2010年度の講習も全日程、無事に終了致しました☆

当会にて馬貴派八卦掌を学んでいる皆様、一年間本当にお疲れ様でした。来年もよろしくお願いいたします。

一年間の総決算として、成果レポートを掲載します。

2010年度の成果としては、以下の3点がまず挙げられると思います。

①2010年2月 李保華老師の太宰府講習会開催
②2010年8月 李保華老師の太宰府講習会開催
③2010年4月 当会主催にて特別講習スタート

それぞれ思い出してみると、随分過去のように思えますが、少し感想を述べたいと思います。

①2010年2月 李保華老師の太宰府講習会開催
準備期間が約2週間といった中での急遽決まった講習会でしたが、思い出してみると、やはりやって良かったと感慨深いものがあります。また会員の皆さんも突然の開催に関わらず、多数の方に参加して頂き本当に感謝しています。

会場の手配に関しては、これまでの経験が役に立ちました。しかし通訳を探すのは初めての事でしたし、どう探せば良いのか、また何を基準に探せば良いのかは随分悩みましたね。とはいえ準備期間もありませんでしたから元会員のBさん、そして現会員のTさんの妹さんにお願いしました。いま考えるとお二人とも事前の打ち合わせもなしによく引き受けてくれたなと思います。この場を借りてお二人には改めて感謝致します。

そういえば、開催の二日前になってホテルが決まっていないとの連絡が入り、急遽鳥栖のホテルを確保しました。あの時は随分、川原さんに助けてもらいました。川原さん本当にありがとうございました。

色々と反省材料もありましたが、とにかく李老師がこの太宰府に教えに来たという事実は、馬貴派八卦掌の一つの歴史として残っていくことでしょう。そして皆さんもその一員であると私が保障します。

②2010年8月 李保華老師の太宰府講習会開催
前回の反省も踏まえての第二回目の開催でした。また当会による初めての福岡単独開催でもありました。また講習内容もこちらで考えて決めさせて頂きました。色々な面で第一回以上に感慨深いものがありましたね。

2010年8月の講習会に関しては下記ページにて詳細を記しています。

馬貴派講習会ドキュメント①
馬貴派講習会ドキュメント②
馬貴派講習会ドキュメント③
2010年8月馬貴派八卦掌講習会 総括 〈伝統を学ぶ上で〉

③2010年4月 当会主催にて特別講習スタート
念願だった特別講習のスタートも個人的には非常に感慨深いものがあります。やはり3年近く、馬貴派八卦掌の練習及び指導をしてきて、毎月の限られた練習回数・時間の中で何を指導するべきかというのは、指導者として本当に悩みました。

初心者や趣味程度に学んでいる方たちは、基礎を覚えるのが精一杯でしょうし、ただ私の中では、やはりもう少し先のことも練習したいな。また本気で学びたい方たちには、やはり段階に応じた指導を行ないたいなという気持ちが絶えずありました。

馬貴派八卦掌というのは、やはり段階が上がるにしたがって、身体や動作における要求といったものがより厳しくなります。その要求というのは、初心者にいきなり練習させれば逆に怪我をする可能性もあります。またその要求に従わず、自己のやりやすいやり方で勝手に行なってしまうと、いわゆる動作や套路の簡略化が起こり始めます。どこかの代で一度簡略化が起きてしまうと、次の代で原型に戻るということはありえません。つまり伝統では無くなると言う事です。

そういった理由で、基礎以上の内容を指導することに関しては、私自身非常に慎重に考えてきました。ですので、特別講習をスタートした事は、ある意味冒険でしたし、実際に一年間を通して特別講習を行えた事は非常に誇りに思っており、また達成感も持っています。

願わくば、現在特別講習を受講している方たちは、伝統を学んでいる一員であるという自覚をより一層強くもって練習に励んで頂きたいと思います。皆さんの代で簡略化が起きてしまえば、もう馬貴派八卦掌ではなくなってしまいます。責任重大ですよ!

2010年度に入会された方たちも、来年の4月頃からは特別講習の受講を許可するつもりです。ただし、上記した自覚と責任を持って学んで頂きたいと思います。

2011年度は、2月下旬に李老師の講習会が開催されます。それまで各自走圏の練習をしっかり行なって、気持ちよく李老師をお迎えしましょう!

2011年度2月の李保華老師の福岡講習会については、こちらのページをご覧下さい。


講習会ドキュメント トップページ 》

馬貴派八卦掌 太宰府練功会 トップページへ 》




Copyright(C)2010 馬貴派八卦掌 太宰府練功会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。