2007年12月10日

我が右目に宿りしもの

残念ながら、ノドスの力ではありません。でも、私の右目の中に私でないものが挿入され、世界が明るくなりました。眼科医療の進歩と眼内レンズに感謝。
なんつーかね、もうね、ここ1〜2年の間のダウナー状態の大きな理由の一つはこれだったんだな、と心の底から実感したっすよ。たとえていうなら、ずーっとたんぱく質除去をしてなくてすーっかり白濁したコンタクトレンズを捨てて、新品にとっかえたような感じ?この表現なら、コンタクトしたことある人ならわかりますよね?
というわけで、この12月8日に、右目の白内障の日帰り手術を受けてきました。翌日に眼帯が取れた時は、あまりの視界のクリアさに有頂天になり、手術が終って30時間くらいしかたってないのに、帰りにヨドバシによってWiiの本体と、ゼル伝とバイオのアンブレラ・クロニクル買った上にナイツまで予約してきたというほどの躁状態となりました。どんなヤツだよ(苦笑)。
いやー、でもね、オタクにとっては眼は命だよ、マジで。だって、眼が見えなくなったら、オタクの楽しみの99パーセントは消えると言っても過言ではあるまい。そりゃね、耳で聞くってのもあるけどね、アニメが見れた上でのアニソン三昧だし、キャラ萌えあってのBLCDだっての。おそらく、この文章読んでる方々(がいるとしたら)は、まず100パーセント目を酷使なさってるものと思われますので、どうぞ時には目をいたわってやってください。いくら眼科医療が進歩したとはいえ眼がよく見えるに越したことはございませんよ、はい。
ちなみに、まことに残念ではありますが、眼内レンズに自動焦点調整機能はございません。なので、右目は超老眼状態で、近くの文字は左目で見るのみです。手術後視力が安定するまで1〜2ヶ月は老眼鏡(やな言葉だな〜)も作れないので、まだ少々苦難は続くのですが、まあこの2年ほどの霞んだ世界のことを思えばこれくらいがまんするさ。
でもって、今期はガンダム00見てます。もちろん。これだけは何があってもリアルタイムで。予想通り最初は地味目だな〜、とは思っていました。が、じわじわと本領を発揮しつつある今日この頃、もう色々な意味で目が離せないよ。やっぱいいよね、オリジナルロボアニメ。もうね、一期に一本あればいいから。ここずーっと、コードギアス半年、そのあとグレンラガンで半年、と一年間の萌えを補給できたんで、今期は00があってテラウレシス。萌えが途切れない幸せって私にとってはとてもとても大事なことなのです。
ちなみにロックオンが好き。だってかわいいんだもん。「狙い撃つぜっ!」って恥ずかしいキメぜりふとか、「ミルク」やら「お仕置き」やらのお笑いとしか思えない発言とか、なんかキワものだな〜と思うのだが、今回に限っては、残りのガンダムマイスター3人があまりにアレなので、なんかフツーに良い人に見えてきてしまいました。どうしよう(苦笑)。三木さんの声聞くと、もうコイツは腹黒攻めキャラ、って決めてかかってしまってるのに。
つか、前回第10話のティエリアのエロさはなんなんですか、一体?というよりエロいのはヴァーチェ、いやむしろナドレ?メカ擬人化萌えは、もうガンダムSEEDの頃から身に付けてますけどね、今度のガンダムは脱ぐわ、触手にはからまれるわ、おまけになんか液体はぶっかけられるわ、って具合ですよ?もう何でもアリってかさ、こんなもん夕方放映していいのかっ?!私に言わせりゃ、フレイだの、タリアさんだのの「やっちゃった後」ですよ〜画像の100倍はエロいね。まずいよ、明らかにまずいよ。だって、最近うちに出入りしている小学校一年男子が「きょうね、おとうさんにね、ヴァーチェかってもらうの、ヴァーチェ」とか言ってるのを思い出しちゃったじゃないか。いかん、そんな小さな子が、そんなエロいおもちゃを買っちゃいかん!断じていかん!(おいっ!)
まあ、とにかく今度のガンダムは、会ったばかりに人に自分の正体ペラペラしゃべっちゃうDQN(まあ、ある意味ヒイロの逆を行くキレっぷりである)が主人公だったり、アレルヤがハレルヤだったり(萩尾望都のアロイスじゃん)、でティエリアが多重人格臭かったり、とまあ、ガンダム乗りがことごとく性格的にアレな感じですな。それもまたいいじゃないか(笑)。
というわけで、現時点で相対的にまっとうな人に見えてきてしまっているロックオンが、この後腹黒さバクハツなエロキャラになってくれる日が今から楽しみであります(どんな楽しみ方だ、ってか本当にそういう展開がくるのか?!)。
あと、最初のうちに見事なまでのストーカーぶりを見せてくれた乙女座なグラハムくんの出番よ再び。まあ刹那とセットで出てくるんだろうから、もうちっと後だろうな、見せ場は。
まあ、その他にもコーラサワーくんだの、スメラギさんのおっぱいだの、それなりに楽しいので、2クールくらいはあっという間のことでありましょう。いやー、本当に目がよく見えるようになってよかった。これで安心して毎週楽しめるぜw
ちなみに、今期見てるのは、げんしけん2(こちらも、色々な意味で濃すぎるのである)と、もやしもん。この3本だけ。それで十分。つか、前期の分の録画をまだ消化しきれていないのです。なんてこった!グレンラガン以外は、ヒロイックエイジと、黒の契約者と、ぼくらの、はなんとか全部見た!エライぞ自分!でも、これでもういっぱいいっぱいなので、キスダムと地球へ…は、多分永遠に全部は見終わらないでしょう。まあ、アニメなんてそんなもん(でいいよね?)
そして、遠くがよく見える目を手に入れた今とっても残念なこと、それは、この状態でエヴァ序を見れなかったことです。劇場で見たときは、本当に右目に霞かかった状態だったので、肝心の松原サン原画のかわいすぎるシンジくんだの、ビルが生えちゃうところのディテールだの、ラミエルくん七変化だのが、今一鮮明に見えなかったのです。まあ、DVD発売に期待。
いかんなー、久し振りに日記書くと長くなるなー(苦笑)。
まあ、年内は仕事もぎっちり詰まっております。せっかく治った目が疲労で炎症起こさないようにせいぜい気をつけることにします、はい。


2007年09月30日

天の光はすべて星

本当に久々だな、自分の気持ちを書くの。
正直この3ヶ月くらい、公私ともにきつかったのです、精神的にも肉体的にも。でも、ようやっと出口が見えかけてきたかな、という今日この頃。
で、この間に私に元気を与えてくれていたのは、とりあえずおお振りとグレンラガンだったのですよ(正直、これだけ自分のコンディションが悪いと、ヒロイックエイジみたいな感じの展開のものは見る気力が持ちませんでした。なので、最終回前にたまった録画分見れるかどうか?な感じ)。
なんかな、この2つのアニメでどんだけ私泣いたんだろう。方向性としては正反対なアニメなんだけどね。でも、ついに両方最終回を迎えてしまいました……正直言ってちょっと脱力。でも結構心地よい。
グレンラガンについては、実はこの一週間ずーっと思ってたことがありました。それは、「どうかニアが総士と同じにはなりませんように」ってこと。だいたいがグレンラガンというのは実にたくさんのアニメのみならず、ドラマ、小説、映画なんかのオマージュの塊みたいな作品でしたが、26話のニアの姿にファフナーの総士を重ねてしまったんだよね。そんなの私だけなのか?(今のところ、そういう意見を見たことないんで)。なんで、ずーっとそう思い続けていたんですよ。でも、結果は……でした。とはいいながら、心のどこかで多分こうなるだろうな、と思っていた自分もいます。それはキャラとして出自が持つの宿命、みたいなもんなんでしょう、たぶん。でもいい結婚式だったよ、うん。
グレンラガンについては語りたいことが山ほどあります。脚本の中島氏のこととか、アニキとシモン(特にパラレルワールドのあたりとか)が鎌田行進曲の銀ちゃんとヤスに見えてしょうがなかったこととか、アンチスパイラルの上川氏が最高だったこととか、ヴィラルの美形パパっぷりに激萌えしたこととか(笑)。

また元気が出たら、ひとりでうだうだグレンラガンについて書くかもしれません。
とりあえずは、ずいぶん前になりますが、「グレンおもしろいですよ」って拍手くださった方に感謝します。見始めてよかった。
あと、DVD版の第六話開放版、最高だった!!超おもしろかった!
こんなアニメが見れてこの半年楽しかったよ。
あとは、劇場版ヱヴァの行く末を見守って行きたいです。……あ、あとあるとしたらおお振りの2期、それから……まあ色々不安要素はあるものの、ガンダム00とコードギアスの2期ね。なんだ、結構楽しみにしているものいっぱいあるじゃん、自分(笑)

