2015年の9月~11月の期間は、李老師による挑打八法の講習が三ヶ月にわたって東京で行われました。

挑打は、馬貴派八卦掌の代表的な技法のひとつであり、かつて福岡の講習会でも数種類が紹介されました。私が学んでいない掌法もありますが、私個人の備忘録として一部をご紹介致します。

CIMG0604-2
 李老師の挑打(画像はクリックすると拡大されます)

挑打1

撩→挑→探→穿の挑打を含む連絡技法。元来は熊形翻身掌に含まれる連絡技法から抜粋されているように思われる。動画を東京会員のNさんが公開されているようなので、こちらのページを参照されたい。挑打八法のもっとも根幹となる技法。

挑打2

私は直接学んでいないが、Yさんに見せて頂いた内容では撤歩から挑打の連打が特徴のようだ。挑打の連打は88式や獅形の7掌に含まれる獅子の玉転がしの発展形、もしくは発力を表現した形と言えるだろう。また撩から挑への身法は128式にもよく出てくる。

挑打3

四隅の方向への挑打の三連打。私はかつて福岡で開始線上(四正方向)での三連打から白蛇転身の挑打を学んだ事があるが、その発展形と言えるだろう。また馬貴派では、単勾式の3掌目で同一の技法を繰り返す練習をよく行うが、それとの関連もあるのかもしれない。

挑打4

所謂、墊歩(てんぽ)が含まれる。墊歩自体は三穿掌の発展形で学ぶが、挑打への繋ぎは初めて学んだ。歩法の熟練が必要。

CIMG0283-2
李老師の墊歩を用いた穿掌

挑打5

未習得。Mさんにちらっと見せて頂いた範囲では転身圧掌から始まるようだ。

挑打6

YさんやMさんに見せて頂いたところでは鷹勢の双圧掌から、
蓋→撩→挑→探→穿→転身探→穿と 繋がるようだ。
全体の雰囲気は単勾式の4に似て、同一線上を行ったり来たりする様は、廻身掌を思わせる。

挑打7

典型的な挑打1の発展形、馬貴派の絶掌の一つである掖掌が含まれる。磨身掌の中盤から後半に似た掌法。

CIMG0538-3
李老師の掖掌

挑打8

未習得。Mさんに2年前の動画を見せて頂いた範囲では劈掌が多用されるようだ。長ーい套路。


総じて言えば、挑打は撞掌系の技法に分類されるが、熊形などに含まれる双撞掌がいわゆる推す動作であるのに比べ、挑打は明らかに打を意識した掌法であると言える。言い換えれば、馬貴派の典型的な発勁を学ぶ技法とも言えるだろう。

挑打八法は、挑打の単式練習で得た功力を他の技法と連絡させたり、歩法の変化や方向の変化を用いて、実用に向けて構成された体系の一部と言えると思う。

未習得の部分もあるので、とりあえずは習った部分だけでも会員諸氏と今後研究していきたい。


 当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

 にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ 人気ブログランキングへ 


福岡八卦掌研究会の トップページへ 》


Copyright(C)2003-2015 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ。
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会 公式facebook  湧泉会最新情報を掲載。