2017年04月11日

受賞しました!

昨日は「グリーンフェスタ2017」の授賞式でした。

そして・・・

『パパママ☆サイバン』が
ベースシアター賞を受賞しました!!


支えてくれた関係者の皆様、シアターグリーン関係者の皆様、そして観劇してくれた、応援してくれたお客様!
本当にありがとうございました!!✨

IMG_1398
IMG_1399


magzsamz at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月29日

気にするなと言うけれど【writer:水澤】

春分が過ぎて、きっと暖かくなる
んだろうなと勝手に思っていたら
グッと冷え込みが厳しくいつまで
寒い日は続くのかとやきもきして
いる今日この頃です。

ここ数日、公園の桜の木の様子を
伺っていますが咲く気配はなく、
路上で見かけた桜の木も蕾のまま
じっとしている様に見えます。あ
ー早く暖かくなって満開の桜の花
達を愛でたいものです。

飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎで
浮かれるのもいいですが、静かに
ただ桜を見上げて綺麗だなと独り
言がこぼれる、そんな趣のある控
えめなお花見もいいですね〜

いつなの、桜の花が咲く頃は?
いつまで寒いの?春なのに!!


magzsamz at 02:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) writer: 水澤恵美 

2017年03月26日

4月に舞台やります!【writer:笠野】

122ed6c6.jpg
d31f2e32.jpg
どうも、お久しぶりの笠野です。

いきなりですが、来月4/12から舞台やります。

今回の作品は、笑いと素敵なストーリーのバランスが絶妙な、マグズサムズとはまた違う面白さがつまったシチュエーションコメディです。

自分は、おそらくマグサムではやらないであろう、というか今までやったことない役を頂きまして、
正直、かなり頭を悩ませてますが、その分本番では面白いものをお見せできると思います。

多忙な時期かとは思いますが、
もしご都合が良ければ、ぜひ見にいらして下さい!



劇団暴創族 第6回公演
「瑠璃色花火物語」

【脚本・演出】
大坪雅俊

【出演】
岡憲和
笠野哲平
黒岩徹
駒田裕亮
齊藤涼祐
佐藤輝
セキュリティ木村
三宅重信

あだちあさみ
井上麗夢
梶和代
執印徳枝
高橋ちづる
千葉亜弓
野村香奈
森川馨華

※ダブルキャスト
Acast
小林大祐
岡村美里
嘉瀬こころ
山翔太
細田ひなた

Bcast
杉本恵太郎
小口夏生
楓乃美紅
石川夏稀
杉浦樹子

【日程】
4月12日(水) 19:00
4月13日(木) 19:00
4月14日(金) 14:00/19:00
4月15日(土) 14:00/19:00
4月16日(日) 13:00/17:00

【チケット】
日時指定・全席自由
一般¥4,000 / 高校生以下¥3,000 
(未就学児無料)

【劇場】
大塚萬劇場
(〒170‐0004 東京都豊島区北大塚2-32-22)


とある漁港のある町
年に一度の花火大会
数年に一度、偶然見られるという
幻の「瑠璃色花火」

幻の花火が織りなす
この町に住む一つの家族の
二つの時代のストーリー

劇団暴創族 四季4部作最終章「夏」はハートフルダブルシチュエーションコメディ!



magzsamz at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) writer: 笠野哲平 

2017年03月25日

猿渡亮太 客演情報!

【猿渡亮太 客演情報!】

『fam fiction〜1周年記念♪パーティ気分で遊びに来てね公演〜』

※猿渡は、☆の回に出演します。

2017年3月29日(水)〜4月2日(日)

29(水)18:30💛

30(木)15:00💛/19:30☆

31(金)14:00💛/18:30💛

1(土)11:00☆/15:00💛/19:30☆

2(日)12:00💛/16:00💛

【会場】

cafe&bar木星劇場

池袋駅C3出口から徒歩10秒!

【チケット】

前売 3500円(1ドリンク付き)

当日 4000円(1ドリンク付き)

https://illnutupfam.amebaownd.com/pages/776289/page_201612251652


💛『death nut up fam(デスナップファム)

あらすじ

男は今日も疲れていた。

男の名前は「花実レム」職業は役者である。

高校卒業と同時に劇団に入る。

初舞台にて主役を手にするが、売れない役者時代が続く。

そんな彼も結婚し子供も生まれる。

そして結婚5年目レムに転機が訪れる。

仕事がうまくいくようになり一躍売れっ子役者に。

が、家族のためにとオファーがきた仕事すべてをこなし無理をした結果、

・・・7時28分ご臨終です。

この物語は「花実レム」のドキュメンタリーである。

そうこの物語は死んでからはじまる。

死後1秒からの「花実レム」の生き様。いや死に様か?