2007年05月15日

まとめてアニメ雑感など

えー、やっとちょっとだけ暇になりました。明日の午後から次のお仕事入る予定です。てなわけで、つかの間のバカンス(笑)
なんて言いつつも、今期は結構アニメはきっちり見てるんだな、これが。前期まではコードギアス一本に集中しちゃって、他はテキトーだったんですが、現在そこまでどっぷり夢中になってるアニメが無いかわりに、そこそこ面白いものがそろってるので、結局現時点で放送開始からすべてチェック済みなアニメが8本。うん、無駄にがんばってる(笑)。一本ずつレビューするにはあまりに話数が進みすぎたんで、自分が見てる8本に限って雑感など。
とりあえず、景気良くぽんぽん人が死ぬアニメがなにげに多い気がするんですが。まあ、私がそういう傾向のアニメをよく見るだけかもしれんが。筆頭はなんといっても今期一番色々な意味でヤバめのキスダム。第3話にして主要メンバー(と思われた)主人公の仲間達が殆ど死んでしまいました…まだ名前も覚えきれてねぇっちゅーに!どんな展開なんだ!おまけに第4話でいきなり総集編でしつこく人死にシーンリピートで、第5話では死んだヒロインに代わってその妹が新ヒロインになってるって…ここまで超展開だと、もうあとは生暖かい目で見守るしかなかろうと。どうせなら、別の意味でアニメ史に残るようなネタアニメに成長してほしいかと。あと、ぼくらの、もかなりな勢いで鬱。てか、自分良くこんなウツアニメを見続けていられるなあと思うのですが、やっぱり石田彰ヴォイスで、見た目はラブリーなのに鬼畜なキャラが子供たちをいたぶるシーンがなにげにツボにはまってしまったものかと思われ。15人の子供が、ロシアンルーレットみたいな感じでひとりずつ死んでしまう上、清純っぽく見えてた女の子が先生とエッチしてるって衝撃の告白をしてしまうとか、もう鬱要素テンコ盛だな。まあ、どこまでもやっちゃってくれ(笑)。
DARKER THAN BLACKもよく人が死にます。まあストーリー上当たり前っちゃ当たり前ですが、ヒロインが2話ごとに死んで交替とは知らなんだ。第1話を見たとき、あまりヒロインポジションの女の子が好みでなかったんで、しばらく見ないで放置しえたら、第2話であっさり死んでたのね…ちょっとだけかわいそうな気がしたけど、おかげで続きを一気見する気力がでた(どんな神経やねん!!)。個人的には、5、6話のハボックたんが好みでした。いいなあ、ああいう薄幸な能力者。まあ死んじゃったんですけどね。
あと、地球へ、とかグレンラガンとか、ヒロイック・エイジとかは、メインキャラは元気ぴんぴんだけど、モブは結構戦闘に巻き込まれて死んでそうな気がするんですが…どうなんだろ?…ま、いっか。ヒロイック・エイジに関しては、冲方ちんの過去を鑑みるに、後半は怒涛の勢いでメインキャラが死んでいくという超鬱展開があるのではないか、という恐れがビンビンです。ヘンタイ度マックスなイオラオスはもちろん大好物なんですが、メヒタカが気になってしょうがない。キモかわいいよメヒタカ、ハゲなのにお目々がキラキラで、うるうる泣いてばっかりで声が千尋ってさ、もう私は偏った愛に目覚めてしまいそうだよっ(笑!てか、こいつ絶対最終回まで生き残れる気がしない。現時点で超不幸な死に方しそう率ナンバーワン。てなわけで、ヘンタイ度ではイオラオス、ビジュアル面ではパエト・オーに期待しつつもやっぱりメヒタカの行く末が気になってしょうがないのでした。
まあ、絶対人が死ななくて安心して見ていられるおお振りと、ハヤテで癒されてるさ(ある意味ハヤテは既に10回くらい死んでいてもなんの不思議もなさそうだが)。おお振りに関しては、織田さんが力んだときのルルーシュっぷりに毎度大笑いさせていただいとります。そして…阿部もかわいいし、三橋もかわいいけど、世界の栄口もかわいいよっ!ああ、その無駄すぎるさわやかさが好きだっ!
というわけで、人死杉という面から今期のアニメを見てきましたが、まあ他にも今期はロボットメカものが多くね?とか、杉田と若本さんの声は相変わらず目立つなあ、とか色々あるんですが、もうひとつ。なにげに巨乳(ってかもはや爆乳)キャラが多くありません?なんか、私が見てないアニメでも巨乳キャラ出てるのあるらしいし。今期ナンバーワンの巨乳は、おお振りのモモ監で決まりとばっかり思っていたのですが、グレンラガンのヨーコもええ乳しとるのぉ(笑)。このふたりだけでお腹いっぱいと思ってたのに、昨日の放送で思わぬところから伏兵が…なんなんですか、あの顔だけ見ればタリアさんなのに髪型がどう見てもデュランダル議長な上、叶姉妹もまっさおな巨乳の持ち主がC.C.の声でしゃべるってあのキャラはっ(爆笑!もう、とりあえず見てしばらくの間は頭の中がオッパイでいっぱいでした。あまりにおっぱいすぎて、キャラの名前を忘れてます。もちろん、ヒロイック・エイジに登場した艦長さんであります。シリアスなシーンなはずなのに、艦長の乳だけが浮いてます。いやー、ステキだ(笑)。ちなみに、このヒロイック・エイジの第6話の作画監督、田島直氏だったんですね。ファフナーのOPに参加してたときはNAOでクレジットされていたのですが、やっぱり昔の名前に戻ったのか。そういえば、田島さんがエロゲの絵描きさんだったころの爆乳キャラを思い出して思わずニヤリとしてしまいました。巨乳キャラは、平井さんと田島さんのお家芸(笑)。

今更感がたっぷりなWEB拍手レス
23日のEさんへ ○大生ブログ、実は2日ほど前にうちのもうひとりの腐女子@女高生が登場してます。よかったら見てやってちょw

ログを失ってしまって何日だか不明になってしまいましたが、イオラオスのキモオタコメントくださった方へ イオラオスは間違いなくキモオタです、でもくそマジメでかわいいので許すのです。ってか、そのうち姫だけでなくエイジの3次元映像とかもコレクションしてくれそうで楽しみです。むしろ、エイジの描いた絵の前で「無茶しやがって…くっ!」みたいなイオラオスを見たくてしょうがありません。いやー、いいっすね、こういうキャラ(笑!

9日にファフナーの感想にコメントくださった方へ いやー、楽しんでいただけたのなら何よりです。最初の方は、リアルタイムで感想書いてなかったんもんで…あとから書こうとも思ったんですが、やっぱりこういうのは先の展開がわかってしまった後だと書きにくいもんです。本家サイトはほぼ放置状態なんですが、たまにこうやって読んでくださる方がいらっしゃるので、なんとなく残してあります(笑・実は面倒くさいだけとか)

2007年04月23日

久々のアニメ三昧

久しぶりに、仕事の無い週末でした。まあ、それはそれで金銭面では痛いのだが、溜まっていたアニメの視聴を一気に消化できたのでいいことにしよう、うん。
放映開始前から期待していたヒロイック・エイジに関しては、スロー・スターター気味なのかなぁ、という印象。ファフナーの場合も、最初の方はどうもテンポが悪かったからね。本編以前の設定だの世界観とかがややこしすぎるから、それを見ている方が理解するまでは話があんまり動かないのか。まあ、ファフナーの場合は、一騎と総士のわけわからん関係があまりにアレ過ぎたんで、ついつい目が離せずに見続けてしまったらいつの間にか盛り上がってしまった、という部分があるし、ヒロイック・エイジについても長い目で見ることにしよう、うん。でも、正直背景説明の多くの部分をナレーションで説明するという、あまりに小説的な手法は、アニメにはきつい気がする。アバンのナレーションをまじめに聞くには、ある程度思い入れがないと厳しいかと。つか、12の契約、なげーよっ(苦笑)!今のところエイジの天真爛漫っぷりがかわいいのと、犬っころなイオラオスのヘタレっぷりが愛しいのでいいんですけどね、はい。でも、アネーシャ→イオラオス→ディアネイラ、エイジという構図が、ついついシェリス→劉鳳→水守、カズマ、に重なってしまうのは、やっぱり平井のキャラデザのせいだろう。銀の種族にも、なにやらジグマールのそっくりさんがいるようだし。平井の絵は好みのものはすごーく好みなんだが、印象が強すぎる(癖がありすぎる)のが難点か。ここのところ、めちゃくちゃ露出度高かったしな……まあ、作画がいつ崩壊するかとはらはらしているのですが、第3話の時点で持ちこたえてるあたりは好印象。戦闘シーンとか、エイジ→ベルクロスの変身シーンはポイント高いんだが、今のところキモい虫軍団とばかり戦っているので、早く銀の種族とのガチの対決シーンが見たかとです。
ヒロイック・エイジがそれなりのクォリティを保っているのとは対照的なのが、1話に関しては圧倒的なスピード感で楽しみにしていたはずのキスダム。第2話で早くも作画崩壊を迎え、第3話ではもはや動画そのものが崩壊し始めました。もう、口と音が合わないとか、止め絵とか、キャラがアングル切り替わると瞬間移動してたりとか、リアルタイムでアニメ製作の修羅場をこれでもかと見せ付けられたぜ(苦笑)。その上、主人公以外のメインキャラ、名前も覚えきれないうちにあらかた死んじまったし、どうやら第4話でもう既に総集編のにおいがするという、種デスもかなわない超展開っぷり。そんなこんなで、別の意味で視聴を切れずにいます。なんか、勿体無いアニメだなぁ。
原作物では、おおふりが相変わらず楽しい。原作知ってても美味しく見れるというのは、大変けっこうなことである。果たして放映するのかどうか気になっていたオナニー発言も原作まんまだったしな(笑)。
あと、ぼくらの、はシュールな雰囲気がなんとなく気になって視聴を続けています。地球へ…も一応見ているんだが、やっぱり色々辛いなぁ。ハヤテのごとく、は、あまりに大きなお友達を意識しすぎなパロディが若干寒いとは思いつつ、まあその元ネタを思い出すだけでも笑えるので結局毎週見てます。DTBは、既に録画溜まってて、2話以降見てない…あぅ〜…
まあ、これだけ見ていれば十分だと思ったのだが、各所で話題になっている天元突破グレンラガンも見始めてしまいました。面白いじゃん(笑)。カミナの兄貴が、どことなくふしぎの海のナディアのサンソンとかぶって見えてしょうがない。ヒロイック・エイジのCGの出来の良さも良いのですが、このグレンラガンのちょっとレトロなセルアニメの雰囲気を思い出させる感じも逆に新鮮でいい!第3話まで一気に見て、かなり盛り上がったんだけど、今朝の第4話は…一瞬違うアニメ始まっちゃったかと思ったよ(苦笑)。まあね、こういう回もあるか〜、ぐらいに鷹揚に構えてはいますが。
でも、グレンラガンの第3話ってXEBECも関わっているんですね。動画のところに羽原氏の名前を見つけたときは、まじでこんな仕事二つもかけもって、過労死しないでっ…と思いました。いや〜、今期は、色々な意味で、アニメーターさんのお仕事の過酷さを目の当たりにしているような気がします。とにもかくにも、どのアニメも失速しないで欲しいですよ、いや、ほんとに。

