2006年11月09日

11/9 追加04

△NTN<6472>は業績上方修正に増配加わり年初来高値に肉薄
△京急<9006>は中間決算の上ぶれ期待を信用好需給が後押しし反発
△アルゴ21<4692>は業績増額の好事業環境を再評価し続伸、通期業績は、売り上げのみ10月に買収したガーデンネットワークの上乗せで7億円上方修正したが、利益はSI事業に不確定要因があるとして期初予想を踏襲、純利益は8億円(前期比4.9倍)を見込んでいる。PER14倍台、PBR1倍割れの割安修正が続こう。
△テスコ<4226>はTOB価格にサヤ寄せし買い気配切り上げる
(東洋経済新報社)

△東京スター銀行<8384> 「ATM無料」を続行
(J-CASTニュース)

▼スパークスG<8739> 売り先行。決算内容並びに月次動向が嫌気されているようだ。06年9月中間期は、最終利益が前年同期比49.7%増の29.11億円となった。ただ、第1四半期の増益率6.7倍に比べて成長ペースが鈍化、第2四半期のみでは前年同期比並びに直前四半期比で大幅な減益となっている。また、10月末の運用資産残高が2ヶ月連続して減少しており、先行き懸念が生じているもよう。
△TIS<9751> 大幅反発。前日の引け後に中間決算を発表、ほぼ7月の下方修正並みの数値に着地しており、安心感が高まる状況となっているようだ。第1四半期は大幅経常赤字決算で未達懸念は強かったようだ。なお、通期営業利益は下方修正されているものの、会計基準の変更による特殊要因となっている。
▼BBネット<2318> ストップ安。一株利益の希薄化並びに需給悪化懸念が生じているようだ。ウェル・フィールドキャピタルを引き受け先とした新株予約権の発行を発表、今回のファイナンスによる潜在株式数の比率は現発行済み株式総数の18.7%になる見通し。なお、行使価額には下方修正条項が付与されている。
▼エスケーエレク<6677> 売り気配。決算内容が嫌気されているようだ。06年9月期は計画未達、経常利益については前期比9.3%減の18.78億円にとどまった。8月上旬の下方修正値からさらに下振れとなり、一転して減益となっている。また、07年9月期については、経常利益で10.25億円と大幅な減益となる見通し。
△ダヴィンチ<4314> 反発。四半期決算の内容が評価材料となっているようだ。第3四半期までの業績は経常利益で前年同期比3.3倍の98.84億円、通期予想に対する進捗率で76.9%となった。なお、日興シティでは好決算との評価、投資判断「1H」並びに目標株価21万5600円を継続している。
■KDDI<9433>---当初予想通りの結果で25日線突破材料としては弱いか、MNPでは、加入者数は10月31日までに差し引き9万8300件増加となった。これを評価するものの、当初予想通りの結果であるため、25日線突破材料としては弱いか。
△サンケン<6707>---反発、東海東京では投資判断格上げ、CCFL事業回復などで今期業績は会社計画を上回る公算、PER水準にも割安感が台頭としている。
△ヤマダ電機<9831>---GSでは買い推奨から削除、ゴールドマン・サックスでは収益性改善ペース鈍化を受け、レーティングを「買い」から「中立」に引き下げ、買い推奨から削除している。目標株価は13600円から11900円に。
△東北ミサワ<1907>---ダブルボトム形成でリバウンド狙いも
△アイフル<8515>---目先的な悪材料出尽くしからリバウンド狙い
▼三井不動産<8801>---続落、JPMでは格下げで売り推奨へ、JPモルガンによる投資判断格下げが売り材料とされている。目標株価は2650円、「ニュートラル」から「アンダーウェイト」に格下げしている。焦点の定まらない多角化により、中長期的収益展望の悪化が懸念されるとしている。同社の売り推奨レポートは数少ないと見られサプライズも。
▼東邦テナクス<3403>---エアバス「A380」のキャンセル発生嫌気、航空機需要増に伴う炭素繊維拡大が期待されているだけに、嫌気売りにつながっている。
△TIS<9751>---大幅反発、決算発表通過による安心感で、通期営業利益は下方修正されているものの、会計基準の変更による特殊要因となっている。
△日鉄鉱業<1515>---上昇率トップ、大幅上方修正を材料視で、上昇率トップ。昨日発表した業績予想の上方修正が材料視される。中間期経常利益は従来予想の47億円から72億円にまで上方修正、通期では78億円予想から123億円にまで増額へ。銅価の上昇が業績上ブレに直結する格好、PER水準の割安感も台頭する展開へ。
▼日野自動車<7205>---再び25日線を割り込んでいる、ゴールドマン・サックスでは強い売り推奨リストから削除し、売りを継続したもよう。国内シェア下落は概ね株価に織り込まれ、絶対株価の下落余地は縮小したと判断。
△トラスコ中山<9830>---レンジ上抜けによる一段高を期待する動きへ、信用倍率は1.01倍と需給妙味も。なお、新光証券ではレーティング新規「1」との観測。
▼東都水<8038>---需給は急速に悪化してしまったとの声
△エクセディ<7278>---買い優勢、モルガンでは新規「オーバーW」、主力のトルクコンバーターの成長加速を織り込む局面であるとして、目標株価は4500円としているもよう。今後3年間の営業利益成長率は年率16.2%を予想としている。
△クレセゾン<8253>---しっかり、UBSでは「BUY」に格上げ、中間期最終損益は165億円の黒字予想から59億円の赤字に下方修正している。利息返還金の引き当て計上が背景となっている。経常利益段階では345億円から430億円に上方修正するなど、悪材料出尽くし感が先行する状況に。UBSでは投資判断を「BUY」に格上げで4600円目標としている。
△三菱レ<3404>---3日続伸で直近戻り高値を意識、三菱UFJ証券ではレーティングを「3」から「2」に引き上げたもよう。足元の事業環境に加え、株価に割安感があると判断。
△ネットワン<7518>---大幅反発、メリルでは「買い」に格上げ、目標株価を22万円としていることが評価材料につながっているようだ。企業のネットワーク構築需要が顕在化してきており、業績に底打ち感が出てきたと判断している。米国でのシスコの決算上ブレなども刺激材料へ。
△東レ<3402>---GSでは「買い」レーティングを継続、炭素繊維と情報通信材料が増益を牽引、通期も計画達成を予想
(フィスコ)

