1: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/04 01:11 ID:MH5F2e/V
殆ど話題に上がらないのは何故に?

極めて論理的に構成されたルールで、和製ナポレオンを上回る面白さが
たった三人で味わえる。的確なプレイを要求されながらも柔軟性があり、
しかもコントラクト・ブリッジ程には熟練を要しない。これほど優秀な
トランプ・ゲームでありながら、日本における競技人口の少なさは、正に
国家的な損失だと思われる。この憂慮すべき状況に対して、私はここに
「スカート普及委員会」を設立する。賛同者を求む!!

ルールについてはここを参照の事
http://homepage2.nifty.com/cardgame/

オンライン・ゲーム・スカート
http://www.gametwist.de/

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/05 10:29 ID:pJ8s2dw/
興味あるけどルールが超複雑なので3人の場合99をやってる。

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/06 01:16 ID:r2nTW/5z
確かに、スカートのルールは一見 取っ付き難い印象を与えますが、一旦そのロジックを
飲み込んでしまえば理解するのは容易いと思います。と言うか、寧ろルール自体は「簡潔」
ではないかとさえ思いますね。正に非の打ち所の無いルール構成です。要は何事も慣れが
必要だと言う事ではないでしょうか。

99(ナインティ・ナイン)はデヴィット・パーレットが考案した有名なトランプ・ゲーム
ですね。私の場合、周囲の人達に本格的なトランプ・ゲームを仕込む時には何時も
500(ファイヴ・ハンドレッド)⇒66(シックスティ・シックス)⇒スカートの順に
教える様にしています。要はこれが最終目的であるスカートへと導く最善の方法なのです。

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/06 02:00 ID:r2nTW/5z
スマソ、デヴィッドが(恐らく)正解だ。因みに66は二人用のゲーム。
500,99、スカートは4人でもプレイは可能だ・・・尤も、4人居れば
麻雀に食われちまう事が多いけどな(大富豪なんて事も!)。

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/07 00:07 ID:bGppEzr/
残念ながら・・・(トランプの)スカートの話題だけではスレは持たないだろうな。
そこで、以下のゲームについても話題を振って見ようと思う。これらは
長年の経験により、私の独断によって選ばれたトランプの傑作である。

面白いトランプ・ゲーム10選

1st Stage
    2人/シックスティ・シックス
    2人/ピケ
    3人/ファイヴ・ハンドレッド
    4人/ハート

2nd Stage
    2人/ジン・ラミー
    2人/クリベッジ
    3人/スカート
    4人/スペード

おまけ
    3人/ナインティ・ナイン
    4人/カナスタ                    以上

尚、コントラクト・ブリッジとポーカーは、純粋に技術を要するゲームであるが故に
別格扱いとした。トランプの中では唯一、囲碁や将棋に匹敵するゲーム性を備える。
ナポレオンや大富豪についても、それ専用のスレにて扱うべき話題だと思われます。

その他の優秀なトランプ・ゲームについても、ここで扱っても良いのではないか?
この過疎地においては、他のスレとの重複は避けられないと思う。如何でしょう?

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/07 00:25 ID:bGppEzr/
序でながら・・・トランプの必須文献

「面白いトランプ・ゲーム」 松田道弘 著 (筑摩書房)
「トランプ・ゲーム大百科」デヴィッド・パーレット 著/松田道弘 訳 (社会思想社)

共に絶版かも^^; 図書館で探し出した方が良いかもよ!

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/07 20:44 ID:4UbbVVi3
ハートってそんなに面白いかな。
俺が深い戦術を知らないだけかもしれんが。

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/08 12:20 ID:erxEdg6B
先ず一つ、「ハート」と言っても、いわゆる米国ルールの Hearts (ハーツ)
である事に注意。この辺り、よく似たルールのゲームが幾つかあるから
ややこしい(例えばブラック・レディー、ブラック・マリア、元々のハート)。
いずれにしても、よく出来たゲームである事に変わり有りませんが。

兎に角、ルールが簡単で、初心者でも気兼ねする事無くプレイ出来る。
トリック・テーキングの戦術を学ぶ上においても重宝しますし。要は
1st Stage として申し分のないゲームだと云う事。尤も・・・戦略性は
かなり高いと思いますけどね。唯、私としても「スペード」の方が好き^^

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/08 12:34 ID:erxEdg6B
つまり・・・ 2nd Stage こそ最高のゲームと考えている訳です♪

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/08 22:13 ID:HkyRyo8v
トランプ不毛の地、ニッポン。

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/09 02:26 ID:IVIu4lC6
ガイシュツの「トランプ・ゲーム大百科」、その序文の中に、タレーラン
(1754-1838 仏の政治家)の印象的な言葉が紹介されているんだ。

「お若いの、君はカード・ゲームができないって?いったいどんな
 退屈な老年を送るというのかね!」

彼を夢中にさせたもの、それは明らかにピケやホイスト、或いはオンブル
といった当時は最先端の「本格的な」トランプ・ゲームであって、間違っても・・・
七並べやババ抜き、或いは大富豪なんて軽薄なものでは無かった筈だ。
要するに、トランプとは本来、社交的な道具として一級品だって事ね。
日本では(恐らく)パーティ・ゲームが好まれる。もうそろそろ、俺達の
老後を見据えたトランプをしようではないか。大富豪は正直、恥ずかしい。

