麻雀ちゃんねる ~麻雀まとめブログ~

麻雀に関する2ちゃんねる(5ちゃんねる)まとめブログです。

    麻雀放浪記2020

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/10(水) 17:50:47.52 ID:h4WswTU29
    4/10(水) 16:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190410-00010010-jisin-ent
    no title


    ピエール瀧(52)が麻○取締法違反の容疑で逮捕されるなどで注目されていた映画『麻雀放浪記2020』が4月5日に公開された。

    瀧被告の出演シーンをカットしたり撮り直したりする作品が相次ぐなか、過剰ともいえる“自主規制”に異議を唱え、ノーカットで上映することで話題を呼んでいた『麻雀放浪記2020』。しかし公開初週の週末興行成績ランキングではまさかのトップテン圏外。3位に入った公開7週目の『翔んで埼玉』を大きく下回る出足となってしまった。

    「ブルーリボン賞監督賞を2年連続で受賞した白石和彌監督(44)がメガホンを取り、主演は斎藤工(37)。話題性は十分でヒットが期待された作品でしたが……。300館以上で公開されている『翔んで埼玉』に対し、公開館数が約50館にとどまったことも響きました」(映画関係者)

    客足が伸び悩む一方、Twitterでは絶賛の声が相次いでいる。

    《エンターテイメントの枠を越えてる。これが日本の未来か??》
    《映画とはビジネスじゃない博打なのだ。あらゆる意味で勝負に出た作品。斎藤工の主役としての存在感がたまらない》
    《はぁくだらん…はぁめちゃくちゃ面白い。ここまでしっかりした脚本に完璧すぎるキャスティングで、おっ○いとグロとワルを魅力的に魅せれるのは白石監督しかいない》

    一方、原案となった故・阿佐田哲也氏の小説や、'84年の和田誠監督(82)による『麻雀放浪記』のファンからは評価が分かれた。

    《和田誠版「麻雀放浪記」へのオマージュも良かった》という声がある一方、《自分があまりにもオリジナルの映画と原作小説が好きだったので、ハードルが上がってしまったなあ》と今作に否定的な意見も少なくないようだ。

    【【映画】ピエール瀧出演『麻雀放浪記2020』トップ10圏外…評価は賛否両論 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/04/08(月) 06:00:23.54 ID:N4vdKi0S9
     コ○○ンを摂取したとして麻○取締法違反の罪で起訴されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が出演し5日に公開された映画「麻雀放浪記2020」が、想定を上回る観客動員を記録している。邦画配給関係によると「瀧被告のニュースで、結果として知名度が上がったようだ」と話している。瀧被告が出演するドラマ、映画の放送・上映が自粛される中、同作はノーカットで公開。配給の東映には「公開に異議を唱える電話も多く入っている」(映画関係者)という。全国50スクリーンと規模は小さいが「そのクラスの作品としては興行収入がどこまで伸びるか注目が集まっている」(同)という。


    2019年04月08日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/08/kiji/20190408s00041000017000c.html

    【【映画】ピエール瀧被告出演映画「麻雀放浪記2020」想定以上の観客動員数 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/05(金) 15:13:29.76 ID:ygLfiAKb9
    2019年4月5日 12時52分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16270869/
    no title


    コ○○ンを摂取したとして、麻○取締法違反の罪で起訴されたミュージシャン、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(51)が出演している映画「麻雀放浪記2020」(白石和弥監督)が5日、公開された。

    冒頭で「麻○取締法違反で逮捕されたピエール瀧容疑者が出演しております」とのテロップでお断りが出された。

    瀧被告は、元東京オリンピック組織委員会会長役。出演シーンは長くはないが、麻雀五輪世界大会の開催を決める物語のキーマン。配給の東映は瀧被告の事件を受け、公開を協議したが、ノーカットでの公開を決めた。

