まったりポーカー

まったりとポーカーを楽しむ人のためのガイドと雑記

やっぱりトーナメント派

マイクロゲーミング系の32redから五分に一人ランダムで固定プライズを贈るcashdropというプロモの案内をされるも、このところSNGしかしてないわたしは華麗にスルー。

短時間で嵐のように負けるキャッシュゲームは、現在腰痛によりフラストレーションがたまりやすい自分にとっては危険。SNGでも連敗はありますが、十分の間に三連敗なんてことはまぁありませんから。登録してからメンツが揃う時間もありますしね。


キャッシュゲームだと、fast-fold六人テーブルあたりで、続けざまに全スタック失うことがちょこちょこあります。

六人テーブルだと、ボタンvsブラインドやブラインド同士の争いが苛烈になるので、ミドルペアでプリフロップオールインまで言っちゃうことも。レースに負けたあと、次のテーブルAAvsQQあたりの対決に負ければ、十分間で三連敗へのリーチがかかってしまいます。プレミアムハンドがまくられた時点でチルトになっていれば、短時間で負ける確率は更にアップ。76sで3ベットしたり、ATsでプリフロップオールインまでしてしまいます。

チルトになりやすい人はキャッシュよりトーナメントの方が向いているかも知れませんね。かく言うわたし自身がチルトになりやすく、手痛い失敗をしてるんですがね(;´Д`)

たまには幸運を満喫

やっとこさポカスタノーマルSNG9人テーブルで一位を取りました。狙っていたリスチールはできませんでしたが、ハンドが入らない中盤までスチールでしのぎ、4人プレイ時のK9プッシュ時に、K9vsAKvsAQの対決にまさかの勝利をおさめ、ヘッズになってからは66vsKQにも勝利し幸運すぎる一位となりました。

それでも、フロップ後のヒット率は壊滅的で、10ゲーム近くこなして、手が進んだのは1回あるかどうか。ドローに頼るなって話なんですが、強いハンドの時もドローの時も、フロップでレイズオールインを仕掛けたいんですな。パッシブにコールを繰り返すだけのドローはハンドばれるので避けたいところ。

レイズやチェックレイズオールインによるドローが一般的になったおかげで、トップペアそこそこキッカーのプレイヤーがオールインにコールするケースも増えています。

たとえば、

Ts6h5h




みたいなボードで、JToなんかがコールしてきます。このボードでJTが勝っているのはT9以下のTペアや、6や5のペア、99-77.44-22のポケットペアかドローです。

しかし、セカンドペアやキッカーの弱いトップペアであれば、オールインを仕掛けてくるよか、コールにとどめて様子をみてくる可能性が高いので、JTが勝っているのはドローを相手にした時だけ。しかも、3回に1回は引かれて負けるという状況です。

もちろんブラインド額やスタックサイズ、残り人数によって「ドローくさい(チェック)レイズオールインをそこそこのトップペアでコールすべきか」は変わってくると思いますけれども。

リスチール時の考察例その2

前回に続き、リスチールを狙った時のことを書いていきます。


例その2)

【場所】ポーカースターズ、ノーマルSNG、9人テーブル。3.5バイイン

【状況】残り7人で、ブラインドは50/100。自分のスタックは2000。ポジションはビッグブラインドでハンドはA4s

【プリフロップの流れ】先行プレイヤーはみな降りて、アグレッシブなチップリーダー(スタック3500)がスモールブラインドからミニマムレイズ、自分の番となった

【その時の判断】序盤でダブルアップした右隣のチップリーダーが攻め続けている。フロップではほぼ100%CBを打つ。レイトやSBのポジションにいる時誰も参加者がいなければ100%に近い確率でミニマムレイズをいれてくる。
 相手レンジの広さを考えるとA4sは十分に強いハンドである。相手のレイズに歯止めをかけるためにも、ここでリスチールを仕掛けることにした。右のチップリからのレイズがやまないと、左側のタイトプレイヤーにスチールをかけることもできない

【結果】相手のミニマムレイズに対し、リレイズオールインをかけ、コールされる。A4svsKQのレースとなり、お互いノーヒットで勝利をおさめる

【メモ】思っていたよりもずっと強いハンドでコールされた。リスチールは相手をおろすのが主目的なので、あまり成功しているとはいえない。A4sが相手のレイズレンジには勝っているという予想は当たっていたのだが

