2017年06月23日

天鳳九段になりました

さて、今回は天鳳のおはなし。


一週間ほど前、ついに九段になりました。


トップ率5割という確変引いて一気に八段をかけ抜けました!笑




過去の自分の日記を振り返ってみると、およそ1年前はなんとまだ六段になりたてでした。


3ヶ月前は八段になって少し経つくらいだったので、ここまでは順調と言っていいでしょう。





しかし、ここからは更にキツくなります。


九段は1800pスタートで、3600pで十段になります。


配分は上から+90,+45,0,−165となっており、更にラスの負担が大きくなってます。


九段になったものの、ちょくちょくラスを引いてしまい1200pまで減ってしまいました。


めげずに頑張りますが、ちょっと厳しいかなっていうのが正直なトコロです。




九段になって思ったのが、見られる頻度が増えたなってことです。


天鳳は誰でも簡単に観戦できるのがよい点です。


ツイッターなどで、「さっきの対局見てましたよー」なんて言われたりすると、ちょっとドキっとします。


わざわざ見てくれる人がいると、嬉しい反面ヘタ打てないなーなんて思ったり。


プロは見られてなんぼですから、バッチこいで打っていきたいですね!

mahjong_orangehouse at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仙川店/佐治 

2017年06月15日

ミスチル

どーも佐治です。


音楽が大好きで、普段の移動中も常にいろんな曲を聴いている私。


今回お話しするのはミスチルこと「Mr.Children」です。





中学生の頃からずっと聞いていて、好きなバンドのTOP5には入ります。


今も活躍する彼らは、今月の10日にデビュー25周年となりました。スゴイ!


それを記念して、配信限定でベストアルバム「Thanksgiving 25」がリリースされました。


「1992-2002」「2003-2015」の2つの年代に分けられた配信となってます。





もちろん、それを知ってすぐにダウンロードしましたよ。


なんでも来年の5月までの期間限定配信みたいなので、好きだけど曲を入れてないって人はぜひゲットして欲しいところです。




もちろん全部好きですけど、個人的に好きなのは


Any、彩り、Tomorrow never knows、HERO、HANABI


あたりですかねー、カラオケでもよく歌いますし。定番だらけですが(笑)




まぁ名曲が多いですよね。


僕の親の世代も好きな人は多いし、映画の主題歌に使われたりで今の若者にもウケがいいです。


桜井さん素敵!!!







mahjong_orangehouse at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仙川店/佐治 

