福岡八卦掌研究会

福岡県福岡市と太宰府市で活動する福岡八卦掌研究会の紹介と練功日程。福岡八卦掌研究会は、宋長栄派八卦掌、程廷華派八卦掌、馬貴派八卦掌を基盤に八卦掌を体系的、統合的に研究する会です。八卦掌の技法、套路の紹介。講習会ドキュメント!

当会の八卦掌

当会の基盤となる八卦掌   福岡八卦掌研究会

当会で基盤としている八卦掌をご紹介致します。

単換掌
 
↑馬貴派八卦掌の特徴について説明しています。クリックしてご覧下さい。

宋派八卦掌2

↑宋長栄派 八卦掌についての詳細を説明しています。クリックしてご覧下さい。

托天掌2

↑程廷華派 老八掌についての詳細を説明しています。クリックしてご覧下さい。

龍形

↑子母鴛鴦鉞についての詳細を説明しています。クリックしてご覧下さい。

大刀1

↑八卦64大刀についての詳細を説明しています。クリックしてご覧下さい。


次のページ》 八卦掌の走圏へ

福岡八卦掌研究会の トップページへ 》


Copyright(C)2003-2015 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ。
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会 公式facebook  湧泉会最新情報を掲載。 

八卦六十四大刀 馬貴派八卦掌の套路5

八卦六十四大刀 (馬貴派八卦掌 李保華老師伝)
大刀3
左上歩前扎
大刀9
歇歩掛刀
大刀1
仰身分脚反扎
大刀8
順勢蔵刀
大刀12
分脚掃刀
大刀13
風掃残雲

当門に伝わる八卦大刀は、馬貴派八卦掌の李保華老師から学んだものである。その特徴は、馬貴派の姿勢と身法で大刀を振り抜き、突き刺し、操作する。やはり「馬貴派だな」の一言。

 内容的には、特に珍しい技法は無く、刀術の基本技法で構成されていると言ってよいと思う。いわゆる特別なものではないのだが、そこに長く重い大刀を扱うことで、特別ではないものが特別なものになっていく。実際、大きくて重たい刀を扱う工夫が随所に見られる。大刀を扱う事で、八卦掌の功夫も必然的に上がっていく事だろう。
私自身、もう少し大刀の功夫を上げた後、将来的には八卦掌の特別講習や八卦掌の専修クラスで指導していきたいと思っている。

 八卦大刀の練習記は、こちら をご覧下さい。

次のページ≫馬貴派八卦掌の套路6【挑打八法へ】

 当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

 にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ 人気ブログランキングへ 


当会の八卦掌へ戻る 》

福岡八卦掌研究会の トップページへ 》


Copyright(C)2003-2015 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ。
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会 公式facebook  湧泉会最新情報を掲載。

子母鴛鴦鉞(しぼえんおうえつ) 福岡八卦掌研究会

子母鴛鴦鉞(しぼえんおうえつ) 鄭志鴻老師伝

ユエ1
陰陽起式
ユエ3
獅子張口
ユエ2
陰陽魚掌
ユエ4
火輪掌
熊形
下沈掌
 
八卦門を代表する兵器である子母鴛鴦鉞(しぼえんおうえつ)を紹介する。門派によっては、子午鴛鴦鉞とも呼ばれるようだ。
剣や刀とは異なり両手に武器を持つ子母鴛鴦鉞は、その名の由来通り、(子母=親子、子午=干支の子と午、鴛鴦=おしどり)両手が付かず離れず呼応しながら、時に別々に動き、時に同時に動きながら攻防を行う。そして、その技法は、やはり八卦掌の徒手技法に直結している。

私は馬派八卦掌の李保華老師に単勾式八法を学んだ際に鴛鴦鉞の基礎を学び、套路や技法は、宋派八卦掌の子母鴛鴦鉞を鄭志鴻老師に学んだ。この套路は、龍形、熊形、単勾式、陰陽魚掌など八卦掌の技法が満遍なく取り込まれており、八卦掌を学ぶ上で非常に有効だと思われる。今後、当会の八卦掌専修クラスや特別講習にて指導していく予定です。


当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

 にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ 人気ブログランキングへ 


当会の八卦掌へ戻る 》

福岡八卦掌研究会の トップページへ 》


Copyright(C)2003-2015 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ。
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会 公式facebook  湧泉会最新情報を掲載。

馬派八卦掌

馬派八卦掌 (李保華老師伝)
龍形
龍形走圏
単換掌
龍形八大母掌 単換掌 推窓望月
馬貴派八卦掌2
龍形八大母掌 双換掌 斜身勢
掖掌
龍形八大母掌 磨身掌 掖掌
臥魚下勢
馬派八卦掌88式 臥魚下勢
横歩撇身
馬派八卦掌88式 横歩撇身
夜叉深海
馬派八卦掌88式 夜叉探海
単勾亮式
馬派八卦掌88式 単勾亮式
 
馬派八卦掌は、董海川→馬貴→李少庵、劉万川→于志明→李保華 老師と伝承されてきた八卦掌の一派で、八卦掌の武術的な面、養生面の両方を形骸化する事なく継承してきており、多くの武術愛好家にとって大いに学ぶ価値があると思います。

馬派八卦掌の特徴は、まず技法が明確で多くの単式練習を有している点が挙げられる。独特の理論体系と練習システムを持ち、肉体を早期に改変していく。また88式や128式など他流では見られない套路も伝わっている。特筆すべきは、走圏を中心としたその独特な練功体系で、全身の筋をつなげて中正を保ち、練功を続けることで、肉体を確実に強健へと改善してくれます。


 当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

 にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ 人気ブログランキングへ 


当会の八卦掌へ戻る 》

福岡八卦掌研究会の トップページへ 》


Copyright(C)2003-2015 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ。
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会 公式facebook  湧泉会最新情報を掲載。

宋長栄派 八大掌

宋長栄派八卦掌 八大掌(鄭志鴻老師伝)
宋派八卦掌1 
宋派八卦掌の走圏
宋派八卦掌2
宋派八卦掌 双撞掌
宋派八卦掌3
宋派八卦掌 穿心肘
宋派八卦掌4
宋派八卦掌 指襠捶

当門に伝わる宋派八卦掌は、董海川 →宋長栄 →趙錫亭、趙彦栄 →尉剣峰 →張澤民 →鄭志鴻 老師へと伝わったものである。正式名称は、宋派剛柔八大掌という。

単換掌を母体とし、他に双換掌などの八つの掌法で構成され、計九つの掌法が伝わっている。残念ながら各掌法の名称は失伝してしまっているようだ。

宋派八卦掌の最大の特徴は、他の八卦掌が円の中心方向に目線を向けて走圏を行うのに対し、円周上に目線を向け、三尖相照を維持しながら走圏を行います。技法はシンプルで一切の虚飾を廃し、実用主体の套路構成になっている。

当会代表は1年半の間、走圏のみの練習を行い。その後、単換掌のみを半年間習い。双換掌など他の八卦掌の套路を学び始めるまで約2年かかったそうです。今後、当会では八卦掌の上級教程にて指導予定です。

 
当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

 にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ 人気ブログランキングへ 


当会の八卦掌へ戻る 》

福岡八卦掌研究会の トップページへ 》


Copyright(C)2003-2015 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ。
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会 公式facebook  湧泉会最新情報を掲載。
ブログランキング
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
ページランク表示ツール
  • ライブドアブログ