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/09 08:11 ID:uHyZiFVj
老後の楽しみなんか腐るほどあるだろ。
そもそも「~をやってこそ一流の紳士」みたいな売り文句で
トランプする奴いるか?
あと、パーティーゲームが好まれる事の何が悪いのかの
説明も今までの文脈からだと、単に「ステータスが低い」
と言う事しか読み取れん。
他人を見下してる奴なんかにトランプゲームの普及なんかできる訳ない。

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/09 12:40 ID:25bKx5CN
仕様がないな・・・一々反論してみよう。

>老後の楽しみなんか腐るほどあるだろ。

飽く迄も、トランプに関しての話だ。

>そもそも「~をやってこそ一流の紳士」みたいな売り文句で
トランプする奴いるか?

単に、(日本における)トランプの底上げを図っているだけだ。
実際、一流を目指すなら他にもっと有意義なゲームがあるだろ。

>あと、パーティーゲームが好まれる事の何が悪いのかの
説明も今までの文脈からだと、単に「ステータスが低い」
と言う事しか読み取れん。

「パーティ・ゲーム」として想定したのは所謂チルドレン・ゲーム。
その意味では、「ステータスが低い」と言うのは正しい指摘だ。

>他人を見下してる奴なんかにトランプゲームの普及なんかできる訳ない。

貴方にとっては、私の文章により「見下された」と感じたらしい。
少なくとも、私にその意図は無い。心配するな、「七並べやババ抜き、
或いは大富豪なんて軽薄なもの」だって私は好きだ。ただ単に、
他にも(もっと)面白いトランプ・ゲームがあるだろと言ったまでだ。

因みに、たとえチルドレン・ゲームと雖も、それを大人のゲームに昇華させる
方法はある。それは金を賭ける事だ。これはトランプ全般に対しても、言える。

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/09 15:41 ID:Dn8ULtjn
めくるかめくらざるか。それがスカートの醍醐味。

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/13 21:37:12 ID:2DG0J6Ve
個人的殿堂入りゲーム。

ジンラミ
スカート
ミットレールヤス

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/15 00:12:47 ID:iehUVVFB
優秀な3人用トランプ・ゲームとして、スカートと並び言及される事の多い
「ミットレール・ヤス」。私が初めてこのゲームの存在を知ったのは
卓上ゲーム板「トランプ雑談スレ」の書き込みからでした。他に
名古屋EJFホームページ「トランプ部隊分室」 http://ejf.cside.ne.jp/
にも詳しい紹介が有ります。残念ながら、未だ(実際に)プレイした
経験の無い私にとっては、スカートに比べてこのゲームがどれ程の
戦略性を秘めているのかは定かではありませんが・・・正直な所・・・
どうもしっくりこない印象があるのですが、如何なものでしょう?
個人的には、ヤス系統のゲームは「行き当りばったり」の感がある。
或いは好みの問題なのかも知れません。

21: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/15 13:49:17 ID:C2yzcwxX
要するに・・・どうもミットレール・ヤスには戦略性が空回りしている印象があるのです。
寧ろ>>1 に紹介した赤桐裕二氏のサイトのミットレール・ヤスのルール、
その【注】にある、「おそらくParlett氏の考案による、次のようなやり方」
にこそ理想的な改案が示されていると思うのですが、如何でしょうか?

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/15 14:45:21 ID:C2yzcwxX
但し、彼の「トランプ・ゲーム大百科(The Penguin Book of Card Games)」
には本来、「ジョーカーは最下位の切札とみなし、三人が同点になる
ケースを避けるためその得点を一点とする」とある。

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/09/17 17:04:12 ID:jHozknOW

気掛かりなので一通り試してみました。

結論として・・・パーレット氏の改案は よりシステマチックなプレイを可能としているものの、
ゲームとしての面白味には欠ける。ミットレール・ヤスの魅力はそのファジーさにあるのかも。

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/10/02 13:07:52 ID:cmOFA/r6
99って3人用のゲームだったの!
高校時代10人ぐらいで盛り上がってたYo!

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/10/02 13:58:20 ID:cmOFA/r6
あ、今ググってみたら違うゲームでした。
私の場合99(きゅうじゅうきゅう)といって手札は3枚でした。
失礼しました。

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/10/02 21:40:35 ID:A5GjrBEw
>>24,25
多分、このゲームの事でしょ^^ ↓

http://a-w-o.hp.infoseek.co.jp/game99.html

同じく、手札が3枚で人数不定のゲームとしては >>1 に上げた
Game Twist のサイト、「Schnauz(シュナウズ)」も面白いよ!

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/10/03 03:48:56 ID:tV866Y8v
>>26
私のしてたのとは若干カードの役割が違ってますけど。
よくわかりましたね。すごい!