2017年06月09日

快調

こんなに麻雀の調子がいいのはいつ振りだろう。


仕事の本走、リーグ戦、天鳳、セット。


これら全てをここ最近は勝ち越している。





リーグ戦は先日第4節があり、ちょいプラスで終わり、総合214pで暫定5位。


上位10名がリーグ戦昇級で残り1節。現在10位は154p。


当然油断はできないけれど、いいカンジなのは間違いない。






天鳳はまだ八段だけど、九段までの道も見える位置にきた。


今月の成績は下の画像の通り。


無題

































30回打ってトップ17回はさすがにツキ過ぎだけど、打ち方としては結構悪くない感触がある。


他家の仕掛けが意外と雑だったりもする。



別に毎回ブンブン打ってるわけでもなし、展開に恵まれているのとバランスの問題だと思う。


天鳳だからといってオリてばかりでもいけない。


押す時はしっかり押すことも大事だったりするし、根本は普段の麻雀と変わらない。







もちろんこれら全ての麻雀の結果に対して、大前提としてツイているのは間違いない。


けれど、これまでと多少なり打ち方を少し変えてたりする。




特に変わった点といえば、「役牌の使用率」。


これを意識的に高めてみた。



一見これはピンフ系かな、といった手牌でも、手なりで孤立した役牌を切らないでおく。


そうなると、どこかのターツに見切りをつけなくてはならず、その判断を河の状態から選択する。


ブクブクパンパンの手格好にせず、ある程度の手牌のスリム化を計ることも時には大事になってくる。


といった具合だ。



スリムな手牌は受け入れ枚数でロスがあったりするが、安定感はある。


攻め・受け、どちらにもシフトできる。


鳴けば役がつき、スルーして面前で仕上げるor安全牌として処理する、といった捌きが可能。


おかげで、ラス率の低下に影響しているカンジがする。





最近の麻雀の主流は先手リーチをかけることにばかり注目されている気がする。


先手リーチを打つ上で、ロスの最小である字牌を切っていくのは当然のことかもしれない。


勝つための手段として、もちろんそれは正しい1つの考え。


けれど、こういった打ち方で勝つこともありますよ、という1つの意見として今回の日記を書いてみた。





次のリーグ戦最終節は2ヶ月後とかなり時間が空いてしまう。


それまでに少しでも、腕を磨いておきたいところ。


よりよい状態で戦いに臨みたい。

mahjong_orangehouse at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仙川店/佐治 

2017年05月31日

君がいない夏

どーも佐治です。




最近、名探偵コナンのアニメを最初から見始めました。


最初の放送は1996年の1月8日。なんと20年以上も前なんですねー。



当時の放送を見ていたのを、今でもよく覚えています。


現在860話ほど続いており、劇場版なども合わせると900話に近い数字になります。


国内トップクラスの長寿アニメ番組です。


それでも「サザエさん」には負けますが(笑)




もちろん、それら全部見ようと画策してるわけですが、一体どれくらいかかることやら。


麻雀の勉強もしたいし、ゲーム、読書、天鳳もしたい。


精神と時の部屋を用意してもらうしか、解決策はなさそうです・・・。

mahjong_orangehouse at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仙川店/佐治 

2017年05月25日

何切る〜解答編〜

どーも、佐治です。


今回は、先日の日記の最後に書いた何切るの解答編です。


僕の考えをツラツラと書いて、今回の日記は終わりです。





東2局 南家 27600点持ち ドラ

※協会ルール(赤なし、一発・裏あり)


三四五六七234456 ツモ八





※マークの通り、これは先日のリーグ戦であった僕の実践譜です。



競技ルールは普段のフリーとは完全に別モノなので、また違った面白さがあります。


例えば「鳴き」。


赤が入ってないため、相手の仕掛けの打点や手組みがある程度は想定しやすく、ゲーム性という面でかなり楽しかったりします。


そのため、老頭牌がドラの時に喰いタンをするのは結構リスクが高いことになりますね。





話が脱線しました、問題に戻ります。


幸先よくリーチドラ1の2600をアガったところ。


3巡目ですが形がかなり整っていて、かなり期待できる手格好です。






さて、打牌の選択肢を挙げていきましょう。





まず1つ目、打やぁ


「とりあえずテンパイをとっておく」ということ。


マンズ・ソーズのツモ次第で3面待ちになったりします。


僕の中ではこれは選びませんでした。




理由は打点面と待ちの強さのバランスの悪さにあります。




この形から両面以上となるツモを考えると、受け入れ枚数はかなり優秀です。


しかし、両面は必ず自分で複数枚使った形となってしまいます。



また3面待ちを考えると、安めでタンヤオが消える形がほとんどで、唯一タンヤオ確定なのがツモ二・五・八の時だけ。


たとえば六をツモってきてリーチして、九が出てメンピンの2000点。


この手牌でそれはあまりに勿体無いと思うのです。






2つ目の選択肢は打4s。


これは実際に僕が切った牌でもあります。


切ったあとの形は


三四五六七八23456


まだ3巡目ということもあり、ゆったり構えた形です。


234か345の三色のどちらかにしたいな、というテンパイ外し。


ソーズで1メンツ1アタマでメンタンピンのリーチを本線、ツモ次第で高め三色の跳満テンパイまで見えます。


しかしゆったり構えているからこそ、あらゆるツモを想定しておかなければいけません。


・ツモやい世辰燭薀侫螢謄3面待ちリーチはどうか。ツモ切りか。


・ツモ二や八なら打6sで234か345のイーシャンテンとしようか。


といった具合です。







3つ目は打2s。


打ったあとの形は


三四五六七八34456


345の三色を狙いつつ、ソーズで1メンツ1アタマを想定した1打です。


ただこの形だと3色はちょっとなりにくそうに見えますね。


ツモ△了など、メンタンピンとはいえ4456の形になりますから、個人的には抵抗があります。


そ聴きでどうするかも難しいです。







4つ目の選択肢は八。


ツモ切りとするケースです。


「迷ったらツモ切り!」なんてフレーズをよく耳にしますが、今回はもう少し理屈的に考えてみます(笑)