△ムトー精工<7927>が急反発、中間期の2ケタ増収増益決算で
△アイネット<9600>が買い気配、今期業績予想を上方修正
△日本ガイシ<5333>がしっかり、9月中間経常益は前年比64%増
△近鉄エクスプレス<9375>が反発、中間期の2ケタ増収増益を好感
△鈴木工務店<1995>がJQ市場値上がり率トップ、上方修正好感
△住友ゴム工業<5110>、2006年12月期連結決算予想=当期利益215億円、上方修正
△日華化学<4463>:中間連結、06年9月当期25.9%増4.26億円、07年3月予想6億円
△オックスホールディングス<2350>、2006年9月期単体決算予想=当期損失は21.17億円、下方修正
△川崎汽船<9107>が07年3月期営業益予想を600億円に上方修正、運賃市況の改善が寄与
△日証金<8511>:06年9月中間期連結決算予想、当期利益28.54億円、上方修正
△アイネット<9600>、2007年3月期連結決算予想=当期利益10.10億円、上方修正
△日本郵船<9101>が07年3月期連結営業利益予想を1150億円に上方修正、定期船事業が堅調
△ダイヤモンド電機<6895>、2006年9月中間連結決算予想=当期利益2.04億円、上方修正
△ディックスクロキ<8884>、2007年3月期単体決算予想=当期利益6.85億円、上方修正
△椿本興<8052>:中間連結、06年9月当期32.6%増5.53億円、07年3月予想11.60億円
△バンダイナムコHD<7832>の発行体格付けをAに新規格付け=R&I
(ロイター)

