2000年02月07日

パンターニの主張は却下

パンターニと弁護士は、ジロでクロとなった血液結果につき係争中だが、「使用された血液は自分のものでない」という彼らの言い分は今のところの再鑑定により否定され、「使用血液は本人のものである」との結果がでた。更に詳しい結果は来週の見こみ。


フェスティナ災難 11台のバイク盗難

先週フェスティナは、とんだ災難だった。Etoiles de Besseges ステージレースで、11台のオーダーメードバイクが盗難にあった。加えてキャプテンであるクリストファーモローがクラッシュで鎖骨骨折。唯一の救いは、最終ステージでアンディ フリッキンガーが3位につけたことだった。


オスカル・フレイレの自信

1999年世界選手権で優勝したフレイレが、チャレンジマヨルカ第1ステージを制した。今年に入って、マウンテンバイクのナランコオープンで優勝している23歳のフレイレ。スペイン国民の喜びもひとしおだ。「アルカンシェルの呪い」を打ち破った男と、騒がれている。本人も、73勝も積み上げているザベルや、20勝しているザニーニ、ツールのシャンゼリゼでスプリントの覇者マコーエンらを制しての勝利なだけに、自信を深めた模様。「僕の差し当たりの目標は、ミラン~サンレモ優勝」、とのことで、9798年の勝者ザベルに挑戦状を突き付けた。