福岡八卦掌研究会

福岡県福岡市と筑紫野市で活動する福岡八卦掌研究会の紹介と練功日程。福岡八卦掌研究会は、宋長栄派八卦掌、程廷華派八卦掌、馬貴派八卦掌を基盤に八卦掌を体系的、統合的に研究する会です。八卦掌の技法、套路の紹介。講習会ドキュメント!

馬貴

福岡八卦掌研究会 団体略歴

2007年6月 当会代表が鄭志鴻老師より、宋長栄派 八卦掌 を学び始める。

太極剣 1
鄭志鴻老師 (写真は古伝太極剣)

2007年9月 当会代表が岡山で開催された李保華老師の「馬貴派八卦掌  講習会」を受講したのを機に福岡県太宰府市で同好会的な活動を始める。2008年以降は、福岡で開催された講習会を繋ぐ場として活動する。

穿掌
李保華 老師 (写真は穿掌)

2008年8月 福岡で初めての李保華老師の講習会が開催される。

2009年2月 福岡で2回目の李保華老師の講習会が開催される。

2009年8月 福岡で3回目の李保華老師の講習会が開催される。

2010年2月 福岡で4回目、太宰府市で初めての李保華老師の講習会が開催される。

CIMG0084-2 CIMG0091-2

2010年8月 太宰府市で2回目の李保華老師の講習会が開催される。

2011年2月 太宰府市で3回目の李保華老師の講習会が開催される。

2011年11月 太宰府市で4回目の李保華老師の講習会が開催される。

※各講習会の内容は、【講習会ドキュメント】 をご覧下さい。

2013年2月 鄭志鴻老師より、程廷華派 八卦掌 を学び始める。

2013年3月 〔八卦掌専修クラス〕の開設を機に、団体名を「福岡八卦掌研究会」とする。

2014年6月 李保華老師より、八卦64大刀 を学び始める。

2015年4月 鄭志鴻老師より、傳剣秋伝の八卦掌を学び始める。

現在も馬派八卦掌を李保華老師に、宋長栄派八卦掌、程廷華派八卦掌、傳剣秋派八卦掌を鄭志鴻老師に継続して学びながら八卦掌全体の練習体系を研鑽している。


当会へのお問合せは、こちら からお願い致します。


次のページ》 受講案内へ


福岡八卦掌 研究会 トップページへ 》

Copyright(C)2010 福岡八卦掌 研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

八卦掌 走圏 (八大形)

当会に伝わっている走圏の八大形は以下の通りである。

1.龍形
2.熊形
3.獅形
4.蟹形
5.鷹形
6.単勾式
7.指挿式
8.陰陽図

それぞれの走圏の形から、龍形八大母掌や単勾式八法、獅形掌八式のように、大体8種類の掌法(套路)が生まれるようだ。

以下、現段階で当会で練習している走圏の種類を紹介する。


1.龍形走圏

su_06龍形転身

八卦掌といえば、まずこの形を思い浮かべるのではないだろうか。馬派八卦掌の走圏時の姿勢の要訣や特徴は様々なものがあるが、そのひとつに手形がある。いわゆる牛舌掌を用いるが、一般の尹派の手形とも異なり独特の手形を用いる。

2.熊形走圏

CIMG1235CIMG1097-2

熊形走圏は、馬派では最重要の練功法である。練習者は、この走圏を行い馬派八卦掌を学ぶための姿勢・身体作りを行なう。他流では、一般に下沈掌と呼ばれる事が多いようだが、まさに下に沈むための練功法である。

CIMG1489-2CIMG1090-2
     獅形走圏              陰陽魚掌
CIMG1455-2CIMG1471-2
      単勾式              蟹形走圏
 大鵬展翅2
      鷹形走圏

他に馬派では指天挿地、程派では托天掌や白猿献果、白蛇走圏が伝わっているが、機会を改めて紹介したい。


福岡八卦掌研究会へのお問合せは、
こちら からお願いします。


次のページ 》 八卦掌の基本技法 ①

福岡八卦掌 研究会  トップページへ 》

Copyright(C)2010 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

当会に関係するリンク集

〔八卦掌関係〕

馬貴派八卦掌伝播中心
馬貴派八卦掌4代目継承者李保華老師のサイトです。

日本馬貴派八卦掌和易筋経研究会
東京支部 楢崎先生のサイトです。

トーキョー☆バッキーズ 
東京支部 東京馬貴派者流の方達のサイトです。


〔太極拳関係〕

福岡伝統中国武術協会
当会の上部団体で伝統的な中国武術の普及発展を目的に活動している。加盟団体の教室を詳しく紹介。

福岡伝統太極拳 湧泉会 
福岡県太宰府市を中心に伝統太極拳の普及指導を行なう団体。
豊富な写真を使用して練習内容などを詳しく紹介。

福岡伝統太極拳 湧泉会 (本部教室)
湧泉会の本部教室である太宰府・筑紫野教室の専門サイト。

福岡伝統太極拳 湧泉会 (大野城教室)
大野城教室の専門サイト。

中国武術の時間♪
湧泉会の公式ブログ。湧泉会の最新情報を随時掲載。日々の練習記や中国武術系の書籍を著者の当時の思い出と共に紹介している。

福岡伝統中国武術協会 ブログ
各教室の紹介や日々の練習記を掲載。


相互リンクをご希望の方は、こちら までご連絡下さい。


福岡八卦掌研究会  トップページへ 》


Copyright(C)2010 福岡八卦掌研究会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
 人気ブログランキングへ スポーツランキングリンク集
スポーツランキング ブログランキング 
趣味 - シュミラン 
 


東京の講習会に参加してきました!