まぁそれはいい。

もう一度いうこの物語は「花実レム」のドキュメンタリーである。

【キャスト】

藤代海

岡本歩

山本健一

竹野メフメット

高橋龍史

塩田花

小林美歌

冨田浩児

朱木雀空



☆「HAPPY !ll nut up fam」

1周年を振り返るの会♪

司会(山本健一)参加(雀空&海とゆかいな仲間たち)

⊃空とゆかいな仲間たちによるお芝居

『ファムクエスト』

あらすじ

俺の名前は大家 大(おおや ふとし)。

なんだこの名前!

この名前のせいで俺は今までいじめられたことしかない。

嫌な人生だ。

だから俺はひきこもる。

そう、俺はひきこもりのニートだ。

親のスネをかじりまくるニートだ。

かじりつくしてやる。

当たり前だ。

俺に大家 大なんてふざけた名前を付けた罰だ!

しかし、そんな俺だが好きで好きで仕方ないものがある。

好きというか俺の唯一の友だ。

俺はこいつに生きそして生かされている。

ギブアンドテイクだ。

それがゲームだ。

俺はこいつに出会い変わった。

こいつといると何も怖くない。

時がたつことも忘れる。

正直今日が何月何日何曜日かすらわからない。

そんなことどうでもいい。

関係ない。

俺にはこいつがいる。

特に、俺の心を掴んで離さないモノそれはこいつ、ファムクエストだ!

こいつは無駄なことは何も言わない。

俺の名前をバカにすることもない。

それもこいつのいいところだ。

こいつがいれば俺は一生遊んで暮らせる。

こいつがいれば最強だ。

それに俺はファムクエの世界を救う勇者だ!

そう俺は勇者!

俺を倒せるものなど誰もいない。

俺は最強のニート勇者なんだぁーーーーー!!!

今、新しい伝説が生まれようとしている・・・

【雀空とゆかいな仲間たち】

大家 大➡高橋龍史

勇者➡松藤拓也

魔法使い➡朱木雀空

羊飼い➡藤代海

旅芸人➡冨田浩児

パパ➡猿渡亮太

magzsamz at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月21日

気づけば3月も後半 【writer:大澤】

本日、東京は全国で最も早く、桜の開花宣言がありました。

この間まで雪が降ったり、インフルエンザを恐れていたりしていたのに

気がつけばパパママ★サイバンが終わって早くも2か月が経ってしまいました。

・・・更新が大変遅くなりまして申し訳ございませんm(__)m

改めまして、ご来場くださったお客様、応援して下さった皆様、

出演して下さった皆様、関係スタッフの皆様、

本当に、本当にありがとうございました。


2か月も更新しないで何してたんだって感じですが

公演終了直後から、

完全に体調を崩しておりました(−−;)

なんとかなんとか、日々の仕事はしていましたが

それ以外の事が全然出来ないくらいに動けない日が続き

職場で休んでからでないと帰れなかったり

週末になれば熱を出したりと

今までに経験したことのないレベルの引きずり具合でした ^^;

いやー、歳をとったのだなぁと実感いたしました。

ですがちょっとずつ、日常に戻りつつあります。



今回の公演は新しい取り組みにたくさん挑戦した公演でもありました。

初めて外部の演出家さんに演出をお願いしたり
ダブルキャストだったり
日替わりゲストだったり
赤ちゃんと観劇できる回を設けたり
その他諸々・・・
初めてのことがたくさんあり不安な部分もありましたが
挑戦したことは非常に意義のあることだったと思います。


今回の公演はグリーンフェスタ2017の参加作品でした。
来月授賞式があるそうです。
どの団体が受賞するのかも楽しみにしつつ、
またこちらでもお知らせできればと思います。


それから、マグズサムズの今後の公演は未定ですが、
劇団員はそれぞれに他団体さんの公演に出演しておりますので
よろしければそちらにも足をお運びいただければと思います。
ブログやトップページ等でお知らせがあると思いますので
是非チェックをお願いします。


まだ3月なんですが、感覚的には今年がもう終わったような気分でいる大澤でした。



magzsamz at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) writer: 大澤友花梨 

2017年01月30日

皆様へ感謝の気持ちを込めて…【writer:日暮】

どうも日暮です。

本番から日が経ちましたが、改めてパパママ🌟サイバンに足をお運びくださった皆様、応援して下さった皆様、ありがとうございました。

今回、自分が演じた幼稚園の園長先生は本当にリアルムツゴロウさんのような人でした。
演出さんにはじゅんじゅん先生を「子猫のように可愛がって」とか慎太郎先生を「子パンダのように迎え入れて」と何度もダメ出しをいただきました(笑)
多分、我が家のペット達がいなければあの園長先生役になっていなかったのではと思います…


…という事で、そうです!
この流れで我が家のペットを紹介しない訳にはいきませんよね(笑)
日暮動物園のペット紹介コーナー、第2弾を始めさせていただきます!



