2017年04月02日

セリカ風SUV車を受領して「白山ひめ神社」でお祓いを受けました。

3月30日白山ひめ神社でのお祓い1
 23年振りに、新車を購入しました。
注文から3か月以上経過した3月30日に納車されましたので、早速「白山ひめ神社」に出向き、無事故無違反を願うために、車のお祓いを受けました。

本当はカーナビが壊れていたので、9月の車検時に愛車入れ替えを計画はしておりました。
購入したかった車種は、白のセダンで「プレミオ」でした。
昨年12月軽い気持ちで、10年振りにTOYOTAさんのディーラーにセダン「プレミオ」を見学に行ったのですが、セリカ風のクーペ車「C−HR」が展示されていたため、一目惚れしてしまい、試乗もしてしまいました。
斜め後ろから見た車体が、昔乗っていた愛車「セリカXX」を彷彿とさせ、今は無き車のジャンル「スペシャリティカー」のようで、正に「今まで無かったワクワクを〜!」という言葉が沸きました。
彼の「沢尻エリカ」様が「岡田有希子」嬢の生まれ変わりという都市伝説があるように、愛車「C−HR」も「セリカ」の生まれ変わりという論評もあるようです。
白山ひめ神社でのお祓い3
 
購入を早く決断した理由の一つに、エコカー減税が3月で終わってしまう可能性もあり、もし減税が延長されなかったなら、4月新車登録になってしまうと12万円減税の恩恵が受けれなくなるという情報を得たからです。
結局、ハイブリット版はエコカー減税が延長されましたが・・・
3月末までの登録をするためには、納期が3か月以上掛かると、各販売店さんを回って聞いていたので、今まで乗っていたコンパクトカーを一番良く評価して頂いたお店で、クリスマス前の12月22日に契約をしました。
契約をする前には、自己資金額の確認と今後の生活費の切り詰め可能な金額などを煮詰め、何とか購入可能と判断して決済いたしました。
3月30日白山ひめ神社でのお祓い2
 
今後は相棒として大切に乗って行きたいと決意しています。
桜とのコラボ写真を撮ってみたいと楽しみにしております。




mai_k1234567 at 20:00|PermalinkComments(2)

2017年03月25日

空白の7か月の沈黙を破っての日記です

麻衣さんコミュニケーションを数か月振りに拝見しましたが、自分より長くblogを更新されていなかった、麻衣友さんがblogを再開されたと知り、自分も愛車の乗り換えを機に更新したいと思いました。
22年振りの新車購入ですが、昨年クリスマス前に注文し、3か月以上の納車待ちがあり、来週の大安吉日にやっと受け取りできます。
社会人になった頃に所有していた、その流面形?で優雅なスタイルが特徴のスペシャリティカー「セリカXX」を彷彿するSUV車です。
セリカXX

納車後車のお祓いに行く予定を組んでいるので、先週「白山比弯声」に下見に行ってきました。
白山比め神社

下見行った日もお祓いを受ける新車が訪れてましたよ。
新車のお祓い待機待ち
 
下見を終えて、定期的にウォーキングをするために訪れている、小松市の木場潟に行って、湖1周ウォーキングを今年初めて行ってきました。
湖畔には桜並木があり、半年後は桜が咲く優雅な湖畔となりますが、当日は早咲きの河津桜3本だけ湖畔に咲いてましたよ。
某湖畔の河津桜

これからの花見のシーズンですが、新しい相棒と連れ立って花見に行き、愛媛に住んでいた頃のように、美しいサクラの風景の写真をアップした日記を書いて行きたいと思ってます。



mai_k1234567 at 22:08|PermalinkComments(2)

