ペットの健康

愛犬愛猫の健康と長寿を第一に考えた、高品質の製品のみ取り扱っています。 健康を考える方・長寿を目指す方・病気でお悩みの方はまずはご相談下さい。

2011年04月

 一人っ子生活になってしまった はちべえ は、寂しく 心もきっと痛んでいるのだと思っていました。
そのせいで 食事量が少なくなったと思い込んでいました。
でも 私にできるのは 夜たくさんスキンップしてあげることしかできません。

 今は 食事やトイレすべて はちべえ だけなので、食べた量や排泄回数を推測ではなく把握することができます。
食事量が 少ないことは気になっていました、置いておいたウエットのご飯も ほとんど残っていることもありました。
でもドライは 1日合計で30-40ggくらいは食べて、体重も全盛期と比べれば 年々減ってはいるものの、年のせいだと思うようにしていました。

 ただ 1つだけ気になることはありました。
最近 私の胸でベッタリ寝ているときに フガフガというような呼吸をすることが何度かあったのです。
はちべえ は、歯が前歯以外はなく、以前から息が口が漏れることがありましたので、そのせいかもしれないと思っていました。

 昨夜 お気にいりのはずのウエットをあまり食べず、便秘対策でH4Oでといたナチュアファイバーとスーパーc2000(1日1-2回ずっと入れていた)のサプリメント投与後に嘔吐・・・
未消化物と毛玉まじりだったので、毛玉のせいかと思いました。
一応 ガスモチンとモミアロンを投与。
その後 お腹が やけに大きな音で鳴っていました。
吐いたので空腹の音なのか ? 薬の作用なのか・・?

 聴診器で聞くと やはり ギュルギュル 腸の運動音のようです。
何気なく ついでに 心音を聞いたところ、心音以外で嫌な音を聞いてしまいました。
気管支なのか 肺なのか・・ヒューヒューの音 呼吸をするたびに聞こえてきます。
普通では聞こえない音
1ヶ月前にはなかった音です。(まぐろ と比較してはちべえの音も時々聞いていた)

 4時間前に吐いてはいたけれど、エキナセアをどうしても投与したくて、カプセルのまま投与しましたが、みごとに30秒未満に入れたサプリメントを吐き出しました。
 カプセルが嘔吐を促したのかもと思い、懲りずに1時間後に プロポリス錠剤1/2を投与。
嘔吐もしそうもないので安心して寝ようとしたところ やはり40分後に嘔吐・・。
今度は解けたプロポリスを嘔吐・・
 さすがにたびたび吐かれたので断念しました。
 食事もお夜食でいつも食べているドライも食べずじまいです。

 今朝は 久しぶりのウエットを出したので、すぐに食べて、夕方まで嘔吐なし。
錠剤やカプセルが駄目そうなので、たんぽぽ茶をさっき入れてきました。
とにかく 抗炎作用、抗ウイルスのあるサプリメントを入れなくては・・。

 今夜 再度聴診器で音を聞いてからできれば明日にでも病院です。
血液検査も3年していませんし・・。
 
 はちべえ は9月15日に姉の子が拾ってきた子なので、8月生まれだと思うので、16歳8ヶ月です。
我が家では一番若かったですが、おじいさん年齢です。

 今度は はちべえの老化や病と闘うのですね。
そして いずれ看取るのですね。

 気が滅入りそうですが、こればかりは現実逃避できないので、まずは 原因特定しなければなりませんね。

 震災後のゴールデンウイークなので、ペットホテルはガラガラだと思っていましたが、例年同様にご利用のお客様が多く、ご予約でほぼ満室です。
 人間って 時間経過とともに 日常の生活に戻っていくのですね。

 勿論 直接 被害にあった方や現在も避難された方々は 行楽どころではないでしょうが・・。
新しく仕事を始める方や 復興して再起をかける方もいらっしゃるようですので、それも 1つの日常の生活に戻ることですね。

 私なんぞは そんなご苦労をされていたり、たくさんのお身内の方を亡くされた方と比べれば、たかが猫のことと一喝されるかもしれません。
 でも 人にとっての価値観の違いなので、家や財産をなくすよりも、愛猫を失うことのほうが、痛みが大きい場合もあるような気がします。
痛みや悲しみは 人それぞれなので比較はできない気がします。
私には 同じ痛みは理解できても、自分がおかれていない環境の本当の痛みはわかりません。
経験したことのないことですから・・。
わかっているような気持ちにしかなれないです。

 私も 日常の生活 はできています。
起きて 仕事して ご飯を食べて 寝て 普通の日常 です。
でも 気持ちは まだ止まったままです。
1ヶ月過ぎますが・・。現実逃避からは抜けられません。

 買い物に行くと 鮮魚売りには行きません。
まぐろ の大好きだった 刺身やイカやタコや海老を見たくないからです。
母が焼いてくれる魚も事前にお断りさせていただいてます。
当分 魚系は目にも口にもしたくないのです。
だから はちべえ には 肉系をつまみぐい的に食べてもらっています。

 仕事面だけは ちゃんとしていますので、これだけは いつもの日常です。
明日からは お預かりするホテルの犬猫ちゃんたちに、何事もなく無事に飼い主さんにお帰しすること。
当たり前であって一番重要なことをしなければなりません。

 季節が流れて 庭にたくさんの雑草といつもよりたくさんのたんぽぽが咲いていました。
春を感じた今日でした。
 

 習慣となっていたことを しなくていい今
たくさんの時間をもてあましています。

 輸液したりサプリメント投与したりと、慌ただしかった 朝ですが、今は 自分のことと はちべえ のご飯とトイレの片付けだけなので、あっという間に終わります。
 夜も輸液やサプリメント投与、マグシートに乗せたりと、すべてが終わるまでホットしませんでしたが、今は ただボーッとTVを見ながら、はちべえ をスリスリしているだけです。

 はちべえの毛質は、まぐろ と 少し似ているので、目を瞑って まぐろ と感じさせてもらうこともあります。
はちべえ には 申し訳なく思いますが・・。
ちょっとだけでも擬似でも いいから まぐろ を感じたいからです。

 長い夜ですが、余計なことを考えずに眠りたいので、眠くなるギリギリまで起きていて、眠りにつくようにしています。
 おやすみ の挨拶を チビ と まぐろ にしています。
最近 やっと 「まぐろ おやすみ」 と ほぼストレートに言えるようになりました。
おやすみの挨拶を言うことも、いないことを認めることなので、抵抗がありましたから。

 でも まぐろ が寝るスペース分の枕を開けて、枕をポンポン叩いて まぐろ を呼ぶ(寝るときにすぐに来ないときに呼ぶ習慣)ことは、いまだ続いています。
それをすると いつものように近くにいるような気がするので、温もりは感じることはできませんが、気のせいでも
思い込みでも、これだけはずっと続くような気がします。 

↑このページのトップヘ