ペットの健康

愛犬愛猫の健康と長寿を第一に考えた、高品質の製品のみ取り扱っています。 健康を考える方・長寿を目指す方・病気でお悩みの方はまずはご相談下さい。

2010年02月

 今年になってからのことですが、次男 チビ が毛布をなめるようになりました。
最初は毛布を5-6回なめる程度だったので、特に気にしなかったのですが、日に日にエスカレートしていていて、ここ最近は 毛布をグルーミングしている感じに、しつこくなめています。
 多くは 輸液後に 自分の体のグルーミング後になめていることが多いので、本猫はきれいにしているつもりなのでしょうか・・!?。

 このしつこい毛布なめは注意をしてもほかに気をひいても、やめません。
そのせいか 2日連続 早朝5-6時に みごとに 毛玉のみ吐きました。
(ちょうど毛布の色とチビの毛の色が似ているので、どちらの毛なのか分析はしていませんが・・。)
 未消化物ならば心配ですが、毛玉のみでその後朝食は食べるので、大丈夫はずですが・・。
嘔吐は見ているほうも痛々しくてつらいですし、慢性腎不全の症状の1つですし、本猫も辛そうですし、頻繁な嘔吐はさせたくないので、嘔吐減少をさせたくて、いろいろ試しているのですが・・
チビ は嘔吐回数が減ってくれないのです。
長男 まぐろ は ほとんどは吐かなくなったのに・・。
 チビには嘔吐回数減少については、プラス効果が今のところで出てくれません。
 
 ただ、嘔吐の内容物については、未消化物の嫌ーーな こげ茶色ではないときが多く、毛玉がメインなので、そんなに気にしなくてもいいのかもしれません。と自分に言い聞かせています。

 もう少し気温があがれば毛布をしまうので、この癖はできなくなるはずですが・・。
今は 寒がりの毛布にもぐるのが大好きな 三男 はちべえ のために出しておきたいという気持ちがあります。

 水分摂取量はOK、便もOK、尿もOK、食欲は まあまあ 時にガッツキでOK、華麗なジャンプもするし チョロチョロ キッチン探索もするし、目の輝きもOKなのですが・・。
 心配事 は なくなりませんね。

エンジェルズハート
http://www.angele-jp.com

 童謡で どんなに上手に隠れてもかわいい尻尾は見えている・・。という歌があったと思いますが、輸液ポンプの音に反応して昨夜は2匹ともベットの下に隠れてしまいました。
 彼らの隠れる場所は ベットの下かカーテンの中かトイレ部屋 と 狭い部屋なので隠れる場所も限定していますので、姿が見えなくても容易に探すことができます。

 しかし 昨夜は 次男チビ は、私が捕まえようとすると上手に左右に逃げて、何度もベットの左右を行ったり来たりさせられてしまいました。
 何とか体の一部を捕まえて引きずり出せました。
毎日のことなので 嫌な事は重々わかっていますが、嫌がって逃げるらとやめることは心配でできません。
 特に昨夜は ホモトキシコロジー入りなので、絶対に入れなくてはいけません。(アンプルを割って輸液に投入をしていたので仕度に時間がかかったので逃げられたのですが・・・。)

 ケージの外で スリスリしながら ノルマ分を2匹に投与しました。
輸液後の嘔吐もなかったので、とりあえず安心しました。

 次男 チビは 3ヶ月間の引きこもりの前科があるため、もしも また引きこもっってしまったらという心配もありますが、輸液が終わってしまえば嫌なことをされるということは、すぐに忘れるようで、根にもってはいないようです。
 うちの子達は 単純なので 本当によかったです。

お客様の猫ちゃんで 嫌なことをすると数時間隠れて出てこない子もいると聞きますもの。

 私のことも嫌うこともなく、昨夜は一緒の枕で寄り添って眠りました。

エンジェルズハート
http://www.angele-jp.com

 ここ数日 春のように暖かく 室温も20度以上となり、暖房をかけなくても過ごせるようになりました。
今年は 例年よりも部屋の温度設定を高くした猫のための24時間暖房なので、電気代がきっとすごく高くなっているかと思っていましたが、1月分の明細を見たらそれほどでもなかったので、以外と暖房って高くつかないのだと思いました。

 猫がいる3階は たくさんの窓があって陽が当たるので、今日は 昼間はホカホカでした。
トイレの掃除の際に、換気のために窓を開けると、三男はちべえ と 長男 まぐろ はすかさず飛び乗ってきて、外気を吸っていました。
 次男 チビ は違う出窓でくつろぎ中で、飛び乗ってはきませんでしたが、食後にすぐにお気に入りのベットに上らずに キッチンのほうへチョロチョロ歩いていました。
 春陽気で 彼らの元気もアップしてくれたらうれしいことです。

 これだけ急に暖かくなると、ノミ や ダニなど 外部寄生虫がつく場合もありますので、予防は早めに、Bイーストを与えていただくことをお勧めいたします。(発生する 3週間前からがベストです)
 
 このBイーストは錠剤のころは家の猫も好きで ボリボリ食べていましたが、今は粉末になっているので、ほかのサプリメントと混ぜてカプセル投与しかありません。
 食事に混ぜるのは NGのようでした・・。

エンジェルズハート
http://www.angele-jp.com

↑このページのトップヘ