2016年08月15日

『君がくれた夏』に嵌る、今年の夏

家入レオ嬢の楽曲『君がくれた夏』に、この夏になって、改めて嵌ってしまいました。
先月にレオ嬢のニューアルバム「WE」が発売されましたが、そのプロモーション活動で、レオ嬢がTVとラジオに、いろいろ出演されており、TV録画とラジオ出演「東京FM(7月17日平原綾香ヒーリングヴィーナス)、NACK5の土曜夜の音楽番組(録音はできなかったのですが)、Bay−FM(7月10日SUNDAY FEELIN‘POP)、FMヨコハマ(7月10日20時M−ARENA1時間まるごとCM無しの「WE」特集番組)、J−WAVE(7月10日クリスケプラー氏DJのSAISON CARD TOKIO HOT100)」に触れている内に、家入レオ嬢がマイブームになって行きました。
家入レオ嬢の4thアルバム「WE」購入
熱い時期に入り、夏の思い出作りにいろいろな場所で「君がくれた夏」を聴きました。
このくらいはまりましたので、半年振りにアルバム「WE」も購入し、希望に溢れた「僕たちの未来」も、千里浜方面に行ってはヘビロテしています。
(写真は、千里浜の近くの高松SAでの風景です)
そんな中、ドラマ「恋仲」が最近、地元の放送局で放送されています。
昨年の夏に放送していたドラマでしたが、当時は富山県西部の新湊の内川添いでロケをしていた、第一話と最終話しか見てませんでした。
ドラマの内容は、3角関係の恋愛ドラマでつまらないという先入観があったので、途中は見ていなく、2回目に見た最終話は、途中の話の流れと、登場人物の背景が分からず、風景以外は楽しめなかったという記憶があります。
そのため、「君がくれた夏」の世界観に浸るために、改めて第一話から録画し、鑑賞しています。
見始めたところ、第3話からの、ストーリーの展開から、嵌ってしまっています。
明日中に鑑賞完了の予定ですが、現在まだ第5話までは鑑賞してます。

本田翼実家跡
 
ドラマを見始めて、是非とも、ロケ地に行き「君がくれた夏」を聴いて、夕日の中で、散策したいと思い、先日新湊の内川沿いのロケ地に行ってきました。
本田翼嬢の旧実家?には、このような、ドラマのパネルが展示してました。
このパネルで、気分を上げて、「君がくれた夏」をヘビロテして、夕日に染まる、内川沿いを散策しました。
本田翼嬢の旧実家に展示されている恋仲のパネル
夕暮れといっても、気温が高く汗びっしょりとなりましたよ。
ドラマを全部見終わった後は、富山駅北にある環水公園にもぜひ、1年振りに行ってみたいと思ってます。

「恋仲」を見終わったら、こちらの映画も是非と見たくなりますね。
2016年8月13日の内川沿いの夕景

mai_k1234567 at 13:43|PermalinkComments(0)

2015年09月12日

1年振りに、麻衣さんの夢を見ました!

画像は、本日の日の出の風景です。
2015年9月12日の日の出直前
本日未明に見た夢に麻衣さんが、ほぼ1年振りに降臨してくださいました。
と言っても、実際に麻衣さんと直接合っている夢ではなく、TVに出演している麻衣さんを見ている夢です。
麻衣さん特集を行っている番組で、麻衣さんがスタジオで、自らドラムを叩き、ギターやベースを演奏しレコーディングしているシーンでした。
2015年9月12日の日の出
最近麻衣さんの活動の話題が途切れていたので、自分はこのTV番組を見ながら、なるほど活動が途絶えていたのは、楽器演奏のスキルを上げる為の修練をされていたのだなと、夢の中で納得しておりました。
最近はすっかり、麻衣さんの楽曲や映像も見ていなかったので、今週末は久々にMAI−Kモードで過ごそうと思っております。
半年振りに、Mai−k.netにアクセスしようと思いましたが、繋がりません。
そういえば、7月31日に有効期限が切れていることに気が付きました!
継続の振込用紙も、どこかに行ってしまったので、先程郵便局に行って、振込用紙を入手し、会費を納めてきました!(まだ、FCにはアクセス不可ですが・・・)
2011年FC入会出店
夢は続きがあって、自分は麻衣さんのLIVE会場に向かってるシーンに切り替わります。
歩いている途中で、ビルから出てきた、麻衣友さん3名と合流して、共に向かうという夢です。
第一次ハロウィンLIVE
果たして、ハロウィンの時期または、大晦日のみなとみらいで、正夢になるのでしょうか?
第二次ハロウィンLIVEに使用された馬車
どちらにしても、大晦日は自分にとて、もはやライフスタイルの一つになってしまった、横浜市で迎えるよう予定を立ててますが・・・・
パシフィコ横浜の夜景

mai_k1234567 at 13:53|PermalinkComments(1)

2015年03月22日

約束の超特急に初試乗!

