昨日の放送は物凄く楽しみにしていました(*‘ω‘ *)
既にプレミア会員でないので、何度も落とされるだろうなぁ~・・・と思っていたのですが・・。一回だけ落とされただけで済みました。

よかったよかったと思った反面、来場者数に不安を感じた今日この頃です。

さて、ver4.0の所感と行方を分析していきますが、まず気になった点を。
安西Dは甘いマスクと裏腹に、常にマスクを口にかけているかのような声でちょっと聞きづらかったです・・・(´・ω・`) 

マイク音量あげたげて!

山田君に助走をつけて殴られそうな案件はさておき、コンテンツの修繕が多く、正直なところパッケージの割にはややこじんまりとした印象を最初は持っていました。

ですが、よく見れば思ったよりも大きな変化がドラクエ10に来ると思います。

※以下はまだ発売していないゲームの妄想含みます。場末の酒場の不貞腐れた輩がなんかほざいている程度に信じてください。


<アストルティア防衛軍について>

Image-1338


アスフェルド防衛軍・・じゃないアストルティア防衛軍ですが、これは非常に面白そうなコンテンツです。服装固定なのがちょっと悲しいですが、特に制限がないという、ある意味であたり前っちゃあたり前ではあるのですが、MMORPG感のあるコンテンツで非常にうれしいです!

安西D曰く多くのモンスターが出るらしいですので、ドラクエ10ではじめて火力の棲み分けができるようになるかもしれません。

例えばよくあるMMORPGだと単体火力は前衛系やハンター。範囲火力はウィザードのように火力でも得意不得意があります。

これはドラクエ10でもver2初期までは一応あったのですが、今は完全に・・・といった状況ですので、防衛軍はそれをなんとか変えて欲しいです。

それに加えて防衛地点を守るということで、仲間を守る相撲から、拠点を守る相撲へと非常うまい具合にドラクエ10のバトルの良さを生かしたコンテンツなりそうですね。

難易度についても安西Dから具体的に言及がされまして、難易度は実装当時のピラ7、8。
討伐をしても防衛しても報酬は変わらない。この辺りの調整も個人的には非常に嬉しいです。



反面、これが失敗となると・・・・いや、えっと・・ガチの展開になりそうです。

ちょびひげ「シュタイナー師団が来ればアストルティアの防衛は大丈夫だ。」

部下「総統閣下・・・シュタイナーは・・・」




みたいな嘘字幕を作りかねないので、本当にお願いします!

あれ、つくりたくないんですよ、本当!




ちなみにですが防衛軍では最新武器も手に入るようです。えっこれ大丈夫なんですか・・?ぷるぷる

WS000556

アストルティア防衛軍はますます期待が高まります。
実装された時にはきっと・・・

「あの大砲、地雷なんだが?」

という嬉しい悲鳴が聞こえる事を願っております。




ということで!


中間コンテンツっぽいものは以上ですかね・・・。



あれ、ちょっとヤバイ?


今後もver4では様々なバトルコンテンツが実装されますし、そこまで悲観する必要はありませんが、ver4.0というパッケージ。そこに価値をどうしても見出そうとしてしまうのは人の性。

ちょっとコンテンツ薄いな~・・・と思ってしまいました。ですがもうひとつ弾はあります。


「フィールド狩り」です。


残念ながら今までは長期間に渡ってフィールド狩りが盛り上がるという意見は少数に感じられました。
このブログも似たような意見で、一時的にも盛り返すけど、それ以降はわからないと書いてきました。

確かに、多数アカウント有利という指摘はまさにその通りです。しかし、フィールド狩りの復活が仮に達成されるならば、非常に大きな中間のコンテンツが出来上がります。この事実に変わりはありません。

それに何かと残念な印象が持たれやすいフィールド狩りですが、今では非常に経験値効率が良い狩場が発見されたり、ダメかと言えば決してそうではないかと思います。

そして何より、これが非常に重要です。


WS000554

・ドロップの判定は、倒したモンスターの種族単位で行えます。
同じ種類のモンスターを複数倒しても、判定回数は増えません。(エモノ呼び無効)


思わずデカイ文字で書いてしまいました。電車に乗っていながらブログを見てくれた読者の方、お詫び申し上げます。

いや・・・これは十分フィールド狩りが復活する可能性あるんじゃないでしょうか。
これにプラスしてぬすみ狩り無効化。プレイヤー同士組めばドロップ確率が上がるようなので、ますます上手い調整をしてきたのかと、僭越ながら非常に関心します。

4人肉入りになれば経験値効率も上がり、さらにある程度マラソンコースを確立させておけば、敵を蹂躙しながら物資を補給するというアルデンヌの攻勢ばりの狩りドクトリンが生まれるかもしれません。

なにより、ver4のフィールドでは新しいアイテムが実装され非常に高騰するでしょう。敵もさすがに4垢で倒すには骨が折れる相手になると思います。まさにフィールド狩りが復活する好条件は、ver1を超える勢いで揃っています。

例えば戦士芸人魔法僧侶・・・可能性は低いですがこのようなver1の時にもなかったPT構成が選択肢のひとつになりえる可能性があります。

もはや希望的憶測に基づく妄想の域に達しそうになったので、これくらいにしておきます。

当日はチムメンかフレンドと、久しぶりにフィールド狩りを楽しみたいですね!




ver4の新しい世界を冒険するんだ・・・・(´・ω・`)


ということで、アストルティア防衛軍と、アイテムドロップ、フィールド狩りについて分析していきました。
まとめですが、アストルティア防衛軍は非常に面白そうなコンテンツで、ピラミッドに代る中間コンテンツがようやく実装されそうな気がします。

もちろんまだ発売もしてないゲームの話です。実際に来てからでないと評価はできないという点も合わせてご了承ください。

そして、アイテムドロップについては、ver4のフィールドモンスターの経験値とドロップアイテム次第ですが、なかま呼び、ぬすむ狩りに囚われない通常バトルは非常に魅力的なものになる可能性があります。

コンテンツの綱渡り状態は続くのが怖いところですが、今回のバージョンアップはパッケージだけあって、よく見れば見る程な非常に濃いバージョンアップになるのではないか、と思います。




次回以降はそれ以外の情報を分析する予定です!('ω')ノ


mesa3








良い記事だと思ったら応援お願いします!