あ、最後になりましたが、時をかける少女のDVD、買いました、通常版だけど。オリコン初登場でいきなり一位獲得だそうで。やっぱ…いいできです、このアニメは。原作を読んでいても、違う切り口で楽しめます。何度も繰り返し見たくなる良作であります、はい。

WEB拍手レス 20日の方へ グレンラガン、面白いです!今期はこれが一番かもしれないですね。そうか、黒は第2話から面白くなるのか…もうちっとがんばって見てみます、はい。

2007年04月14日

どんなに忙しくてもアニメは見る

相変わらず仕事は忙しい(割りに儲からん)んですが、今日とりあえずひと段落着いたので久しぶりに更新(とはいえ、次の仕事がごっそりPC横に積まれているという現実)。今期とりあえず視聴したアニメ一覧は以下
ハヤテのごとく!
ヒロイック・エイジ
キスダム
DTB(黒の契約者)
ぼくらの
地球へ…
おおきく振りかぶって
えーっと、7本か。多くも無く少なくも無く、って感じ?どうせ最後まで見るのは2〜3本だとは思うが。だいたい、1話か2話くらい見たんじゃ、面白いかどうかの判断はできないしな。だが、もはや微妙に視聴続行が微妙なのが、地球へ、とDTB。竹宮恵子はそれこそ「空が好き」の頃から読んでいる私ですらさすがに無理な予感がびんびんです。どう考えたって今更だろう、世界観やら設定やら諸々のものが。竹宮作品なら、ファラオの墓あたりをアニメ化なら見る(笑)。
DTBはねぇ、結構楽しみにしてたんですが、第一話を見る限りはきつい。だって…痛そうなんだもん(苦笑)!血がドバっと出るより、自分で指ボキっの方が思わず悲鳴あげそうになるのはなぜなんだろう?まあ、これから化けるかもしれんので、もうちょっと付き合ってみる。
今期作画レベルがダントツなのはヒロイック・エイジと思われ。山岡、堀といった人が作監に入っている間は安心して見れそうであります。冒頭部分の説明がやや冗長なのが辛いところだが(いかにも小説的なので)、エイジとタコがかわいかったから許す。それにしても、イオラオスが劉鳳に見えてしょうがない(苦笑)。今月号のアニメージュのイラストとか見ると、明らかに腐ターゲットなエイジとイオラオスのツーショットなわけだが、私の妄想力は、まだそこまでは追いついていません。まあね、公式なんかに出ている平井絵のエイジのポーズとかは、カズマっぽいのかなぁ、と思ったら、全然性格違うみたいだし。それにしてもな〜、冲方作品は設定が細かいので、予備知識があると無いでは、視聴したときの印象が全然違うからな〜、予習復習は、昔っから苦手なのに……。まあ、今回はXEBECの公式の用語説明が大分詳しいので助かりますよ、自分でまとめなくても良さそうですよ。出典は、ギリシア神話が多いみたいですね。私としては、銀の種族の登場が大変楽しみなのです、みんな名前覚えにくいけど(やっとメヒタカって覚えたところ)。
キスダムは、アクエリオン、ノエインに続くサテライト作品だということで期待もあったのですが、製作進行が崩壊しているというウワサでかなり萎える。それでも、第一話はおもしろかった。色々とデジャビュだったりするのは、まあこの手のSFテイストものでは避けられない現実だからいいとして、展開が非常にスピーディーなのがよろしい。一話に詰め込みすぎな感は拭えないが…それにしても、主人公がどう見ても一万二千年経って帰ってきたアポロに見えてしょうがない(苦笑)。せっかく面白いんだから、このままのテンションで展開してっ!と思ったら、第二話の後半で早くも作画崩壊の兆候が(苦笑)。でも、きっとDVDでは修正されているから大丈夫…って、よあ瑠璃かよっ!あ、あと、いつの間にかTWO MIXがに進化してた…ジョー・リノイエの曲か。どうりでガンダムXのOPに似てるわけだ。
ハヤテのごとく!はとにかく若本さん、何はともあれ若本さん、あとはエヴァとかのパロディ成分だけでもかなり楽しめる。最近若本さんの声ばっかり聞いているような気がしてしょうがない上に、このアニメの天の声ったらもう「ぶるぁあああっ」っぷりに更に磨きがかかてるような…というわけで、だら〜っと視聴続行な予感。ってか、どう考えても日曜朝10時のアニメではありません、土曜深夜34時のアニメです。だいたい、執事にメイドにお嬢様だよ?それに、日曜の朝からOPがKOTOKO、とかねぇだろ(爆笑!
でも、第一話が一番面白かったのは、おお振りかもしれない。原作読んでいて展開わかっているのに、それでも面白かった!阿部と三橋の会話に声がつくだけで、ものすげー破壊力なんですが。もう、何度もお茶噴きそうになったもん、飲み食いしながら見ちゃいかんアニメだ、これは(笑)。栄口、声たけーよ!妙に爽やかだよ!おかげでまた身内から「千尋、ありえねー」みたいに言われてしまったではないか。だが、それがまたいいので許す(笑)。できることなら栄口くんの出番が原作の一割増しくらいになりますように〜、なむなむ。

2007年03月31日

おはようございました

3月の日記の更新が、31日だけとか、もうありえねぇええええっ!!!!
ぶっちゃけ、3月中はわけわからんくらい内職してました。なんかね、年度末ってデータ入力の仕事多いわけね。で、私の遊びのためのワンダーランドだったはずのPCが、ほぼお仕事専用マシンと化してたわけね。これくらい働かなきゃ自分専用オタグッズは買えないわけよ、世の中厳しいわけよ。
その上、このくそ忙しい中、同居人、つかぶっちゃけうちの長男@オタク&某大1年生が、突然家に同じ学年の友達2人を呼びやがって、この2人がまったまたうちにいつきやがって、人があくせく入力作業をしている横で丸々36時間和みやがったという(つまり、そのままずるずるお泊り)状況が、2回もあったですよ!なんなんだよwwwww
でもねー、まー、結構面白かったっすよ。オタはオタを呼ぶ、でうちに来た子(ダブって来たヤツもいるので3人)は、3人とも立派なオタクでした。普段の会話がばりばりVIPPERってのもどうなのよ(苦笑)。せまーい3LDK(60屬舛腓辰箸靴ない)にさー、通常の家族4人(とりあえず、ダンナは実質単身赴任中なので)プラスオタク♂3人だよ?どんな人口密度だよっ!で、ちっちぇー机の上に、全員がノートPC広げてLANケーブルつないで、極めてオタクな会話を繰り広げつつ、なんかみょーになじんでいるという…まじで脳ミソとろけそうな状況でした。つか、そんな横で内職してた私、乙。やっぱりオタクはさー、腐女子系には抵抗ないってか、妙なシンパシーがあるみたいよ(笑)。でもって、うちの家族も全員オタクには免疫があるもんで、どんなオタくせー会話でも普通に受け答えしてたわけよ。というわけで、いまやうちはオタク♂の和み空間となってしまいました。近々また来たいとかいいやがってますがっ!!もう、この際どんと来やがれだぜぃ!
というわけで、やっと今日、久々に暇ができました。なもんで、今まで買うだけで封も切らずにいたCDやDVD鑑賞、ゲームのインスコ(ときメモGS2タイピングだったりする)、放置状態だったどうぶつの森のお手入れ、読めなかった雑誌・小説・同人その他もろもろを読んでいるわけです。はぁ、長期間のお預けのあとの趣味の世界は限りなく甘美である(笑)。
アニメの録画も溜まりまくってるのに、もう新クールかよ(苦笑)。とりあえず、コードギアスの24、25話が夏までお預けとか、もう、とんでもない放置プレイである。た、たまらん…個人的には、アルター装備で復活(だから、違うって!)のジェレミアたんの活躍が非常に楽しみでありますね。あと、レナか詩音か、ってなぐらいにひぐらしちっくな顔になってたニーナが何やらかしてくれるか。意外なところでトンでもないハプニングを起こしてくれるんじゃないのかシャーリーとか、もう楽しみが色々。ルルとスザクはねー、拳と拳で語りあったりした日には、どう見てもルルの負けだからなー(苦笑)。せいぜい、DVDのピクチャードラマでも見ながら、まったり夏を待つさ(でも、未だ3巻は未開封という悲惨さ)。
新番組は、とりあえずヒロイックエイジとおお振りは、無条件で視聴決定。てか、両方とも千尋が出てるとか、私的に美味し過ぎるから(笑!ただし、おお振りの栄口くんに関しては、「えー、絶対ちひろの声じゃなーい」とかいうブーイングが身内から起きています。なんてこったい!千尋はいい人役も上手いんじゃいっ!
あと、DARKER THAN BLACKは多分見る。地球へ、は…ねぇ(苦笑)。10年前だったら多分見たけどな。まあ、とりあえず様子見って感じです。
あ、そうそう、どうでもいい話なんですが、家にオタクどもが泊まった日は、そんなにたくさん布団無かったんで、二組の布団に3人雑魚寝させたら、なんだか妙にBLチックな会話を繰り広げつつじゃれ合ってました。3人とも超細身、眼鏡なんですが、ぜんっぜん萌えなかった!ってか、萌えたらいやだろう、常識的に考えて(苦笑)。

