まいにち、芸能ニュース

最新の芸能・スポーツニュースはもちろん、 主に80年代後半~00年代後半に活躍したアイドル・グラビアアイドルの記事を更新していきます♪


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 21:56:46.32 ID:CAP_USER9.net
    日本映画をめぐって、ちょっとした論争が起きた。

     発端は、イギリスの映画制作・配給会社のアダム・トレル代表の談話が産経新聞に掲載された際、トレル氏が“日本映画はレベルが低い”と発言したことだ。ちなみにこの方、日本をはじめアジアの映画を海外に紹介する仕事をしている。トレル氏は言ったそうだ。

     「日本映画のレベルは本当に低い。最近すごく嫌いになってきたよ! 」

     ちょっと前ならアジアでは日本映画の評価がいちばん高かったが、このごろは映画の質がどんどん下がり、韓国や中国、台湾、タイの映画に抜かれる始末とのことだ。最近は好きな邦画が見つからなくて、海外配給が大変だとも言う。

     「日本映画の大作、例えば『進撃の巨人』はアメリカのテレビドラマっぽくてすごくレベルが低い。何でみんな恥ずかしくないの? 」

     だそうだ。コミック原作の恋愛映画に至ってはため息が出るレベルだとか。

     私も、演技の“え”の字も知らないアイドルの学芸会レベルの映画を見せられたらため息のひとつもついてしまうだろうが、日本映画をけちょんけちょんに言うトレル氏に、音楽プロデューサーの福田裕彦氏がツイッターで噛みついた。

     〈だいたい「今の日本映画はつまらない」とか「神目線」言う人間は、例えば予算のない現場で制作のスタッフがしょぼい弁当をリカバーするために必死で味噌汁作ってキャストやスタッフを盛り上げようする矜持すら知らない。俺はそんなやつらは一切信じない。勝手にほざいてろ〉(原文ママ)

     この反論が炎上した。福田氏のツイッターにはこんな批判が寄せられたのである。

     〈制作スタッフの仕事は面白い映画を作ることで味噌汁を作ることではない〉

     〈味噌汁で勝負しないで、映画本編で勝負してください。そんなことばっかり言ってると日本映画に携わっている人たち自体がしょぼい人間だと言われてしまいます。お客は邦画も洋画も同じ値段で見るんですから〉

     これら意見に対し、福田氏はツイートの連投でさらに反論し持論を展開した。

     〈色々な@ツィートを頂いたので、補足、と言うとなんですが、もうちょっと書きますね。思うに、映画の現場というのは、様々なプロのスタッフの「矜持」に満ちていて、誰もが「いい映画」「面白い映画」を作ろうと必死で働いています。でも実際には、その映画が「面白い映画」になる確率はとても低い〉

    続きはこちら
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160430-00090462-diamond-soci

    2016/04/30(土) 10:20:35.34
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1462007972/

    125


    【<日本映画>つまらなくしている3つの元凶】の続きを読む

    117

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2016/04/29(金) 20:32:15.32 ID:CAP_USER9.net
    西内まりや主演で映画化される『CUTIE HONEY -TEARS-』。この度、本作の特報映像が到着。
    これに併せて、キャストに三浦貴大、高岡奏輔、永瀬匡、今井れんが登場することが分かった。

    1973年より連載された、永井豪原作の「キューティーハニー」が、新たな時代に、新たなヒロインを迎え、
    全く新しく生まれ変わり映画化される本作。 原作は、天才科学者・如月博士により作られた美少女アンドロイド・如月ハニーと、
    彼女の体内に内蔵された「空中元素固定装置」を狙う犯罪組織「パンサークロー」との戦いを描いている。
    過去にはアニメ化もされ、「ハニーフラッシュ」のコールともにセクシーに変身する姿はあまりにも有名。
    インパクトのある映像&主題歌で人気を博した。

    そして本作の舞台は近未来。AIに支配された漆黒の世界。上層階に住む、僅かな富裕層の快適な生活を維持するため、
    下層階に住む多くの貧困層が、上層階から垂れ流される汚染物質の雲に覆われた中で暮らしていた…。

