2007年02月15日

2/15 追加03

□三井物産<8031>、ナフサ取引の損失隠し発覚のシンガポール子会社を解散

△河合楽<7952>の中期計画、2010年3月期に営業利益1.5倍目指す
これらを踏まえ、同社は07年3月期に6期ぶりの復配(年5円)を予定している。

(ロイター)


▼日本サード<2488> 大幅安。
業績の下振れに意外感が働いているようだ。第3四半期決算の発表と併せて、07年3月期の業績予想を下方修正している。経常利益は据え置かれたものの、最終利益については従来予想の2.78億円から2.59億円に減額された。修正幅は小幅にとどまっているが、中間期が従来予想から上振れた経緯から、下方修正は想定外との見方につながっているもよう。

△グレース<4790>---後場急騰、前12月期業績見通しを上方修正で
後場、出来高を伴って急騰。前06年12月期決算見通しを上方修正しており、売上高は従来見通し230億円に対して251.87億円へ、経常利益は6億円に対して6.85億円での着地を見込んでいる。今期より連結子会社化した日東工営の業績寄与や、それに伴う手数料収入増加が要因となったもよう。株価は年初高値125円を上回る推移に。

△ソフトバンク<9984> 前場高値を突破。
日経平均は17900円手前レベルで膠着をみせているが、全体が膠着を強める時にこそ短期資金がシフトしやすい。松井証券経由の前場の取引では売り代金が12億円に対して買い代金が7億円と売り超。信用倍率の1倍割れ、指数インパクトの高さなどから思惑的な動きにも。

▼CCC<4756>---大幅反落、通期経常見通しの下方修正で
大幅反落。前日発表の通期経常見通しの下方修正が嫌気される。主力のレンタル事業の新規出店遅れや人材獲得やシステム強化の費用負担などから従来見通し 175億円から前期比横ばいの145億円へ下方修正している。第3四半期が小幅な増益にとどまった点もネガティブな反応につながったもよう。

▼長谷工<1808>---通期業績見通し据え置きが失望売り誘う
後場売り気配スタート。前場は年初高値492円まであと一歩と迫ったが、前場引け後に発表した通期業績見通しが据え置かれたことが先回り買いした向きの失望売りを誘ったもよう。なお第3四半期決算は売上高4878億円、経常利益420億円で着地しており、通期予想に対する進捗率はそれぞれ70%、68%と順調な推移。

△協エクシオ<1951>---昨年8/17戻り高値1377円に接近
上昇基調が強まっており、昨年8/17戻り高値1377円に接近している。業績予想の上方修正および増配を引き続き手掛りにしている。2/9時点の信用倍率は1.47倍と4週連続で1倍台と需給妙味はある。週足ベースの均衡表では、先行スパン(雲)が1360-1370円レベルで推移しており、これを突破できれば上値余地は拡大する。

△日農薬<4997> 大幅高。
ドイツ証券がレーティング未付与ながら、ポジティブなレポートをリリースしている。製剤メーカーから原体・製剤メーカーへと脱皮しつつあり、自社品比率も年々上昇傾向にある模様。新規開発品目では、大型殺虫剤として期待する「フェニックス」が近々上市予定。足元の業績動向も徐々に改善傾向にあるとみているようだ。

(フィスコ)


▼不動産投資信託が軒並み安、ダヴィンチ<4314>・セレクトの行政処分勧告で連想売り
MIDリート投資法人<3227>が一時、前日比5万4000円(8.39%)安の59万0000円まで下落、野村不動産レジデンシャル投資法人<3240>が一時、前日比6万8000円(7.62%)安の82万4000円まで下落、日本ビルファンド投資法人<8951>が一時、前日比11万0000円(5.70%)安の182万0000円まで下落、福岡リート投資法人<8968>が一時、前日比11万0000円(9.73%)安の102万0000円まで下落、ケネディクス不動産投資法人<8972>が一時、前日比10万0000円(11.29%)安の78万6000円まで下落、イーアセット投資法人<8974>が一時、前日比6万1000円(9.12%)安の60万8000円まで下落するなど、不動産投資信託が軒並み安となっている。

