ホルモン和@押上 ソラマチの店よりよっぽどいい!

最近できたホルモン屋さんです。
image
わたしは元々10数年前位は亀戸ホルモンによく行っていました。当時、行列はかなりきつかったですね。亀戸ホルモン由来のホルモン吉田ができてからは土日昼から営業しているのと亀戸ホルモンより空いているのでホルモン吉田によく行っていて、一回火事で焼けた時はショックを受けて、新装開店したお店も数回行ってました。そのホルモン吉田由来のお店です。場所は押上です。押上でホルモンといえば、完全に一般の住居で食べるマルイが有名ですが、マニアック過ぎてあまり行きやすいお店ではないですからね。こちらができたのは嬉しいです。押上は場所的にも亀戸より行きやすいのでその点でも嬉しいです。
日曜の夕方5時頃の訪問です。店頭に着くと行列が5人位並んでいますね。さすが人気店。入れるか不安です。
10分ほど待ってカウンターならということで入れてもらい一安心です。メニューを見るとやはり吉田にかなり似ていますね。
image

まず飲み物から注文です。名物、輩ハイ(600円)を注文です。こちらどの辺が名物か、また輩なのか、あまり分からないのですがとりあえず注文です。あと読み方もよく分からないですね。これは「ヤカラハイ」なのか「ハイハイ」なのか。まあ、でもハイハイはないですよね。
「ハイハイください」
「ハイ」
みたいな会話になってしまいますもんね。来ました。
image
輩ハイ。でかいジョッキに黄色い液体です。なかなかインパクトはあります。ややすっぱいオロナミンC的な味でアルコール度数は高いと思います。食べ物の注文です。
定番の「もや」こと、もやし(350円)、レバたたき(600円)、ホルモン塩(600円)、ハラミ塩(880円)を注文です。
来ました。
image
「もや」は盛り付けの高さ的には、亀戸ホルモンなんかにやや負けている気がします。ですがそんなの関係ないですからね。おいしいです。
image
レバたたきはレバ刺しなき現在の定番商品ですよね。昔の亀戸ホルモンでは開店すると全テーブルにレバ刺しが配布されていましたが(大体みんな注文するから)その光景が見られなくなったのが寂しいですね。でも当時のレバ刺しとレバたたきって味から何から全然違うものです。
ホルモン塩はこれを食べに来たと言っても過言ではないのです。
image
この腸に付いたフワフワの脂は定期的に食べたくなります。これを食べられる店って結構限られてますよね。
image
ハラミもおいしいです。いつも食べるレンガが売り切れだったため注文しましたが、こちらも味があってうまい!
飲み物の追加です。曳舟チューハイ(390円)にしました。
image
どの辺が曳舟かよく分かりませんが、このスカイツリーの直下にあって、敢えて一駅先の曳舟を持ってくる意図はなんなんでしょうか。曳舟や向島にはなんとなくダークな印象を持ってしまっていますからね。中身は同じでも天羽を青くしてスカイチュリーハイとかにすればオシャレのに。曳舟チューハイじゃ赤線に行った帰りに一杯飲むみたいなネーミングですよね。
更にギャラタレ(590円)とヤゲン軟骨塩(490円)を注文です。ギャラは大体頼むことが多いです。
image
おいしいですからね。
image
今回はヤゲン軟骨を頼んでみました。ヤゲンは鳥の胸軟骨部分なのですが、これに関してずっと思っていたことがありました。ヤゲンってスーパーとかで安く売っているのを買って食べるのと、高級な焼き鳥屋とかで食べる場合の差がほとんどない気がします。レバー等の内臓系、生肉にしてもそうなのですが、いい店で食べると歴然とした差があると思うのですが、ヤゲンに関してはほとんどない気がするんですよね。豚なんかの喉の軟骨は包丁の入れ方とかで違いが結構出るのですがヤゲンは特に加工しないし、差がでない気がします。じゃあやめときゃよかったですね。
更にチューハイ(290円)を注文です。
image
こちらは見た目透明です。先ほどの曳舟チューハイは天羽とレモンの輪切りが入っていたのでここが違いなのでしょうか。
いやあ安定してうまいのでまた来たいですね。ソラマチにある等身大のメサイアバルキリーを見て、ここで焼肉を食べればもう満足でしょう。
neji2neji2neji2neji2
ネジ4つで
飲み会LINEスタンプも販売中です
パート2もあります。