まずはメスハリネズミのコブちゃん。
ハリネズミってとっても警戒心が強く、ちょっとした物音でもすぐに針を立てるんです。
が、コブちゃんは出会った時から警戒心なくすぐに触らせてくれました。
そして、ひっくり返して持った時のこの表情。
ドヤ顔です(笑)
ハリネズミは夜行性なので昼間は丸まって寝ています。
ですが夜にはごはんを食べたり活発に動き回ります。
回し車を入れておくと、たまにせっせと回す姿がとってもキュート!


オスハリネズミのコタロウちゃん。(通称コタちゃん)
コブちゃんよりも一回り小さいです。
最初は全く触らせてくれず、すぐに丸まってましたが今は大丈夫。
とにかく沢山食べ、動き回り、うんちも沢山する健康優良児。
ハリネズミって穴を掘る習性があるので、床材のペットシーツがすぐにボロボロになってしまいます。
あ。コブちゃんと一緒にすると、求愛行動を始め目が飛び出ます(笑)



フクロモモンガのコロルちゃん(右側女子)とチャメくん(左側男子)です。
ようく見ると微妙な違いがあるのに気付きましたか?
左側の子はおでこに毛がありませんよね。
フクロモモンガのオスはおでこが少し禿げているのが特徴なんです。

二匹とも昼間は袋(フクロ)の中で寝ていますが、夜行性で夜は活発に動き回ります。
動きは俊敏でまるで忍者のよう。
愛くるしい姿に似合わず鋭い爪も持っていますし、嫌な事をされると噛み付くので二匹とも攻撃力は高いですね。
とはいえ、慣れると「ぷすぷす」と鳴いて甘えてくるので基本的にとっても可愛いです。


という訳で、今回は4匹の動物を紹介させていただきました。
残りの子たちはまた次回以降をお楽しみに(笑)



以上、日暮のブログでした。


magzsamz at 06:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月28日

緊張のワンステージ!【writer:まつおか晶】

パパママ★サイバン
見に来てくださった皆様
応援のメッセージ頂いた皆様

ありがとうございました。
 

今回は


KIMG2739









ジャーン!

こんな感じで登場!
 

実際はこんな笑顔ではなかったと思いますが(笑)



私自身、マグズサムズのお芝居は本当に久しぶり。

数分のワンシーンでしたが
舞台上で役者として生きることが出来て
最高に幸せな時間を送ることができました。
 


日替りゲストという新しい試みは
どのように感じられたでしょうか?



また皆さまとステージでお会いできる日を楽しみにしています!

1485517687901
 



magzsamz at 04:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月26日

「生きる」その先へ!【writer:AKKY】

4cc4cc4a.jpg
aad06f68.jpg
どうも!AKKYです!

パパママ★サイバンにご来場、もしくは応援いただき、誠にありがとうございます!

個人的なことでありますが、稽古期間中からインフルエンザにかかったり、役が全くつかめなかったり、共演者や演出家に大変なご迷惑をおかけしてしまいました。
申し訳ありません。

精神的にも肉体的にもギリギリまで追い詰められた末に、何とか本番の舞台で「生きる」姿をお見せすることが出来て本当に良かったと思います。

明という役はとにかく頭の回転が早く何をするにもスマート(に見えて)で、普段の自分とはかなり遠い存在のように思えましたが、空気が読めないところや実は不器用なところが自分に近く、いとおしくてたまりませんでした。

元妻とよりを戻すため、娘のピンチを救うべく颯爽と現れたヒーロー。そんなイメージで演じてました。実際は惨めな結末を迎えますが、それもまた愛着があるかなと。

終演後に沢山の方にお声がけいただいたり、上演中に暖かい笑い声に包まれることが出来て、本当に幸せでした。

全員がチャレンジに果敢にトライし、乗り越えたマグズサムズ、そして一皮剥けたAKKYを今後ともよろしくお願いします!

ではでは!

