1月11日。
今年初めてのおうちパン講座は、バレンタインレシピの「ハートのシュガーバター」、1名様のレッスンでした。
優しい甘さのココア生地は、バターたっぷりのリッチなふわふわパン。
生地そのものは甘さ控えめなので、小さなお子様には仕上げのバターと砂糖をまぶさずに食べさせてあげられるのも嬉しいレシピです♪♪

余談ですが我が家のお食事事情。
我が家の子供たちは、3歳まで「甘い」お菓子やジュースを与えないようにしています。
キツキツのがんじがらめは続かないと分かっているので(笑)
お料理のお砂糖はOKです。
上の子達がジュースを買って飲む時は、末っ子は牛乳かトマトジュース。
今、1番下の末っ子(2歳4ヶ月)がその最中な訳で。
買って食べるおやつを選ぶ際は、上の子達にも協力して貰っています。
感謝、感謝!

なので、ハートのシュガーパンは、末っ子も同じ形、同じ色のパンを食べられるのです。
もう分かるお年頃なので、3歳になるまでのあと8ヵ月が頑張りどころ。
おうちパンは生地が甘すぎないので、我が家にはとっても有難いレシピなのです。


長くなりましたが。
鹿児島にも大雪予報のでた、レッスン前日。
鹿児島市の最南端ですが熱の少ない田舎にある我が家。
交通機関も少なく、雪が積もるとたちまち動けなくなります。
当日朝、起きてみると外はいつもの景色♪♪♪
5回目のレッスンに来て下さる方だった事もあり、温かい場所で2時間で発酵する方法で生地を準備させて頂き、急遽開催を決断致しました。
いつもは口頭でお伝えしている方法ですが、実際にお伝えできて、これも結果オーライでした✨


お手軽に作れるおうちパンですが、やっぱり生地を触って成形するのもやっぱり楽しいですね😊
新しいレシピは、私自身何度か焼いてレッスンに臨んでいますが、今回初めてハートの焼き上がりの形に納得できず。
まさか、レッスンで納得できない結果になるとは、、、。
でも、ハートのコツはバッチリ掴みました!
次回からは、成形をお伝えできます!



今回は、cottaさんより「おうちパンブレンド」というお粉が発売されたことを機に、今後のお教室で使用する材料選定のために、食べ比べ実験にも協力して頂きました。
全く同じ条件で焼いたパンですが、膨らみ方の違いは勿論、小麦の味の奥深さや食感の違いを食べ比べして楽しみました♪

左から
はるゆたか100%、 おうちパンブレンド、理研アメリカ産小麦です。

スーパーで購入したアメリカ産小麦(品種不明)
水分量もレシピ通りに。
捏ねの段階で1番柔らかく、べとつきました。
焼き上がりは1番の膨らみ。
他に比べパサついた感じ。
あっさり味。

北海道産おうちパンブレンド
国産小麦でも生地が扱いやすく。
膨らみは悪いが、キメも細かく何よりもっちり感が最高!
小麦の味もしっかり味わえました。

北海道産はるゆたか100%
当教室始まってからずっと使用しています。
海外産程はないけれど膨らみもよく。
小麦の旨みはピカイチでした!

因みに、焼きたてはどれも美味しい。
なので、すっかり冷めてから頂きました。
そして、全て個人の感想ですので、ご了承くださいませ。


今月は、年末年始美味しいご馳走を食べた身体に優しいメニューを。
試食にはバレンタインレシピよりおつまみパン(グリッシーニ)。
根菜ときのこの豆乳スープ。
自家製ゴマドレと鰹節のブロッコリーサラダ。
お砂糖不使用の甘酒ムース。
お腹も心も満足♪
お子様も安定の食欲♪♪
来週は1歳!
「パン!パン!」とおしゃべりしてくれました✨✨✨

雪もふり、(↓田舎さの公開♡)
虹も出て、(↓田舎さの公開♡)
様々に変わりゆく窓の外の景色を楽しみながら✨

パンの焼ける温かさと香りに包まれた、素敵なレッスン初めでした✨

いつも同じラッピングで残りをお持ち帰りして頂いているのに(5回目)、お店みたーい♪♪と、喜んで頂きました👩‍🍳💕🙌

確かに、ハートが沢山で可愛い♡