    初日のこの日、銀座・丸の内TOEIの初回上映は客席はまばらだったが、終了後には拍手をする観客もいた。夜には主演斎藤工らが出席する舞台あいさつが行われる予定で、チケットは完売している。

    瀧被告は前日に23日ぶりに保釈された。

    【【映画】【麻雀放浪記2020】本日が初日、冒頭で「瀧容疑者が出演しております」のお断りテロップ 終了時には拍手も 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2019/03/21(木) 13:05:03.92 ID:P0+IAsRL0● BE:299336179-PLT(13500)
    sssp://img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif
     俳優の坂上忍(51)が21日、フジテレビ系の生番組「バイキング」で、麻○取締法違反で逮捕された電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧容疑者(51)
    が主要キャストを務めている映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開)の公開を決めた東映の判断を「勇気あったなと思う」と支持した。 
    東映の多田憲之社長(69)は20日の会見で、映画を予定通り公開する理由として、「東映として、私個人としてもちょっと行きすぎだなという印象は持っていました」と、
    瀧容疑者の出演作品について、撮り直しなどの自粛が拡大していることへの懸念を挙げ、「劇場での上映は有料で、鑑賞の意志を持ったお客さまが来場し、鑑賞する
    。クローズドなメディアで、テレビ放映、またはコマーシャルなどとは性格が違います」と述べた。

     坂上は「チキンレース状態で、みんな心の中で思ってたと思う。上映したっていいじゃん、でもどこが初めに切り出す?っていうのはどっか心の中にあった中で
    、この判断っていうのは、そう考えると僕は、そういった意味では勇気あったなと思うんですよ」と、東映の判断を支持した。

     ベテラン俳優の大和田獏(68)も「映画の場合、東映の社長さんがおっしゃったことを支持したい」と東映の判断を肯定し、「お蔵入りになってしまったら、
    製作者側、監督をはじめスタッフ、共演者の人たちがある意味、被害者になる。大勢の被害者を出してしまうのはどうなのかな」と主張。

     タレントの薬丸裕英(53)も「多田社長、獏さんと同じ意見です」と同調した。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000055-dal-ent

    【【作品に罪無い?】坂上忍「勇気あったな」、瀧出演の「麻雀放浪記2020」公開で芸能人から支持続々 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/21(木) 09:55:13.64 ID:q0LahFRv9
    21日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で東映が麻○取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者(51)
    が出演する映画「麻雀放浪記2020」(白石和彌監督)を予定通りの4月5日に公開すると発表したことを報じた。

    作品のポスターと上映前の字幕で瀧容疑者が出演していることを明示するが、出演シーンは編集せず、当初の内容のままノーカットで公開することになった。
    20日午前に都内で東映の多田憲之社長と白石監督が会見。
    その中で多田社長は公開する理由に「劇場での上映は有料であり、かつ鑑賞の意志を持ったお客様が来場し鑑賞するというクローズドなメディアでありますので、
    テレビ放映またはCM等とは性質が異なります。色々な方面から賛否両論の御意見はあると存じますが、本作は、ノーカットで公開を致します」とコメントした。

    この見解に小倉智昭キャスターは「東映の社長さんは、テレビなどとは違って映画はお金を払って見るものだからっていうことを強調してましたけど、
    そういうことに対して僕なんかちょっと違うだろうと思っちゃうんですけどね」と疑問を呈した。その理由を「僕はNHKの大河ドラマなどでも、
    これまで放送してきて今それオンデマンドで見られるわけじゃないですか。お金を払って見れば。
    そういうものに関してもその部分、カットする必要があるのかって。その部分、カットしてストーリーがつながるんだったら、最初からいらないだろうって僕なんか思っちゃう」と指摘していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16193326/
    2019年3月21日 9時31分 スポーツ報知

    【【映画】小倉智昭氏、ピエール瀧容疑者出演場面カットせず「麻雀放浪記2020」公開「違うだろうと思っちゃう」東映社長の見解に異議 】の続きを読む

    このページのトップヘ