まるしょうやきそば@本郷三丁目 ロメスパのやきそば

やきそばの人気店まるしょうに来ました。
image
比較的最近できた店ですね。元は千葉の野田の方のお店だったと思います。こちらの場所は本郷三丁目と湯島のちょうど中間あたりにあります。駅からはやや遠いですね。今回、平日の午後2時過ぎ位の訪問です。店内入るとお客さんは数名といったところでしょうか。昼遅い時間ということあり空いている印象です。カウンターに座りメニューをみます。結構種類が多いようです。醤油味やナポリタンなどもあります。迷いますね。麺も太麺細麺あり、ソース系統が太麺、醤油系統が細麺といった感じです。初めてなのでソースやきそばの中を注文です。なんか1番普通のやつですね。中盛りは茹で前240グラム、茹で後400グラムとのこと。
image
標準的なつけ麺位の量ですかね。店内掲示で注文から10分以上かかるとあります。
やきそばの専門店というと横浜の磯村屋以来ですが、あちらはクラッシックの部類で、新型のやきそば屋はほとんど行ったことないと思います。
来ました。ソースやきそばの中(ちゅう)。
image
熱々の鉄板に乗っての提供です。表面を鰹節が覆っていて麺はあまり見えません。野菜はキャベツ、もやし、にんじん等の標準的なものです。みじん切りの紅しょうががのっています。
食べてみます。さすがうまい。ソースはやや甘めの味付けで、脂(バターかマーガリン?)がかなり多いです。
image
麺は太麺を強火で所々焦がしていて、食感を変えていておいしいです。焦げているところはソースも焦げているのでこの辺が特徴ですね。かなりおいしい気がしましたが、要するにこれっていわゆるロメスパのやきそば版ですね。メニューにナポリタンなんかもあるので結局同じものなんだと思います。麺量は結構多めで最初はかなりある印象ですが、食べてみると意外と食べきれますね。最初から最後まで同じものなのでやや飽きますね。紅生姜もみじん切りなので結局混ざっちゃうし、餃子とかもあるようなのでやきそば(小)との組み合わせがいいかもしれません。あと持ち帰りも良さそうですよね。匂いが電車とかはヤバイかもしれませんが。
neji2neji2neji2
ネジ3つで
飲み会LINEスタンプも販売中です
パート2もあります。

お知らせ(人パー)

来週から放送の「人は見た目が100パーセント」というテレビドラマで劇中に出てくるアニメを描くことになりました。
フジテレビ木曜10時、主演は桐谷美玲です。毎回大体10秒ちょっとのマンガ(アニメ)をいくつか描いています。
第1話はちょっとですが2話以降結構描いていので見てください。

http://www.fujitv.co.jp/hitopa/

昔はこういうの結構やっていたんですが今回久々なので頑張っています

食飲味処もり川@本郷 東大指数の高い店

本郷の有名定食屋さんです。
image
今回、平日の11時45分位の訪問です。店頭のメニューを見ます。カテゴリーが日替わり、焼魚、煮魚、おすすめとあり、1000円前後のメニューが多いですね。定食屋なので意外と高い印象なのですがどうなのでしょう。初めての訪問なので、日替わりか焼魚か決めあぐねつつお店に入ります。日替りは唐揚げで、焼魚は特選「上」縞ほっけです。驚いたのはまだ昼前なのに店内ほぼ満員です。東大だってまだ春休みなのに、この満員具合には少し驚きました。驚きつつも店内の現物をチェックして焼魚にしてみることにしました。。このお店は前会計なので、先にレジでお金を払います。相席ですがほぼ一席も空いていないのでどうなるのかと思ったら、地下に通されました。階段を降りて階下に向かいます。このお店は元々中2階くらいにある感じなので、この階段で半地下に降りることになるのでしょうか。地下に降りると、広々とした座敷席になっています。
image
なんか改装直後なのでしょうか、一階が普通のゴミゴミした感じなのに対してかなりこぎれいな印象です。この地下のスペースにはまだ1組しかお客さんがいません。指定された席に着きお茶を飲み始めます。焼魚系は他の定食に比べて出るのがやや遅いようですね。そうしている間にもこの地下スペースがみるみる満席になっていきます。まだ12時前なのに、東大っぽい人も多いですね。
来ました。特選「上」縞ほっけ焼定食。
image
ほっけには大根おろしが添えられています。野菜は煮物でナスの煮浸しやなます、さつまいも、タケノコ、いんげんと種類が多いです。ご飯は多めです。味噌汁はニラが浮いています。
食べてみます。ほっけはサイズは小さめですが一匹で、特選「上」となっているだけあって脂がすごいですね
image
。これがご飯の量と相まって後半結構きつくなってきます。
味噌汁が結構特徴のある味がします。ややしょっぱい感じもするんですが苦味も少しあります。ニラが浮いているのも珍しいですもんね。
結構酢の物が多いのが特徴ですね。
食事中も東大生の会話が聞こえてきます。ここで毎日食べたら、あるいは少し頭が良くなる可能性がありますね。わたしでも東大的な会話ができる人になるかも。そんな気がします。店員のおばさんも普通な人のはずですが、客あしらいが少し知的な感じしますからね。その点を踏まえると通いたくなるお店です。
この本郷界隈のお店ですが、東大的雰囲気が感じられる店と感じられない店にはっきりと印象が分かれる気がします。あえてレベル分けすると、このもり川は東大的雰囲気がかなり感じられる東大指数(独自調査)が高い店ですね。
もり川、東大指数5です。
広島式担々麺のひよこ堂も東大指数5ですね。
もつ焼きじんちゃん、担々麺のせさみ亭は東大指数4。
イカ煮干ラーメンのねむ瑠や味噌煮込罠は東大指数3ですね。赤門から近いですがリンガーハットなんかは東大指数1ですね。
東大見学に来た人はこの辺を考えて昼食を取ってください。まぁ本当は学食で赤門ラーメン食べればいいんだけど
neji2neji2neji2
ネジ3つで