    主人公の人間の感情を持つアンドロイド役を、西内さんが好演し、ファッショナブルなスタイル、
    そして今回、自身初となる豪快なアクションシーンにも挑戦している。さらに、西内さんを支えるキャストに、下層階出身で、
    現在は上層階で仕事をしているジャーナリスト・早見青児役として、『シン・ゴジラ』『怒り』の公開を控える三浦さん。
    下層階のレジスタンスのリーダーで、汚染雨による疫病で妻と子供を亡くしており、汚染雲を消し去りたいと願う男・浦木一仁役に、
    『クローズZERO/II』の高岡さん。そのほか今井さんと永瀬さんが、下層階のレジスタンスのメンバー、
    清瀬由紀子と木村龍太として出演する。2人もまた早見や浦木と同じように汚染雨による疫病で大切な人を亡くしている人物だ。

    出演が決定した三浦さんは、「この作品は今までとひと味違った、新しいキューティーハニーです。
    富裕層と貧困層に分断され、汚染された下層世界。理不尽に機械に管理された世界。
    それに立ち向かい続ける人々。そして、人の心を持ち、傷つき迷いながら成長す るヒーロー、
    キューティーハニーの活躍にぜひご期待ください」と作品をアピールした。

    このほど解禁された映像は、初めての本編映像が披露されるもの。映像では、ダイナミックなアクションシーンや、
    謎の男たちなど次々に変わる場面に「これがキューティーハニー?」と目を疑ってしまうようなシーンがたくさん詰め込まれている。
    また、美しいボディが映える西内さんの衣装にも注目だ。なお本特報は、web同時に本日29日(金)より上映劇場でも見ることができる。

    http://www.cinemacafe.net/article/2016/04/29/40081.html

    http://www.youtube.com/watch?v=An506ifdjFI


    【【映画】西内まりや主演『CUTIE HONEY』初の本編映像が到着!キャストも発表】の続きを読む

    106


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/27(水) 18:04:23.487 ID:THaXVfAjx.net
    これ真理だよな

    【ビートたけし「人間ってのは自分の身内さえ助かればその裏で何万人死のうがなんとも思わないものなんだ」】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 15:32:09.22 ID:CAP_USER9.net
    何かコメントを出せば「他人事のような発言だ」と叩かれ、何も言わなかったら言わなかったで「何も考えていないのか」と叩かれる――。災害や事件が起こった際におけるタレントの言動を巡り、"不謹慎厨"と呼ばれる自粛を過度に求める人びとが批判を繰り返すという構図が多く見受けられる。

    実際、今回の熊本地震を巡っても、さまざまな芸能人のSNSが炎上している最中だ。しかし、問題は"不謹慎厨"にあるのでも、タレント本人にあるのでもないというフィフィ。むしろ問題の本質は、タレントがマルチな活躍を求められる日本のメディアの構造自体にあるのではないかと指摘する。

    "不謹慎厨"たちが違和感を覚える気持ちもわかる

    フィフィ、タレントの言動を批判する"不謹慎厨"は「悪くない」

     災害などが発生した際のタレントの言動を巡り、"不謹慎厨"たちが騒ぎ立てるという現象が、今回の熊本地震においても起こっています。SNSの発達によって、近年ますます過激化しているようにさえ思えます。

     過度に反応しすぎる"不謹慎厨"たちが悪いという意見も聞かれますが、私は一方的に彼ら/彼女たちが悪いとも思いません。むしろ共感する部分も少なからずあります。

     なぜ、タレントの言動を巡り、違和感を覚えてしまう人が多いのか。その根本的な原因は、日本のメディアの構造にあるのではないでしょうか。

     日本の報道番組の大半は、アイドルや女優、芸人がキャスターを務めていたり、専門外のコメントを求められる場合が多々あります。そして報道番組であるにも関わらず、ニュースをやっていたかと思えば、次の瞬間には食べ物の特集をしていたり、クイズをしたりと、ひとつの番組のなかにゴシップ、バラエティと、あらゆる要素が混在しています。

     さっきまで神妙な面持ちで被災について報道をしていたのに、次のコーナーでは大笑いしている。これでは、先ほどの心配そうな顔つきは演技だったの? と視聴者に思われても仕方がありません。

     また専門外なニュースにまつわるコメントを求められることもあって、慣れない要求にタレント自身も、そしてそれを受け取る側も戸惑ってしまいます。"この人なんでこんなことにまでコメントしてるの?"といった具合に。