約束の超特急
構想から開業まで半世紀要し、北陸の人々から「約束の超特急」と言われた?北陸新幹線に、開業日2日目の3月15日に初試乗してまいりました。
金沢駅からの1区間だけの乗車で、わずか13分の旅でしたが、金沢まであっという間に、到着しました。
新幹線は乗車後、スムーズに出発し、わずかな時間で時速260キロに達し、見慣れた砺波平野は見たことのないスピードで駆け抜けてゆきましたよ。
金沢駅に到着してみると、ホームは富山駅を凌ぐ混雑でした。
待合室に行くと、噂どうりに、美術館のように、伝統工芸品が展示されてました。
金沢駅中の風景
改札を出てコンコースに出ると、芸妓さんたちが舞っておりました。
駅ビル内のお土産物店街の入口には、癒しのゆるキャラ「ひゃくまんさん」のお人形が展示されてました。
レストラン街の3階にレストラン街はもとからあったのですが、1階のお土産物街の隣にも設けられ、「金沢まいもん寿司」さんの出店も出店されてましたので、車でわざわざ本店に行かなくても、気軽に、美味しいお寿司を堪能できそうです。
金沢駅コンコース

非常に混雑した、金沢駅を出て、ガラス張りの「もてなしドーム」に出ると、巨大獅子舞の伝統芸能が披露され、6月に開催される「百万石まつり」が開催されているよなお祭り騒ぎでしたよ。
金沢駅前の巨大獅子舞
初めて高速鉄道で金沢に来たので、今まで行ったことの無い、ひがし茶屋街に向かいました。
レトロなボンネット型バスに乗車し、茶屋街に向かったのですが、こちらも金沢駅同様、多くの人が向かうので、満員状態での乗車でした。
ひがし茶屋街
浅野川の近くにある茶屋街ですが、河川敷まで人力車で観光される人も居て、風情が感じられました。
再び、ボンネット型バス(城下町周遊バス)に乗車し、今度は金沢城公園に向かいました。
市内巡回バスで石川門へ
石川門から城内部の公園に入ると、改修工事をしていた橋爪門も、新幹線開業に合わせ復元され、天守閣はありませんが、優美な五十間長屋が広がるお城のある絶景を堪能できます。
五十間長屋
金沢市内の散策の最後には、近江町市場に立ち寄りました。
こちらも勿論賑わっており、お店の前で、うに、エビ、ホタテなどその場で食べている人々がいましたが、自分としては、ノドグロ君達に大いに興味を持ち、散策してまいりました。
近江町市場で販売されているのどぐろ
桜が満開になる時期に、再度新幹線に乗車して、金沢城公園にまた行って見たいと思います。


mai_k1234567 at 11:09|PermalinkComments(1)

2015年03月14日

祝!北陸新幹線開業!

富山駅
北陸に住む住民にとって、1965年に北回り新幹線構想が浮上し、その後計画は凍結と延期を繰り返し「約束の超特急」と呼ばれていた北陸新幹線が、本日ついに半世紀を経て、悲願の開業の日を迎えることとなりました。
 
地元のテレビ局は朝から特別編成で実況放送していて、早朝からお祭り騒ぎの状況でした。
放送を見て、自分も居ても立ってもおらず、富山駅に行って来ました。
 
というのも、開業日の本日限定で、富山駅北口の近くにそびえる、「インテックさんの本社ビル」の21階が開放され、W7系新幹線が富山平野を走る勇姿を眺められるイベントが開催されたからです。
 
富山駅の駐車場がよく分からず、また混雑することが懸念されたので、同じく本日開業した、第三セクターの「あいの風とやま鉄道」に乗車して富山駅に向かいました。
電車は、2両編成のみのため、小田急線または京王線並の満員電車での乗車となりました。
 