2007年02月24日

貧乏ヒマなし

geassdvd1というわけで、とんでもなく忙しいのである。勘弁してほしいのである。まあ、それというのもこれというのも、特典映像のピクチャードラマが見たいがために、うっかりコードギアスのDVDが欲しくなっちゃったり、ならば割引で買おうとしたらamazonは当の昔に初回限定版売り切れだったり、それならせめてものポイント還元狙いで行ったヨドバシでも売り切れだったりと、まあ後手後手に回って結局アニメイトで定価で買ってしまった上に、全巻購入特典用のスタンプカードをもらってしまったり(これをもらってしまうと、ついついスタンプを集めてしまいたくなってしまう悲しいオタクの性)などと、まあそういう不幸(?)な偶然が重なってしまったので、金が足りないのである。というわけで、画像はこの金欠地獄の元凶となったDVDの記念(?)撮影映像でーすっ!……我ながらイタすぎる……ただでさえ、3月はうちのボロ車の8回目(!)の車検が控えていたり、他にもチータン関連のドラマCDの発売が集中していたりと、まあ煩悩の数ほど出費は増えるってこってす、はぁ…
なので、週3でやっている仕事以外に、近所(っていっても自転車かっとばして20分かかる)のちっこい情報処理会社のデータエントリーの仕事をもらってくるようになったわけです。これまた、自宅のPCで入れられるというありがたい条件ではありますが、まあ早い話が内職なもんでとんでもなく報酬が安い。もうね、1レコード2.5円とかね(泣)。それでも数こなせば現金収入なんで、ひまさえあればPCに向かってデータ打ち込む、でもって納品すると会社のおっちゃんがニコニコしながら次の仕事くれる、みたいな感じで、本当にここのところ文字通り馬車馬のように働いているのですよ、泣けてきますですよ、はい。まあ、この仕事の唯一の良いところは、アニメ見ながらはさすがに無理だけど、音楽(あるいは各種ドラマCD?てかBLCD?)聞きながらできるってことですかね。イレギュラーデータとかの連続でイライラしているときは、いっそのこと脳みそ腐りそうなネットラジオだの、有り得ない展開だけで笑いの止まらないBLCD(鳥海の絶対服従はかなり笑わせてもらった)とかを聞きながらデータ打ち込むのがいいと思うよ、うん。
そんなに忙しくてもコードギアスだけは見ているぜ…ぜぃぜぃ(裏を返せば、すももとパンプキンの録画が消化できない状態に陥ってるってこと)。ははははは、ルルたんは、もっとうーんとスザきゅんに片思いするがいいさ!C.C.からくすねたチーズくん特大ぬいぐるみを、スザきゅんだと思って抱きしめているがいいさ(笑!ああ、関東在住のわたしがこんなバカなこと書いていても、一部地域の方々はもうその後の展開をご存知なんですよね。は〜や〜く〜続きが見たい〜〜っ!というわけで、これから「枢木スザクに命じる」までの間きっちりデータエントリーの仕事こなします…あぅ〜、だからナニを命じたんだよっ!そんでもって、明日はオッパイ祭りで話題のDVDの2巻を、メイトで買っちゃうぞぉっ!

個人的にレス Eさまへ ペットのみなさんお元気ですか〜(笑?私はなんとか生きてます、はい。

2007年02月10日

やっぱりそれなりに期待してしまうではないか

うーん、言いたいことがいっぱいあるような、無いような…とりあえず、期待していいんだよね、これは?
ということで、いよいよヒロイックエイジの公式がオープンしたもようです。主題歌もangelaに決定ということで、ますますアレな感じが漂ってまいりました。もうファフナー2でいいじゃん(笑)。
ファフナーの続編ではなく、あえて新作アニメになるわけなので、あまり前作のイメージを抱きすぎないように見ようと思っています。ただ、スタッフがあまりにかぶりすぎなので…羽原氏はまあ武装錬金とかもあったので今回は違う監督になったのか、などとも思うわけですが。
おっと、関東地方はコードギアスが始まってしまったので、続き書くとしたらまたあとで、かな?

2007年01月26日

どうぶつの森だったり解読不能だったり

えー、久しぶりに更新してみる。実は先週の土曜日にやっと念願かなってDSLiteを入手いたしまして(朝一番でヨドバシ並んだんだよ?なんで未だにこんなに品薄なんだよっ!)、それ以来どうぶつの森に行ったきり状態が続いてました。まーったくもう、始めるとサルみたいにやめられなくなるんだから。以前GC版のどうぶつの森もかなりはまったんですが、これは所詮は一人でこつこつやるゲームなんで、まあ私の性格上半年も経たないうちにやらなくなったんですが(苦笑)。今度のはね〜、Wi-Fi通信っていうワザがあるもんだからね、ついつい以前からのネット上の友人とのアイテム交換などに夢中になってしまいまして。無線LANさえあれば、北海道の友達とも兵庫の友達ともモモだのリンゴだのをやりとりしてしまえるという…「やっぱりDSは人類の至宝・・・まさに科学の勝利ね。」と、ミサトさんばりの台詞を言いたくもなるってわけで。問題なのは、DS一台しかないもんで、現在家族とshare状態にあるってことです。やっぱ…一人に一台だよな、こういうパーソナルな機器は。
アニメの方も見始めてるもののみチェック中。一月から始まったものは、結局ひとつも見てない…4月からスタートするものに色々と期待するってことで。すももが2期に入り、OPがちょっとパワーダウンしたのと、オリジナルストーリーがいまいちなのでショボーンなのですが、相変わらずコードギアスがとばしてくれているんでいいことにする(笑)。
ギアスの新OPについては、もうブログでも掲示板でも、はたまたアマゾンのレビューでもいやっちゅうほど語られつくしているので、もう今更言うこともない。またもやEVAの台詞を借りるのならば、「責任者は責任とるためにいるんですもの(byリツコ)」ってことで、ここは竹Pに責任とってもらおうじゃないかと。結果はとりあえずシングルの売り上げで一つの形になるんだろうけれど、アニメ製作にかかわるビジネスの裏事情とか、そのねじれ具合がにじみでているようで、なんだか後味が悪い。
で、まあ別にジンが悪いわけじゃないし、OPはOPで楽しんでしまえばいいじゃないか、と思ったら、ちょうど楽しい動画が紹介されているのを見つけました。もうすでにあちこちに貼られているので目にした人も多いかと思いますが、一応貼っておきます。

なんか、これ見たら、「解読不能」がすごく神がかって聞こえてきたよ、私って単純だよ(笑)。こんなもん、楽しんじゃった者勝ちだと思うよ、うん。
で、ギアスを見るたびに感じるのですが、本当にこのアニメは引きがうまいよね。「そ、そこで終わるかぁああっ!」と毎度毎度叫びたくなる。大事な相手のことを思いやるが故に、能力者が相手の記憶を消すっていうのは割りとよく見かけるシチュなんですが(とりあえず、フルバあたりが記憶に新しい)、それでもやっぱりかなり切なくなることに変わりは無いわけで。おそらく、シャーリーにとってはこれが一番辛くない道なんでしょう(彼女に選択の自由は無かったわけだが)。なんつーか、バッドエンドを選んでしまったときのリセットみたいな感じですが。で、なんで見ている方が辛くなるかといえば、本来ならルルーシュとシャーリーがふたりで負うはずの苦痛を、一方的にルルーシュだけが背負うからなんじゃないかなぁ、と思ったりする。そういう道を自ら選らばなければならないようにどんどん自分を追い詰めていくわけだな。あぁ、なんかこう、一人で背負っちゃう不器用系キャラに自分が弱い、ということは最近よぉく自覚してます。やっぱりルルーシュ大好きだわ(笑)。あえて、ルルーシュが言った命令をカットする演出にはかなり身もだえさせられましたが、予想するなら一番シンプルに、「俺のことはすべて忘れろ」あたりだと考えてみる。あー、でもこの台詞って、スザクに使うんじゃないかなあ、なんてなんとなく予想してたのに、ここで使っちゃうのか!じゃあ、スザクにはなんて命令するんだ?考えれば考えるほど眠れなくなりそう(苦笑)。
あと、C.C.も相変わらずいい味だしてますね〜、なんだよあのコスプレ衣装は。思わず萌えてしまったではないか(笑!!マオが予想の斜め上をいくDQNっぷりなので次回の放送が待ち遠しくてたまりません。っつかさ、関西ではもうじきOAだよね?くっそう、なんでTBSは一日遅れなんだよぉっ!!!!

