく纏絲を重視した手法に変化。後で聞いたところによると、これは蛇形の特徴とのこと。
2)最初の転身が以前は、揺身掌のようにまず後方90度に向かい、その後更に45度方向だったのに対し、現在では最初から300度以上の転身。というか、ほとんど360度でしたね。初心者には無理だわ。
3)馬歩の鷹勢や転身の鷹勢の前に扣歩を明確に入れていた。(以前も入っていたのかもしれないが、今回はより強調していた)
4)最後の換掌の部分は、鷹を意識して大きく。

 大鵬展翅2
       鷹勢

とにかく単勾式に関しては、クリアに明確に行えとのこと。そして式と形の違いについて説明されていましたね。

休憩を挟んで、この後は熊形の1と2の指導がありました。

套路の構成は以前と変わらず、ただ走圏に関しては、2年ほど前よりも更に中正を徹底したものに。私などは初期の思い切り含胸亀背を強調した熊形走圏が抜けないが、ある程度丹田の求心力ができている人は、この姿勢がベストなのだろう。実際、気感はこの状態のほうが強かった。

CIMG1097-2
       熊形

遊身掌のほうは、最後の転身動作が3→1だったものが、2のみ、もしくは2→2となっていた。要は合計で偶数であれば換掌になると言う事だろう。発力に関しては、床でやるなとの事。じゃあ、どこでやるかは内緒でしょうね。

印象に残った事と言えば、この日規範としてやられた経験年数の比較的長いMさんとYさん。お二人とも姿勢が上下せず、力まずとも腰が落ちており、足先にも力みを感じない。久しぶりに上京すると、上達されている方の姿勢や動作は顕著に感じる。やはりこういった地道な努力をされている方々が今後の馬貴派八卦掌を背負っていくのでしょうね。

東京の教室も4月以降に色々と体制が変わるとの事。私も直接老師の指導が受けられるうちに、今年は上京の機会を増やそうかな。


福岡八卦掌研究会  トップページへ 》

Copyright(C)2010-2015 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

 この記事が参考になった方は、ブログランキングに投票していただけると感激です(⌒-⌒)
  
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
 人気ブログランキングへ 
  ;

八卦掌の基本技法 2

・燕子抄水

CIMG1037-2 image012
クリックすると拡大表示されます。

八卦掌全般によく見られる技法であり、馬貴派八卦掌でも龍形八大母掌の順勢掌以降の後半六掌及び88式などで多く採用されている。燕が水面すれすれまで滑空し飛び上がる意を用いる。下盤の功夫を鍛えるのに必要不可欠な練功法である。下盤を鍛える応用として燕子点水、鴨子分水などがある。

・撞掌

image016 CIMG1483-2
    双撞掌          龍形撞掌

撞掌は、馬貴派八卦掌独特の強大な発力法をひとつの形として表した掌法といえる。手法及び歩法の変化により双撞掌、龍形撞掌、挑打、単撞掌、牛力掌など多彩な変化を生む。

・掖掌

image014 CIMG1477-2

掖掌は、撞掌の発展形といえるだろう。やや下方に圧しながら相手に浸透させることで非常に危険な掌法となる。磨身掌や88式、128式に採用されている。

・劈掌

CIMG1100-2 CIMG1102-2

劈掌は、文字通り上から斧を振り下ろすような豪快な技法である。基本掌法の反背捶や八大母掌の回身掌に含まれるほか、128式では連続した技法として風輪掌もしくは火輪掌として用いられる。

・圧掌

圧掌

圧掌は、上記の劈掌の応用形で劈掌が瞬間的に切り下ろす動作であるのに対して、圧掌は継続的に下方へ圧力をかける技法である。ある意法を用いることで、相手に対し非常に強力な力をかける事もできる。


次のページ 》 八卦掌の基本技法③へ

福岡八卦掌研究会  トップページへ 》

Copyright(C)2010 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

当会の基盤となる八卦掌   福岡八卦掌研究会

当会で基盤としている八卦掌をご紹介致します。

単換掌
 
↑馬貴派八卦掌の特徴について説明しています。クリックしてご覧下さい。

宋派八卦掌2

↑宋長栄派 八卦掌についての詳細を説明しています。クリックしてご覧下さい。

托天掌2

↑程廷華派 老八掌についての詳細を説明しています。クリックしてご覧下さい。

龍形

↑子母鴛鴦鉞についての詳細を説明しています。クリックしてご覧下さい。

大刀1

↑八卦64大刀についての詳細を説明しています。クリックしてご覧下さい。


次のページ》 八卦掌の走圏へ

福岡八卦掌研究会の トップページへ 》


Copyright(C)2003-2015 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ。
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会 公式facebook  湧泉会最新情報を掲載。 

八卦六十四大刀 馬貴派八卦掌の套路5

八卦六十四大刀 (馬貴派八卦掌 李保華老師伝)
大刀3
左上歩前扎
大刀9
歇歩掛刀
大刀1
仰身分脚反扎
大刀8
順勢蔵刀
大刀12
分脚掃刀
大刀13
風掃残雲

当門に伝わる八卦大刀は、馬貴派八卦掌の李保華老師から学んだものである。その特徴は、馬貴派の姿勢と身法で大刀を振り抜き、突き刺し、操作する。やはり「馬貴派だな」の一言。

 内容的には、特に珍しい技法は無く、刀術の基本技法で構成されていると言ってよいと思う。いわゆる特別なものではないのだが、そこに長く重い大刀を扱うことで、特別ではないものが特別なものになっていく。実際、大きくて重たい刀を扱う工夫が随所に見られる。大刀を扱う事で、八卦掌の功夫も必然的に上がっていく事だろう。
私自身、もう少し大刀の功夫を上げた後、将来的には八卦掌の特別講習や八卦掌の専修クラスで指導していきたいと思っている。

 八卦大刀の練習記は、こちら をご覧下さい。

次のページ≫馬貴派八卦掌の套路6【挑打八法へ】

 当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

 にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ 人気ブログランキングへ 


当会の八卦掌へ戻る 》

福岡八卦掌研究会の トップページへ 》


Copyright(C)2003-2015 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ。
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会 公式facebook  湧泉会最新情報を掲載。

ブログランキング
プロフィール

福岡八卦掌研究会

記事検索
QRコード
QRコード
ページランク表示ツール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク
  • ライブドアブログ