2007年01月

2007年01月08日

2007猪突猛進5

遅れましたが、あけましておめでとうございます。

今年もしょーこりもなく始まりましたブログ「和」です。
今年は色々と大変な年になりそうですが、長い人生のうちで
実りのある年になることは間違いないし、幼い頃からの「夢」が叶うであろう
とても幸せな年になると思います。

でも時々潰れそうにもなる。
その夢の事だけを考えてるだけなら何の問題も無いが、それ以外にも
考え、悩む事があるからだ。
最近もその事でさっそく悩み、苦しくなった。
何だかこの世で自分が今一人ぼっちになってしまったのではないかという
孤独感が押し寄せてきて、涙が出た。
音も光も無い宇宙空間に、プカプカと一人孤独に浮かんでいる感じ。
理由はある重圧によるプレッシャーとも言うべきか。
しどく苦しいものであり、上と下からの重圧というよりも、四方八方からの
分厚く重い壁に押しつぶされる感覚に近い。

私の体は一つしかない。

心の中ではそんな事を思っていながらも平然を装ってうどんを啜っている私。
だが、目の前で同じくうどんを啜っている旦那さまが食べる手を休め私にこう言った

「俺はお前を守るよ。」

急に何を言い出すのかと不思議に思った。旦那さまはさらにこう続けた

「もしお前を泣かすようなマネをしたらそれが例え俺の親だったとしても
絶対に許さないし、親を捨ててだってお前を守るから。
俺は何があったってお前の味方だからね」

そういい終わるとまたうどんを啜りはじめた。
私もコクリと頷き、うどんを啜った。
先ほどまで食欲が無く食べていたうどんの味がわからなかったはずが、今は
すこぶるウマイ。そのまま一気にたいらげた。

出会った頃はまだまだ二十歳そこそこの子供だった旦那さまだったが、
今は体は小さいがとても大きな人に見える。
この人は本当に私の事を守ってくれる救世主なんだなと、心から思えた。

あ、新年第一発目から湿っぽい話でごめんなさい。
今年もよろしくお願い申し上げます



凛として・・・
942cfcfd.jpg

mai5015 at 00:15|PermalinkTrackBack(0) 日記