2007年02月

2007年02月12日

【14歳】

1275e6f7.jpg【14歳】著:千原ジュニア

千原兄弟のコントは「人が死ぬ」設定が多い。だから私は好きだ。

ジュニアさんの過去に秘密がある。
14歳の頃、引きこもりだったことは知っている。NHKの福祉番組でもゲスト出演していたから。
その際に、自身が書いたエッセイを紹介していた。
掲載されていた雑誌を探したが古くてなかなか無い。

しかし、待ちに待った単行本化!!!

文章が堅くない。日記とも違うが…鮮明だ。

「道」を探すための引きこもり。パジャマで過ごす日々、精神安定剤を入れられた母の作る食事、スナアラシの虫と遊ぶ――
そして、友人、兄の存在。

悩み、苦しんだ少年。
「笑い」を見つけた、自分の道。もう、部屋に鍵をかけない。


なんか、「良かった」としか言えない。はっきり言って笑えない。悲惨だ…

でも、「千原兄弟」をさらに好きになった。


私なんて、「道」が見つからないのに外に出ていていいのかな?

共感できる人が多い内容だと思う。

ジュニアさんの作る笑いの原点は14歳の頃なのかな…




2007年02月04日

【新装版 爆笑問題のVOW】

5b20f5ab.jpg【新装版 爆笑問題のVOW】著:爆笑問題

TBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」が「JUNK」になる前、「Up's」時代の頃の本。
これが単行本化されたもの。
内容は小学校の文集が投稿されていて、付け加えて爆笑の2人がコメントしている。
子どもの文章の展開の早さには驚きますw 表現の方法も不思議であったり、切なかったり…
中でも笑ったのは【親に「さっきまで生きてた」と言われた】という文集と
【ピアノにいくとき間違えてネズミをもっていった】という日記。意味が分からないw

ほかにも、不思議な校則やテスト問題のミスなど多彩な内容。

また、爆笑問題の子ども〜大学までの写真も掲載されている。
太田さん、女の子みたいだな確かに。
あと、有名な1人旅の写真ね。風景の写真が自殺現場みたいになってますけどw

ウーチャカがウーパンの写真も掲載。ウーチャカ写真集化してる…


なんか、頭がやわらかくなったよ。子ども心っていいね。