飲み会LINEスタンプも販売中です
パート2もあります。

喫茶ルオー@本郷三丁目 イスがコーヒーの形

東大のすぐ前にある喫茶店です。
image
今回初めての訪問です。わたしはあまり喫茶店は入らないのですが今回思い切ってチャレンジです。お店はいかにも古い感じです。お昼12時少し前の訪問です。好きな席に座るように言われます。基本は4名テーブルです。店内、お客さんは他に1名のみ、その後何人か入ってきました。2階席もあるようです。そう考えると意外と広いのかもしれません。
image
メニューを見てみます。このメニュー表、なんとなくいいですね。ランチメニュー的には「セイロン風カレーライス、セミコーヒー付」これのみですね。一択です。この辺はなかなか潔いですね。「セイロン風カレーライス、セミコーヒー付」(980円)を注文です。店内は落ち着いた雰囲気というか、まぁ自分が見分けがつかないだけかと思うのですが、古い喫茶店は大体こんな感じですよね。
image
先に福神漬けとらっきょうが入った入れ物が来ます。そして思いの外早めに来ました。
image
カレーです。特徴としてはジャガイモと大きめの肉が中心部分に置かれている点ですね。食べてみます。玉ねぎがベースのやや粘度のあるカレーで、少し苦味があります。辛いみたいな話を聞いていましたが、それほど辛くはないです。ルーはたっぷりかかっていて、固形のものは少ないですが肉片がやや確認できます。スパイスはやや感じられるくらいでしょうか。量も普通だと思います。中央に置かれた巨大肉(それほどでもないですが)は柔らかく煮てあります。
この辺で店内にお客さんが増え始めます。結構老人が多いですね。老人だけにカレーの小盛を頼む人が多いようです。東大生みたいな人はいないかな。春休み期間ですしね。
カレーを食べ終わりつつあるタイミングで野菜ジュースが来ました。
image
自分は喫茶店経験が低いので紙パックとかでよくある野菜ジュースみたいなのが来るかと思いましたが、やや違いました。結構薄めのレモン味のジュースです。色は赤いのでニンジンとかですかね。あと意外だったのはかなり小さいコップに来ました。氷抜きで100ccちょっと位の量でしょうか。
この辺まで気づかなかったのですが、イスがコーヒーカップの形になっています。
image
かっこいい!糸鋸とかで職人が作るんですかね。古そうなイスで欲しいくらいです。
店内それほど混んでいないので、店員さんがおしゃべりしています。どうやらこの辺は街並みとか写真に撮りに来る老人とかが多いようです。この本郷界隈は本当にそんな老人が多いですもんね。そしてそんな老人はほっといてもこの店に寄りそうですもんね。そしてそんな老人はこのお店に来ると自分が撮った写真をこれ見よがしに見せてくるそうです。本郷界隈の写真なので知らない場所ではないのと、写真を見せたい気持ちは分かるが、こっちとしては大して興味がないので返答に困ってしまう。みたいな話しです。ホントそうですよね。写真とか絵とかそうゆう老人ばかりなんですよ。本郷の路上は。そんなの下手に褒めたら店に飾らされる可能性ありますからね。店中近所の写真や絵だらけになっちゃいます。なので本郷には老人が入りやすい、自分の作品を自慢できるキャバクラとかガールズバーみたいなのを作って欲しいですね。老人に対してギャルが「この写真チョーよくねー」みたいな応対をするお店です。客は老人が本郷散策の合間に寄ります。営業時間は昼の12時位から開店して欲しいですね。ガールズバーが無理なら、ちょっと妥協してスナックギャラリー本郷みたいなのでもいいです。まぁどうでもいいですが。
昔はこの辺のカレーというとテレ東のテレビチャンピオンで優勝したプティフが有名だったと思うのですが、大分前になくなって今はラーメン屋が多い印象です。昔からの店もちょっと減ってきた印象です。そんな中この喫茶店は頑張って欲しいですね。自分としてはちょっと遠いのであんまり来ないと思うけど。
neji2neji2neji2
ネジ3つで
飲み会LINEスタンプも販売中です
パート2もあります。

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