Vive La Darjeeling

私が飲んだ市販の紅茶をレビューしていきます。

アニメ紹介紅茶/紅茶レビュー/Twitter
紅茶レビューは5段階評価で★が多いほど高評価

【ENGLISH BREAKFAST】
メーカー:成城石井
原産国:インド、スリランカ、ケニア
内容量:150gimage
【商品説明】
インド、スリランカ、ケニア産の茶葉をブレンドし、コクがあり、しっかりとした紅茶の風味が感じられます。ストレートだけでなく、ミルクティーにもおすすめです。

【公式が推奨する淹れ方】
道具は、あらかじめ温めておきます。新鮮な水を、完全に沸騰させます。カップ一杯分(約150cc)あたりスプーン一杯の茶葉(約2.5g)を、熱湯で2~3分蒸らし、茶殻をこしてカップに注いでください。
茶葉の量と蒸らし時間は目安です。お好みでご調整ください。

【感想】
“break fast”の名前どうり朝食にいただきたい紅茶。ストレートで飲むならジャムと一緒にいただくといい。(ちなみに今回はいちごジャム)でもストレートで飲むなら成城石井では他の紅茶をおすすめするかな。この紅茶は商品説明にも書かれている通りミルクティーがとてもおいしい。私は成城石井のミルクティー用として楽しんでいる。image
【評価】
ストレート [★★☆☆☆]

ミルクティー [★★★★☆]

アイスティー [★★★☆☆]

【用意するもの】
・鍋(口が広いものが好ましい)
・茶葉 3g
・水 100~130ml
・牛乳 70~100ml
・ティーカップ
・時計
※1杯分

【手順】
終始強火で煮出します。鍋の水が沸騰しましたら茶葉を投入し、約30秒強火で煮出します。。この時にお好みでスパイス、グラニュー糖、蜂蜜等を入れてください。この段階で味が決まります。30秒後、牛乳を入れます。牛乳を入れてからしばらく煮出していると沸騰し、吹きこぼれだしてしまいそうになるので火から鍋を3秒ほど離して、また煮出します。これを3回ほど繰り返してください。

【追記】
・本来作り方はミルクティーではなく、インド式に甘く煮出したミルクティーを指すチャイと呼ばれるものです。

・私は一般的なミルクティーよりも甘味が増しているためこの方法を好んでいますが、特別な香辛料は持っていないためグラニュー糖や蜂蜜で味付けをしています。

【アールグレイ】
メーカー:成城石井
原産国:スリランカ・インド
内容量:130gimage
【商品説明】
アールグレイの特長であるベルガモットの清々しい香りを活かし、ホットにもアイスにも向く、渋みやクセの少ないすっきりとした飲み心地に仕上げました。

【公式が推奨する淹れ方】
道具は、あらかじめ温めておきます。新鮮な水を、完全に沸騰させます。カップ一杯分(約150cc)あたりスプーン一杯の茶葉(約3g)を、熱湯で2.5~3.5分蒸らし、茶殻をこしてカップに注いでください。
茶葉の量と蒸らし時間は目安です。お好みでご調整ください。

【感想】
ベルガモットの柑橘系の香り漂う茶葉が封を開けると部屋に広がる。初めては3蒸らし時間を3分にしてみた。とても好きな香りだ。早速飲んでみると麦秋、秋立つ香りを感じる爽やかさが評価できる。‥‥んっ?ベルガモットの季節は確か夏だったよね。私が飲んでみてまず思い浮かんだ食べ物が“栗”でした。秋に飲みたい紅茶だね。とにかく香りが私好みでずっと嗅いでいられて味もすっきりしているので気に入った。成城石井の紅茶は手頃な価格で味が良いからコスパ優れてる。
2.5分、3分、3.5分の蒸らし時間で比べてみた結果、1番味が引き立つのは3分だった。まず2.5分は味に物足りなさを感じ、3.5分では渋みがきつい印象を持った。香りに関してはどれも同じだった。
image
【評価】
ストレート [★★★★☆](4.5)
蒸らし時間のおすすめは3分

アイス [★★★★☆] (4.5)

ミルク [★★★☆☆]

↑このページのトップヘ