▼ダイトーケミ<4366>が年初来安値更新、原材料費の値上がりで今期予想を下方修正
△日精化<4368>が4日ぶり反発、今3月期最終益は過去最高更新の見込み、増配も、脂肪酸を基盤に化粧用化学品などに強みを持つ同社は8日、今3月期(連結)の9月中間期決算および通期最終利益の上方修正を発表。これに伴い増配も決めた。中間期経常利益は不動産部門のマンション分譲が大幅減と見込み通りに推移、前年同期比9.2%減の13億4000万円となった。しかし、そのほかすべての分野において収益性が向上、純利益は固定資産減損処理を行った前年同期から50.6%増の7億8600万円と大幅増益となった。
△エフテック<7212>がしっかり、東洋証の新規「Buy」を買い手掛かり、東洋証券が8日付で同社の投資判断を新規「Buy」でカバレッジ開始したことを好感。(1)ホンダの新型車の貢献(2)ホンダ以外への拡販の動き(3)下期の業績見通しは前年同期比20%の経常減益と一時的なコスト負担を織り込んでもやや保守的、などを考慮。同証券予想ベースの今期予想PER12倍台の株価水準には割安感があるとしている。
(株式新聞ダイジェスト)

▼東京カソード<6868>がS安売り気配、上期業績に失望感、「プローブカードは堅調に推移したものの、液晶バックライト用電極の需要が落ち込んだのが響いた」などと説明している。先行きが読みにくいとして07年3月期の通期予想は従来の数値を変えていない。
△日無線<6751>が高い、中間期予想上方修正を評価、携帯電話の番号ポータビリティー制導入を控えた国内通信事業者によるインフラ整備投資の増加を背景に基地局関連の通信機器の売上が伸びたほか、販売促進費を中心にした固定費の削減効果も赤字幅の縮小に寄与した。 
(ラジオNIKKEI)

△PNS<6752>、Webサイト管理・運用者向けCMS「DBPS」の最新バージョンを発売
△マクニカ<7631>、ADI社製Blackfinプロセッサ向け開発・評価用ボード「MARBO−3EX」を開発
△フジタ<1725>、米マイクロストレイン社とワイヤレス計測システム事業で業務提携
△ゼンテック<4296>、地上デジタル放送受信チューナを搭載した「IP−STB」を開発
△YOZAN<6830>、基地局「2.5G WiMAX」が「2.5G WiMAX」)として機能するデュアル化対応終了
△メディアGL<6659>、映像伝送装置「MD2500」を米大手放送事業者から受注
△不二製油<2607>、ベルギーで業務用チョコレート工場が稼動
△りそな<8308>銀行など、投資信託「りそなワールド・セレクト・ファンド」の取り扱い開始
△三菱ウェルファーマとクレハ<4023>、慢性腎不全用剤「クレメジン」の海外ライセンス契約を締結
△横河電機<6841>、ロシアの石油化学グループ「JSC」と戦略的パートナーシップ協定を締結
(日経プレスリリース)