    ■問題の本質は番組構成にあり

     つまり、"不謹慎厨"たちが抱いてしまう気持ちの背景には、日本における番組構成、ひいては業界の構造にも問題があるわけです。

     海外のニュースで言えば、CNNやアルジャシーラなどの番組が報道に特化しているように、出演者も各専門分野におけるジャーナリストとしての資質が強く求められています。それはスポーツや料理、音楽でも同じで、それぞれの分野に特化した番組作りをするため、キャスティングを見ていてもきちんと線引きがなされているのです。

     そうすると、タレントはそもそもマルチな活躍をする必要はなく、自分のやらなければならないことをしっかりとやるだけです。災害時も、自分が専門とする範囲で活動するのみ。自粛する必要もないわけです。

     視聴者も、ニュースを見たいときにはニュースに徹底した番組を自ら選択することができ、日本の報道番組で感じる先のようなストレスは覚えないのではないでしょうか。タレントを叩いたり、"不謹慎厨"を悪者だと決めつけてしまうのではなく、まずは、マルチ化が加速する日本の報道番組の構造そのものに目を向ける必要があると思います。

    103
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160423-00026537-jprime-ent&p=1
    【<フィフィ>タレントの言動を批判する"不謹慎厨"は「悪くない」問題の本質は、日本のメディアの構造自体にある】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 22:07:41.38 ID:CAP_USER9.net
    「テレビも無(ね)エ」などのユニークな歌詞で知られる、演歌歌手・吉幾三さんのヒット曲「俺ら東京さ行ぐだ」が、32年ぶりにアナログ盤で再販されることになった。

    今回の再販をきっかけに、30年以上前に書かれた歌詞の内容が「逆に新しい」「今風」だとの声も出ている。

    ■再販を企画したタワレコ「世代や時間を超えて愛される曲」

    1984年に発表された「俺ら東京さ行ぐだ」は、吉さん自らが作詞・作曲をつとめた楽曲だ。

    吉さんは青森県北津軽郡に生まれ、歌手を目指して15歳の若さで上京。馴れぬ都会で職を転々とし、爪に火を灯しながらも夢を追う…。
    そんな自身の経験を織り交ぜつつ、東京に憧れる田舎者の悲哀を自虐的に歌った同曲は、
    当時のオリコンチャートで21位を記録するヒット曲となった。

    そんな「俺ら~」が、発表から32年経ったいまこのタイミングで、なぜか「アナログ盤」で再販されることが決まった。
    発売日は2016年5月25日で、CDショップチェーン「タワーレコード」限定の取り扱いとなる。

    レコードのジャケットも、発売当時のものを忠実に再現。
    カップリング曲には、吉さんのデビュー曲「俺はぜったい!プレスリー」を、1980年代に活躍したバンド「ピチカート・ファイヴ」の小西康陽さんがリミックスしたものが収録される。

    まさかの再販に、ツイッターなどでは「マジかよ」「今西暦何年だよ」といった戸惑いが広がる一方で、
    「正直オラこれ欲しい」「絶対欲しい!! 」と歓迎する声も見られた。

    今回の再販を企画した「タワーレコード」商品本部の担当者は、4月28日のJ-CASTニュースの取材に対し、

    「吉さんの『俺ら~』は、発表から30年以上が経った今でもCMソングに起用されるなど、『賞味期間』の長い曲として今も親しまれています。
    また、若い人の間では、同曲を個人でアレンジして、動画サイトに投稿する動きも盛んです。
    こうした点から、世代や時間を超えて愛される同曲の再販を企画しました」

    と説明する。また、アナログ盤で発売したのは、「いま若い人の間でレコードが再ブームになっている」ためだという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00000005-jct-ent
    J-CASTニュース 4月28日(木)19時51分配信

    https://www.youtube.com/watch?v=wQ2zeulYjnI


    吉幾三 - 俺ら東京さ行ぐだ

    依頼です
    ◆芸スポ+スレッド作成依頼スレッド★857 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1461846964/

    【蘇る吉幾三「俺ら東京さ行ぐだ」 「歌詞が今風」と共感する若者急増の意外な理由】の続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 19:37:45.81 ID:CAP_USER9.net
    VenusTap / 2016年4月27日 12時40分
    写真
    アイドル戦国時代を作り上げたAKB48ですが、最近ではその注目度も下がってきている感が否めません。
    有名メンバーである峯岸みなみですら、4月10日に放送されたバラエティ番組『旅ずきんちゃん』(TBS系)で「下がっていくのが怖い」と語り、その発言に“AKB全盛期”という見出しがつく今日この頃。