拍手レス>Eさま うわぁ、腐れ姉妹の輪が広がってるよ(笑!!

2007年01月11日

年の初めは秋葉詣で

この間ブログを更新した翌日、久しぶりに神保町で本をあさり、さらにそのまま徒歩で秋葉へ繰り出す、というオタクまっしぐらな休日を過ごしたため、少々脱力気味です。ちなみに、空の境界とギアスがでかでかとディスプレイされているという段階で、自分がかんっぺきに秋葉にターゲッティングされている、というイタい現実を思い知った(苦笑)
akiba070107

まあ、なんといっても秋葉ですから、オタクな方々(勿論、自分も含めて)で溢れかえっていたわけですが、正月最初の連休ということもあり、お年玉握り締めた小学生連れのおとーさん、おかーさん達もけっこうたくさんお見受けしました。オタク街初心者と思われる人々が、入り口にあるトトロの特大ぬいぐるみに釣られてうっかりKOTOBUKIYAの店の奥まで子どもといっしょにはいってしまって、露出度MAXなフィギュア群に遭遇する姿などを横目で見つつ、色々お買い物してきましたよ、と。近所の本屋ではあまり置いていない漫画とか(今回買ったのは「妄想少女オタク系」と「となりの801ちゃん」って、なんだかな〜)、表紙が相変わらずホモくさいアニメージュとか(一応この日の段階では早売り)、とらあなでギアスの同人とか(「オールハイルブリタニア(笑!」)とか、それなりの収穫はあったかと。まあ、それだけのために行ったわけではないので、神保町では普通の書籍とかも買いました。いくらネットの本屋が充実しても、やっぱり年に何度かは、大きな本屋でじっくりと専門書とかを漁るのは、心のリフレッシュになると思うのですよ。結構思わぬ良書に出会えたりするもんです。
あー、それと先日書きかけたコードギアス12話について。ニーナの○ナニーシーンってどうなのよ、と家の中でも話題に(え〜)。私の意見としては、「やっぱり男が作ってるアニメだな〜」の一言。いや、世界中のハイティーン女子のそっち方面のプライバシーについて公式アンケートとったわけでもなんでもないんで、あくまで自分の意見でしかないんですが、「普通その年のオナゴが、自室でもない場所で憧れのおねーさんの写真見ただけで、その場で発情するかぁ?ってか、角、普通に痛いだろう(笑!」みたいな感想を持ったのでした。まあ、裏を返せば、製作側としては「いかにニーナが普通でない(ってかヤバい)人か」ってことを演出したかったのかもしれないんですが、女性の意見を入れていればもっと違う表現になったんじゃないかな〜、などと。まあ、エヴァ劇場版のシンジ君の方は妙なリアリティーありましたけどね。ジェンダーとかそういう話ではなくって、やっぱり思春期前後の男女の性衝動っていうのは、相当質が違うもんなんで、男の場合をそのまま女に置き換えても、ウソっぽいと思うのですが。
それはさておき、話の展開の方は結構ヘヴィーでしたね。特に最後のシャーリーとのからみとか。今まで間接的にではあれ、多数の人間を殺してきて、それを「目的を果たすための止むを得ない犠牲」と割り切っていたはずのルルーシュが、初めて自分が殺した人の中に「身近な人にとって大切な人」がいたことを知った心理、そして行動がこれからどう描かれるのか、興味深々です。戦争などで、「敵だから殺す」という論理で動いていた兵士たちが、戦後母国に帰って深刻なPTSDに襲われるっていうのはよく聞く話ですが、「知らない人なら殺せても、相手を知ってしまうと殺すのが苦痛」というのは当然といえば当然なわけで。これからルルーシュが目的に向かって進んでいけば、親しい人を殺さなければならないような状況が必ず生まれてくるでしょうし、その先には多分スザク@ランスロットが立ちはだかるはずなわけで。あ〜、怖いような楽しみなような(結局楽しいらしい)。録画だけは忘れないようにしよう、うん。
そして、今夜は久しぶりにすももの放送があります。あ〜、こっちもずいぶん長いことお預けくらっていたので、とてもとても楽しみ。リアルタイムで見るのはさすがに断念するけど(明日は何故か朝から予定が詰まっていたりする)。

PS ピザハットクラブには、そっこーで入会したですよ(笑

2007年01月07日

a happy new year!

明けましておめでとうございますっていうのもなんか今更な日付ですね、はははは。
今年はいい年になるといいなぁ、などと思いながら年越ししたのに、新年明けて初めてやったことと言えば、PCにみらくるのーとんをインストールすることだったという…なんだか今年もgdgdな年になりそうな予感がひしひしと。
あー、でものーとん面白い!バカエロ過ぎで(笑!もう、なんていうかね、殆ど頭使わずに遊べるゲームってのもいいもんです。適当に選択肢選んでいるんでさっぱりgood endに行き着かないんですが、まあ年明けそうそう何回モニターに向かって盛大に吹いたことか。のーとん、かわいいよのーとん。なんでのーとんが攻略できないんだっ!
その他にも、新年明け初めてのギアスのこととか(ニーナの例のシーンのときは、正直テレビの前で固まりました、いやマジで)書きたいんですが、まあとりあえずはまた明日、かな?

2006年12月31日

大晦日

なんだか、あっという間に今年も終わりですよ。なんだかなぁ〜、私個人的にはいまいちぱっとしない年でした。無念。来年はもうちっとマシな年になりますよーに。
そうそう、コミケ一日目、行ってきました。半端なく寒かったです。まあな、みぞれまじりだった一昨年よりはマシだったけどな。りんかい線の国際展示場前から歩いてすぐのところに設置されている男子用の仮設トイレになっがーい列ができてました。何故?あとになって、「まさかノロウィルス?」と思ったんだが…ち、違うよね(汗?
まっ先に某同人ゲームの列に並ぼうとしたんですが、うっかりスペースの場所を勘違いしていて時間を浪費。で、結局先着300名の特典が並んでる間に無くなったときはちょと悲しかったぜ…何のゲームだかわかった人はお友達です。ちなみに、半分は中の人目当て、半分はエロ目当て。ただ、家族が家にずーっといる年末年始に、居間にあるPCにインストールしてゲーム始める勇気はさすがに無い。って、特典もらえず、一般販売より先にプレイもできずじゃ、なんのためにコミケで買ったんだかわっかんねぇ(涙!
その後も某企業ブースに行ったり、「空の境界」の無料配布ショッパーをもらったり(すごぉーく並んでた)と色々盛りだくさんだったので、ギアス本は殆どゲットできず。う〜、オンリーに行くってほどの勢いもないし、とりあえず夏にでも買うかな〜。とあるスペースでお世話になった方とお話したとき、「できれば、ルルが思いっきりC.C.にいじめられるってシチュがいい」みたいなところで意見が一致したので、ひそかに喜んでおります(笑)。なんかなー、久しぶりにノーマルカプで楽しめてる気がします。わーい、わーい、ルルがもっと恥ずかしいことしてくれると私はうれしいぞ(笑!
あ〜あ、本当はFate Zeroが欲しかったんですけどね、予想どおりとんでもない列の長さだったんであきらめました。大人しく普通に書店で買います。いっしょに行った友人が涼宮ハルヒ(というか長門さん)の大ファンなので、張り切って京アニブースに並んだんですが、あまりの待ちの長さに途中でギブしてました。まあ、企業ブースは型月と京アニとリリカルなのはが地獄の待ち行列だったってことです、並んだ方々お疲れさま…
ちなみに、楽しみにしていたコスプレは殆ど見れずじまいでした。アシュフォード制服はそこそこいましたね〜、ゼロ仮面には会えなかったけど。アルヴィス制服の人もいたのは感激でした。あと、夏に引き続き、男性の女装コス確実に増えてるな〜。身長180cmくらいありそうな翠星石と蒼星石ペアってのは、なんかちょっと異様ですよ。幸いなことに私は見なかったんですが、友人は、デカい上に顔が四角くてうっすら無精ひげの生えた遠坂凛タンを見てしまったそうです…な、なんと言えばよいのやら(苦笑)。
あーあ、なんだかくだらないことを書いているうちに、年が明けちまいそうです。
じゃあ、今年のまとめ。私的今年のアニメベストファイブは、ノエイン、ホスト部、涼宮ハルヒ、すもも、コードギアスで決まり!それでは皆さん良いお年を〜!!