△コマツ電子<5977>が7日続伸、PER25倍の7500円へ、10月末に今07年3月期の連結経常利益見通しを、135億円から152億円(前期比52.8%増)に上方修正するなど業績が好調で、PER21倍と出遅れ感があることが引き続き評価されている。300ミリシリコンウエハの国内生産能力を、現在の月産7万5000枚から08年春までに同13万枚に拡大。台湾子会社の増産で同23万枚体制を目指すなど、成長性も買い材料。今期予想連結PER25倍の7500円を意識した展開が見込める。
△パイロット<7846>小安い、同社は万年筆の老舗で独走的な地位を占めるほか、米国向けゲルインキボールペン「G‐2」も大幅な伸び。「文字文化を守り続けていく製品作り」をモットーとする一方で、女子中高生の日記ブームに着目した多色ペンを展開するユニークな展開も注目される。800,000円割れの今の水準はむしろ、押し目水準のタイミングとみてよいところだ。
△リロ<8876>、海外赴任社用サイト運営開始、海外赴任者に利用者を絞り込んだブログ・SNSコミュニティ「海外赴任blog」を開設した。同サイトは、海外赴任者に利用者を絞り込んだブログ・SNSコミュニティが特長。
△共立印刷<7838>が強含み、8日に06年9月中間期の収益増額修正を発表、商業印刷物の増加などで、経常利益が従来予想の9億3000万円から11億7200万円見通しになったことが手掛かりになっている。
△DDS<3782>が急騰、車載用ワンセグチューナーの開発、製品化に製鋼したと8日に発表したことが材料になっている。
△ネットワン<7518>が買われる、メリルリンチ日本が同社株の投資判断を中立から買いに引き上げたことが材料になっている。
△スタイライフ<3037>雑誌とモバイルなどのメディアミックス手法の成長性に期待大。
△扶桑レクセル<6386>主力のマンションのほか立体駐車場が拡大。
△コナミ<9766>ペンシルバニア州のライセンス取得など世界的に広がるカジノ解禁に向けた動きに対応強化。
▼ノジマ<7419>が急落、年初来安値を更新、パソコン、関連製品の伸び悩みで、06年9月中間期の連結経常利益は従来予想の13億円から5億円になる見通し。また、07年3月期通期の連結経常利益は同36億円から23億円になる見込みだ。
△日神不動産<8881> 中間期減収減益も販売は順調、通期純益48.1%増予想、物件の完成引渡しが3月に集中していることや契約高の推移も予定通りであることから、3月期通期の連結業績見通しについては期初の予想通り、売上高563億円(前期比5.6%増)、経常利益63億円(同3.1%増)、純利益36億6000万円(同48.1%増)と増収増益を見込んでいる
(株式市場新聞)

△ニチレイ<2871>は続伸、女子ゴルフの連想買いも?
△そーせいグループ<4565>が上値追いに弾みがつく、主に英国子会社がノバルティス社から受領するNVA237に関する受託開発収入、日本の子会社である(株)そーせいのサンド社(オーストラリア)向けのNorlevoR(緊急避妊薬、開発コードSOHー075)出荷額が当初の想定より伸長しているという。
△日本アビオニクス<6946>の今期経常は最高益見通し、2007年3月期連結業績は売上高が前期比20%増の362億円、経常利益が20%増の15億3000万円と17年ぶりに最高益を更新する見通し。
△養命酒製造<2540>は9月中間が減収でギャップダウンも中期は買い時
△日本冶金工業<5480>は昨年3月高値を抜き青空相場へ
△富士通ビジネスシステム<8092>は3カ年計画達成へ全力
△アムスク<7468>は中間、通期とも黒転へ、本格的な上昇期待
△オイレス工業<6282>が新値追い、7年ぶりの3000円台乗せも視野に入る
△TIS<9751>は好決算が引き金、本格的な上昇局面へ
△モリ工業<5464>は今期EPS40円突破説も
△新和海運<9110>は新日鉄系、中間決算発表の先回り買いも
△富士電機ホールディングス<6504>は中期成長を買う
(証券日刊新聞)

