福岡八卦掌研究会

福岡県福岡市と筑紫野市で活動する福岡八卦掌研究会の紹介と練功日程。福岡八卦掌研究会は、宋長栄派八卦掌、程廷華派八卦掌、馬貴派八卦掌を基盤に八卦掌を体系的、統合的に研究する会です。八卦掌の技法、套路の紹介。講習会ドキュメント!

三穿掌

李保華老師 福岡講習会ドキュメント まとめ

李保華老師の福岡講習会のドキュメントや
東京で開催された講習会の記事を
分かりやすく、年度別にまとめてみました。

講習会ドキュメントは、写真を多く用い
李老師の講習会の雰囲気が伝わると思います。

〔2010年 夏〕
2010年8月21日 双換掌
2010年8月22日 順勢掌
2010年8月23日 三穿掌

2010年8月 馬貴派講習会 総括

2010年度 成果レポート


〔2011年 冬〕
2011年2月25日 初心者講習会
2011年2月26日 揺身掌
2011年2月27日 穿掌

2011年 8月 東京の講習会に参加してきました!

〔2011年 秋〕
2011年11月19日 磨身掌
2011年11月20日 挑打
2011年11月21日 個人指導編

〔2013年〕
馬貴派八卦掌 128式に挑戦!
老師のご自宅へ 久々の個人指導
動画デビュー!熊が8匹揃った日。
再び、128式に挑戦!
三度(みたび)…東京へ。

〔2014年〕
八卦64大刀に挑戦!

〔2015年〕
燕か、蛇か、鷹か、熊か…。
縁のある掌法、縁のない掌法。
進化するライオン〔前編〕
進化するライオン〔後編〕
挑打八法!

〔2016年〕
磨身八法との邂逅 「揺・磨・回・転」の意味

〔2017年〕
今年の初稽古は東京で。
1月7日は、初心者講習。
続・縁のある掌法。


当会の練習記へ 》

福岡八卦掌研究会 トップページへ 》


Copyright(C)2010 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

時が過ぎて分かる。

かつて老師から、単換掌、双換掌、順勢掌は原理を学び、
次に学ぶ三穿掌では実技を学ぶとの説明を受けた。

説明を受けた時点では、全く意味が分からなかった。

用法の説明を受けても、なぜ?としか思えなかった。

それから6年近くが過ぎ、最近になってようやく理解する事ができた。

これほど見た目がシンプルな套路に、八卦掌の大まかな戦闘原理が内在されているとは、思いもよらなかった。

時が過ぎて分かる。功夫とはそういうものかも知れない。

CIMG1037-2


福岡八卦掌研究会の トップページへ 》


Copyright(C)2012 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 
公式ブログ 湧泉会最新情報を掲載。
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。

馬貴派八卦掌の套路1

馬貴派八卦掌には、多種多様な套路があるが、現在、当会で練習しているのは、以下の套路である。

(1)龍形八大母掌

1.単換掌
2.双換掌
3.順勢掌
4.三穿掌
5.揺身掌
6.磨身掌
7.回身掌
8.転身掌

※ いずれも第二段階を含む。

(2)単勾式八法

(3)獅形掌八法

(4)熊形八大掌

(5)馬貴派八卦掌 88式

(6)馬貴派八卦掌 128式

(7)八卦64大刀

※ 他に探掌八変や挑打八法や穿掌の変化などの多様な補助套路も伝わっている。

以下、代表的なものを紹介する。

龍形八大母掌
1.単換掌

単換掌2CIMG1263
    推窓望月        葉底蔵華
単換掌は、ほぼ全ての八卦掌流派に含まれるもっとも基本的な掌法である。外形的には、姿勢の安定、扣擺歩の正確さが求められ、内形的には中心軸の生成、旋転動作内での空間の膨張と収縮などが求められ、非常に巧妙で奥が深い。また多種多様な用法が含まれる。

