2008年01月01日

ハッピー エイジング元年

お正月飾り
眉寿おせち料理

 2008年1月1日 

 新年あけましておめでとうございます。

 いよいよ鼠年がスタートしました。

 今年は、あなたにとってどんな年になるとよいですか?

 私は、「ハッピーエイジング元年

 今後の人生をいかにハッピーに年を重ねることができるか
 をともに考える場づくり、仲間づくり
をしていきたい!!

  今、そんな思いがあふれています。

  かつて、放送局時代の先輩が「まだ OR もう」という問い
 を投げかけてくださいました。

 人生「まだ」とみるか、「もう」とみるかで今後の人生が大幅に変わってくる

 実感を交えながら、そんな思いが伝えられたかったのだと感謝の思いで
 胸がいっぱいになりました。

 ハッピーエイジングのお手本のお一人 佐藤 富雄先生(Dr.佐藤)は、
75歳にしてますますお元気!!

 元気の秘訣は、生涯現役という意識&良い習慣をお持ちであることが
  よくわかりました。


 その1.健康づくりの実践
     ウオーキング(毎朝1時間の散歩で脳のウオーミングアップ)
     週に2回は、少しハードな運動をする
     効果的なサプリメントの摂取

 その2.口ぐせ理論の実践
     言葉は、言霊。
     発した言葉はすべて、自分に返ってくる。
     言葉を選んで幸福になれる言葉を使おう。

 その3.未来新聞の実践
     夢・目標を明確に描いて
     着実に実行し続ける

佐藤

   さあ あなたは どんな未来をデザインし
   どんな人生を生きていきますか?



  あなたに捧げるお正月プレゼントは、
  サムエル・ウルマンの詩「青春」です。


      「青春」   サムエル・ウルマン 


青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方をいう。
バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気
やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うときはじめて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により気力は地にはい精神は芥(あくた)になる。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
驚異にひかれる心、おさな児のような未知への探求心
人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り君は若い。

霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき
20歳だろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる。


maho_maho2005 at 17:41│Comments(0)生き方 | コミュニケーション

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