「異議あり!」AKKYでした 。


magzsamz at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) writer: AKKY 

2017年01月18日

「劇場で会いましょう」【writer:AKKY】



ついにこの日がやってきた!キャスト紹介ラストを飾るのは

 

今回のお話の主人公・野々村慎太郎役の

 

猿渡亮太

 

出てこいや!!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

CIMG6251 (2)

 

















猿渡:どうも、猿渡です。役どころは今回の幼稚園の副担任です。

 

AKKY:担任では無く副担任なんですね。

 

猿渡:まだ一人前で無いということで担任に迷惑をかけているイメージですね。

 

AKKY:そこがストーリーが意外な方向に転がっていくきっかけにもなるんですよね。では、役作りに関して聞かせてもらえますか?

 

猿渡:小学校の先生を目指していた時期もあったので、夢が叶った気持ちもあって素直に嬉しいですね。理想の先生像もあったので。

 

AKKY:どんな先生になりたかったの?

 

猿渡:それを考えていたのは、20歳くらいだったけど・・・とにかく対等な目線でいたかったんだ。

 

AKKY:対等な目線でいたいというのは今回の役にも当てはまるよね。では自分の考えていた先生像に近いかな、と。

 

猿渡:正にそう!自分が目指してたのは幼稚園じゃなくて小学校って違いはあるけど、勉強を教えるというより全部お楽しみ会にしようと思ってたくらい。体育館空いてたらレクリエーションしようぜ、みたいな。ま、結果として先生にならなくて良かったかなと()

 

AKKY:そんな先生もめちゃ楽しそうじゃん()では、blogを見ている人にメッセージを!

 

猿渡:マグズサムズとして初の試みもたくさんあるし、個人的にいつもより欲張りたいと思ってます。本気で面白い舞台にします。劇場で笑いあえればと思います。

ぜひよろしくお願いします!!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

イイねイイね!

 

もう一回キャスト紹介その(&日替わりゲストさん紹介)から見てもらうのも楽しいかも

 

ではでは、劇場でお待ちしてます!

 

AKKYでした(^0^)



magzsamz at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) writer: AKKY 

「AKKYとゆかりです」【writer:AKKY】


はい毎度!

AKKYです!

 

ここでAKKYの登場です!

シングルキャストの元夫婦役(藤元明・亀井理恵)

 

AKKY

大澤友花梨

 

登場!!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

CIMG6152 (2)

 

大澤:シングルマザー役です。

 

CIMG5996 (2)

 

















 


AKKY
:その元夫役です。
 

AKKY:では、役作りに参考にしたことを話していきましょうか。
 

大澤:私は結婚も離婚も経験が無いので、一児の母ということはどういうことなんだろうということを限りなく想像しました。あと妹が最近ママになったので、時間があるときにはいつも姪っ子の動画を見て癒されてます。

 

AKKY:僕自身、結婚も離婚も経験して子供もいて、ということでその経験を活かそうと・・するのもなかなか難しいんだよね(苦笑)

 

大澤:二人でエチュード(即興劇)を何回もして、新婚の頃とか離婚協議中のときとかイメージを作りましたよね。

 

AKKY:楽しかったよね。僕はチラシ左上に記載されてる逆転裁判みたいなキャラクターがいますが、それがイメージだと思うので、法廷のドラマや映画を沢山見て参考にしました。

 

AKKY:そして今回の舞台はダブルキャストというこで、全公演出演する我々シングルキャストから感じることは・・・

 

大澤:両チームで本当に雰囲気が変わりますね。前回公演も変則ダブルキャストでしたが、今回は「両チームで変えよう」と意識してますので、全く違う印象を受けると思います。

 

AKKY:間違いない!では今回の見どころは?

 

大澤:何と言っても演出家を外部からお呼びしているので、そこは今までと一番大きく変わると思います。そこから学べることがとても多かったです。

 

AKKY:稽古していて、毎日、目から鱗だよね。

 

大澤:自分たちでは気付けなかったお宝に沢山気付けたと思います。お客様の目にどう映るかとても楽しみですね。

 

AKKY:確かに!是非お越しください!

 

大澤:ご来場お待ちしております

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

では次回はラスト、いよいよ主人公の登場です(^^)



magzsamz at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) writer: AKKY 
★Facebookやってます★
★Twitterもやってます★
早大出身・劇団マグナムブラザーズと 広島大出身・劇団サムライモンキー。合同公演を経て、2008年7月3日『マグズサムズ』結成。人間味溢れる登場人物たちが織りなす、疾走シチュエーションコメディ。グリーンフェスタ 2009「Box in Box THEATER賞」、第24回池袋演劇祭「優秀賞」 受賞。
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード