今年の初稽古は、東京で馬貴派八卦掌の講習を受けてきました♪

1月5日

この日の講習は、東京でも初稽古という事で、初めに李老師から劉万川先師の言葉の紹介がありました。

要約すると、
八卦掌を好きな者は、八卦掌を練習している者には敵わない。 
練習している者は、楽しんでいる者には敵わない。
楽しんでいる者は、迷っている者には敵わない。
最後は、痴(迷) 之者!
という事でした。最後は、どういう意味でしょうね。

そして、龍形走圏から練習が始まりました。

前回参加した時は、目線よりかなり高い位置に手を置いていましたが、今回は目線の位置に戻っていましたね。

個人的には、顎の位置を修正されて、もっと空間を大きく取るように注意されました。今回は反背捶八法以来、半年ぶりの参加ですが、あれは何か意味があってやっていたんだろうなぁ。

単換掌2
続いて単換掌の練習。

いやはや、やはり李老師の単換掌は凄いですね(^_^;)
武術用語に綿中蔵針という言葉がありますが、まさに綿の中に針が秘している感じ、というより針がありますね。

具体的には、李老師の単換掌には○掌が内包されているのだと思いますが、それを知っている者と得ている者とでは、やはり天と地ほど差がありますね。

今年は順勢というものを身に付けていきましょう。また水のように(水は下に落ちていく)などの言葉がありました。

休憩を挟んで、後半は熊形掌の講習。

まずはペンギンの熊形走圏。そして熊形の転換から換掌。

CIMG1097-2
ここから通常の熊形走圏、そして熊形翻身掌。

熊形系の掌法は、外見はシンプルなものが多いのですが、シンプルだからこそ難しい。

上から大きく振り落とす力よりも○○な力のほうが武術的には危険であるとの事。そのためには、やはり全身が落ちていないといけない。

掖掌や下方への帯手も、これらの要求が満たされてこそだそうです。

この日は大きく筋を伸ばしての練習もありました。熊形も走圏からまた練習していかないといけませんねf(^^;) 

この日の講習は全体を通じて「道」についての説明もありました。 

2017年1月5日記す


1月7日の練習記へ≫

 この記事が参考になった方は、ブログランキングに投票していただけると感激です(⌒-⌒)
  
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
 人気ブログランキングへ 


  福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
  中国武術の時間 湧泉会 公式ブログ
  福岡八卦掌研究会 八卦掌専修教室
  福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
  twitter@yusenkai 当会の練習記。
  湧泉会@facebook 湧泉会公式facebook