2006年12月29日

あれから2年

もうそんなに経つんだなあ…っていうか、ファフナー関連の記念日は、最終回といい総士の誕生日といい、ROFの放映といい、どういうわけだかみんな年末のあわただしい時期に集中しているので、落ち着いて思い出にも浸れないですよ(苦笑)。かといって、2年前の日記なんて今更恥ずかしくて読めないっす。なんか、ひたすら落ち込んだことだけは記憶に鮮明なんだけど。
そして、年末といえばオタクの祭典。まあ、明日(てっか、もう今日だけど)一応行く予定です。もう年が年なんで、始発とかそんな元気ないしな〜、ってか家から遠いしな〜(苦笑)。本当は企業ブース関連で欲しいものあるんですが、月型関連はFATE ZEROだの、空の境界劇場版アニメ製作決定だので(これにはかなり驚いた…ってか、いくらなんでも大胆過ぎないのか?のか?)とんでもなく混雑していそうです。まあ、あの長蛇の列にはさすがに並ぶ気力もわかないけどな。
でもな〜、欲しいものって全部恐ろしく並びそうなのよね、ひどいよね、コミケ限定とかさ(泣)。おとなしく、サンライズ方面絨毯爆撃で、ルルたん本でも探しますよ、と。
何人くらいアシュフォード学園の制服コスの人がいるか、ってのも注目ですが、よくできたゼロ仮面のコスの人とかいたら、是非拝みたいです。いや、本当は馬仮面コスの人がいたらすっげえ見たいんだが(笑)。ウサミミ仮面は普通にいそうだ…って、こうやってみると、ひょっとして最近仮面が流行なのか??
まあとりあえず、もう寝ないとやばいだろう、自分。

2006年12月24日

え〜日付変わっちゃったけど追記

genshiken
今コードギアス見終わりました。もーなんなの、この毎回毎回のスリリングさは!新キャラもどんどん増えるしな〜、日本解放戦線側とか。眼鏡キャラは大歓迎っすよ!眼鏡キャラといえば、ギルフォードがあんまり素敵で萌え死にそうでした、あぅあぅ。久しぶりにロイドの「オ〜メ〜デ〜ト〜ウ〜」も聞けたしな。そういえば彼も眼鏡キャラか。
第一クールの総決算っぽい回でしたが、とりあえずコーネリアが死なずにすんでほっとしたわけですよ。EDの色っぽさで、今作一の大人カップルかと思ってたジェレミア&ヴィレッタコンビが素敵な感じにヘタレる一方で、コーネリア&ギルフォードが俄然かっこよさ上昇中。いいよいいよ、主従コンビで(笑)。
コードギアス見始めた頃は、キラ&アスランみたいにルルーシュ&スザクを軸に進んでいくのかと思いきや、意外と込み入った作りなんで毎度毎度楽しいですな。これだけ登場人物が多いのに、ごちゃごちゃした印象が無いのはやはり脚本の上手さなのか。今回はルルーシュとスザクのお互いがわからないままの激突ってのもかなりな萌えポイントだったんですが、そのあとのルルーシュ&C.C.のダブルツンデレカップルっぷりが一番ツボだったっすよ。たまんねーよ(笑!やっぱり女キャラの人気ダントツはカレンなんだろうが、私は結構C.C.が好きだね。ワガママなくせにもろいところとかな。ルルたんとは本当に似たものカップルだって。カレンはカレンで、ルルーシュ相手にはツンなくせにゼロにはデレなところが人気なのか。まあ、とりあえずええ乳しとるし(ただのオヤジだな、私)。
それにしても、「オレンジじゃないんです」にはやられたね!死ぬほど笑ったね!ジェレミアもヴィレッタも、主要敵キャラの中ではもうルルーシュのギアスが効かないってポジションだから、きっと後半何かやらかしてくれそうなんで、目が離せません。
最近買った本で、「現代視覚文化研究」っていうのがかなり面白いんですが(だいたい出版元が三才ブックスだし)。色々な意味でかなりディープ。かなり最新のアニメ関連の記述もあって、よあるりのキャベツ事件のこともちゃんと出てるですよ(笑)。ここでもジェレミア君は普通に「オレンジ」として登場してますが、電波男こと本田透氏が、ブリタニア軍のことを素で「アメリカ軍」と勘違いしているあたりもかなり受けました。ディープなオタクな方限定でお薦め(それぐらいイタい本だってことで)。

2006年12月23日

クリスマスケーキは食いたくない

一ヶ月以上放置しておいて、突然の更新なんですが(苦笑)、まじ死ぬかと思いました。しんどかったぜ、クリスマスケーキ作りのバイト。PM8:00〜AM8:00の12時間で14,000という報酬につられ、「なんだ、一晩で年末のコミケの軍資金稼げるじゃん」と思って気軽に応募したんですけど、軽く死ねそうな感じでした。途中で一時間の休憩入るんですが、それが11時半〜12時半という早めの時間帯だったんで、12時半〜上がりまでノンストップという過酷な労働条件。うつむきっぱなし、立ちっぱなしで同じ姿勢というのは、腰痛・肩こりのある人間のやる仕事じゃないね、当分イチゴなんて見たくもないもんね、生クリームなんて匂い嗅いだら卒倒しそうだもんね(ちなみに、普段の私は生クリーム・ケーキには目のない人間ですよ、キルフェボンのタルト大好きだし)。しかも、後半の時間帯は時計すら見えない場所での作業なんで、意識もうろうとするなか時間の感覚無くなりました。頭の中で、ノエインのEDの、「明けないよ〜るは〜な〜い〜」というフレーズがエンドレスで流れてました。あ〜、今頃本来の私はBLゲーもやり疲れて、居間のテレビでルルたんの奇行っぷりに身悶えしてるはずなんだ、と思ったりできたのも束の間のこと、あとは頭の中で妄想する気力すら失ってたわ(苦笑)。
ま、コンビニだのスーパーだので並んでいるクリスマスケーキはね、そんなバイトの人々の汗と涙の結晶なので、どうせ食べるんなら、多少はぶかっこうでも大目に見てやってくださいよ、と。もっとも作った当の本人は、食べるどころか、TVでクリスマスケーキのCM流れるだけで「や〜め〜て〜!」と悲鳴を上げてますがね(苦笑)。
ちなみに、マルドゥック・スクランブルのOVA製作中止の報には結構へこみました。畜生、楽しみにしていたのに。続編のベロシティは、買ったんだけどまだ読んでません。なんつーか、あの人の長編読むのはそれなりに元気なときじゃないと無理っぽいので、年明けかなぁ、って感じです。
そうそう、そういえば、先日発表になった文化庁メディア芸術祭のアニメ部門で、時をかける少女が大賞取りましたね。久しぶりに映画館で見て良かった、と思った作品だけにうれしいです。DVD化したらぜひ欲しい。でも、審査委員会推薦作品の一覧の中に、涼宮ハルヒの憂鬱と並んでファフナーのRight of Leftがさりげなくあったのを見つけたときはもっとうれしかったかも。マルドゥックもポシャっちゃったんだから(まあ、ほぼ100パーセント、ブレイブストーリーがこけたせいだと思うが)、もうこうなっちゃったら、ファフナーの続編がんばって作っちゃおうよ、とウブちんには言いたいところです。
さて、それじゃあ落ち着いたところで、きのうのコードギアスの録画でも見るか。ローゼンのオーベルテューレもあるし、相変わらず見なきゃいけないアニメだらけです。