2.双換掌

CIMG1431-2su_03
    行歩撩衣         斜身勢
双換掌も、おおよそ全ての八卦掌流派に含まれる代表的な掌法である。単換掌が平円上での空間の膨張と収縮が行なわれるのに対して、双換掌は立円上での空間の膨張と収縮が行なわれる。また歩法の特徴としては、大扣擺歩が用いられる。

3.順勢掌

img3_03CIMG0161-2
    順勢掌第一        順勢掌第二
順勢掌は、各流派によって名前は共通していても、動作は異なっていることが多いようだ。馬貴派の順勢掌の特徴は、走圏の内側の足の扣歩がまず挙げられる。この歩法によって相手との位置関係がどう変化し、どのような技法が生まれるのか、各自考察されたい。

4.三穿掌

CIMG1037-2CIMG0273-2
   燕子撒剪           穿掌
三穿掌も名称自体は、多くの八卦掌流派に伝わっているようだ。馬貴派の場合は、定歩、活歩、転身、下盤の練習法が伝わっている。


次のページ 》 馬貴派八卦掌の套路2へ

福岡八卦掌研究会  トップページへ 》

Copyright(C)2010 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

馬貴派講習会ドキュメント3  2010年8月23日

8月23日

いよいよ今期最後の講習日である。本日の講習は19時スタートということで、李老師は、昼間天拝山に登られたそうである。「天拝山はとても良い気が満ちている。あなたは毎朝あそこで練習するように」とのアドバイスを受けた。李老師は、天拝山がとてもお気に入りのようである。

本日の講習会場は、太宰府南コミュニティの大会議室である。セミナー開始前に一人で机やいすを移動していたのだが、一苦労だった…。次回以降、この会場を使用する際は、皆さんぜひお手伝いをお願いします。

本日の通訳は、エリーさんである。彼女も今日の講習前に一度、事前講習会に参加してくれ、専門用語なども熱心に勉強してくれた。大変感謝する。

本日の講義は、八卦掌において穿掌という技法がいかに重要な位置づけであるか、また穿掌を行なう際の意の用い方などを詳細に説明されていた。

CIMG0181-2

講習の前半は、いつも通り走圏と単換掌の復習。そして穿掌の換掌を学ぶ。その際、換掌の対練をさせて頂いたが、やはり崩されてどうしようもない。自分で回っている訳ではなく、李老師に完全に回されていた。

休憩後は、本日のメインの講習である。三穿掌の講習へ。

私自身、三穿掌の指導を受けるのは、2年振りになる。やはり燕子撒剪などの下盤の強い功夫がいかに必要かと再認識させられた。また李老師の凄まじいのは、金鶏独立の際の低く安定した姿勢である。李老師自体が先達達の金鶏独立の低い姿勢をみて感動したとのことであるが、いったい先達達はどのようなレベルだったのであろうか。

CIMG0174-2CIMG0175-2





 
↑ クリックすると拡大表示されます。

講習の最後は、直歩での穿掌の指導が行なわれた。やはり穿掌を本当のものにしていくには、こうした地味な練功を絶えず続けていかなければならないだろう。

CIMG0176-2CIMG0177-2






 ↑ クリックすると拡大表示されます。

無事に3日間の講習を終え、全員で記念撮影。

CIMG0179
 ↑ クリックすると拡大表示されます。

我々を教えるためだけに遠く太宰府まで来て頂いた李老師には、最大限の感謝をしたい。また受講された皆さんもありがとうございました。特に3日間とも参加されたKさん、女性のTさんには、今後も頑張って頂いて、将来的には馬貴派八卦掌を指導普及して頂きたいと思います。


馬貴派講習会ドキュメント①
馬貴派講習会ドキュメント②
2010年8月馬貴派八卦掌講習会 総括 〈伝統を学ぶ上で〉

講習会ドキュメント トップページ 》

福岡八卦掌 研究会 トップページへ 》



Copyright(C)2010 馬貴派八卦掌 太宰府練功会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。


ブログランキング
プロフィール

福岡八卦掌研究会

記事検索
QRコード
QRコード
ページランク表示ツール
アクセスカウンター

スポンサーリンク
  • ライブドアブログ