今日で正月休みが長いところも完全終了ですね(´・ω・`)

年末年始はゲーム漬けといきたいところでしたが、一番研究していたのは3Dプリンターについてでした。

ドラクエ10の自キャラの3Dフィギュア化は、何かのイベントでゲットできるチャンスはあるんですが、庶民にとってはそんなチャンスはなかなかないのが現実。

それなら自分で作って作ってしまおう!という企画で、実は既にブログでは自分のキャラクターをフィギュア化して成功したんですが・・・。


こんな感じです。

a12d39c3

お・・・おれてるぅぅぅ(´;ω;`)


その後、3Dプリンターで使えるネルゲルのデータも制作しました。ソリッドモデル(一体化モデル)は作るのがキツイです。。

b6a39efd


このように、既に3Dプリンターで自分のキャラクターを作る事は不可能な話ではまったくないのですが・・・普通にCGつくるより5倍くらい手間が掛かるんですよ!!

なんとかそれを克服できないか奮闘してたんです。


・値段がたけぇ

最大の問題点です(´;ω;`)

まず先ほどお見せたしたキャラクターは2万+税掛かっています。大きさは20センチとそこまで大きなものではありませんがこの値段です。ネルゲルは見積もりとったらガチで3万以上したので断念しちゃいました。

・・それでも石膏カラーは非常に安い分類の素材です。

最近はDMMでプラスチックで出力をできるようになったそうで、こちらは石膏カラーよりも、より精度が良くでるとか。

試してみたい気持ちもあったのですが、計算したところとんでもない値段が出てきてしまいました・・!

14WS000755

こりゃだめだ(;´・ω・)


そこで考えたのは、業者に頼らず自分で出力できないかですが、前提条件としてフルカラーができるか否かです。せっかく出力しても、色なしで出力では色を塗る必要があります。

残念ながら、こちらには手作業で色を塗る設備も技術もありません!

調べたところ、個人で入手できるかな~というレベルのものは・・たけぇです。

これを買う事も選択肢のひとつですが輸入で40万越え、代理店だと70万はさすがに・・・(´・ω・`)

xyz_color1


やはり業者に頼るのがもっともリスクが低いのではないかというのが結論です。


・手間が掛かる

実は、色を塗らなければこの手間は大したことはありません。

まぁ・・大したことあるんですが、今はZbrushでぐりぐり作れるので、意外とすぐ終わります。

とりあえず形を作って、あとはデータの最適化は自動でやってくれますし(autodesk manufacturing data exchange utility)それを業者に引き渡せば完成ですので、難しい話ではありません。

しかし、フルカラーとなるとこれも大変です!

テクスチャがある状態で制作しても、UVの情報が飛んでしまうのです・・・。

自動ツールに頼るとポリゴン数が増大し、UV展開することが難しくなります。これは何十回とトライ&エラーを繰り返したのですが良い結果は得られませんでした。


あくまでもフルカラーの状態で作るには・・・

そうすると、これは従来の3Dアプリケーションの中で制作するハメになります。

3Dプリンターに合わせて、ひたすら頂点のエラーを探す旅です。特にスカートの部分が曲者ですげぇめんどくさいです。この辺りのメッシュの調整をどうすべきか、地味すぎるトライ&エラーを繰り返さなければいけません。わりと発狂しそうですわ・・。

先ほど乗せた画像ではこの作業に・・どれくらい掛ったかな。ゴールデンウィーク全部潰れるくらい掛かってしまいました(´・ω・`)

今回、休み中作ったのはこの二体ですね。

WS000732    

自画像・・じゃなくて、自キャラです。

qur

あと、人物に比べるとめっちゃ簡単に作れたキュルルですね。

ほぼフィギュア化される事はないな!と思ったので、オリジナルフィギュア化する価値はあるかなと思って制作しました( ^)o(^ )

キュルルはいつでも立体化できる状態で、しかも安価です。

キャラクターの方はまだトライ&エラーを繰り返している状態です・・・。本来ならば良い結果を記事で書きたかったのですが、現状はあんまり芳しくありません。


とにかく短時間、低コストで出来ないかもう少し研究してみたいと思います!


4e8e7759

↑二万円(´;ω;`)


mesa3





良い記事だと思ったら応援お願いします!