謝謝台湾計画

計画概要

出資募金総額の使途について:募金の前に必読です。

2011年04月15日
ツイッターでご報告しましたように、

本日、台湾最大(発行部数70万部)の「自由時報」から1/2ページで1,306,368円(約130万円ー本日のレート)でのお申し出を頂きました。

掲載は最大でこの2紙のみと考えております。
「聯合報」(発行20万部)と「自由時報」(発行70万部)の併せて90万部、それぞれ1/2ページで台湾の皆さんにお礼が言えます。
新聞を買う人だけでなく、売店や電車の中で多くの人の目にふれてもらう事が大事だと思っています。

こういった広告は多くの人の目に触れなければ、それこそ自己満足だと私は思うのです。 

さて、ここで一度、お金の目標額を整理したいと思います。「自由時報」まで入りましたので、出資募金総額の使途を下記のように3段階の基準で考えたいと思います。

募金締め切り日(現在、4月27日あたりを想定:口座設立により前後します)の時点で

1. 「聯合報」掲載費+送金手数料<出資募金総額
→1-A: 西村ひろゆき氏が当初のつぶやいたように援助して頂けるなら、「聯合報」に広告掲載。
→1-B: 当初と条件が変わるので、西村氏から援助頂けない場合は全額、日本赤十字社を通じて被災地へ寄付。

※最初は有志で100万円に満たない場合は補填していただけるとのことだったので、条件が変わりましたので、それは西村ひろゆきさんんの自由なご判断でいいと思います。
また、彼も有志の1人ですので、無理にお願いしたりするのは控えたいと思いますので、その点もご協力をお願いいたします。

2. 「聯合報」+「自由時報」+送金手数料>出資募金総額>「聯合報」掲載費+送金手数料
 →「聯合報」のみに掲載。残金は全額、日本赤十字社を通じて被災地へ義援金+振込手数料。

3.  出資募金総額>「聯合報」+「自由時報」+送金手数料
→ 「聯合報」「自由時報」ともに掲載。残金はわずかでも日本赤十字社を通じて、被災地へ義援金+振込手数料。 

この上記の条件にご賛同いただける場合は、ぜひ、この「謝謝台湾計画」のために最低1000円からお振込いただきたいと考えております。
※ 現在頂いている条件は
「聯合報」NT$360,000 (約108万円 TTSレート)
「自由時報」1,008,000元/ページ×0.9(チャリティ1割引)×1/2 
= 453,600元 (約130万6000円 TTSレート)

※  尚、聯合報掲載を優先させていることにつきましては、FAQをご覧の上、今回の計画の経緯をご理解頂けますようお願い申し上げます。

maiko_kissaka at 20:21|PermalinkComments(42)TrackBack(0)

謝謝台湾計画の趣旨と概要

2011年04月14日
言い出しっぺのMaiko Kissakaと申します。
■主旨
この計画は、
『今回の震災で多大な義援金を用意してくれた台湾に新聞広告を出して日本の有志でお礼を言おう。』という計画です。

のブログについて
今までの詳しい経緯についてはTwitterなどでまとめサイトがあります。そちらをご覧ください。

このブログでは、入金方法やFAQなどの事務情報を随時UPして行きます。今まではツイッター上で経過報告などをしていたのですが、情報が増えて来ましたので、ブログにまとめる事にしました。

また、お金の流れを可視化するために集まった金額や新聞社からの請求書なども画像入りでUPしていこうと思います。 もちろん、個人情報には十分に配慮して行きます。

 ■募金方法
 ◯専用口座をつくり(4/15 口座開設予定)そこに振込んで頂く形式にします。PayPalは検討中です。
 ◯期間は4月20日~4月27日までの一週間(予定)
 ◯振込最低金額 1000円
(手数料は振込人様のご負担でお願いします)
1000円単位でしたら、上限は設けませんのでおいくらでも結構です。
 ◯個人/法人は問いません

■ 募金総額などのレポート
◯振込開始後、毎日19時近辺にその日に振り込まれた金額の総額と件数(人数)をご報告します。
◯私の仕事の都合もありますので更新時間は前後します。
◯画像は個人情報の記載があるので、通帳の総額部分のみupいたします。 
 ◯掲載紙からの請求書(invoice)の画像もupします。

 ◯これも別ページで詳しく説明しますが、余剰金が出た場合はその分は全額、日本赤十字社を通じて被災地の方に寄付いたします。 (振込手数料はのぞく)

 ■ 掲載新聞
1.聯合報
HP: http://udn.com/NEWS/mainpage.shtml 
wikipedia: http://ja.wikipedia.org/wiki/聯合報 

広告掲載スペース
1/2ページ(w320mm x h248mm)

価格 NT$360,000 (日本円にして1,086,588円)
※SNBCの台湾ドルTTS参考為替相場 3.0183で計算 (4月14日)

掲載日
こちらからの指定はできませんが、希望の期間を伝えれば最大限努力する。との回答を得ています。私としてはなるべく早く謝辞を伝えたいのでできれば今月内でと考えています。

 経緯 
最初にこの計画を思いついた時に、台湾からの帰国子女の友人を通じて担当の方にコンタクトをとりました。計画の主旨を理解してもらい、非常にご協力いただき価格もディスカウントしていただけました。
 
2.自由時報 (4/14現在 掲載未定 別ページにて説明)
HP: http://www.libertytimes.com.tw/index.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/自由時報

広告掲載スペース 
未定

価格未定

掲載日未定

 経緯 
台湾の新聞は政治的スタンスが日本よりはっきりしています。Twitterにてこの計画をUPしてから、新聞社のスタンスとしても聯合報と自由時報の2紙に載せた方がバランスが良い。との指摘が多数寄せられ、広告の掲載を望む声が非常に多かった新聞です。

現在の予算状況では全くの未定ですが、別ページにて掲載に踏み切る場合の判断基準を説明しております。

■ご出資して頂いた方のお名前記載
 ◯ Twitterにも書きましたが、今回はできるだけ多くの方にご参加いただけるようにするため、かなりの人数になることも予想されます。
したがって、広告紙面に皆さんのお名前を記載するのが筋とは思いますが、広告面では「日本有志一同者」という記載に留め、このブログにてお名前を記載させて頂きたいと思います。
(匿名希望の方には振込後、メールを出せる様に専用のメールドレスを設定いたしますので、そこにその旨をお送りいただけるようにします)

◯ また、本来でしたら漢字でのフルネームにしたいのですが、振込記録との照合作業はかなりの時間を要するので、銀行からの振込通知の名前(デフォルトはカタカナ)を考えています。

とりあえず、現在の概要はここまでです。
特に問い合せの多かった掲載紙とお金の使用用途については別ページにてご説明いたします。 



maiko_kissaka at 19:00|PermalinkComments(14)TrackBack(0)