打2sや4sとは逆に、ソーズではなくマンズで1メンツ1アタマを狙った1打です。


ピンズの両面が埋まっても、打三や七でノベタンの役ありテンパイがとれます。



あとこれはそ聴きの場合を強めに意識しているように思います。


フリテンとはいえ、三面待ちのメンタンピンリーチが打てますからね。


場に一や九が出ていれば、引き直しのリカバリーも比較的期待できるでしょう。


ただし今回は関連牌が何も出ていないため、これは選びませんでした。







選択肢はこの4つでしょう。


実際はすぐに6sを持ってきて打2sリーチ、終盤にイ鬟張發辰督桂のアガりとなりました。


結果は◎でしたが、疑問に思ったため前回の何切るの題材としました。



一見なんてことなく切ったりしてる手牌の中にも、いろんな選択があるものです。


こう来たらこう打つといった自分の中のルールを誰もが持っているものですが、意外とそんなところに別のゴールが隠れているのかもしれません。


「頭と手牌を柔らかくする」


そんなことを考えさせられる一局でした。


長々と書きましたが以上です。

mahjong_orangehouse at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仙川店/佐治 

2017年05月22日

初めての日記

初めまして3月からスタッフとして働いている平栗と申します

まだまだ麻雀の勉強中の新人です

卓待ちなどの時に話かけて頂けると嬉しいです

彼女募集中の平栗でした

mahjong_orangehouse at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仙川店/平栗 

2017年05月17日

奮戦

どーも佐治です。



先週末は2日連続のリーグ戦でした。


今僕が在籍するDリーグは半期制のため、年2回昇級・残留・降級があることになります。


半期で全5節、1節4半荘のため計20半荘というそこそこなスパンで打ちます。



今回行った対局は全5節ある中の第2節、第3節という非常に大事なところです。






1日目 VS 杉村さん、水崎さん、荒岩さん


先輩女流プロ2人、年上の後輩との対局。


変に意識することなく、適度な緊張感の中で打てたと思います。


「勝たなきゃ!」とか「負けたくない!」といった感情も不思議と表には出ず、自然体に近い感じで打てました。



その場に合わせて自分なりの選択を冷静にしていく。


そんな精神状態が功を奏したのか、3連勝できました!


もちろん手牌に恵まれていたのも勝因として大きいです。


しかし、最初に連勝した時も浮かれることなく、4半荘が終わるまでしっかり集中できたことが、自分の中で大きく実感というか、手応えがありました。


1.1.1.3でこの日は+168.5P



1節目で−68.7Pだったので、これは大きいです。


俄然やる気も湧いてきます。





2日目 VS 五反地さん、日當さん、横田さん


今期入会の新人2人とMoreの日當さんが相手。


新人2人は某麻雀店の店長と副店長らしい。


当然ながら油断は禁物。




1半荘目、この日も手が入り、開幕の親で親満を2回アガりそのリードを維持したままトップ。


2半荘目、東1でリーチチートイ裏裏の満貫に飛び込み、そのままラス。


3半荘目、微差の2着目のまま終了


4半荘目、チートイツの跳満をツモ、満貫出アガりで危なげなくトップ。



1.4.2.1で+99.7P




なんだか不思議な感じでした。気持ちがとても落ち着いているのです。


特に2半荘目の開幕に8000放銃のとき、満貫はやはり痛いのですが、焦ったりアツくなったりせずに打てたのです。


それでもラスを引いてしまいましたが、それはそれ。自分が未熟ということで、受け入れるだけのこと。



麻雀に対する姿勢とでも言えばいいんでしょうか、また僕の中で麻雀観が変わりつつあるのかもしれません。


少しは大人になってきたかな・・・?笑




ここまで3節が終わり、現在+199.5Pで5位となってます。


昇級できるのは上位10名。


まだあと2節残っているので油断はできませんが、できる限りのベストを尽くし昇級を目指します!