8月11日~14日まで、9ヶ月振りに東京の李老師の講習に参加してきました。

8月11日(木)
東京へ行く際は、いつもJALの宿泊パックを利用するのだが、今回は事情により、初めて福岡発のスターフライヤーを利用した。機体の大きさは、おそらくスカイマークと同じだと思うが、前の座席との空間をやや広めに取っており、小型の液晶テレビも付いている。またJALやANAと同じく飲み物のサービスも付いている。福岡→東京間は、まだ一日5往復のみとの事だが、今後利用者が増えていくのではないだろうか。

この日の講習は、午後7時スタート!李老師の指導を受けるのも福岡講習会以来、半年振りである。

講習内容としては、廻身掌第二との事、套路の構成は、前半は順勢掌の第二、後半は廻身掌第一の蹴り技が変化した形のようだった。穿掌と同時に発する蹴りは、実戦性も高いだろう。

そして、走圏、88式の練習。88式は、今年の2月に福岡で習ったものとまた変わっていたなぁ。
それにしても、この日の講習は暑かった。下着までびっしょりだった。

練習後は、N崎さんと枝豆のみの肴でビールを数杯。 やはり練習後のビールは格別だ。


8月13日(土)
この日は、体験教室とのこと、代官山に行ったのは初めてだった。
講習内容としては、走圏と単換掌。李老師の単換掌は、よりシンプルに無駄のない動き。

この日は、体験教室終了後、N崎さんとクレイグと氷川台で練習する予定だったのだが、クレイグが体験教室の会場に来ない…。
氷川台に向かう途中、N崎さんの携帯に連絡が入り、会場を間違え文京のほうへ行ってしまったとの事。
その後、氷川台駅で待ち合わせをし、1時間以上待つが、また来ない・・・。
今度は、乗り越して和光市まで行ってしまったとの事(笑

とはいえ、その後何とかクレイグとも合流し、N崎さんから帯手、撞掌、雲片掌などの基礎掌法や龍形八大母掌の復習や確認をさせて頂いた。私やクレイグのように地方や異国で学んでいる人間にとっては、こういう機会を作って頂ける事は何よりありがたい。N崎さんには、この場でもお礼を申し上げたい。本当にありがとうございました。

稽古後、3人で居酒屋で武術談義。楽しい時間だった。クレイグと会うのは、一年半ぶりだと思うが、私の事を「僕のボディガードです」みたいに言っていた。


8月14日(日)
この日で今回の講習参加は最終日である。
講習内容は、転身掌の母掌。私が最初に習った頃の転身掌と比べると、転身掌第二のように後足を前に進歩しながらの撞掌に変わっていたのと、撞掌の際に後ではなく前を向いて行っていた。この前を向きながらの撞掌というのも、普段は後ろを向いてやっているので、なかなか難しい。

この日の講習は、延々と走圏の練習を行った。こうして酷暑の中、走圏を行う事で体の毒素を体外に出すとの事。私は途中でばててしまい、一人だけ勝手に熊形で走圏をしてしまった。この日の講習も本当に暑かった。

途中、練習スペースがうまく確保できず、最終的に一畳ほどのスペースで練習をすることになってしまった。この点は、指導員の指導が必要な初心者の方達のスペースを事前に決めておくなど、今後主催者側に改善を期待したい。

とはいえ、今回の講習参加もやはり良い刺激になった。東京の皆様、お疲れ様でした。Yさん、馬貴の写メをありがとうございました。馬貴派関係のブログやツイッターを書かれている方々、たまに拝見させて頂いております。また東京の講習会に参加の際は、よろしくお願い致します。

さて、福岡の講習会はいつ頃に行うかな。

講習会ドキュメント トップページ 》

馬貴派八卦掌 太宰府練功会 トップページへ 》



Copyright(C)2010 馬貴派八卦掌 太宰府練功会 All rights reserved.