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/10/03 00:50:40 ID:ToCR4Jef
全然読めないので暇があったらルール説明して下さい。

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/10/03 19:35:04 ID:y109B/Q4
>>27
「Schnauz(シュナウズ)」は「Schwimmen(シュビメン)」とも
呼ばれている様です。>>1 に紹介した赤桐裕二氏のサイト、
「カードゲーム農園」にそのルールが載っていますよ。

30: 名無しさん@お腹いっぱい。 05/03/01 11:49:39 ID:JFaBsAsY
スレ違いかもしれないけど、タントニーはどこの国のゲームですか?
アルファベットでのスペルが分からない・・・

31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/03/23(水) 13:42:23 ID:??? BE:41629829-
普通にググれば判ると思うが


タントニー(tantony)はパーレット氏のオリジナルだから、
強いて言えば“英国”って事になるのかな・・・

32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/03/28(月) 06:28:20 ID:glbIE5Rb
スカートをめくるかめくらないか、その判断が全て。

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/03/29(火) 10:27:46 ID:??? BE:46254454-
経験を積む毎に、スカートの二枚に過大な期待を掛けなくなるものだ。
熟練したプレーヤー同士だと、ノービットで配り直しになる事も多い。
めくるめくらないと言うよりも、無理をせず降りる賢明さこそが肝心。

スカートは寧ろ手堅いプレーを要求される為、華々しい展開は望めないかも
知れない(例えばスペードの様な)。そこが堅苦しい印象を与える事も確か。
でもプレイ自体の面白さについては格別だと思う。ソロイストになるよりも、
ゲーム達成を阻止する事の方が肝心。私見では・・・小銭を賭けた方が数倍 面白い!

36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/04/29(金) 18:08:38 ID:ar0/zPcb
>>33
ラムシュやらないの?

34: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/04/25(月) 01:16:30 ID:N5G/CZtd
このゲーム・・・













何とも渋くて面白い!!

これからの期待age

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/05/04(水) 23:17:10 ID:070CsKqn BE:83258249-
ラムシュを導入すると、ゲームが大味になってしまうからね。
公式ルールにも採用されていないし、私は基本的にやらない。
kontra,rekontra(所謂 ダブル,リダブル)にしても、
ギャンブル性を高める為、一般的には好まれている様だけど・・・
私はやらないなぁ。

でもさ、'99年のルール改定によって、ハンド・ゲームでも
失敗した時の失点は2倍になるってのは・・・納得いかんぞ!

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/05/05(木) 07:51:26 ID:d5ISSTUs BE:83257766-
ここも参照の事↓

http://www.pagat.com/schafk/skat.html

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/05/09(月) 01:26:53 ID:MiAJASmE
最初の蘊蓄だけで実りのないスレですのう

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/05/21(土) 22:37:00 ID:atyevMEu
スカートには大変興味があるのですが、
なにせルールの説明が長くてわかりにくいのが難点です。
わかりやすく説明してくれるサイトはありませんかねぇ。
実戦例も乏しいようで。

ドイツ語や英語が苦手ですから日本語のものがあると一番いいのですが。

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/05/22(日) 23:24:02 ID:15TL9Eh2 BE:13876823-
恐らく・・・赤桐裕二氏のルール解説が一番判り易いでしょうね。

実戦例については、>>8のパーレット氏の本に数ページ割かれていた
他には見た事ないな。確かに、結構 役立つ内容だったけどね。実際、
ウィズアウト11でもゲーム達成出来る事を知って、心底惚れ込んだよ。

興味があるなら何とかなると思うよ。私の場合、最初の内は周りに
スカート遣りたい奴がいなくて、独りで実戦例を増やしてたもん。
プレイ出来るかどうかは、実は貴方の情熱次第だったりする。がんばれっ!

42: 40 2005/05/29(日) 02:35:45 ID:nEPeLzDf
>>41
アドバイスありがとうございます。
いろいろ探してみます。

43: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/05/29(日) 23:34:13 ID:gAAYVm4o
簡略ルールとかは…無いですね

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/05/31(火) 21:51:32 ID:BiO/sqch BE:83257294-
「簡略ルール」が何を意味するのかは判らないけど・・・

そんな貴方には
  一、>>5で述べた様に、500と66にて存分に肩慣らしをする。

    最初のうちは単純に思われるかも知れませんが、微妙な
    駆け引きがあってけっこう面白いです。特に500の場合、
    「掛金収支は勝者に対して敗者二人が同額支払う」方が
    白熱したビッド戦になってイイかも。但し、こうすると
    収拾がつかなくなる恐れもあるので、「誰かの得点が
    500点以上になるか、(失敗した点数が)-500点以下に
    なった場合、ゲームは終了する」とした方が無難かも。

  二、スカートに似た、他のゲームを探す。

    例えば、PINOCHLE(ピノクル)やSHEEPSHEAD(シープスヘッド)
    なんかはどうでしょうか。スカートよりもルールは簡単だし、
    それにYahoo! Games(海外)でも遊ぶ事が出来ますからね。
    特にシープスヘッドは、和製ナポレオンに慣れ親しんだ人には
    とてもシンプルで判り易いルール構成だと思います。