〜今日の何切る〜


協会ルール(一発・裏あり、赤なし)


東2局 南家 27600点もち 3巡目 ドラ


三四五六七234456 ツモ八


※関連牌は1枚も出ていないものとする 

mahjong_orangehouse at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仙川店/佐治 

2017年05月08日

ふろく

どーも佐治です。


今号の近代麻雀の付録が面白い。


メンチンのバビィでお馴染みの馬場裕一さんの「メンチン何切る」小冊子だ。


メンチンはその時点で跳満あり打点十分なので、より広い待ちになる選択が基本的に正解となる。


その上で考えても、複雑になるため間違えやすいんですが(笑)




その小冊子の中に、「メンチンpuzzle」という麻雀クイズが2問あり、これがかなり面白い。


発想の勝利といった感じだが、この頭を使うカンジがすごく楽しい。


皆さんにもチャレンジして欲しいです。


ちなみに僕は2問とも解けました(ドヤ)

mahjong_orangehouse at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仙川店/佐治 

2017年04月26日

快適空間

どーも佐治です。



先日Amazonでフルワイヤレスイヤホンを買いました。


文字通り、コードが一切ありません。


Bluetoothで通信するため、無線での通信が可能なんですねー。





電車の中で、イヤホンのコードが人の服やバッグに引っかかるという経験は皆さんよくあると思います。


しかし、このフルワイヤレスなら安心!耳にイヤホンパーツをつけているだけなので、何も引っ掛かりません!


充電は専用のケースにしまうだけでOK。ケースはUSBで充電できるので簡単です。




音質は有線のものに比べたら落ちるでしょうが、気になる程ではありません。


コードがない。


ただそれだけでこれほど快適になるなんて。



こんなに素晴らしいガジェットがあるとは、もっと早く知っていればよかったなーと思うばかりです。 



 

mahjong_orangehouse at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仙川店/佐治 

2017年04月21日

三寒四温

三寒四温という言葉がある。


寒い日が3日続き、そのあと暖かい日が4日。それが繰り返されることを指す。


春先をイメージしがちだが、実は冬の気候のことだそうだ。





僕の今月の麻雀は「五寒二温」といったカンジだ。


そう、全然よくない。サムい日がやたら長い印象だ。




リーチをかけてもアガれないどころか放銃。


5面張がカンチャンに当然のように負ける。


追っかけリーチに4割くらいの確率で一発で掴む。





そんな散々な日があれば、四暗刻単騎をツモったり、メンタンピン赤裏4をアガッたり。


ほんの一瞬の凄まじい輝きを見せることもたまにある。







長いスパンで見たら、よくあることだ、なんて言えるかもしれない。


極端にその現象が集中的にきているだけなんだと、頭では理解できても、とても納得できない。


この辺りに僕の頑固な人間らしさというか、未熟さを感じるわけで。




今、季節は春の兆しを見せている。


桜は咲き誇り、半袖で出歩けるくらいに穏やかな気候だ。


僕の麻雀に春がやってくるのも、時間の問題・・・かもしれない。





 〜今日の何切る〜

東二局 親 原点もち 5巡目 ドラ2s

一二三四五七八九き3赤5 ツモ2s

 

mahjong_orangehouse at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仙川店/佐治 
プロフィール


ようこそお越しくださいました!
当店は、京王線の仙川駅にあるフリー麻雀店「オレンジハウス」です。
このブログでは、スタッフの日々の出来事などを赤裸々に綴って参ります。頑張って毎日更新していきますので、どうぞお楽しみに!

オレンジハウスってどんな店?
 ・マナーの良さには自信あり!
 ・井出洋介プロと一緒に打てます!
 ・お得な特典やイベントも盛りだくさん!

【仙川店】[地図表示]
東京都調布市仙川町2-21-13
TEL:03-3326-4181 
E-mail:orangesengawa@paw.hi-ho.ne.jp
営業時間:午前11時から(年中無休)
スタッフ急募!!
 スタッフ募集中 
オレンジハウスでは、現在アルバイトスタッフを募集中です。
給与、待遇など求人要項の詳細、応募フォームはアルバイトスタッフ求人ページに載っています。お気軽にご応募ください!
スタッフ別記事絞り込み
月別記事