麻雀ちゃんねる ~麻雀まとめブログ~

麻雀に関する2ちゃんねる(5ちゃんねる)まとめブログです。

    100万円

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/02(日) 23:08:32.306 ID:7ZsMFmgcd
    資本主義が支配するこの残酷な世界! 子供が大富豪に土下座して金を乞うという地獄! これがアベノミクスの成果。全部アベが悪いことは明らか。日本人民プロレタリアは反動的ブルジョワ政権=アベ政権を打倒せよ!
    no title

    【【悲報】高校生、100万円欲しさに前澤社長に土下座してしまう】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/02/02(日) 14:21:52.29 ID:cjcNa7paa0202
    #続お年玉 当選おめでとうございます🎉
    卒業旅行楽しんできてねー!
    https://twitter.com/yousuck2020/status/1223395291874775040
    no title

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【前澤に土下座した高校生、100万円ゲット】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/07/15(月) 08:10:22.58 ID:049u/EK40
    普段の稼ぎ考えたら割に合わんやろ

    【宮迫ほんまに100万だけなんか? 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/07/11(水) 10:16:35.40 ID:bPiVNbxfd
    ヒカキンさんは冒頭、「僕もなにか力になれないものか」との思いからこの動画を投稿したと説明、ヤフーが実施している被災地支援のための
    オンライン募金への寄付方法を「実演」してみせた。

    「100円から、上限が100万円までありますね。じゃあ100万円でチェックを入れて......」と、ヒカキンさんはあっさりと最大額となる「100万円」を選択、
    それを強調する演出なども一切ないまま、淡々と処理を進め、寄付を完了してしまった。

    ヒカキンさんは動画の末尾で、「僕1人が100万円募金するよりも、今見てくださってる皆さんの100円の方が、ずっとずっとすごいパワーを持ってます。
    仮にですけど、今この動画を見てくださってる100万人の人が、全員100円ずつ募金したと考えると、それでもう1億円になります」と呼びかけ、
    視聴者に対し、募金に参加するよう強く呼びかけた。

    no title

    動画より。なお今回の投稿は「収益化」していないとのこと

    ヒカキンの代わりにM4入った奴誰?

    【ヒカキン(年収4億) 「西日本に100万円募金します!!」ドヤァ 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/01/16(水) 15:15:46.79 ID:R3LXaMKq0
    100万円の私財を100名にプレゼントするというZOZOの前澤友作社長のツイートを
    発見したのは、1月5日のことだった。

     100万円というのは、ミュージシャンにとっても大層な金額だ。

     小さめのレコーディングスタジオならば、10日間はレンタルできる。

     本格的なギターを買うこともできるし、録音に必要な機材の多くをアップデートするという
    選択もできるだろう。欲しいものをあげたらきりがない。

     せっかくだから申し込んでみようかと思ったそばから、胸の奥で違和感がムクムクと芽を
    出した。

     音楽活動における100万円は切実なものだけれど、作品は社会の豊かさを前提として
    存在している。

     ところが、毎年の年末には、各地で行われる生活困窮者のための炊き出しのニュースを
    見かける。

     今日の食事の心配をしている人たちが、同じ社会を生きている。

     CDを買ったり、コンサートに参加したりする余裕のない人もいるだろう。

     僕はそうした社会を変えるべく、何らかの役割を果たしてきただろうか。

     そんなことを考えながらマウスを3回クリックすると、企画への申し込みが完了した。

     同時に、後ろめたさがどっと押し寄せて、背筋が冷たくなった。自分の意地汚さが、
    部屋に充満しているような気分になった。(ミュージシャン)
    https://digital.asahi.com/articles/DA3S13850171.html

    【【痛快】アジカン後藤さん、ZOZO前澤社長の100万企画に応募した奴を痛烈に分析 】の続きを読む

    このページのトップヘ