リスチール時の考察例その1

実際に自分がリスチールを狙った例を書いていこうと思います。記憶を頼りに書いているので、細かい数値は正確ではありません。


例その1)

【場所】ポーカースターズ、ノーマルSNG、9人テーブル。3.5バイイン

【状況】プレイヤーは残り6人で、ブラインドは25/50。自分のスタックは2000ほど。ポジションはBB。ハンドはKQo。

【プロフロップの流れ】先行プレイヤーがみな降りた状態でアグレッシブなチップリーダー(スタック3500)が3BBレイズ。SBは降りてわたしの番となった

【その時の判断】相手のレイズレンジが広くて、30〜35%のハンドで仕掛けているようだ。3ベットされて降りるというケースを3回目撃している。自分のハンドはKQoで、相手のレイズレンジよりまさっている。3倍のリレイズを入れると、レイズ額は450となり、もしコールされた場合、1000近くのポットに対し残りスタックが1500程度とポットコミットしてしまう。それならば、リレイズオールインの方がシンプルなプレイになるだろう。
 どこかで反撃しておかないと、二つ右隣のアグレッシブなチップリにさらなるレイズを許してしまう。自分はタイトに打っていたし、相手は強い手がないとコールできないだろう。気になるのは、ミニマムレイズが多い中、3BBというサイズを選んだことだ。フロップを見せたくないハンドなのかも知れない。

【結果】アグレッシブなボタンの3BBレイズに対しKQoでリレイズオールイン。相手はそれにコール。KQoとTTによるレースとなり敗退した。

【メモ】おおよそ読み通りであった。これが残り6人ではなく4人であったら、また異なった判断をしたのだろう

影響を受けやすい男

そうですとも、影響を受けやすい男ですとも、北方水滸伝を読んでは、漢たちの死に様に胸を打たれ、ゾンビ映画を見ては「もしゾンビが発生したらどこに立てこもるのが正解か?」をシミュレーションし、ゴジラシリーズを見ては巨大化して著名建造物を破壊したくなります。

そんな男ですので『ポーカーで稼ぐ技術』『sit and go strategy』の影響でリスチールを狙いに行くのは自然の成り行きでございましょう。

リスチールはリスクが高いプレイなので、仕掛ける前にあれこれ考える必要が出てきます。

少なくとも、
・相手のレイズ頻度
・相手のポジション
・相手のベットサイズ(ベットサイズを考える相手の場合)
・相手のスタック
・自分のハンド
・自分のスタック
・自分のもたれているイメージ


なので、けっこう考えることがおおいんですね、わたしはブラウザ版かmac版で遊んでいるので、holdem managerなどの分析ソフトが使えません。コツコツとプレイヤーノートを書きため、それをもとに判断するしかないです。

今度、自分が狙ったリスチールの例を書いてみようと思います。



オンラインポーカーで稼ぐ技術(下) (カジノブックシリーズ)
エリック・ライゼン・リンチ
パンローリング
2012-06-15


Sit 'n Go Strategy
Collin Moshman
Two Plus Two Publishing LLC
2007-07-20

ノーマルって地味かい?

地味なんですかね?

新たなタイプのゲーム、spin and goやknock outがうまれた現在、ノーマルSNGの存在は。


SNG関連で新しいテキストが出ていないかチェックしてみたら、めぼしいものは見つかりませんでした。自分のように『MTTは体力的につらい。SNGでじゅうぶんポーカーを楽しめる』って人はごく少数派なんですかね。


ただいま、ポカスタでもらったチケットを使い、ノーマルSNGにいそしんでおりますが絶不調です。クズ手祭りの植え、ドミネイトしているプリフロップオールインで二戦二敗、ここぞという時のレースやドローに全敗しております。

極めつけはドミネイトしているはずのAQに負け、1.2BBまで低下したあとにきたAA。人をあざわらうかのようなタイミングでやってきやがったん!

唯一大きなポットをとれたのは88のフロップセット。そのゲームもアグレッシブなチップリーダーとKQvsTTのレースになって負けたんですけどね。

ドローに失敗すればするほど「次こそ引けるだろう」と考えてしまう悪循環におちいってるのかも。もう少しタイトにいくかぁ。

モバイル版には戻らない

ノックアウトでもみくちゃにされてから疎遠(?)であったポカスタから『でぽってくれたらトーナメントチケットあげるよ!』とメールが。


据え膳食わぬは男の恥とばかりにとってきました。


20相当のチケットが3.5×6という形でアカウントに。モバイル版はノックアウト時フラストレーションがたまりすぎて削除してしまったので、mac版をインストールすることにします。ブラウザ版と異なり、全ての機能を使えるのはありがたいです。

期限が切れる前にプレイしませんと。6ゲームぐらいなら余裕かな?