45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/05/31(火) 22:33:48 ID:BiO/sqch BE:18501942-
  三、取り敢えず、スカートのラムシュのみをプレイする。
    
    ラムシュ単品だけでも、意外と楽しめますよ。特に、
    デヴィッド・パーレット氏がその自著>>8で勧める、
    次の遣り方は最適だと思われます。

    「フォアハンドが二枚のスカートを取り、二枚のカードを裏向きに
     ミドルハンドにわたす。ミドルハンドは二枚のカードを
     リアハンドにわたし、リアハンドは二枚のカードを手札から捨て
     新しいスカートをつくる。この二枚のスカートのカードは、
     ラスト・トリックを取った人のものになる。もっとも多くの
     点数を取らされた人が、自分のスコアにその数を加える。」 

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/06/01(水) 17:50:59 ID:oOzaUcrs
なるほどー
ありがとう!

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/06/01(水) 19:11:07 ID:wBG1uZ1N BE:104072459-
補足ですが・・・

Yahoo! Games(海外)で遊ぶ時には
ここを参照の事↓

http://www.geocities.co.jp/Playtown/2442/games.html

48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/06/06(月) 23:37:43 ID:H5Oj+aYk
購読している雑誌にラウスとカルターシュラークの紹介があり、スカートとはこのゲームのことだとずっと思っていた。
いつか「スカート」をプレイしてみたいものだ。

49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/06/08(水) 21:22:45 ID:bBQVercf BE:113322877-
ラムシュに似たゲームですね。赤桐氏のサイトにも紹介されていました。
と、ここで、改めて赤桐氏のスカートのルール解説を読んでみると・・・
ありませんね、ラムシュの記述が・・・

そこで、ラムシュの基本的なルールを以下に説明したいと思います。

    通常、ラムシュは三人全員がパスした時にプレイされる。
    スカートの二枚は使用せず、J(ジャック)だけを切札として
    トリック・テーキングを行う。要するにグランドと同様に
    考えれば良い。但し、各プレーヤーは出来るだけ点数を
    取らない事が目的とされる。ラスト・トリックを取った人は
    スカートの二枚の点数も加算される。もっとも多くの
    点数を取らされた人が、自分のスコアからその点数を引く。

これがラムシュの基本的なバージョン。尚、>>45において「・・・加える」
とあるのは、勿論「マイナス点として加える」の意味です。

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/06/11(土) 00:42:16 ID:iqMw8TX+ BE:166514898-
ラムシュを採用するのは、「罰則」としての機能が期待されているからだと
考えられます。確実な手札が配られる事の少ないスカートというゲームは、
プレイ失敗時の失点の高さと相俟って、ソロイストを選択する事に対して
消極的に成り勝ちである。特に、熟練したプレイヤー同士が場を囲む時に、
その傾向は強まる様に思います。勿論、これは由々しき事態だと言えます。
何故なら、ラムシュを採用しない公式ルールでは、配り直しが常態化して、
「ただ単に良い手札が配られた方が勝ち」という、身も蓋もないゲームに
成り下がってしまう恐れがあるからです。これが故に、ラムシュは一般に
広く普及しているのです。つまり、消極的なプレイヤーに対して「罰則」を
設ける事で、ソロイストに成らざるを得ない状況に追い詰めているのです。

以上の理由により、私は、ラムシュは戦略的に用いるべきだと考えています。
要するに・・・どうせ採用するんだったら、パーレット・バージョンを!って事。

51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/06/11(土) 00:48:02 ID:iqMw8TX+ BE:129511687-
我乍ら・・・ウザイな

52: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/06/11(土) 23:24:58 ID:MRwLKNcV BE:92508858-
デヴィッド・パーレット氏の著書は、数あるトランプ解説書の中でも
群を抜いて deep で dope な、正に超ド級の素晴しさな訳だが・・・
如何せん、その内容を知る者は少ない。邦版は既に絶版(1988年発行)、
新版である“The Penguin Encyclopedia of Card Games”(2000年発行)も
未だ邦訳されていない様子。原著を読むのが苦手な人は多いと思う。


でも、出来れば、何としてでも入手して貰いたいんだ。

これは単なるトランプの解説書ではない。

一生の宝になる事は間違いなし。


Bible?

53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/08/27(土) 11:06:13 ID:XMKqyXTq
うーむ、難しいゲームだ。
オンラインで出来るところはありませんか?

