■三村落城秘話                         

 戦国時代はここ常陸府中でもこの地に綿々と続いてきた平氏の名門大掾氏も多くの敵に囲まれる状態に陥っていた。

室町幕府も天正元年(1573)に15代将軍足利義昭が京を追放されてその幕を閉じた。

その同じ年に大掾氏も府中を取り囲むように出城や砦を設け、そこに兄弟や腹心の家臣を配し、周りからの敵と対峙していた。

府中(石岡)から高浜の川を渡った高台には三村城(今の三村小学校の場所)があり、南からの天敵である小田氏に対する防御を固めていた。
そこの城主は府中城の城主大掾(平)貞国の弟である大掾(平)常春であった。

 天正元年(1573)二月、府中の城主、大掾(平)貞国(常春の兄)は、小川の城主(園部)を攻めようとしていた。
そして三村の城主、常春も兄に加勢のため三村城の本丸に集まっていた。

その時、城の北方の入江で、すさまじい物音がするので、何事かと城兵が駆けつけてみると、大鷲(わし)と大鰻(うなぎ)がものすごい争いをしていた。

大鷲は水中の大鰻をさらっていこうと空より舞い降りてするどい爪で攻撃し、一方大鰻は、そうはさせじと必死になって大鷲の首に体を巻きつけて締め上げていた。

大鷲は、それをふりほどこうとおおきな翼をばたつかせ、水しぶきが大きく飛び散り、血が大きな渦巻きとなって辺りを渦巻いていた。

やがて、鷲も鰻も疲れ果て、それを城の飯田七郎左衛門という兵士が撃ち殺し、城に持って帰った。

鰻は体長五尺近くもあり、胴回りも一尺余りもあったという。 また、その鰻は耳も歯も持っていた。

三村城で兵士たちは、出陣前にふしぎなことと思って、なにか不吉な予感もしていたが、小川城(園部)を攻めるために船で出陣したのである。

しかし、この不吉な予感は的中してしまうこととなった。

小川勢に常陸国統一を狙う佐竹氏が見方にはいったため、大掾、三村勢は奮戦したが大敗してしまった。

さらに悪いことに、城が手薄なのを見て取った小田天庵(つくば市小田)が千人の兵を率いて三村へ攻め入った。

三村軍は万策つき、常春は四人の家来をつれて城から落ちのびたが、城のふもとの田に馬の足をとられ落馬してしまった。

ここぞとばかり小田勢は一気に常春の首をねらって攻めてきた。

この時である、常春寺の上空にものすごい稲妻が走り、耳を覆いたくなるような雷鳴がとどろいた。

追手は、体がすくみ、目もくらんでしまった。

常春寺
(三村城の麓にある常春寺(じょうしゅんじ))

常春はこの間に、「今日を限りに」と叫び、自害したのである。若干25歳の若さであった。

その後、常春公は高久保に埋葬され、五輪塔が建てられた。

そこには、椿の木が茂り、いまではひっそりとしている。

また、大鷲と大鰻との亡骸が葬られた場所には鷲塚、鰻塚の地名が残った。

P1010006s.jpg
(三村常春(つねはる)公の五輪塔と椿の木)


(あとがき)

三村城主常春公の墓(五輪塔)は、あまりにもひっそりと立っていた。
案内板もなく、近くの家の方に聞いてやっと分かった。
常春寺より東側へ田んぼの中の道を真っ直ぐ進み、突き当たりを少し左に行ってすぐに右に登ると常磐線の線路の上を渡る。
そのまま線路を越えて進むと左右に民家が1軒づつある。
右側の民家の先を右に下る道があり、この苔むした細い道を下ったところにひっそりと佇んでいた(下りる道は車は通れないと思ったほうが良い)今は椿の木が大きくなっていた。
ここは四百数十年の間、そのままの姿で、続いているのではないだろうか? 
流れる時間がとてもゆっくりとしているように思われた。

この話は常春寺に伝わる話であるようだ。わずかな期間ではあったがこの地で起こった出来事がこうして伝えられていたのも不思議な気がした。

鷲塚、鰻塚という塚も、常磐鉄道の建設工事で大量の土砂を使用するために削られ、その形は今は無い。
しかし中から石棺などが出土し、古墳であったことが判明した。