▼消費者金融株が安い、オリコ<8585>赤字転落報道で連想売り
武富士<8564>が一時、前日比120円(2.57%)安の4550円まで下落、プロミス<8574>が一時、前日比90円(2.18%)安の4030円まで下落、アコム<8572>が一時、前日比120円(2.65%)安の4400円まで下落するなど消費者金融株が軟調に推移。15日付の日本経済新聞朝刊が「オリエントコーポレーションが2007年3月期決算で2000億円を超える連結最終赤字に転落することが14日、明らかになった」と報じたことを受けて、改めて利息制限法の上限金利を超える金利分の返還問題が投資家の間で厳しく意識されるところとなっている。

▼DAオフィス投資法人<8976>がストップ安売り気配、証券取引等監視委員会が行政処分勧告
前日14日に証券取引等監視委員会は金融庁に対して不動産投資信託運用のダヴィンチ・セレクトを行政処分するよう勧告。DAオフィス投資法人も同社に対して資産運用を委託しており、ダヴィンチ・セレクト絡みでの連想売りがでている。ダヴィンチ・セレクトの親会社となる ダヴィンチ・アドバイザーズ<4314>の株価も値幅制限の下限となる前日比2万円安の12万7000円まで気配値を切り下げてストップ安売り気配となっている。

(テクノバーン)


△松屋<8237>、高島屋<8233>など消費関連株が高い、GDPでの個人消費のプラス転換を好感
消費関連株が東証1部値上がり率上位に浮上している。松屋、高島屋、ラウンドワン<4680>、丸井<8252>、井筒屋<8260>、大丸<8234>、松坂屋HD<3051>、パルコ<8251>、7&iHD<3382>、伊勢丹<8238>、ユニー<8270>、阪急百<8242>、ニトリ<9843>、三越<2779>が値上がり率ランキングに並んでいる。寄り付き前に内閣府が06年10月〜12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表。物価変動を除いた実質ベースで個人消費が前期比1.1%増と2四半期ぶりにプラスに転じたことを受け、消費関連株に買いが向かっている。三陽商<8011>はきょう、前06年12月期決算を発表。コメリ<8218>はモルガン・スタンレー証券が投資判断を「オーバーウエート」に引き上げている。

▼ヒビノ<2469>が新安値、音響機器不振で今期業績予想を下方修正
高級音響機器販売のヒビノが一時300円ストップ安の1370円まで売られ、06年6月2日の上場来安値1400円を更新した。午後1時15分現在、ジャスダック市場値下がり率第2位。同社は14日、今07年3月期の連結業績予想の下方修正を発表、嫌気されている。経常利益は10億2400万円→7億2000万円、純利益は5億7700万円→3億9000万円を見込む(今期より連結を開始しているため、前期比はない)。年末商戦に向けた新商品の発売が延期されたことや、設備・施工案件の受注が伸び悩んでいることで第4四半期で減速している。また、輸入音響機器の新ブランド取得も来期に延期となっている。

(株式新聞ダイジェスト)


▼車から白い粉末を押収=阪急<9042>運転士の覚せい剤事件−大阪
阪急電鉄の運転士奈良木宜義容疑者(49)が覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された事件で、同容疑者の車などから覚せい剤のような白い結晶状の粉末が押収されたことが15日、分かった。府警都島署は粉末の鑑定を急ぐ。

▼快速が停車駅オーバーラン=JR西<9021>

(時事通信)


▼福島談合、東急建設<1720>元副支店長に有罪…東京地裁
福島県発注の下水道工事談合事件で、競売入札妨害(談合)の罪に問われた中堅ゼネコン「東急建設」東北支店の元副支店長・門脇進被告(63)の判決が15日、東京地裁であった。毛利晴光裁判長は「県民の犠牲の下、自社の利益のために積極的に談合にかかわり、果たした役割も大きい」として、懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)を言い渡した。

(読売新聞)


△Qちゃん2世・新谷異例デビュー
18日に行われる東京マラソンで“Qちゃん2世”こと新谷(にいや)仁美(18=豊田自動織機<6201>)がマラソンデビューする。

(スポニチ)