△日証金<8511> 上方修正、日証金は、2006年12月通期連結決算予想を発表した。貸借取引貸付金残高が前回予想を下回った ことに伴い貸倒引当金戻入益が増加し持分変動損失が予想より下回り上方修正となった。営業収益203億円(前予想190億円)、経常利益51億円(同47億円)、当期純利益28億円(同20億円)。
▼オックス<2350> 下方修正、オックスHDは、2006年9月個別業績予想を発表した。子会社への投資損失損失の計上や、貸し倒れ損失処理の増加で、下方修正となった。売上高6億円(前予想5.4億円)、経常利益2.35億円赤字(同2.4億円赤字)、当期純利益21.17億円赤字(同9.6億円赤字)。
△住友ゴム<5110> 上方修正、住友ゴムは、2006年12月通期連結決算予想を発表した。連結子会社SRIスポーツ上場にともなう売出の売却益が10億円増加し、上方修正となった。売上高5250億円、経常利益300億円、当期純利益215億円(前予想210億円)。
△商船三井<9104> 今期予想 市場予想上回る、商船三井は、2007年3月通期連結決算予想を発表した。当期純利益1120億円。市場の事前予想はクイックで1021億円、前回会社予想は1000億円。
△郵船<9101> 事前予想上回る、郵船は、2007年3月通期連結決算予想を発表した。当期純利益は680億円と、前回会社予想590億円、市場予想、クイックで当期純利益629億円を上回った。
△川崎汽船<9107> 今期予想 事前予想上回る、川崎汽船は、2007年3月通期連結決算予想を発表した。当期純利益510億円。市場の事前予想はクイックでは420億円。会社用も同じであった。
▼ミツウロコ<8131> 下方修正、ミツウロコは、2006年9月中間連結決算予想を発表した。コスト削減で経常利益は増加したが、減損損失を計上し、下方修正となった。売上高550億円(前予想612億円)、経常利益14.1億円(同12億円)、当期純利益3.57億円(同5億円)。
▼いい生活<3796> 下方修正、いい生活は、2007年3月通期連結決算予想を発表した。システムトラブルやこれにともないヤフーへの遺失利益を賠償するために、下方修正となった。売上高17.5億円、経常利益2.5億円、当期純利益1.22億円(前予想1.4億円)。
△ダイヤモンド電機<6895>が急騰 上方修正、ダイヤモンド電機は、2006年9月中間連結決算予想を発表した。売上高が予想を上回ったこと、為替差益の計上等により、上方修正となった。売上高172億円(前予想165億円)、経常利益3.6億円(同1.3億円)、当期純利益2億円(同0.2億円)。
△ディックスクロキ<8884>が急騰 上方修正、ディックスクロキは、2007年3月通期非連結決算予想を発表した。売上総利益が増加する見込みであるのに加え、販売費及び一般管理費・金融費用が当初予想より減少する見込みである事で、上方修正となった。売上高260億円(前予想257億円)、経常利益13億円(同12億円)、当期純利益6.85億円(同6.33億円)。
(證券新報)

△USEN<4842> 初の個人投稿型動画番組
△中国あいおい<8761>損保 天津で支店設立準備認可を取得 外資損保で初
△メガバンク、船舶に注力 三井住友<8316>、邦銀初の「ファイナンス室」
△富士フイルム<4901>、デジカメにブログ画像編集機能
△建機大手3社 9月中間決算、軒並み大幅増収増益 コマツ<6301>と日立建機<6305>は、営業利益、経常利益、最終利益がともに中間期として5期連続で過去最高益を更新。新キャタピラー三菱も最終利益が過去最高となった。
(FujiSankei Business i)



  人気blogランキング 登録しました!

<激買い>
<仕手注目>・ライブM<4759>・虹技<5603>
日経CNBC画像番組表の[これから狙う注目銘柄]スレも注目ですよ。

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. マンション査定ガイド  [ マンション査定ガイド ]   2006年11月10日 18:51
マンション査定の情報ガイド。マンション査定の関連情報をお届け。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
「ブログパーツ」by OCN
OCN
image

OCN
image
ブログで株式情報
Fisco Gate 銘柄検索
銘柄コード or 銘柄名 を入れて下さい


Easylistener
オススメ証券
アフィリエイト
国内商品先物14銘柄価格表
オススメ株ソフト
株主優待ランキング
フィナボッチ計算式
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
楽天市場
livedoorニュース FLO:Q
略語
goo辞書検索
  goo 辞書


QRコード
QRコード
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
サイトオンライン査定
簡易アクセスランキング
アクセスランキング
アクセス
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)