キミのママより生後11ヶ月〜口腔カンジタ症〜

2009年08月19日

優羽が歩いた日

今日とっても嬉しいことがありました。

優羽が歩いたんです

いつも通り、テーブルに掴まりながら伝い歩きをしていたのですが
テーブルからおもむろに手を放し、パパの方へヨチヨチと4歩
歩きました。

パパ・ママ「あ・・・あががぁ・・・歩いだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

パパは急いでビデオカメラで撮影開始。
何度か挑戦し、

ママ「優羽がんばって!よいちょ!よいちょ!」

パパ「優羽ほらこっちおいで〜!(カメラを片手に片方の手を差し伸べる)」

パパ・ママ  (; ̄Д ̄)( ̄▽ ̄;)ドキドキ・・・・



 
 (;`・ω・) 
 /  o o
 しー-J  ヨチヨチ



パパ・ママ   Σ(゚д゚;)Σ('◇'*)  アッ!


2歩だけでしたが撮影成功
その後も彼は勇気を振り絞り、歩く挑戦を何度もしていましたよ。
両手は握りこぶしを作り、両足を産まれたての子馬のようにプルプル震わせ
1歩、また1歩と歩き、たまに私の顔をチラ見して

(*゚▽゚*)キャハ☆

と笑います。
「見てまちゅかママ!ぼく歩いてまちゅよママ!」
と言わんばかりの得意げな顔で(笑)
見てるよ見てるよ見てるとも!きよし師匠ばりに目ん玉かっぴらいて
見てるでやすし君

生後10ヶ月目(もうすぐ11ヶ月ですが)にしての「あんよ」。
最近お散歩やお買い物の時、ベビーカーから降ろして靴を履かせ、
私とパパが優羽の両手を持ってあんよの練習を頻繁にしていたんです。
それが功を奏したのか、この度のあんよ大成功となりました(感動)

いやぁ、こんなに感動するとは思いませんでした。
今までの人生で完全に1番の感動でした。
首すわりやお座り、寝返り、ハイハイの時もそのつど嬉しかったのですが、
最終段階である「あんよ」というのは赤ちゃんにとっては超難関。
なによりも感動した瞬間でした。
本人も嬉しいと思いますよ

これからどんどん歩けるようになるんでしょうね。
そして、歩いて逃亡する優羽を追い掛け回す日々
そう遠くはないでしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ´,_ゝ`)

PS.優さん、酷い下痢&おむつかぶれになりましたヽ(TдT)ノ
,しっこやうんちの度に痛くて泣いて
△しりは痛くて拭けないので毎度毎度シャワーで洗い流してあげるのですが
 シャワーのお湯が痛くてまた泣いて
かぶれたお尻に塗るお薬をヌリヌリしてはまた泣いて


泣き叫び、脱走しようと暴れまくる優羽を押さえつけ、やっとやっと
オムツを装着して「(;′∀`)ハイ終わったよ〜。痛かったね〜」

と優羽の頭をナデナデしてると、お尻の方から

「プリ」

という音が。
,慳瓩・・・(/TДT)/ギャフン

母ちゃん疲労困憊でしゅ・・・



こんなにふにゃふにゃで小さかった我が子が
あんよできるまでになったなんてねぇ・・・しみじみ。
(写真は産まれて2時間後の優羽くん)

86bd4f29.jpg

mai5015 at 00:29│TrackBack(0) 生後10ヶ月 

トラックバックURL

キミのママより生後11ヶ月〜口腔カンジタ症〜