2001年04月27日

<1999~2013年のロードレースNewsを復刻中・目下2001年4月下旬までリカバリー済み><2
014年6月以降は従来の
トクダネNewsページにて>



日増しに噂は大きくなっている。メルカトーネはツールに出られないのではないかと。先日メルカトーネ関係者は、「出場できるだろう」、と語ったが、現在
やや形勢不利という見方が濃厚なのだ。

まず、出場の残りの4枠のうち、2枠は既に決定しているという噂あり。その2チームとは、ロットとCSC(意外!)なのだとか。ロットは納得だ。ツールに出るため、シーズン始めに飛ばした。その結果、チームランキングでも上位に上り詰めた。また、チームのヴァンドヴァウエルは、ツールにおいて2年連続で、ベルギー人No.1の総合順位を確立している。

一方、CSCの出場なはぜ?そのココロは: ジャラベールというフランス人アイドルの存在があるからだ。シーズン前半、1勝しかしていないCSCが本当に出るのか?少なくともマスコミの噂では、ヴィランク不在の今年、フランスファンを盛り上げるために、ジャジャのツール出場は不可欠なのだという。(追記:この後、デンマークTVの放映権がらみの話もあることが判明。)

残る2枠は?まず、無理という観測が広がっているのは、表彰台経験者エスカルティンとツーレを要するコースト。そして、トンコフ要するマーキュリー。また、ビッグマットも、出場はかなり難しいという見方。その残り2枠にすんなりメルカトーネとサエコが入るのでは?と思いたいのだが、それを阻止しようとしているのが、エウスカルテルだ。

  エウスカルテルは、今の所 ソシエテ(ASOの前身)主催のレースに全て出場しており、また、エチェバリアらの活躍で、かなりいい線行っている。

  FDJは、スポンサーにフランス政府の息がかかっているため、出場確実という見方だったが、スポンサーが手を引く可能性をちらつかせているため、出場は微妙になった。

  メルカトーネが出られないという憶測の根拠は、先日のフォンタネッリのヘマクリット値疑惑、パンターニの裁判の結審が7月になること、彼がソシエテ主催のレースに出ていないこと、今年、まだステージレースを完走していないこと、などが挙げらる。

 

メルカトーネとサエコが、最後の1枠を争うことになると、パンターニvsチッポリーニという図式になる。

もっとも、昨年の例を振り返れば、ワイルドカードに関する巷の噂は、結構あてにならなかった。例えば、昨ツールでは、ボンジュールより、Jドゥラトゥールのほうが出場の可能性が高い、という観測が広がっていたのだから。(結果は逆だった)。ソシエテは、世論に迎合する組織では決してない。いずれにしても、泣いても笑っても、結果は5月2日!!