見つけられなかったので。

54: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/09/29(木) 15:03:34 ID:0EDSgYID BE:92508858-
赤桐氏のルール・サイトが移転しました。
名称も「ゲームファーム」に変更です。

http://www.gamefarm.jp/

55: r 2005/10/21(金) 04:07:48 ID:W9JHWpXJ
 でもトランプゲームの最高峰が未だにスカート、コントラクトブリッジ
あたりっていうのも寂しいね。コントラクトブリッジは1920年代に出
来たもんだし、スカートは1818年頃。いい加減もっと良いゲームが出
来て良さそうなもんだけど

56: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/11/20(日) 12:21:19 ID:eYvhD7ZQ
人類はトリックテイキングを超えられるのか?
麻雀も頑張ってるけど、最近の研究で人間の可能なレベルでの
最適戦略が見つかっちゃったし、運が大きすぎだな。

57: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/12/01(木) 21:50:06 ID:BMbxwRuY

58: Ansgar 2005/12/10(土) 23:06:29 ID:pfWTgfw4
昔SKATよくやりました、まじに忘れかけてたけど。ついなつかしさのあまりに書き込んじゃった。日本でもやってる人いたんですね、もっと広まるといいのに。また時々寄らせてもらいます。

59: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/02/17(金) 00:58:22 ID:UIX/xBmO
今週の日本経済新聞に、外国で暮らすドイツ人はこのゲームが恋しくてたまらん、
という話が出てたね。

67: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2007/09/26(水) 14:46:23 ID:foIXoSsJ
給料減るが物価も下がったほうがはるかに
生活は楽だろうな。

日本は需要もないのにモノつくりすぎだな。
消費者はいらんといってるのに無理やり作るから
電通みたいのがのさばってきたんじゃないのかい?

69: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2007/09/26(水) 19:25:59 ID:MvxpmWwM
スカートについてはここが詳しいよ。戦略はメからウロコ

http://www.geocities.co.jp/atnek_odnok

101: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2014/03/16(日) 10:48:20.66 ID:ep9tQkan
久々の1です。最後のまとめとして書き込みます。

極めて論理的に構成されたルールで、和製ナポレオンを上回る面白さが
たった三人で味わえる。的確なプレイを要求されながらも柔軟性があり、
しかもコントラクト・ブリッジ程には熟練を要しない。これほど優秀な
トランプ・ゲームでありながら、日本における競技人口の少なさは、正に
国家的な損失だと思われる。この憂慮すべき状況に対して、私はここに
「スカート普及委員会」を設立する。賛同者を求む!!

ルールについてはここを参照の事
http://www.gamefarm.jp/

戦略についてはここを参照の事
http://www.geocities.co.jp/atnek_odnok/

オンライン・ゲーム・スカート(GameTwist)
http://www.gametwist.co.uk/

実際のプレイについては、ここを参照の事
http://www.youtube.com/watch?v=l1W1OvkClNk&feature=player_embedded


<externalvideo src="YT:l1W1OvkClNk">

トランプの魅力とは、何百通りもの遊び方があり、大人から子供までが楽し
める、その汎用性の高さにあると考えています。その意味では、スカート
のみを特別視するのもどうかとも思いますので、どうか気負いなく、気軽に
“賛同”しちゃって下さい。

私がトランプの魅力に取り付かれたのは、学生の頃に、松田道弘の著書、
「面白いトランプ・ゲーム」に出会ったのが切っ掛けでした。その後、彼の
翻訳になるデヴィッド・パーレットの大著、「トランプ・ゲーム大百科」
にて、その豊穣なる世界に開眼したという訳なのです。因みに私の好きな
トランプ・ゲームを上げさせて頂くならば、

面白いトランプ・ゲーム13選

1st Stage
    2人/ジン・ラミー
    3人/ファイヴ・ハンドレッド
    4人/ハーツ
2nd Stage
    2人/クリベッジ
    2人/ピケ
    3人/ナインティ・ナイン
    4人/スペード
3rd Stage
    2人/スパイト・アンド・マリス
    2人/シュナプセン
    3人/スカート
    4人/ブロット
おまけ
    2~5人/Mau Mau (GameTwist版、52×2)
    4人/大富豪

となります。残念ながら、最近はオンラインでのプレイばかりで、
面と向かって遊ぶ機会はめっきりと減ってしまいました。

102: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2014/03/23(日) 22:24:32.51 ID:E30YCa/V
【Spite and Malice】 二人用の傑作トランプ・ゲーム 【スパイト・アンド・マリス】

二人で遊ぶトランプ・ゲームです。直訳すると「意地悪と悪意」、或いは
「ネコとネズミ」の名でも知られていますが、このゲームの特徴を端的に
言い表していると思います。互いに相手を牽制しながら、自分に有利な
ゲームを展開させる、追い掛けっこゲーム。確かに“意地悪な”ゲーム
ではありますが、それが却って爽快感をもたらしているのです。
デヴィッド・パーレットはその著書「トランプゲーム大百科」において、
「ディナーのあとのゲームとして最適。集中力にそれほど負担をかけること
なく、結構忙しい思いをしながら頭を使って楽しい気分にさせてくれる。
観察力、判断力、経験がものをいう」と書いていますが、その通りだと
思います。

因みに私の好きなトランプ・ゲームは以下の通りなのですが、中でも
二人用のゲームは個性派揃いです。シンプルで奥の深いジン・ラミー、
余りにも独創的なクリベッジ、究極とも言える美しさを秘めたピケ、
たった20枚のカードで戦略性を極めたシュナプセン、そして
ペーシェンス(トランプの一人遊び)を競技として見事に昇華させたもの、
それがスパイト・アンド・マリスなのです。ルールは特に難しくは
ありません。強いて言えば子供の頃によく遊んだトランプのスピードに
似ているのですが、あの様な反射神経や瞬発力が要求されている訳では
ありませんし、もちろんカードが破損したり突き指したりもしません。
必要なのは、相手を出し抜く的確な状況判断なのです。