△バッファロー<6676>、USB対応の高性能ゲームパッドコンバーター2機種を発売、卓上型のハイパワーUSB2.0無線LANアダプターを発売、低価格のUSB対応DVDスーパーマルチドライブなど2品を発売、RAID5対応LAN接続HDD「TeraStationPRO」から3TBモデルを発売、スタンダードタイプの2chマルチメディアスピーカー「BSPK−MA01 シリーズ」から新色を発売

△常盤薬品<7644>、「サナ なめらか本舗」シリーズから「しっとり化粧水」増量サイズなど限定発売

△プライム<2684>、新機能ミネラルウォーター「プラチナウォーターBD」を発売

△エレコム<6750>、15.4インチワイドノートPCも収納可能な大容量キャリングバッグを発売、超軽量×超撥水のビジネス用PCバッグ「Lightioシリーズ」を発売

△ホンダ<7267>、ミニバン「ステップワゴン」をマイナーモデルチェンジし発売、ミニバン「オデッセイ」をマイナーモデルチェンジし発売

△ヤフー<4689>とアイスタイル、クチコミ情報の収集・提供で協業

△古河電工<5801>、CSR推進体制強化で「CSR推進本部」を設置

△小田急<9007>トラベル、ロマンスカーで行く箱根・伊豆「大人の体験工房」を発売

(日経プレスリリース)


▼アマノ<6436>がさえない
UBSが同社株の投資判断をバイ2からニュートラル2に引き下げたことが響いている。

(株式市場新聞)


△住友信託銀行<8403>は4日続伸し昨年4月高値を窺う動きに
同行が手掛ける企業向け買収防衛策導入支援業務が増えているとの一部報道を好感している。買収リスクの診断や買収防衛策の設計など、2007年6月の株主総会までの受注件数は50件弱と、前年比約3倍に増える模様。M&A(企業の合併・買収)が増える中、買収防衛策の認知度も上がっており、導入を検討する企業が増えているという。また、国内の機関投資家を対象に優先出資証券を発行し、資本増強するとの発表も好感している。3月上旬に円建てで500億円をめどに発行、今回の資本増強で、2006年12月末の連結自己資本比率(11.69%)を0.3%分上昇させる効果があるとしており、金融機関の勝ち組としての評価が高まりつつあるようだ。

▼ダヴィンチ・アドバイザーズ<4314>がストップ安売り気配
証券取引等監視委員会が14日、金融庁に対しダヴィンチ・アドバイザーズの運用子会社である不動産投資信託(REIT)運用のダヴィンチ・セレクト(東京・中央)を行政処分するよう勧告したことを嫌気した売りが優勢となっている。市場関係者によれば、「1兆円ファンド」軸に期末運用資産残高は計画超過の1兆円台にとの昨年12月中旬の一部観測に対して、ノムラの1兆円ファンドが設定後低迷したことを思い出すとして、ファンドが購入した物件の受け皿は誰と疑問を投げかける声もあった。

△GMOホスティング&セキュリティは好決算で利確売り先行、絶好の買い場
連結通期決算は、売上高が前年比26.0%増の57億4400万円、経常利益が同48.3%増の14億3800万円、純利益が43.1%増の8億4700万円と、大幅な増収増益となった。2007年12月期の連結業績予想は、売上高が前年実績比43.7%増の82億5200万円、経常利益が同0.9%増の14億5100万円、純利益が同14.9%減の7億2100万円。経常利益は横バイ、純利益は減益を見込んでいるが、これはセキュリティへの先行投資、子会社取得にともなうのれん代償却などによるもので、さらなる成長のための布石と見られている。きょうの前場は続落しているが、好業績を受けた利益確定売りが先行しているもようだ。ここは絶好の買い場。現在の株価でPERは24.82倍と、同社の成長性を勘案しても割安だ。チャートを見ると、2006年7月の株式分割以降、続落傾向にあった。が、同11月につけた上場来安値14万1000円と、今年1月につけた14万6000円でダブルボトムを形成。下値を固めている。オシレーター的には、短期日足と長期月足で「買い時」となっている。今が買いチャンスだ。