馬貴派八卦掌 講習会ドキュメント1 2011年2月

2月25日

本年度も待ちに待ったこの日がやってきた。

本日から福岡県太宰府市で李保華老師による馬貴派八卦掌の講習会が行われる。

今までは岡山講習会の繋ぎとして行なわれてきたが、今回は初めて李老師が直接飛行機で福岡に来られることになった。

東京の馬貴派八卦掌和易筋経研究会の楢崎先生には、航空券の手配など色々とご協力して頂いた。この場をお借りして改めてお礼を申し上げたい。

飛行機は5分送れで無事に福岡空港に到着。

到着ロビーにて待つ。

大勢の乗客の中でも飛び抜けて強健そうな男性が現れる。

李保華老師である。

何度お会いしても彼を見ると武者震いが起こる。決して慣れるということはない。温和な表情をしていても、やはり武人としての凄みが伝わってくる。

簡単に挨拶を済ませ、空港からホテルへは私の車でお連れした。途中ラーメン屋で昼食を共にする。李老師は、麺を食べ終わった後にラーメンのスープにご飯を入れて美味しそうに食べておられた。

ホテルのチェックインを済ませ、私は一旦帰宅し、午後6時に改めてお迎えに行く事になった。

講習会は午後7時スタート!今日は約2年ぶりの走圏や単換掌を主体とした初心者講習会である。

初心者講習会とはいえ、李老師の動きはお会いするたびに毎回進化しているので、今回の単換掌はどれほど進化しているかが楽しみだった。

門派・流派といえども、やはり実存するのは一個人である。その一個人の単換掌が進化する事で他の全ての掌法も進化する。またその進化の度合いがはっきり示されるの単換掌である。

CIMG0227-2
↑クリックすると拡大表示されます↑

講習会前半の講義では、参加者の大半が初心者だったという事で、八卦掌の走圏による健康上の効果や単換掌の特徴について説明されていた。また本日は女性の受講者が多かったからか、軽身、養顔、駐形、増寿などの紹介もされていた。

そして実技の講習がスタート!といっても我々が行うのは多数の套路を習う事が目的ではない。自分自身で走圏と真剣に向き合い、自分自身を改善させる稽古である。

CIMG0189-2
↑クリックすると拡大表示されます↑

李老師は、いつも通り走圏の手本をまず示し、その後は参加者一人一人の姿勢や動作を修正されていた。そしてほんの数分走圏を行っただけでなぜ体がこれほど温まるのか、そしてなぜそうなるのかを具体的に説明されていた。

約10分の休憩を挟み、後半スタート!

後半は単換掌及び単換掌を母掌とする探掌、蓋掌、反背捶の講習である。

CIMG0198-2CIMG0199-2
      閉門掩肘             推窓望月
CIMG0201-2CIMG0202-2
      葉底蔵華             龍形転身
↑クリックすると拡大表示されます↑

とはいえ、やはり想像していた通り、その大半は単換掌の稽古に費やされた。単換掌は馬貴派八卦掌の数多くの掌法の母体となり、外見は一番シンプルだが、もっとも難しい掌法とも言える。前述したように各個人の単換掌が進化する事により、他の全ての掌法に影響が起こる。馬貴派八卦掌においては唯一絶対の掌法である。

そして今回の李老師の単換掌も昨年12月にお会いした時よりも、やはり進化されていた。ほんの些細な変化だが、同じ動きは真似出来ない。真似をして真似をして、いくら追いつこうとしても、逆に遠くへ行かれてしまうのが師というものなのだろう。追いつけないのは分かっているが、それでも志をもって指導を受けるからには追いかけねばならない存在である。

後半30分は、八卦掌及び単換掌の武術的な一面として、単換掌の応用例が数多く紹介された。健康目的の方もこういった応用例を一応でも知っておく事は非常に重要である。

CIMG0205-2CIMG0208-2
    投げへの応用           肘打ちへの応用
CIMG0209-2CIMG0213-2
    肘関節を極める          走馬活携の応用

今回は普段八卦掌の稽古を頑張っているという事で、初めてK原さん技の受けを譲った。そしたら、この男は、へらへらと笑いながら受けを取っているではないか(怒
まぁ李老師の技を受けると全く抵抗できないので笑うことしか出来ないのも分からないではないが…。真剣さが足りないので、技の受けを譲るのは今回限りにしようと思う。

最後の10分ほどで探掌や蓋掌、反背捶を指導されていたが、やはり今回は初心者が多いという事で、紹介に留めたということだろう。

初心者の皆さんは、今回の講習を糧にまずは走圏と単換掌の習得に真剣に励んで頂きたい。

今回通訳をお願いしたK田さんは、場を和ませながら最高の通訳をして頂きました。謝謝!また翌日に通訳をお願いするMさんも通訳のフォローとして参加して頂きました。明日もよろしくお願いします。

最後は恒例の記念撮影
CIMG0226-2
↑クリックすると拡大表示されます↑


講習会ドキュメント トップページ 》

馬貴派八卦掌 太宰府練功会 トップページへ 》



Copyright(C)2010 馬貴派八卦掌 太宰府練功会
All rights reserved. 当会の許可無く転載を禁じます。

ブログランキング
プロフィール

福岡八卦掌研究会

記事検索
QRコード
QRコード
ページランク表示ツール
アクセスカウンター

スポンサーリンク
  • ライブドアブログ