ターボもいいけど

ノックアウトポーカーにおける、プリフロップオールインのるつぼに疲れ果て、何年かぶりにノーマルスピードのSNG9人テーブルへ。

ターボSNGだと、フォルドエクイティのあるプッシュオアフォルドを仕掛けられるのが、ブラインド2〜3周でしたが、ノーマルスピードだとその倍ぐらいの期間狙えます。


また、ターボだとリスチール=オールインのケースが多かったんですが、ノーマルだとポットコミットしない程度のリスチールや、コールされた場合のアクションを考えないといけません。少なくとも次の項目ぐらいは考えなきゃなと。

・リスチールをコールされた場合ポジションはある?
・どんなフロップでもCBを打つ?
・CB打ったらポットコミットになる?
・弱いワンペアできた時、全てのスタックをつぎこむ?


今までターボでシンプルな打ち回しをしてきたので『リスチールその後に』が当面の課題ですね。

道具は大切にね

初めて一位(32人SNG)を取りましたけど、ノックアウトポーカーで遊ぶともみくちゃにされすぎてつらいっす!


ハンドが来ないのはもちろん、やたらドミネイトされていてきつい。T9で仕掛ければQTに、87で仕掛けるとA8につかまるといった具合。

最初はモバイル版で遊んでいたノックアウトポーカー、フラストレーションたまりすぎてお古のiphoneをノックアウトしそうだったので、ウインドウズ版に切り替えました。

ノックアウトなら終わりまで二十分もかからないので、立ちながらのプレイでもいけちゃうんだな。

フラストレーションたまりまくるので、もう遊ばないとは思いますが。

久々に

久々に描いてみました

カレンダー1koma
続きを読む
ポーカメ風雲録

世界初(?)のポーカー漫画

『ポーカメ風雲録』

絶賛(?)公開中!


snofpokame8th

第八話『プリフロップレイズの額』

sn_pokame7th

第七話『兄弟子をこえろ!』

sn6th
第六話『兄弟子登場』

sn5_pokame
第五話『スーテッドハンド』

pokame4th_sn
第四話『プレイスタイル』

pokame3rd_sn
第三話『キッカー勝負』

pokame2nd_sn
第二話『最初のレッスン』

pokame1st_sn
第一話『師弟誕生』
Profile
ポーカープロモ・テキスト購入予算
【ポーカープロモ】兼
【テキスト購入予算】

465ポイント

【最近の推移】

『Harrington on modern tournament poker』
を購入し−370
(2014年7月)


『アグレッシブポーカー』
を購入し-100
(2014年6月)

『crushing low stakes hold'em vol.2』
を購入し-30
(2014/5/23)

『賭けの考え方』
を購入し-75
(2014/4/26)

『the mental game of poker』
を購入し-100
(2014/2/6)

『small stakes no-limit hold'em』
を購入し-80
(2014/1/14)

『decide to play great poker』
を購入し-80
(2013/10/27)
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
Recent TrackBacks
■ウェーブキャッチFX GBP/JPYペア用■全5通貨ペアで月間獲得約8000pips!爆発的利益の連続を覚悟できますか?ナンピン・リペイントなし!取引数量指定なし!検証結果で爆益を確認!メール&サウンド通知機能付 (■ウェーブキャッチFX GBP/JPYペア用■全5通貨ペアで月間獲得約8000pips!爆発的利益の連続を覚悟できますか?ナンピン・リペイントなし!取引数量指定なし!検証結果で爆益を確認!メール&サウンド通知機能付)
長く打ってて5回未満
整体・病院不要!腰痛は自分で治せます! (今すぐ腰痛改善・解消する超簡単な方法)
メンテと買い物と
現在、話題の夢リタトリプルアローの簡単なレビューと 特典案内です。 【ネットを使って中学生でも稼ぐ】 (ネットを使って中学生でも稼ぐためのブログメルマガアフィリエイト初心者講座)
第三回予定
ギャラリー
  • バブル期の
  • トップペア、ポットコントロール、フロップセット
  • iphone5sだと黒猫が撮りやすい?
  • あられもない
  • 再インストールと、過去の十面
  • とある業界に立候補猫
  • ライブドアブログ