モルゲッソヨを誰でも簡単に制作する攻略情報を皆様にお届けします。


まずはZbrushで既存の素体を選択します。
この時点で男性の身体を正確に表現したものを選びましょう。後のモルゲッソヨ制作が楽になりおすすめです。

WS000023




WS000022



次に、モルゲッソヨの頭パーツを制作します。サブツールからスフィアを選択して、モルゲッソヨワールドに表示させます。

WS000026

しかし、このままでは球体がモルゲッソヨになってしまいます。
スケールを用いて、形を調整します。



WS000027

頭部にモルゲッソヨのスフィアを配置しましょう。



WS000029

ctrl+shiftで必要な部分もモルゲッソヨします。

WS000031

まずはmove brushで全体的な形状を作ります。その他にはcrybrush、dam standard brushを使います。


WS000033

この時点で34モルゲッソヨ程度になっていれば及第点でしょう。

WS000034


ある程度プロポーションの制作が終わったら、ダイナメッシュを使ってモルゲッソヨの穴を塞ぎます。



WS000036

ポージングを調整していきます。Zbrush4R8ではインターフェースが変更されており、R7とは異なっていますが、赤丸の部分を一時解除して、回転する準備を整えます。

WS000037

脇をしめます。

WS000041


WS000038

足の回転を行います。余分な部分が選択されてしまうとうまくできませんので、ctrl+クリックでしっかりとマスクを作成して、包み込みましょう。




WS000044

台座もスケールを調整した後、ブラシからZmodelerを読み込みます。

WS000047

ベベルを実行します。


WS000049

適切にディティールを追加します。さらに細かい部分も制作したいところですが、今回は効率的にモルゲッソヨを作ることが目的ですので、ここで作業を終えたいと思います。

この時点で74モルゲッソヨといったところでしょうか。

<レンダリングして完成!>

Zbrush内かもしくは外部のレンダラーを使用して、静止画としてレンダリングしましょう。

少し腕のシャープさや力強さの表現が足りませんでしたが、84モルゲッソヨ程度のオブジェクトが完成いたしました。


morugeso3




アクセントに草原を加えて、地平線を見つめてください。きっとモルゲッソヨはあなたの見つけることができるでしょう。


morugeso2

モ・・・モルゲッソヨ・・!?




mesa3








????「これはげいじゅつさくひんだ ひょうげんのじゆうたがらゆるしてくれよ! な? な?」