52枚のカードを2組、計104枚を使用します。この2組のカードの裏模様は
異なっていた方が扱い易いです。正式にはジョカーを4枚加えるのですが、
私としてはGameTwistの遣り方(8枚のKをジョーカーの代わりとする)の
方が面白いと思っています。又このゲームを元としたSkip-Boなる商品も
存在しているのですが、UNOと同様に、個人的には大味過ぎるのではないか
と感じています。それに商品化されたカードゲームはそれしか遊べない。
対してトランプは無限の可能性を秘めているのです。

ルールについてはここを参照の事
http://www.gamefarm.jp/

オンライン・ゲーム・スパイト・アンド・マリス(GameTwist)
http://www.gametwist.com/

103: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2014/03/27(木) 23:15:49.02 ID:jtYfNj+n
面白いトランプ・ゲーム13選

1st Stage [先ずは入門編として]

    2人/ジン・ラミー
        (シンプルで奥の深い傑作トランプ・ゲーム)
    3人/ファイヴ・ハンドレッド
        (トリックテイキングの基本戦術を学ぶには最適)
    4人/ハーツ
        (個人戦で争うには最適なトランプ・ゲーム)

2nd Stage [本格的なトランプ・ゲーム]

    2人/クリベッジ
        (史上最も独創的なトランプ・ゲームを楽しむ)
    2人/ピケ
        (史上最も美しいトランプ・ゲームを味わう)
    3人/ナインティ・ナイン
        (創作トランプ・ゲームの古典的名作)
    4人/スペード
        (パートナーと組んで争うには最適なトランプ・ゲーム)

3rd Stage [戦略的なトランプ・ゲーム]

    2人/スパイト・アンド・マリス
        (二人で楽しむには最高のトランプ・ゲーム)
    2人/シュナプセン
        (戦略性を極めた二人用のトランプ・ゲーム)
    3人/スカート
        (トランプ・ゲームの最高峰)
    4人/ブロット
        (スカート的な面白さを四人で楽しむ)

おまけ [楽しいトランプ・ゲーム]

    2~5人/Mau Mau (GameTwist 版 UNO)
        (大人も楽しめるチルドレン・ゲーム)
    4人/大富豪
        (言わずと知れた日本の国民ゲーム)

104: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2014/03/30(日) 12:13:16.03 ID:I9naxI6a
序に Mau Mau も紹介したいと思います。これはGameTwist版のUNOなので
すが、こちらの方が断然面白いです。“あんなチルドレン・ゲームなんて”
と敬遠している方にこそお勧めです。

・52枚のカードを2組、計104枚を使用します。カードの役割と残った際の
失点については以下の通りです。
 2 (-2) 
 3 (-3)
 4 (-4)
 5 (-5)
 6 (-6)
 7 ドロー2 (-7)
 8 スキップ (-8)
 9 リバース (-9)
 10 (-10)
 J ワイルド (-20)
 Q (-10)
 K (-10)
 A ワンモア (-11)

105: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2014/03/30(日) 12:23:12.17 ID:I9naxI6a
・人数は2人から5人まで。手札は7枚配ります。

・フォアハンドからプレイ、時計回りに進みます。UNOとは違って、山札
の一番上のカードをめくって場札を決めたりはしません。フォアハンド
が直接、自分の手札の 中から任意のカードを1枚選んで場に出します。
これが最初の場札となります。

・次のプレーヤーは、手札の中に場札と同じスーツ、若しくは同じ数字
のカードがあればそれを1枚場に出す事が出来ます。出されたカードは
場札の上に置く事で新たな場札となります。

・手札の中に場に出せるカードがあったとしても、出す出さないの選択
は自由です。罰則もありません。

・手札から出さ(せ)ないならば、山札からカードを1枚引いて手番は
次のプレーヤーに移ります(たとえその引いたカードが使えたとしても
場に出す事は出来ません)。

・ドロー2・カードが出されたら、次のプレーヤーは山札からカードを
2枚、強制的に取らされます。手番はそれで終わりです。但しそのプレー
ヤーがドロー2・カードを 持っていて出すならば、次のプレーヤーが
代わりに4枚取らされる事になります。この様に連続して出す毎に枚数が
加算されて行きます(カードを取らされた時点で加算はなくなります)。

・スキップ・カードが出されたら、次のプレーヤーの手番が飛ばされます
(1回休み)。2人でプレイしている時には、自分が連続してプレイする事
になります(連続して出せなければ、山札からカードを1枚引いて手番は
相手に移ります)。

・リバース・カードが出されたら、プレイの順番が現在とは逆向きにな
ります。2人でプレイしている時には、実質その効果はなくなります。

・ワイルド・カードは場札に関わりなく出せるカードで、場札のスーツ
を指定出来ます。

・ワンモア・カードは連続してもう1枚のカードを場に出す事が出来ます
(連続して出せなければ、山札からカードを1枚引いて手番は次のプレー
ヤーに移ります。因みに、他の全てのカードと同様に、このカードでも
上がれますし、罰則もありません)。

