ペットの健康

愛犬愛猫の健康と長寿を第一に考えた、高品質の製品のみ取り扱っています。 健康を考える方・長寿を目指す方・病気でお悩みの方はまずはご相談下さい。

2007年11月

 何故か寒がりやの 三男 はちべえ は、洋服が大好きになったようで、先日はもぐっていた布団から出るときに洋服が脱げてしまい、その洋服を再度着ようと頭を自ら入れていました。

 よかれと思い着せてはいましたが、猫にとっては多少嫌かもと半信半疑でしたので、自ら着ようとすぐ姿を見たときに、彼は洋服を着ることを気にいっているのだと100%確信しました。

 ですので、新しい洋服を探そうとネット検索しましたが、猫用洋服はあまりなく、結局犬用を何枚か注文しました。
 洋服のサイズを選ぶために、初めて3匹の首周りや胴回り、丈(首から尻尾まで)を測りました。3匹ともサイズは、さほど変わりはありませんでした。

 昨夜は、現在着ている洋服の腕部位が少々窮屈そうなため、腕部位を切り取り肩が出るように広くしました。
 裁縫は苦手なので見かけはあまりきれいではありませんが、彼にとっては肩を広く開けたので、もっと心地よくなったのではと思っています。

 新しい洋服が来たら、かわいい写真をアップさせていただきます。

 昨日 ご注文の際に、飼い主様よりうれしいご報告をいただきました。
腎臓疾患と診断された11歳の猫ちゃんですが、今まで食べていたロイヤル●ナン(病院より購入)をカッツフラッケンに変更し、薬効ハーブである アズミラ パウダルコ を与えて、約2ヶ月弱 で数値が改善したということです。
 40→36→30.1 と ほぼ正常値になったというものです。
個体差はありますが、この猫ちゃんのプラス効果はとても早いと私もビックリしました。

 9歳の中型犬の犬ちゃんは週に一度輸液に通っていましたが、たんぽぽ茶とパウダルコの相乗効果で、体調が改善し、点滴に行かなくてもよくなったといいます。
この子は数値はわかりませんが、食事をきちんと食べるようになり、飼い主さんが見る限り今までより体調がよいということです。

 腎臓は復元機能ではありませんが、食事から有害物質を排除し、薬効効果のあるハーブを与えることで、このように必ずプラス効果となりますので、加齢に伴い罹患の多い腎臓病ですが、お悩みの方はあきらめずにまずは自然療法を実行していただきたいと思います。それが愛情だと私は思います。
エンジェルズハートhttp://www.angele-jp.com/

 9ヶ月のパピヨンちゃんで、生後2ヶ月の時に、一度倒れて、病院では低血糖かもと診断され、その後興奮したあとにヨタヨタすることがあり(倒れてはいない)、多いときは週に1回以上あるとご相談のあった子ですが、8月末に食事をユ●ヌバから、フントフラッケンに変更し、微量栄養素不足が要因かもしれないために、基本のビタミンミネラルとカルシウムをご購入いただきました。
 先日4回目のご注文で、週に一度あった痙攣が、今は1ヶ月以上痙攣がなくなったと飼い主様よりうれしいご報告をいただきました。

 それでもまだ、1ヶ月くらいで起きているために、薬効ハーブである カーム&リラックスをおすすめし、ご購入いただきました。
 これで数ヶ月一度 半年に一度などになってくれたらと願うばかりです。

 癲癇という診断名はついてはいませんが、今までのお客様の症例から考えますと、このハーブでもっとプラスの結果になるのではないかと思っています。
エンジェルズハートhttp://www.angele-jp.com/

↑このページのトップヘ