まだ工事が続く富山駅に着くと、早速W7系に会いに行くため、新幹線駅の入場券の購入に向かいました。
しかし、自分と同じ思いの方々が非常に多く、入場券だけを購入する為の列が延々と続き、30分列にならび、やっと入場券を手に入れ、新幹線のホームに上がりました。

丁度、東京行きの「はくたか」が到着する数分前でした。
新幹線の到着を案内するアナウンスを初めて聞き、半世紀待った「約束の超特急」がこれから帝都に向け、入線してくると思うと、身震いするほどワクワクしました。
 
そして新幹線がホームに滑り込んで来ました。
多くの、見学者の皆様とともに、自分も撮影しました。
そして、間近に見る、先頭車のキャノピーから先端部にいたる流面形の車体に見とれました。
また駅のホームには、富山発金沢行きの「つるぎ」が停車しておりました。
こちらは、乗車率30%以下だったので、明日金沢に行く際は、「つるぎ」に乗車しようと思いました。
富山駅に入線するする新幹線
 
富山駅の非常に混んでいましたが、新幹線の改札口に入れば、かなり人は少ない状況でした。
(次の写真は新幹線の改札口の外側から見た風景(上)と改札口内部からコンコースを見た写真(下)です。
富山駅の新幹線改札口の外部側と内部側
 
非常に混雑した富山駅を後にして、「インテックさん」ビル、21階の展望室に向かいました。
富山平野が広がる中、新幹線の高架の線路は大きくS字上に蛇行していました。
本日しか見られない風景なので、富山駅から帝都に向かう新幹線を撮影しました。
 富山駅を出発する新幹線

富山駅に戻り駅内を探索すると、駅のコンコースのすぐ脇に、市電のホームがありました。
広島駅のように、一旦駅の外部出て、市電に乗るというイメージでなく、駅のコンコースのすぐ脇に市電が停車しているというレアな建物の設計に驚きました。 
 富山駅内の市電駅
 
正直言って、金沢駅の華やかさとくらべ、かなり地味なイメージの富山駅ですが、同じ駅舎内での新幹線とレトロな市電とのコラボは、他の新幹線駅にはない、ストロングポイントであると確信しました。
レトロで良き時代を彷彿されるお洒落な車体の市電だけでは無く、近代的な市電も停車していましたよ。 
 富山駅の新幹線改札口の外部側と内部側 

明日はいよいよ、1区間だけでありますが、「約束の超特急」に試乗してみたいと思います。
  

mai_k1234567 at 21:07|PermalinkComments(3)

2015年03月08日

北陸新幹線開業まで6日前の日記

本日は、昨日一般公開になった、金沢城公園内に復元された、玉泉院丸庭園と
橋爪門を見学に行きました。
 
まず、玉泉院丸庭園に行きました。
昨日朝に、北陸朝日放送の地元のワイドショー「土曜はドキドキ」でこの庭園から
中継されていた放送を見て、訪れたのですが、実際に裸眼で見たら、実に素晴らしい庭園だと
いう思いがこみ上げました。

玉泉院丸庭園
なんといっても、池底から周囲の石垣最上段までの高低差が22メートルというすり鉢状の
庭園が、ダイナミックで意匠に富んだ庭園だと感動しました。
 
すり鉢の底にある池に、を眺めていたら、麻衣さんの「風のららら」のPVでロケされた、
淡路島のアルファーガーデンの癒しのサンクガーデーンを若干思い出しましたが・・・

次に訪れた場所は、こちらも昨日に一般公開された橋爪門。
城内から橋爪門を見た写真です。
橋爪門3
石川門・河北門とともに金沢城3大門の一つで、最も格式が高いとされている門です。
重厚な門構えですね。
橋爪門を接近して撮影

