福岡八卦掌研究会

福岡県福岡市と太宰府市で活動する福岡八卦掌研究会の紹介と練功日程。福岡八卦掌研究会は、宋長栄派八卦掌、程廷華派八卦掌、馬貴派八卦掌を基盤に八卦掌を体系的、統合的に研究する会です。八卦掌の技法、套路の紹介。講習会ドキュメント!

双換掌

李保華老師 福岡講習会ドキュメント まとめ

李保華老師の福岡講習会のドキュメントや
東京で開催された講習会の記事を
分かりやすく、年度別にまとめてみました。

講習会ドキュメントは、写真を多く用い
李老師の講習会の雰囲気が伝わると思います。

〔2010年 夏〕
2010年8月21日 双換掌
2010年8月22日 順勢掌
2010年8月23日 三穿掌

2010年8月 馬貴派講習会 総括

2010年度 成果レポート


〔2011年 冬〕
2011年2月25日 初心者講習会
2011年2月26日 揺身掌
2011年2月27日 穿掌

2011年 8月 東京の講習会に参加してきました!

〔2011年 秋〕
2011年11月19日 磨身掌
2011年11月20日 挑打
2011年11月21日 個人指導編

〔2013年〕
馬貴派八卦掌 128式に挑戦!
老師のご自宅へ 久々の個人指導
動画デビュー!熊が8匹揃った日。
再び、128式に挑戦!
三度(みたび)…東京へ。

〔2014年〕
八卦64大刀に挑戦!

〔2015年〕
燕か、蛇か、鷹か、熊か…。
縁のある掌法、縁のない掌法。
進化するライオン〔前編〕
進化するライオン〔後編〕
挑打八法!

〔2016年〕
磨身八法との邂逅 「揺・磨・回・転」の意味

〔2017年〕
今年の初稽古は東京で。
1月7日は、初心者講習。
続・縁のある掌法。


当会の練習記へ 》

福岡八卦掌研究会 トップページへ 》


Copyright(C)2010 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

時が過ぎて分かる。

かつて老師から、単換掌、双換掌、順勢掌は原理を学び、
次に学ぶ三穿掌では実技を学ぶとの説明を受けた。

説明を受けた時点では、全く意味が分からなかった。

用法の説明を受けても、なぜ?としか思えなかった。

それから6年近くが過ぎ、最近になってようやく理解する事ができた。

これほど見た目がシンプルな套路に、八卦掌の大まかな戦闘原理が内在されているとは、思いもよらなかった。

時が過ぎて分かる。功夫とはそういうものかも知れない。

CIMG1037-2


福岡八卦掌研究会の トップページへ 》


Copyright(C)2012 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 
公式ブログ 湧泉会最新情報を掲載。
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。

馬貴派八卦掌の套路1

馬貴派八卦掌には、多種多様な套路があるが、現在、当会で練習しているのは、以下の套路である。

(1)龍形八大母掌

1.単換掌
2.双換掌
3.順勢掌
4.三穿掌
5.揺身掌
6.磨身掌
7.回身掌
8.転身掌

※ いずれも第二段階を含む。

(2)単勾式八法

(3)獅形掌八法

(4)熊形八大掌

(5)馬貴派八卦掌 88式

(6)馬貴派八卦掌 128式

(7)八卦64大刀

※ 他に探掌八変や挑打八法や穿掌の変化などの多様な補助套路も伝わっている。

以下、代表的なものを紹介する。

龍形八大母掌
1.単換掌

単換掌2CIMG1263
    推窓望月        葉底蔵華
単換掌は、ほぼ全ての八卦掌流派に含まれるもっとも基本的な掌法である。外形的には、姿勢の安定、扣擺歩の正確さが求められ、内形的には中心軸の生成、旋転動作内での空間の膨張と収縮などが求められ、非常に巧妙で奥が深い。また多種多様な用法が含まれる。

2.双換掌

CIMG1431-2su_03
    行歩撩衣         斜身勢
双換掌も、おおよそ全ての八卦掌流派に含まれる代表的な掌法である。単換掌が平円上での空間の膨張と収縮が行なわれるのに対して、双換掌は立円上での空間の膨張と収縮が行なわれる。また歩法の特徴としては、大扣擺歩が用いられる。

3.順勢掌

img3_03CIMG0161-2
    順勢掌第一        順勢掌第二
順勢掌は、各流派によって名前は共通していても、動作は異なっていることが多いようだ。馬貴派の順勢掌の特徴は、走圏の内側の足の扣歩がまず挙げられる。この歩法によって相手との位置関係がどう変化し、どのような技法が生まれるのか、各自考察されたい。

4.三穿掌

CIMG1037-2CIMG0273-2
   燕子撒剪           穿掌
三穿掌も名称自体は、多くの八卦掌流派に伝わっているようだ。馬貴派の場合は、定歩、活歩、転身、下盤の練習法が伝わっている。


次のページ 》 馬貴派八卦掌の套路2へ

福岡八卦掌研究会  トップページへ 》

Copyright(C)2010 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

馬貴派八卦掌 講習会ドキュメント2 2011年2月5

2月26日

講習会2日目は経験者講習会として、龍形八大母掌の第5掌 揺身掌を中心とした講習会である。

とはいえ、何が起こるか終わってみなければ分からないのが李老師の講習会である。実はそれが楽しみでもあるのだが…。

最初の理論講義としては、龍形八大母掌の前半4掌の特徴として各扣擺歩の説明。そして後半4掌は改めて身法が重視されるとのこと。このあたりが今日のテーマなのだろう。そして双換掌と揺身掌の関連性についても説明されていた。

CIMG0234-2

15分後に実技スタート!