・手札が残り2枚となり、その内の1枚を場に出す時には必ず「Mau」と
宣言しなければなりません。もしその宣言を忘れたらペナルティとして
山札からカードを2枚、強制的に取らされます。

・誰かが全ての手札を場に出し終えた時点で、その回のゲームは終了です
(上がり)。他のプレーヤーは手札の失点を計算して、累積して-50点に
達するとそれ以降はゲームに参加出来なくなります。繰り返しゲームを
して、最後まで残ったプレーヤーが勝者となります。


[m:217]オンライン・ゲーム・Mau Mau (GameTwist)
http://www.gametwist.com/

106: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2014/03/31(月) 15:51:13.93 ID:slt7cm2c
>>105
Mau Mauは無料アプリがけっこうあるよ
俺のお奨めはセドマだな「sedmice」で検索したら出てくる無料アプリ
ドイツのカードを使ってるから慣れるまで時間がかかるけど

107: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2014/10/21(火) 21:45:57.98 ID:jCqe401H
【Cribbage】 史上最も独創的なトランプ・ゲームを楽しむ 【クリベッジ】

トランプにおける日本の国民ゲームと言えば大富豪になりますが、この様に
ある国では絶大な人気を誇っているトランプ・ゲームというものがあります。
もちろん他の国々でも個人単位であれば遊ばれていたりもするのですが、遊び
道具としてのトランプは普及していてもルール自体はなかなか浸透しないもの
なのです。特にトランプは汎用性が高いだけにその傾向は強い様に思われます。
ゲームとはそもそもそんな地方色の豊かなものではあるのです。

例えばスカートはその発祥の地であるドイツでは揺るぎない人気を誇っていま
すし、ブロットは20世紀初頭にフランスに齎されるや国民ゲームとなりました。
ファイヴ・ハンドレットは元は19世紀末にU.Sプレイング・カード社によって
考案されたものですが、今ではオーストラリアの国民ゲームとなっています。
そしてクリベッジは17世紀にイギリスで生まれた非常に古いゲームではありま
すが、伝統を重んじるイギリスでは今でも盛んに遊ばれています。他にもドイツ
の66によく似たシュナプセンはオーストリアの国民ゲームでありますし、日本
でもよく知られているジン・ラミーやスペードは元はアメリカで流行したゲーム
です。コントラクト・ブリッジやポーカー、或いはハーツの様に広く普及して
いるゲームはトランプでは珍しい存在だと言えるでしょう。

さて、イギリスの伝統的なパブゲームでもあるクリベッジですが、私がこの
ゲームを知ったのは学生の頃に松田道弘氏の「面白いトランプ・ゲーム」
(ちくま文庫)に巡り合ったのが切っ掛けでした。その大人も魅了するエスプリ
の効いた文章と、紹介されているクリベッジやスカートといった本格的な
トランプ・ゲームには心底惚れ込みましたね。特に余りにも独創的なクリベッジ
に対しては、丸でバージェス動物群を見る様な驚きがありました。そしてカード
の点数をアナウンスしながらクリベッジ・ボードのピンを移動させる一連の作法
が堪らなく好きでした。この本に紹介されているクリベッジの一人遊びも結構
嵌りますね。それに2人用のゲームとされていますが、4人で行うパートナーシップ
・ゲームでも無類に面白いです。そう言えば映画「スティング」にクリベッジの
シーンが出て来た時にはにんまりとしてしまいました。何時かは本場のイギリス
の様に、酒場でクリベッジをやって見たいとは思いつつも未だに果たせていない
のが心残りではあります。

ルールについてはここを参照の事
http://www.gamefarm.jp/

108: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2015/08/16(日) 10:10:41.32 ID:ilXdLupT
【Mittlere Jass】 スカート的な面白さをファジーに楽しむ 【ミットレール・ヤス】

デヴィッド・パーレット 『トランプ・ゲーム大百科』 (松田道弘訳) 社会思想社

この1988年に発行された大著の魅力とは、私にとっては主要なゲームに
対しての詳細に亘ったノート・オン・プレイ(プレイにおける戦略)の記載に
ありました。中でもスカートの項目での以下の記述には唸らされたものです。

「スカートのすばらしい魅力は、『フリーク・ハンド(強さがはっきりしない
変てこな手)』の開発に役立っていることだ。宣言者が、自分のボイドの
スーツを切札に指定してプレイすることができる唯一のゲームがスカート
である。たとえば、(中略)これで、120点のうち66点を取って、ゲーム・
バリューはウィズアウト11となり、クラブのゲームで12倍の144点になる」