2006年11月17日

奥様3人でBLCDを鑑賞した昼下がり

うーん、なんだかここのところの私には、お気楽さが足りん。どうも現実に疲れていて元気が出ない。そんなところへ持ってきて、またもやPCのDVD周りがおかしなことになって、全く書き込みができない状況に(泣)。BIOSを初期化しようが、デバイスドライバー更新しようが全く元にもどらず、サポセンに泣きついても「それでは、こちらに送ってください」としか言ってもらえないので、泣く泣く初期化することにしました…てか、買ってまだ半年なのに、3回初期化してるって異常事態はどうよ?前のPCは3年使ってても初期化するほどのトラブルは一回しか無かったのに…くそっ!
DVDが焼けないので、やむなく250GBのHDDでバックアップをとることにしたんですが、やっぱり容量足りなかった、うー……まあ、おかげで色々いらないものを整理できたが。初期化の方は無事終わり、DVD関連の不具合は一応回復したんですが、そんなこんなで未だにフォトショップだの、ドリームウィーバーだの、ゲーム関連だのはインストールできていない状態です。iTunes関連を回復するのが結構大変だったなあ、mp3で11GBくらいの音源なんですが、フォルダとか全然整理してなかったから。本当に初期化はまんどくさ。
そんなぱっとしない折も折、近場でよくランチしたりする友達ふたりが、「ものは試しにBLCDなるものを聞いてみたい」とおっしゃるので、本日狭苦しい拙宅にお二人を招待いたしました。えー、ちなみに二人のうち一人はそこそこBLに理解あり、で、もう一人はまったくの一般人であります。し、しかし、聞いてみたいと言われても、何をどうお聞かせすれば良いのやら、まったくもって冷や汗ものだったのですが、そこそこBLに理解のある方に「だれか声優さんのリクエストは?」と聞いたところ、「森川さんと、櫻井さん、あと福山さん、井上さんと石田さんが聞いてみたいでーす」というお答えをいただきましたので、適当にご用意させていただきました、えへへ。
いやー、聞かせたら思いっきり引かれてしまうのではないかとドキドキだったのですが、思いの他二人ともノリが良くって、もう(笑)。森川&石田なら二人とも声になじみがあるだろうというところで、ダブルコールを選択したんですが、結構受けまして、非オタのほうの友人はそのあとしばし、原作まんがを「これ、おもしろい〜」と言いながら読んでくれていたので、内心ほっと胸をなでおろしたのさ(笑)。リクしてくれた友人のほうは、櫻井あるいは福山にはまるかと思いきや、予想外に井上和彦氏の美声にはまってしまったのでした。なので、調子にのってBLゲーの小杉×井上(なんてマニアックなCP!)のえちーシーンを見せてあげたら、ヘッドフォンしながらしばらくの間PC前に張り付いていたっす。彼女はマカーさんなので、ご自宅ではPCゲーはできないのです。いいよいいよ、近所なんだから、いつでもやりにおいで。私も今度、ボディーガードものBLに挑戦してみるから(え?)
あー、おかげで今日は良い息抜きができました。理解のある友人って、本当にありがたいよね(笑)。ちなみに、現在録画ためずにきっちりチェックしているアニメは、ついにコードギアス、すもも、パンプキンの3本になってしまいました。残りは時間があったら見るかな〜?(あやしい)。でも、3本ともおもしろいから十分幸せ。っつか、ギアスは来てるな〜、オラ、久しぶりにワクワクするぜ。うちはTBS組なので、あと3時間弱でオンエアーですね。今週もがんばってリアルタイムで見てしまいそうです。ルルたん面白すぎ。どこまでルルたんのアホっぷりが見れるかだけでも十分楽しいってのに、全力オレンジとか、ピザハットC.C.とか、若本皇帝陛下とか、もうつっこみどころの多いキャラばっかりなので、とっても幸せです。個人的には、EDの藤堂&ディートハルトのツーショットが激しく気になっているんで、早くふたりのからみが見たいのであります。いやー、おかげで冬祭りががぜん楽しみになってきた!ルル総受け本がいっぱいありますように…(なむなむ)

2006年10月31日

コードギアスとすももは、もうはずせない

やばいです。どうしよう。もう、どうしようってぐらいコードギアス見るのが楽しみになってきちゃった。ってか、ルルたんがどこまでキモくなってくれるのか、ワクテカが止まりません。アホだ〜、この子、真性のアホや(笑!
で、今までの流れをおさらいすると
第一話 何このキラとアスラン
第二話 種デスのシンも、このルルたんくらいとことん黒けりゃもっと愛せたのに
第三話 いやぁああ!何この頭の悪い月!?
第四話 ルルたんはやっぱりヘンタイでした。かわいすぎます。
みたいな感じか(笑?スザルルとかルルスザとかね、もはやそんなレベルではない気がしてきました。とことん顔はシリアスで、潤の声も思いっきり低音で決めてるのに、ことごとくガキっぽくてまぬけなルルたんかわいすぎ。ギアスの力手に入れて、有頂天で誰にでも使いまわるところとか、レジスタンスに指示だすのにいちいちチェスの駒動かさなきゃならないところとか…で、やっぱり極めつけは第4話の最後だよね〜。間違いなくスザクが自分のところに来てくれると思い込んでいるところがもう、ヘタレすぎですてきです。あの、ガッチャマンのベルクカッツエ(たとえが古すぎるところは許して)もまっさおな仮面とマントをつけて、前の晩鏡の前で、マント翻すところとスザクへのキメ台詞を、100回は練習してたに違いあるまい。それでもって、ベッドに入ってからは、首尾よくスザきゅんを奪還したあとにマスクをはずして、「…僕だよ…」「る、ルルだったの?」、そしてガバヒシっ、みたいな感動の再会を思い描き、うふふ、あはは、とキラキラ光りながら二人で回るお花畑妄想をしながら眠りについたんだよ、きっと……ああ、バカだ、本当にこの子バカでキモくてヘンタイでかわいいよぉおおっ!!
yuukyouseishunka
というわけで、ファフナー以来久々に、深夜アニメをリアルタイムで視聴してしまいそうな予感がしてまいりました。アリプロの勇侠青春謳も、アビスのドラマCDと一緒に買ってきたさ(笑!でも、ルルたんのフィギュアは値段も出来もいまいちっぽい気がしてさすがに予約はしてません。これも予約するようになったら、もはや私もおしまいだな。どうせ買うならスザきゅんとセットで飾るしかあるまい(もちろん、飾るときはスザきゅんはルルたんに背中向きで・笑)
しかも!今期はもう一つ笑いが止まらんアニメがあるのです。そうです、すもももももも、です。第3話は微妙な感じだったんですが、第4話があまりにぶっとんでて、もう涙出るまで笑いました。この回は、もう永久保存版です。見所は、やっぱりもも子ちゃんの女体盛(どんなアニメだ?)と、パンチラだめならノーパンでおkの銭湯あがりいろはちゃんと、孝士どのの睡眠学習だろうと。「俺のものになれよ、めちゃめちゃにしてやるぜっ」って、もう、私を笑い殺すつもりか?おまけに、チータンの半蔵が、私の覚悟していたのの更に斜め上を行く勢いのヘタレっぷりです。本当に犬です。かわいすぎます。日本の声優界広しといえど、いまヘタレキャラをやらせてここまではまるのは、チータンを置いて他にはいないに違いあるまい。もう、チータンフェチ冥利につきるね。ってか、好き声優がヘタレればヘタレるほどうれしいなんて、どこまでM属性のファンなんだよ、私。いろは姐さんに、フリスビーわんわんプレイをおねだりして、「あとでな」といなされてしまって、「いーまっ、いーまぁあっ!」とダダをこねる半蔵カワユス。何回でもリプレイしてしまうさっ。
そういえば、キャミ一枚でピンクの枕を抱いて、「こうしどのぉ〜、子作りをいたしましょう」と迫るたびにあっさりと断られるもも子の姿が、だんだんスザきゅんにふられて悔し紛れに「バカがっ!」と言って泣きそうなのをこらえてる(に違いない)ルルたんと重なってきてしまいました。もも子は睡眠学習法で孝士に無理やり「愛してるぜ」という台詞を言わせるわけですが、ルルたんがスザきゅんにギアスの力を使うときが果たしてくるのでしょうか?一人につき一回しか使えないとなると、使いどころが難しいなぁ(笑)。どんなにがんばってもスザきゅんが振り向いてくれなくて、最後になってうーんとおバカな使い方してしまえばいいと思うよ。そんな、最後まで全力でキモい人なルルたんを、ぜひぜひ見てみたいです。楽しみ。


2006年10月22日

時をかける少女

昨日見てきました……良かった、劇場で見ておいて良かったよっ!誘ってくれた友人に感謝。だいたいが不精者なので、見たい見たいと思いつつも誘ってもらえなければDVDレンタルになるまで見なかったかも。
えー、大作ではありません、決して。でも間違いなく良作、っていうか優良作です。最近の劇場版アニメが、金かけてCG技術を競ってどんどんと大作志向になっている中、そうじゃなくっても十分にエンターテイメントとして楽しめ、尚且つ心に響くものを作れるんだ、ってことの証明のような作品であります。こんなに空の青と雲のコントラストが目にしみる映画はなかなか無いもんだぞと。
「時をかける少女」が懐かしい、という人っていうのは、たいがい原田知世の映画版の方だと思うのですが、私はNHKの少年ドラマシリーズの「タイム・トラベラー」リアル視聴世代っすよ、大笑いですよ(30年以上前だっての)。
「タイム・トラベラー」の記憶があまりに鮮烈で忘れ得ないものだったので、実は原田知世の映画はあえて見ていません。なんか見たくなかった。今回のアニメ版も、主人公が芳山さんじゃない、ってだけでちょっとひっかかるものがあったんですが、ちゃんと出てました、芳山さん、主人公の真琴ちゃんのおばさんとして…芳山さんが思い出の写真の前にラベンダーの花を飾ってるところ見ただけで、私は涙が出そうになったね(笑)。
ストーリーは、正に王道青春もの。何度も映像化されている作品なので、目新しいものがあるわけじゃないんですが、やっぱりいいものはいいし、見せ方によっていくらでも新鮮な驚きを持つものなんだなぁ、と。作品を見る人の年代によって、見たあとの感想は違ってくるとは思いますが、作品の中で印象的に使われている”Time waits for no one”のフレーズがとっても心に沁みたのでした。
私は多分、主人公のおばさんとして出てきた芳山さんの視点で、真琴ちゃんの甘酸っぱい夏の思い出を見守っているような感じだったような気がします。DVD出たら絶対買うぞ〜っ!