    そこで今回は、『VenusTap』が男女500名を対象に「元・現AKBメンバーのうち10年後も芸能界に残っていそうな人は誰ですか?」というアンケート調査を実施。気になる調査結果をチェックしてみようと思います。

    ■1位は自称ブスの貧乳……バラエティで人気の指原莉乃
    1位・・・指原莉乃(59人)

    2位・・・大島優子(58人)

    3位・・・高橋みなみ(41人)

    4位・・・前田敦子(32人)

    5位・・・山本彩(25人)

    上記のような結果になりました。ベスト3は“全盛期”を知るメンバーばかりですね。1位は番組の出演数から見ても納得の指原莉乃。
    第7回AKB48選抜総選挙で1位になった時にスピーチで「私はブスで貧乳でいいところは少ないけど、“指原莉乃”をやり通そうと思いました……」という趣旨の発言をしています。

    一般社会では、ごく普通のかわいらしいお嬢さんだとしても、やはりアイドル業界。ブスかどうかは意見の分かれるところですが、元モーニング娘。の保田圭的いじられキャラなのは否めません。
    そこを生かして、自分が入り込めるニッチな場所を確保し立ち回る頭の良さで、息の長いタレントになりそうですね。

    ■2位は子役上がりのザ・芸能界大島優子
    2位は、前田敦子と全盛期の1位を争った大島優子。

    以前、美容外科『高須クリニック』名古屋院院長・高須幹弥さんが、自身のブログにてAKB48の女子達を「クラスで2~3番目くらいに可愛い」と書いてネットを炎上させましたが、大島はまさにそう言った“親しみやすい可愛さ”を持ったタレントかもしれません。

    主役級の役をやるより、2番手3番手をこなす女優こそが、実は一番息が長いポジションかも。加えて、子役時代から芸能界で活躍したスキルも持ち、主役に拘らず、“2~3番目くらい”で良い脇役を演じる女優として残っていくかもしれませんね。

    ■3位はAKB48グループの初代総監督、母淫行事件“被害”も乗り越え
    3位は総監督こと高橋みなみ。メンバーの中でも体育会系なノリで、“総監督”という肩書きが似合うまとめ役として活躍しました。

    次のページ
    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:Infoseek ニュース http://news.infoseek.co.jp/article/venustap_1680796/

    101

    ※関連板 http://shiba.2ch.net/akb/ 地下アイドル(AKB48)
    ※関連板 http://carpenter.2ch.net/world48/ 海外AKB48G
    【【AKB48】3位高橋みなみ、2位大島優子「10年後も残ってそうなAKB」1位は・・・】の続きを読む

    1: FinalFinanceφ ★ 2016/04/28(木) 15:32:42.02 9.net
    no title

    大麻問題について語った今井メロ


    未成年のスノーボード2選手が大麻を使用、
    スキー連盟から競技者登録の無期限停止などの処分を受けたことについて、
    トリノ五輪スノーボード代表のタレント・今井メロ(28)が28日、
    フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」の取材に対して、
    スノボ界の悪しき雰囲気を証言した。

    今井はスノーボード界の若手を取り巻く環境について
    「そういう(大麻を吸う)のが格好いいというようなイメージはあります。
    大麻だとかをタバコみたいにしているのがシャレてるよな的な会話を聞いたことがあって」
    と説明した。

    しかし、そんな若者たちを今井は
    「何がイケてて何がシャレてるのかも分からないし バカって思いますね」
    と非難し、
    「情熱的にやっている選手もいるので、迷惑をかけるのならよそでやって欲しい」
    と言って嫌悪感を示した。

    また、今井の兄で同じくトリノ五輪代表のタレント・成田童夢(30)は、
    2004年に大麻を吸った選手がドーピングに引っかかった際、
    「あれは絶対成田だって言われて」参った経験を明かした。

    その上で、自身の体験としては大麻はなく、
    未成年で「祝い酒として」アルコールを飲まされそうになったことはあるという。
    http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/28/0009032545.shtml

    【スノボ選手「大麻を吸うのはかっこいいよな!」・・今井メロさんが証言】の続きを読む

    このページのトップヘ