橋爪門は2枚目写真に写っているの「二の門」と「一の門」があり、石垣と二重塀で枡形に
囲まれてレイアウトされてました。
橋爪門の空撮

橋爪門の外から、金沢城をみると、綺麗に整備され、白く美しい城が堪能できました。
整備された金沢城公園

 
昨日、公開されたこの2つの施設は、3月13日から北陸新幹線金沢開業特別ライトアップされるので、次回は是非、北陸新幹線に乗車して、訪れてみたいです。
 
武家屋敷街から、市内巡りの100円バスで駐車場まで戻りましたが、バス停の近くの和菓子屋さんに植えていた梅の木からピンクの梅の花が咲いていました。
大好きな桜の花が咲き誇る春を、来週は北陸新幹線が裏日本に連れてきて下さりますので、とてもワクワクした春を迎えそうです。
武家屋敷街に咲く梅の花

mai_k1234567 at 20:16|PermalinkComments(1)

2015年02月22日

北陸新幹線、開業まであと20日の日記

海王丸パーク
北陸新幹線、開業まであと20日になりました。
昨日は、1週間振りの晴天、しかもこの時期では滅多に見られない快晴でしたので、冬化粧の立山連峰と新幹線の写真を撮りに行きました。
まず、青い海と空に浮かび上がる、雪化粧の立山連峰を撮影しようと思い、海王丸パークに行きましたよ。
立山連峰の山が見える日はこのように絶景が満喫され、恋人の聖地となっています。
いつの間にか、恋人の聖地の看板のそばに、『世界で最も美しい湾クラブ』のモニュメントが設置されていました。
美しい湾クラブのモニュメント
写真撮影後、新湊大橋を渡ってみました。大橋の下り部分から見える、屏風状に広がる北アルプスの山並みが綺麗でしたので、なんとか撮影してみました。
新湊大橋から見る立山連峰
昨日は、めったに行かない県東部まで行ってみようと、富山湾沿いの道を東に進みました。
途中の富山港では、富山港展望台があったのでの登ってみました。
展望台の高さは地上から20メートルあったのですが、エレベーターな無く、周り階段を登って、息を切らして上りました。
富山港展望台と展望
この展望台からも、立山連峰から富山湾の青い海と能登半島が対岸に霞んで見渡せました。
さらに、東に向けて車を走らせ、道の駅ウェーブパークななめりかわ初めて訪れました。
こちらの売店に「ほたるいかフライ」が販売されていたので、思わず購入しました。
揚げたての、ほたるいか君の味は、アツアツの衣の中はジューシーな食感がめっちゃ美味しかったですよ。
ほたるいかフライ
ちょこっと、腹ごしらえを行った後は、帝都に向かう特急はくたかの車窓から見て、気になっていた、ミラージュランドまで行って来ました。
晴天の中、ジャイアントホィールという名の大観覧車から見渡す青い日本海と間近にそそり立つ雪化粧の立山連峰の風景はさぞかし絶景かと、期待して行ったのですが、冬季閉園中で入れませんでした。
ミラージュランド
でも、このような日本とは思えないような、メルヘンチックな風景が堪能できました。
昨日の最後に訪れた場所は、やはり北陸新幹線W7系さんに会いに行きましたよ。
北陸地方は今この新幹線の話題で非常に盛り上がっています。
魚津市で新幹線が見える絶景スポットである場所「したがら散歩道」に向かいました。
散歩道はまだ工事中でしたが、新幹線を眺める為に30人程の人々がカメラを構えて待機されてました。
トンネルの入口の上の丘に設置された、この散歩道からは、1キロ程先のトンネルから出てくる新幹線をほぼ正面から眺めることが出来るスポットです。
20分ほど待機していたら、トンネルから新幹線が颯爽と向かって来ました。
歓声が沸く中、夢中で撮影しましたが、ピンボケとなってしまいご容赦願います。
魚津市の「したがら散歩道」から見る北陸新幹線






mai_k1234567 at 16:00|PermalinkComments(3)

2015年02月08日

北陸新幹線開業まで、あと34日目の日記

呉羽山展望台から雪化粧の立山連峰を見る
昨日は、土日では珍しく晴天でしたので、雪化粧した立山連峰と「約束の超特急」と北陸では言われている?、新幹線を眺めに行きました。
「約束の超特急」とは、1965年に、初めて北陸新幹線を提唱してから、実現するまで半世紀を要してしまったという、涙の歴史を乗り越えての開業を迎えるので、そう呼ばれているようです。
 