要するに私には単なる形式上の役でしかないと思われたウィズアウト11
といった手札でも、ゲームを達成できるという事実に驚かされたのでした。
これを知ってからはスカートに心底惚れ込みましたね。この一端からも、
スカートがトランプ・ゲームの最高峰である事は判るかと思うのですが、
如何せんその込み入ったルールをインストするのは厄介であるし、的確
なプレイが出来るまでには相当な時間が掛かります。そこで仕方なく…
ではなくて、スカートに匹敵する面白さをもっと容易に味わえるゲーム
として、日本のボードゲーマーに珍重されていたのが、スイスで人気の
ミットレール・ヤスなのでした。実は、私は最近に至るまでミットレール・
ヤスを過小評価していました。トリックテイキング・ゲームには一般的に
最適解という物が存在していて、それが故に論理的なプレイを可能として
いるのですが、ミットレール・ヤスはその特異なルールによってその辺り
が曖昧にされています。私は当初これを否定的に捉えていた訳ですが、
しかしその後に多くのボードゲームに接する機会を得て、これはプレイの
選択肢の幅を広げる画期的なアイデアではないのかと肯定的に捉える様に
なりました。実際、その融通無碍な戦略はとても魅力的に思えます。それと
共に、例えば Board Game Geek にエントリーがなかったりする事を残念に
思う様になりました。これ程の傑作が余り世に知られていないのは非常に
勿体ないですね。

ミットレール・ヤスはその名の通りヤス系のゲームに属しています。スカート
やシュナプセンが言わばオーソドックスな得点札で構成されているのに対し
て、ヤス系のゲームでは切り札のJと9に特別な強さと得点を与えている所に
特徴があります。そしてトリックテイキング・ゲームによってその得点札の
争奪戦が行われる訳ですが、ミットレール・ヤスでは最終的な獲得点数が
最高の者と最低の者が勝者となり、中間の者が敗者となる独特のルールが
設けられています(しかも点数を余り多く取り過ぎても全くトリックを取らな
くても敗者となってしまいます)。ユニークなのはそれだけではありません。
実はこのゲームでは序盤の内にはまだ何が切り札になるのかが判らない
のです。場合によっては最後まで切り札が決まらない事もあります。これが
何を意味しているのかと言うと、つまりは切り札が決まるまでは自分の手札
の強さ、及び獲得した得点を正確に見積る事が出来ないので、そのプレイを
大いに悩ましくさせている訳ですね。「トランプ・ゲーム大百科」において、
パーレットはこのゲームをミドラー(Middler)として次の様に紹介しています。

「このすばらしいスイスのゲーム(ドイツではMittlere)には、いくつかの興味
をそそる新しい特性があり、三人がプレイするのに理想的なゲームである」

ヤス系では他にも二人用のゲームのクロビオッシュ(クラバヤス)が有名です
が、私はそれほど評価はしていません。それよりも四人用のパートナーシップ・
ゲームである、フランスの国民ゲームとして知られているブロット(及び
ブロット・クワンシェ)の方が、スカート的な面白さを味わえる逸品として
お勧めです。

ルールについてはここを参照の事
http://www.gamefarm.jp/

109: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2015/08/16(日) 10:12:08.12 ID:ilXdLupT
面白いトランプ・ゲーム13選

1st Stage
    2人/ジン・ラミー
    3人/ファイヴ・ハンドレッド
    4人/ハーツ
2nd Stage
    2人/クリベッジ
    2人/ピケ
    3人/ナインティ・ナイン
    4人/スペード
3rd Stage
    2人/スパイト・アンド・マリス
    2人/シュナプセン
    3人/スカート
    4人/ブロット
4th Stage
    3人/ミットレール・ヤス
    4人/大富豪 【ティチュー】

110: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2015/08/17(月) 02:46:18.09 ID:wNtwMYvl
序にクリベッジの一人遊びの遣り方についても説明して置きましょうか。
これはその独特な点数計算に慣れる為にもお勧めします。

・52枚のトランプをよくシャッフルしてからカットします。
・手札に3枚、クリブに2枚、手札に3枚と纏めて裏向きに配ります。残りは山札となります。
・手札の6枚の内から2枚を選んでクリブに裏向きに置きます。
・これで手札は4枚、クリブは4枚となりました。
・山札の一番上の札を捲ってスターターとします。
・先ずは手札とスターターの組み合わせで手役を計算し、
・次にクリブとスターターの組み合わせで手役を計算します。
・得点を終えた手札とクリブは脇に取り除いて、
・スターターは山札の一番下に戻します。
・山札から又、手札に3枚、クリブに2枚、手札に3枚と纏めて裏向きに配って、同様の手順を繰り返します。
・最後に山札が4枚残りますが、これはその4枚の組み合わせのみで手役を計算する事になります。
・こうして全ての得点を合計して、より高得点を目指すのです。
・因みに最高得点は245点となります。どうぞ挑戦して見て下さいな。

111: 名無しさん@ジョーカーいっぱい 2015/08/18(火) 23:51:54.51 ID:3nGIc8AO
序にスパイト・アンド・マリスのGameTwist版のルールはこれが一番近いので参考にして下さいな。
「練馬おやこボードゲームの会」
https://sites.google.com/site/tambourinedc/cards/spiteandmalice

引用元: ・トランプ・ゲームの最高峰 【スカート】