本日の走圏では、やはり経験者講習会ということで、昨日よりもより細かな要求についての説明があった。

そして、双換掌の実技スタート。

CIMG0229-2
↑クリックすると拡大表示されます↑

双換掌といえば、昨日行なった単換掌と同じく、ほぼ全ての八卦掌流派に存在する掌法である。馬貴派の特徴を言えば、単換掌では平円を練り、双換掌では立円、それも上下を限界まで練る。

今回も中正を維持しながら、筋を限界まで伸ばすよう注意されていた。
套路上の変化といえば、夏の講習会よりも走馬活携を強調していた。昨年の冬の双換掌でも走馬活携を強調し、夏はそれほど協調されていなかったが、季節も関係あるのだろうか。

また今回の講習会では、全般的に目線・目付けを協調されていた。やはり目付けにより意が変わるので、今後は注意しながら、練習していきたいと思う。

双換掌の応用例も数多く紹介されていたが、K原さんは、昨日へらへらと受けを取っていたせいか、本日は昨日より厳しく技をかけられていた。自業自得だろうか(笑

そして後半は福岡初公開の揺身掌である。

CIMG0243-2CIMG0239-2
     揺身掌の撩掌         揺身掌の穿掌
CIMG0244-2CIMG0237-2
      揺身一変           揺身掌の走馬活携へ
↑クリックすると拡大表示されます↑

私自身は過去に二回揺身掌を学んでいるが、今回の揺身掌も当然というか…、やはり変わっていた。

しかし、よくよく見ると使用されている技法は全て一緒である。

困惑されていた方もいると思うので、説明しよう。

はっきり言えば、一部を簡略化もしくは応用変化していたのである。順に挙げてみよう。

①扣歩蓋掌が180度転身から90度転身に簡略化。
②揺身一変の丁字擺歩が走圏時の擺歩に変化。
③順歩探掌が拗歩探掌に変化。
④走馬活携を強調。

①の転身の角度が変わることで、これ以降の技法の進行方向が全て変わることになる。事前講習会を受講者していた方達は、私が指導した揺身掌と進行方向が変わる事で混乱していたようだ。福岡の受講者には、まだ180度転身は難しいと判断されたのだろう。

②の擺歩の変化は、次の拗歩探掌に繋げる擺歩としては、こちらの方が適切だと考えられる。しかし東京から参加されたN村さんの話だとこちらの擺歩のほうがより高級とのこと。

③順歩が拗歩に変化することはよくあることである。また④今回の揺身掌でも走馬活携が強調されていた。

詳細は、3月20日の復習講習会で説明する予定です。

これで、簡式も含めると私が学んだ揺身掌は4バージョン目だが、昨年末に東京の教室では全く異なる構成の揺身掌を学んだとの事である。

講習の最後には、簡単な八卦図の説明が行なわれた。

CIMG0248-2
↑クリックすると拡大表示されます↑

私自身、李老師の講習を受けていてひとつ不思議に思うことがある。それは彼の講習を受けると、なぜだか練功の度合いが一気に進むということである。理由は分からないが、身体の感覚が変わる。この日も受講後は腋から下腹、そして背中の充実感がすごかった。これだけの充実感は、どんなに自分自身で要訣を注意しながら練習していてもなかなか得られるものではない。

私などはその感覚を求めて講習会に参加していると言っても良いかも知れない。今回の講習に2回3回と続けて参加した方は、少し分かる方がいるかもしれない。

大げさに思われる人もいるかもしれないが、やはり山や空気の澄んだ所、神社など練習をすると気分が違うと思う。この講習会の場では、李老師から非常に強い気が出ていて、私達の気に大きな影響を与えているのかもしれない。以前、李老師も講習の場では、参加者の気をコントロールできるような事を言っておられた。

この日の講習は、東京から参加された方や他団体の代表の方も参加して頂き良い刺激になった。こういう交流は大歓迎である。また機会があれば、ぜひ参加して頂きたいと思う。皆様、お疲れ様でした。

この日も恒例の記念撮影
CIMG0250-2
↑クリックすると拡大表示されます↑
こうして並ぶと私と李老師の背丈は変わらないが、肩は李老師のほうが10センチ近く落ちている。

講習会ドキュメント トップページ 》

馬貴派八卦掌 太宰府練功会 トップページへ 》


Copyright(C)2010 馬貴派八卦掌 太宰府練功会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。


ブログランキング