富山市と雪化粧をした、立山連峰を見渡せる、呉羽山展望台に到着すると、自分と同じく、新幹線の走行シーンを撮影する人々がカメラを構えて待機してました。
丁度、本日は、一般向け試乗会の初日です
試乗された方々は、さぞかし美しい風景を堪能したことでしょう。
一般試乗会を報道する新聞
立山連峰の景色を眺める事、30分でついに、富山駅を出発にた、「約束の超特急」が走行して来ました。
展望台にいた人々は歓声をあげて、金沢駅に向かう高速鉄道を見送ってましたよ。
自分も、北陸新幹線W7系を初めて見たので、大いに盛り上がりましたよ。
約束の超特急
開業まで、あと34日なので、非常に楽しみです。
ところで、新幹線開業に伴い、富山県西部は大いに発達するようです
道路網についても、今月末には、途中で途切れていた、能越道が全国的に有名な和倉温泉がある七尾市まで、全面開通となり、飛騨、越中、能登の南北に広がる観光についても、新幹線効果が期待できると言われてます。

その、拠点の位置にある新高岡駅ですが、駅の近くにある、イオンモールも大幅にリニューアル中です。
さらに夏には、裏日本初になる、アウトレットモール北陸小矢部イオンモール砺波に、コストコの開業と、県西部がこれまでにない発展が約束されてます。
 
また、新幹線が「尾を引いて走り去った」あとに、見慣れないジェット機が富山空港に向け、飛行してきました。
富山空港に着陸するエアバスA319ジェット機
日本も航空会社では所有していない、エアバスA319(121席)でした。
旧満州の大連から飛行してきた、中国南方航空公司の小型ジェット機です、こちらも一度は乗ってみたいですね
 
といっても、いつものように1/200もモデルを購入して、その愛嬌のあるプロペラ機のようなプロポーションを眺めるだけになりそうですが・・・ 



mai_k1234567 at 18:37|PermalinkComments(2)

2014年10月28日

倉木麻衣さんファンにとって、本日は聖なる日です!

コスモス畑に佇む
本日は、倉木麻衣さんの32回目の誕生日です!
麻衣さん、お誕生日おめでとうございます。
 
麻衣年、恒例となった、「聖なる日」のご来光の写真撮影をする日でしたが、今年は天気も優れず、無理な状況です。
その代わり、この前初めて訪れた、北陸の絶景ポイントでの美しい写真で、麻衣さんの誕生日を祝いたいと思います。
コスモス畑を横から見る
訪れたのは「富山県砺波市」の夢の平スキー場です。
スキー場ながら100万本のコスモスが咲き乱れていました。
コスモス畑をリフトから見る
山頂までのスキー客用のリフトも営業されており、青い快晴の空、水平線に浮かぶ富山湾の青い海、そして斜面に咲き誇るピンクのコスモスの花の色彩に魅了されました。
 
絶景を眺めながら、スマホから流れる、麻衣さんの「風のららら」をヘビロテし、その爽快な世界観に酔いしれました。
コスモス畑 近景合成
今年は、北陸での麻衣さんのツアーが組まれていなく、残念ながら、カウントダウンLIVE以来、麻衣さんの元に駆けつける事は、無理な状況です。
でも、美しい景色や豪華客船を見て、麻衣さんの楽曲を聞き、2ヶ月後に開催される、武道館LIVEに思いを巡らせております。
 
麻衣さん、これからの一年はより一層輝く存在になり、我々ファンに癒しと美しい歌声を届けてくださいね。
勿論、麻衣さんのご健康も末永く続く事を願っております。
 
そして、この美しく咲き誇る、コスモスの花のように、優美で慈愛に満ちた存在でいてください。

最後の写真ははるか遠くに見えた、新湊大橋の風景をご覧下さい。
新湊大橋を見る 合成

mai_k1234567 at 07:00|PermalinkComments(1)