2006年12月09日

12/11 追加01

△米国株式市場=反発、米雇用統計やシティグループの上げが支援


ダウ工業株30種(ドル)   12307.49(+29.08)
ナスダック総合        2437.36(+ 9.67)
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 16535(+135)
大証日経平均先物12月限       16400


《12/12新規上場》
ダスキン<4665>
 株主:三井物産<8031>・三井住友<8316>銀行・日本製粉<2001>・日本水産<1332>・ロイヤルホールディングス<8179>・大和ハウス工業<1925>
 公開価格は1750円

セルシス<3829>
 株主:バンダイネットワークス<3725>・コナミ<9766>・東映アニメーション<4816>・ドワンゴ<3715>
 公開価格は16万円

トラストパーク<3235>
 公開価格は21万円

《12/13新規上場》
プロパスト<3236>
 公開価格は62万円

アドバンテッジリスクマネジメント<8769>
 公開価格は2万円

《12/14新規上場》
ライフフーズ<3065>
 公開価格は270円

平田機工<6258>
 公開価格は2200円
 株主:SMC<6273>

《12/15新規上場》
イントランス<3237>
 公開価格は

ギガプライズ <3830>
 公開価格は18万円


《12/11決算発表》
ザッパラス<3770>
巴工業<6309>

《12/12決算発表》
サイボウズ<4776>

《12/13決算発表》
東建コーポレーション<1766>
学情<2361>
ウインテスト<6721>

《12/14決算発表》
アスカネット<2438>
くらコーポ<2695>
パーク24<4666>
綜合臨床<2399>
ファーマフーズ<2929>
東京ドーム<9681>

《12/15決算発表》
サーラ住宅<1405>
リンク・ワン<2403>
日東製網<3524>
京王ズ<3731>
オー・エイチ・ティー<6726>
ネクストジャパン<2409>
エム・ピー・テクノロジーズ<3734>
ACCESS<4813>


△ミライアル<4238>の2―10月期、経常利益52%増、半導体シリコンウエハー容器メーカーのミライアルが8日発表した2006年2―10月期の単独業績は、経常利益が前年同期比52%増の29億6200万円だった。大手メーカーの増産投資が堅調で、半導体工場で使用される大型ウエハー向け製品の需要が増えた。売上高は40%増の88億7300万円。半導体メーカーが直径300ミリシリコンウエハーを利用した生産ラインを増設したことから、専用容器の需要が拡大した。売上高原価率は0.1ポイント低下して53.8%となった。受注残高は10月末現在で前年同月比71%増の21億8700万円だった。

■ラクーン<3031>の10月中間、経常赤字2000万円、流通業向け電子商取引サイトを運営するラクーンが8日発表した2006年10月中間期の単独決算は、経常損益が2000万円の赤字(前年同期は2800万円の黒字)だった。加盟小売店獲得のための広告費用などがかさんだ。売上高は前年同期比1.6倍の14億7200万円だった。新品や定番商品を扱うサイト「スーパーデリバリー」に参加する小売店は1.5倍の7670店、出展企業は1.7倍の544社に拡大。同サイトの売上高は約2倍となった。

△ジャストプラ<4287>の2―10月期、経常利益8%増、飲食店向けシステム開発のジャストプランニングが8日発表した2006年2―10月期の連結業績は、経常利益が前年同期比8%増の4億8300万円だった。主力の店舗管理システム「まかせてネット」の導入店が増えた。売上高は4%増の12億6900万円。まかせてネットの導入店数は3730店と前期末に比べて9%増えた。営業代行子会社の設立による従業員増で販管費は15%増えたが、増収効果で吸収した。

△凸版印刷<7911>、無料DVD事業を拡大、広告効果を高める狙い。第1弾として11日、三井化学<4183>やNTTドコモ<9437>など10社の企業紹介を収めた「学生就職支援版」を発行する。2007年度には無料DVDの広告収入で4億円を目指す。

△ワゴナーGM会長「トヨタ<7203>、いすゞ<7202>との提携、排除せず」、3社連携について具体的には「何も話していない」としたが、ディーゼル分野では「(いすゞとの)エンジン合弁生産事業などでの提携関係を継続していきたい」と述べた。GMがいすゞとの協力関係を維持すれば、ディーゼル車でトヨタも含む3社の提携関係に発展する可能性が高まる。

△植物原料の部材開発進む、トナーなどデジタル機器向け、リコー<7752>は植物原料を使った複写機用トナーを世界で初めて開発。富士フイルム<4901>も100%植物原料の液晶パネル用保護フィルムの開発に着手した。

△「セルフレジ」導入拡大、スーパーなど人手不足で、大手のイオン<8267>や地方の食品スーパーが相次いで拡大計画を打ち出した。パート確保が難しくなっているためで、人件費抑制のほかに顧客のレジ待ち時間を短縮できる利点がある。イオンは総合スーパー「ジャスコ」や食品スーパー「マックスバリュ」など関東以西の直営19店にセルフレジを導入した。これを2008年2月期末までに30店以上に増やす計画。1店あたり4―8台を設置する。通常のレジに比べて人員配置は4分の1で済む。

△三菱重工<7011>、高炉ガス燃料の発電設備を中国で拡販、中国のエンジニアリング大手、中冶華天工程(南京市)と提携し、今後5年で約40基、総額4000億円規模の受注を狙う。

△日本製紙<3893>と東海パルプ<3706>、トーモク<3946>への出資拡大、日本製紙と東海パルプが段ボール業界3位で独立系のトーモクへの出資比率を2006年3月末に比べそれぞれ約1%高めたことが明らかになった。いずれもトーモクと段ボール関連事業で連携強化を図るのが狙い。トーモクも段ボール原紙部門を持つ日本製紙、東海パルプと連携を深め、同原紙の安定調達先の確保につなげるもようだ。トーモクは主力の段ボールではシェア7%を持ち、05年度連結売上高は1477億円。ホッカンホールディングスが筆頭株主となっている。段ボール原紙部門を持たない段ボール専業メーカーの最大手のため、再編の行方が注目されている。

△ドコモ<9437>、フジテレビ<4676>、ニッポン放送、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ<4795>、伊藤忠<8001>商事の5社、携帯向け放送の研究会

△日立建機<6305>、土浦工場内に油圧ショベル生産の新棟

△ニプロ<8086>、透析器の生産能力7割増、ニプロは2007年度末までに主力の人工腎臓透析器の生産能力を7割増の年6000万本に増強する。大館工場(秋田県大館市)に約200億円を投資し、世界最大手の独フレゼニウスに迫る規模に引き上げる。

△ネット防犯学べるかるた発売・日立システムアンドサービス<3735>、日立システムアンドサービスは遊びながらセキュリティーの知識を身に付けられるかるたを14日に発売する。セキュリティーの注意点や、被害が増えているオンライン詐欺の内容などを575の句で表現。社員教育用に売り込み、同社のセキュリティー業務をアピールする。発売するのは「セキュリティかるた」。「怪しいと 感じたメールは 開かない」「巧妙に サイトに誘導 フィッシング」などセキュリティーに関する45句を用意した。付録として迷惑メールの種類や対処法などの解説も付けた。

△東光<6801>、中国に部材生産の新会社、コイル製造大手の東光は電子部品用部材メーカーと共同出資で中国に新会社を設立する。広東省珠海市の生産子会社の隣接地でコイル用金型や金属端子などを製造する。日本からの輸入などに頼っていた部材を現地で生産することでコスト競争力を高めたい考えだ。新会社の資本金は3億円で、東光が49%、電子部品用部材などを製造するエレック北上(岩手県北上市)が51%を出資する。用地は借り入れるが、3億円を生産設備などに投じ、来年4月の稼働を目指す。生産した部材は隣接する生産子会社や深セン市の生産子会社に供給する。

(NIKKEI NET)


▼東海染工<3577>の元課長が架空売上計上、決算訂正へ、8日、製品事業部の元営業課長が架空の売上高や売上原価を計上していたことが判明したとして、過去の決算を訂正するおそれが生じたと発表した。数値については現在精査中だが、2006年3月期連結決算の最終赤字3億3100万円が同4億2100万円に、2006年9月中間期連結決算の最終赤字2億7300万円が同6億3300万円に、それぞれ悪化する可能性がある。同社では「投資家、市場関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけすることを深くお詫びする」とした上で、再発防止に向け「社員教育や管理体制のさらなる強化に取り組んでいく」とコメントしている。

(ロイター)


□三井住友<8316>銀、政治献金の再開当面見送りへ=3メガバンクの対応分かれる

(時事通信)


△厚さ8mmの光学式マウス バッファロー<6676>

△受験生を応援するためのポッキー 江崎グリコ<2206>

(J-CASTニュース)


■北越製紙<3865>、王子<3861>TOBは違法 証取委に調査求める、王子は当初、北越による三菱商事<8058>への第三者割当増資の撤回をTOB開始の条件と公表していたが、突然、増資撤回がないままTOBに踏み切った。

△全日空<9202>ホテル売却、背景に空港拡張で予想される競争激化、背景には09年度の羽田、成田両空港拡張で予想される競争激化がある。また、1000億円の売却益を得ることで、経営再建に苦戦する日本航空(JAL<9205>)を一気に引き離そうという思惑もあるとみられる。

(毎日新聞)


△ソニー<6758>、液晶TVを高収益化、ソニーは液晶テレビの原価低減を世界規模で推進する。パネルメーカーから稲沢工場(愛知県稲沢市)を経由し出荷している中国・上海工場向けの液晶パネルについて、07年初めにもパネルメーカーから上海工場への直送体制に切り替える。

△日立<6501>、手のひらサイズの組み立て型コンピューター開発

△NEC<6701>、業界最軽量の企業向けモバイルノートパソコン発売

△NEC<6701>グループの東洋ネット、企業向けPLCモデム発売−3年で20万台見込む

△日立<6501>、速度・耐久性3割向上の業務用プリンターを発売

△指月電機<6994>、中小・店舗向けに低価格電力量監視装置を発売、指月電機製作所は中小企業や店舗向けに、低価格のデマンド(最大需要電力)監視装置「V―モニター」を発売した。デマンド値を監視して警報音とモニター色で知らせ、電力料金の削減につなげる。価格は10万円。ファストフード店などに提案し、07年3月期に300台の販売を見込む。

△KDDI<9433>、1.5倍の連続通話が可能な法人向け携帯電話を発売

△東北リコー<7752>、基本性能向上のデジタル印刷機3種を発売

△リコー<7752>、環境対応デジタル複合機4モデルを追加

△サンケン電気<6707>、輝度1.6倍の「第3世代」冷陰極蛍光管を出荷、サンケン電気は液晶テレビのバックライトに使用する冷陰極蛍光管(CCFL)について、従来比1・6倍の輝度を目指した「第3世代」商品を出荷する。32インチ液晶テレビで同CCFLを採用するとプリズムシートが不要になるため、液晶バックライトユニット全体のコストを08年をめどに半減できるという。大幅な性能アップにより、台頭しつつある韓国、台湾勢を大きくリードする。

△富士ソフト<9749>、オフショア開発を活用へ−東忠と提携し中国拠点を利用

△村田製作所<6981>、実装面積75−95%減のバラントランス2種を発売

△三菱電機<6503>、新電源で精度向上した微細穴専用放電加工機を発売

△ブラザー工業<6448>、本縫い用などミシン4種を投入

△リョービ<5851>、狭い場所でもクギなど切断できる小型レシプロソー発売

△富士重<7270>、SIレーダー採用のレガシィ特別仕様車を発売

△トヨタ自動車<7203>、「ラウム」改良し発売

△スズキ<7269>、軽乗用車「エブリイワゴン」特別仕様車発売−上質感を追求

△スズキ<7269>、スポーツ多目的車2種に特別限定車

△ホンダ<7267>、スポーツバイク「XR400モタード」の一部仕様を変更

△ホンダ<7267>、「CB400SS」の車色変更して発売

△安川電機<6506>、業界最小サイズの多軸コントローラー発売

△サンコー<6964>、巻き取り器とフックを一体化した高所作業用安全帯を発売

△神鋼<5406>、圧縮機など好調で機械エンジカンパニー中計を2年前倒し達成へ

△オリンパス<7733>メディカル、内視鏡を18分で2本同時に洗浄する装置発売

△石播<7013>、歯車事業を2社に集約−機動・一体性など強化、石川島播磨重工業は8日、グループ会社で分散している歯車事業を子会社の石川島風水力サービス(ICP、東京都中央区)と石川島精機(ISK、大津市)の2社に集約すると発表した。

△カルピス<2591>、「インターバランスL―92」を刷新、カルピスは4日、抗アレルギー作用が確認されている乳酸菌「L―92」配合の「インターバランスL―92」シリーズを刷新し、18日から順次発売すると発表した。

△ワコールとUA<7606>、共同製作のスポーツウエア発売

△大和ハウス<1925>、3階建て賃貸住宅を発売−敷地条件に柔軟対応

△富士フイルム<4901>、プロ・ハイアマチュア向けデジタル一眼レフ投入、富士フイルムは7日、有効画素数1234万画素のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「ファインピクスS5プロ」を07年1月下旬に発売すると発表した。

△ミサワホーム<1722>、1階に「蔵」配置した一戸建て住宅を発売

△三菱鉛筆<7976>、伊社とのコラボによる筆記具を発売

△京成電鉄<9009>、16日に有馬記念パスネット発売、京成電鉄は24日に開催される第51回有馬記念に合わせ、前回の優勝馬「ハーツクライ号」のパスネット(共通乗車カード)を16日に発売する。

(日刊工業新聞)


△TVでPR効果、体に浸透 売れ筋健康食品番付、健康食品、医薬品販売サイトのケンコーコム<3325>は8日、2006年に話題となり、販売点数も急増した健康食品の番付を発表した。東の横綱にダイエット効果があるとして話題となった「ファセオラミン(白いんげん豆の成分)」、西の横綱にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策に有効と紹介された「杜仲茶」が選ばれた。

△北米でフルHDデジタルビデオカメラ、松下電器産業<6752>は8日、フルハイビジョン(HD)規格のデジタルビデオカメラを来春、北米で売り出す方針を明らかにした。プラズマテレビや次世代DVDを含め北米でAV(音響・映像)機器のフルHD化にいち早く乗り出し、顧客を囲い込む。来日した同社の山田喜彦北米本部長(パナソニック・ノースアメリカ会長)が明らかにした。

△クールに冬装備 日産<7201>/スズキ<7269> SUV特別仕様車、雪道で特に威力を発揮する四輪駆動タイプをベースに、日産自動車はスポーツ多目的車(SUV)「X−TRAIL(エクストレイル)」、スズキはSUV「エスクード」と「SX4」に限定車を設定。スキーやスノーボードで冷えた体を温めるシートヒーターやぬれた服のままでも乗り込める撥水シートなど、ウインタースポーツファンのハートをくすぐる装備で需要を取り込む。

△スター陣営 トルコ航空加盟 ANA<9202>、共同便期待、全日本空輸(ANA)などが参加する世界最大の国際航空連合、スターアライアンスは9日、トルコ共和国イスタンブール市で加盟社代表者会議を開き、トルコ国営航空会社のトルコ航空(イスタンブール市)の加盟を承認する。

▼損保6社の不払い問題 再調査完了時期バラバラ 07年度ずれ込み2社、東京海上日動<8766>来年3月末・損保ジャパン<8755>4月末・三井住友海上<8316>2月15日・あいおい損保<8761>3月末・日本興亜損保<8754>4月末・ニッセイ同和<8751>3月末

△「丸井<8252>」来秋、有楽町に開業 東京・銀座の百貨店、改装・増床

■三菱東京UFJ<8306>銀は3000億円を軸に調整しており、今月下旬に開かれる取締役会で正式に決め、年内にも払い込む見通し。みずほフィナンシャルグループ<8411>や三井住友FG<8316>も追随するとみられる。

△アジア最大「ユニクロ<9983>上海」開店

(FujiSankei Business i)



  人気blogランキング 登録しました!

<激買い>・ミライアル<4238>・ニプロ<8086>・サンケン電気<6707>
<仕手系&テクニカル注目>・太陽誘電<6976>・スタジオアリス<2305>
日経CNBC画像番組表の[これから狙う注目銘柄]スレも注目ですよ。

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. スタジオアリスで娘の七五三  [ スタジオアリスで娘の七五三 ]   2006年12月21日 11:19
スタジオアリスで10月に撮った娘の七五三の写真を年賀状にしました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
「ブログパーツ」by OCN
OCN
image

OCN
image
ブログで株式情報
Fisco Gate 銘柄検索
銘柄コード or 銘柄名 を入れて下さい


Easylistener
オススメ証券
アフィリエイト
国内商品先物14銘柄価格表
オススメ株ソフト
株主優待ランキング
フィナボッチ計算式
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
楽天市場
livedoorニュース FLO:Q
略語
goo辞書検索
  goo 辞書


QRコード
QRコード
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
サイトオンライン査定
簡易アクセスランキング
アクセスランキング
アクセス
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)