△日清紡<3105>が大幅に反発し昨年来高値を視野に入れる
国内大手証券系調査機関がレーティングを新規「1」、適正株価を1890円としたことを材料視して買われている。事業ポートフォリオの大胆な入れ替えで成長企業へ転身としている。また三角合併解禁を5月に控え、M&Aの対象となる銘柄を物色する流れに乗っているとの指摘もある。日経平均株価が昨年来高値を更新する動きとなっており、保有株式の含みを評価する動きが豊田自動織機<6201>(東1)を中心に見られていることも株価を刺激している。目先は、取組倍率0.31倍の売り長の好需給を支えに昨年4月高値1446円が視野に入ってきた。

(証券日刊新聞)


△日本CG<4787> 第3四半期業績
日本コンピューターグラフィックは、2006年12月連結第3四半期業績を発表した。売上高9.9億円(前年同期比68.3%増)、経常利益0.06億円赤字(同1.03億円赤字)、当期純利益0.09億円赤字(3.76億円赤)。通期予想は、1.04億円の黒字で据え置きとしている。

△ダイヤ通商<7426> 上方修正
ダイヤ通商は、2007年3月通期連結予想を発表した。有価証券売却で借入金の圧縮を行い、売却益2億円が発生し、上方油性となった。売上高179億円(前予想188億円)、経常利益0.1億円(同0.3億円)、当期純利益1.3億円(同0.7億円)。

▼深川製磁<5335> 下方修正
深川製磁は、2007年3月通期単体予想を発表した。売上高18億円(前予想19億円)、経常利益0.59億円赤字(同0.24億円赤字)、当期純利益0.26億円赤字(同0.29億円)。

△阪和興業<8078> 上方修正
阪和興業は、2007年3月通期連結予想を発表した。売上高1兆2930億円(前予想1兆2450億円)、経常利益200億円(同185億円)、当期純利益120億円(同111億円)。

△グレース<4790> 上方修正
グレースは、2006年12月通期連結予想を発表した。日東工営株式会社の鉄骨・プレハブ建築事業及び、藤栄建設株式会社の不動産事業が好調であり上方修正となった。売上高251億円(前予想230億円)、経常利益6.85億円(同6億円)、当期純利益5.16億円(同3.2億円)。

▼エリアクエスト<8912> 下方修正
エリアクエストは、2006年12月通期連結予想を発表した。本社移転費用、固定資産除去損の計上で赤字幅が拡大した。売上高7.27億円(前予想8.07億円)、経常利益1.18億円赤字(同0.73億円赤字)、当期純利益1.37億円赤字(同0.78億円赤字)。

■長谷工<1808> 第3四半期業績 通期予想据え置き
長谷工は、2006年12月連結第3四半期業績を発表した。売上高4878億円、経常利益420億円、当期純利益320億円。通期業績予想は、当期純利益450億円で据え置きとなった。市場予想は、当期純利益478億円(クイック調査)。

(証券新報)


☆Rankingは上昇トレンドへ!現在何位でしょうか?
ブログランキングカブクンブログマーケットランキング投票FC2 Blog Ranking

<激買い>
・河合楽<7952>・ソフトバンク<9984>・豊田自動織機<6201>・日本CG<4787>
<仕手系&テクニカル&5%注目>
・ホシデン<6804>・ニチコン<6994>・新日鐵<5401>・JFEHD<5411>
日経CNBC画像番組表の[注目銘柄]スレも注目ですよ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by アコムweblog運営   2007年02月24日 09:40
突然のコメント失礼します。

はじめまして

こんにちは

今回は相互リンクのご相談をしたくコメントさせて頂きました。

もし相互リンク可能であれば

お手数ですが当URLより

コメント or トラックバックを頂ければと思います


いきなりの申し出で申し訳ないのですが

参考のほど宜しくお願い申し上げます


↓URL案内↓

ブログ名:アコム
⇒http://1acom.blog92.fc2.com/

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
「ブログパーツ」by OCN
OCN
image

OCN
image
ブログで株式情報
Fisco Gate 銘柄検索
銘柄コード or 銘柄名 を入れて下さい


Easylistener
オススメ証券
アフィリエイト
国内商品先物14銘柄価格表
オススメ株ソフト
株主優待ランキング
フィナボッチ計算式
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
楽天市場
livedoorニュース FLO:Q
略語
goo辞書検索
  goo 辞書


QRコード
QRコード
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
サイトオンライン査定
簡易アクセスランキング
アクセスランキング
アクセス
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)