2006年10月15日

銀座でGSオフ

ネット上で知り合った人と初めて交流を持つことのきっかけとなったのは、PS2のときめきメモリアルGirl's Sideでした。もう4年も前のことになるのか…逆に言えば4年しか経ってないのか。ものは考えようだな、うんうん。
で、この夏その続編のGS2が発売されたんですが、それをきっかけに久々にその時のメンバーでのオフ会が、昨日銀座でありました。最初のオフ会は何人集まったんだっけな?6〜7人だっけかな?昨日集まったのは5人です。まあまあの参加率?いやー、それにしてもこういう話をリアルタイムでできるチャンスっていうのは貴重だね。つくづくネットの有難さを実感しますよ。
昨日集まったメンバーの中の1人が、ぜひともキルフェボンのタルトを食べたい、とのことなので、銀座のキルフェボン行ったんですが…すっげー混んでた…うーん、やっぱり土曜の午後の銀座をなめたらいかんのか、いやキルフェボンをなめたらいかんのか。何を食べようかなぁ、とメニューを見たら、トップに「特選”南九州産 和栗”のタルト」の美味そうな写真が…でも、その横の値段を見て、思わず吹きそうになったね!1ピース¥1,260だよ、1ピースでだよ?でかい国産ステーキ肉が一枚買えるぜ、という浅ましい考えも頭の中をよぎったのですが、その写真の美味そうな栗の印象が鮮烈だったせいか、他のケーキの写真を見てもなんだか気もそぞろになり(何故?)ふらふらと吸い寄せられるように、その「特選”南九州産 和栗”のタルト」とブレンドを注文してしまったのでした。う、うまかった…やっぱり特選和栗は伊達じゃないよ、ほっくほく。けど、すっごーくおなかにもたれたよ!おかげで、なんか今日も胃が重いよ(苦笑)!
って、なんだかオフ会の話じゃなくて、タルト食った話になってますね、はい。
オフ会の方も、3時に集合して、結局は店3軒はしごして10時半までオタトークを繰り広げる(しかも、ノンアルコールで、というところが凄い)、という盛り上がり(?)ぶりでした。いやー、だってさ、この手の話って普段できる相手なかなかいないじゃない?こういう場で話さなきゃストレス解消されないっての(笑!
共通の話題というのは、やはりGSとGS2に関するものなんですが、その他のジャンルに関してはそれぞれ微妙にズレがあるもんで、まあ知ってる人がいればとりあえず盛り上がる、みたいなそんなノリで。話している内に、なんとか共通のとっかかりもいくつか見つかるわけで…ただし、腐関連が苦手な人もメンバーにいたので、そっち方面の話題は自粛自粛。それでもうっかり口をすべらせそうになり何度か冷や汗が(苦笑)。メンバーの1人に、オタクな方々御用達の店でバイトしている子がいまして、この子はさすがプロというかなんというか、たいがいのジャンルの基礎知識を持ち合わせているので、とてもとてもありがたかったです。「結局男向け漫画ってさ、うる星の頃から”ぱっとしない男のところに何故かかわいい女の子が押しかけてきて…”パターンが多いんじゃないの?」みたいな発言が出たんですが、その時そのオタバイトの子が、「今もヤングガンガンで連載している漫画で…」と言いかけたので、思わず私は爆笑してしまったさ!でもって、二人でお互い顔を見合わせて、「すもももももも!」とハモりました。ああ、こんなところで気が合うのってなんか…うれしい(のか?)
次にGSの続編が出るとしたら、3年後くらいなのかな?その時はどんな声優さんにメインキャラやって欲しい?という話題になったのですが、私とそのバイトさんは、「是非とも宮野真守で」ってことで意見が一致したのです。でも、残りの人は宮野って誰だか知らなかったもんな。やっぱりまだ知名度低いのかなぁ。デスノのライトだよ、と言っても桜蘭の環だよ、と言っても通じなかったよ…(もちろん、ファフナーの僚だよ、といっても通じるわけはないと思ったので、それは言わなかった)。
その代わり、ネオロマの話題になると私がさっぱり付いていけないのですよ、うーん。そういう友達と付き合うならば、やっぱりネオロマ系は押さえておいた方が話題に事欠かないなぁ、とは思うんですが、まあこればっかりは趣味の問題なわけで。実は、スーパーファミコン版で最初にでたアンジェリーク、定価(確か9000円台だった)で購入しているんですよね、当時。でも、何故かプレイする気にならなかった…やろうやろうと思っていたのに。どうもこの辺からコーエーとは縁が無かったんだろうな、と思います。やればやったで楽しいのかな、とも思うんですが、他にやりたい事が多すぎて、優先順位が下がってしまうんですよね。だいたいがGS2だって、アルバム80パーセントくらいしか埋まってないし。昨日のオフになんとか間に合わせなくては、とがんばって隠しキャラも含たメインの男の子たちを落とし終わった…つもりだったんですが、「これでオフ会準備は完璧!」と思ってEDリストを見たら、真咲先輩をまだ落としてなかったことに気付いた…(そういえば、やたらと真咲先輩とデートした覚えはあったけど、結局面倒になってあっさり振って別キャラEDを迎えたひどい主人公は私です)。というわけで、うえだゆうじのフリートークを聞かないままのオフ会でした、すんません。それじゃ、がんばってEDリスト埋めに行くか。

2006年10月11日

アニメチェックも楽じゃない

さてさて、またもや録画に視聴が追いつかない新番組の季節となりました。どう考えてもアニメの新番組の多さは異常。半分でいいから、もうちっとクォリティを上げてくださいよ、と。それでも、もしかして見ておかないと後から後悔するかも、という殆ど強迫観念に近いものに駆られて録画を予約してしまう自分もどうかと思うが(ゼーガを見なかったことを今更悔やんでるもんで尚更)。
とりあえず第一週で録画したタイトルは、ざっと13本、これって多い方なのか?そのうち3本は同居人専用なのでどうせ見ない、でもって3本は時間がなくて未視聴(このままずっと見ないような予感もするが)、残りはがんばって見ました…やれやれ疲れた。
それにしても、今期スタートの土6はもはや、視聴打ち切りの予感がひしひしです。血+だって2ヶ月くらいは見たんだけどなぁ、今回はなぁ…。なんかさぁ、華がないんだよね、華が。だいたいが時代劇系苦手な上に、キャラデザが色々な意味で無理。見た目ごっつくてむさくるしいのに、何故か目のあたりがベルばらというかエースをねらえ!というか、まあ要するに70年代週間マーガレット風なのがキツイのです。おまけにテンポのろいわ、台詞のとっつきは悪いわ。前半は本当にいいとこ無かった。後半にはいって少しは動きが出てきたような気もするし、若本御大の台詞回しは相変わらず素敵なんですが、来週も見たいかというと、相当苦しいものがあります。まあね、自分が面白くないと思ってるもん無理して見る必要もないし。ってわけで、向こう一年は土曜のお出かけで帰りの時間が気になる心配はまずはなくなりました(いやぁ、無印種の後半の頃は、本当土曜の夕方外出していると落ち着かなくて大変だったのです)。
デス・ノートは、第一話は作画も気合入ってたし、先週まで殿だったマモたんの声も、予想どおりいい感じにはまっていたので視聴続行。それにしても、マモたんのブログは本当に癒されます(笑)。あ、でもその他のジャンプ系は全部見てません。いったいジャンプ系だけで、何本放送中なんだ??
今期一番期待していたコードギアスの第一話は、まあまあ、って感じかな?ルルーシュとスザクの再会のシーンがどうにもこうにも種を思い出させられてアレだったんですが、テンポの良さとか、ガン×ソードを彷彿とさせるような演出とか、それなりに派手さもあって良いのではないかと。でもなー、一連の土6もこのコードギアスもそうなんだけれど、TBS系のアニメってなんだか偏ったイデオロギーっぽいものを押し付けられてるような微妙な感じがしてしょうがない。これって、プロデューサーが同じ人のせいなのか、それとも局の体質なのか?あまりに露骨な反米臭がすると、正直萎えるんですが。まあ、コードギアスに関しては、谷口氏がそのあたりも軽くかわして純粋なエンターテインメント作品に仕上げてくれることを期待してます。
銀色のオリンシスに関しては、とりあえずは様子見という感じ。なんか、レトロな作りだよね(笑)。あと、今期は単に千尋目当てだけで見始めた2本が、予想外にいい感じだったので、楽しみです。パンプキン・シザーズは、ヒロインの女の子かわいいし(笑)。あと、すもももももも、は全然期待していなかったのに、すっげー面白かった!ここまでのバカアニメだと、いっそ清々しいさっ!あやかしあやしの途中のCMで、すももが流れたときは、思わず本気でこっちと枠とっかえて欲しいと思いました。もはやエロもグロもなんでもありの土6なんだから、この際子作りネタもおっけーにしてくれよ、と(笑)。何気に今期一番の楽しみになったかもしれません。早く半蔵出て来い!

Archives
過去の日記はこちら
Profile
マイカ
関東在住・アキバ系主婦
現在好きで好きでたまらんもの
 蒼穹のファフナー
 皆城総士
 鈴木千尋
テイルズ・オブ・ジ・アビス
 ルーク・フォン・ファブレ
 アッシュ
 ガン種
 アスラン・ザラ
 ANGEL'S FEATHER
逢坂 来栖
 御園生 櫂
過去好きで好きでたまらなかったもの
 (今でも好きだけど)
 新世紀EVANGELION
 サクラ大戦シリーズ
 菅野ひろゆきのギャルゲ
 ときめきメモリアルGS
とりあえず、3人の子持ちだったり。
ここまできたら、多分一生オタクを卒業することは無いってことです。
親子2代オタクのパイオニア
あまりにファフナーが好きすぎて、勢いで作ってしまったサイトはこちら↓
サイト名の由来はこちら

蒼穹のファフナー正座同盟

seizadoumei


蒼穹のファフナー正座同盟


盟主「燕。」さま

Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク