2002年02月06日

(「Velo Juillet 2001」記事から)

デッケルは、ツール
2000のパフォーマンス(3度の区間優勝を果たした)を思い出すたび笑顔がこぼれる。でも彼は、未だに、何故1回のツールで 3つもの区間優勝が取れたのか説明できない。今まで恵まれなかったライダーに、勝利の女神がいちどきに素晴らしいプレゼントをしてくれた、そういう説明で自分を納得させるしかない。

「それまで、ツールでは
6回、区間優勝を狙ったけど、1度も取れなかった。そして2000年は、打って変わって 3回狙って、3回とも勝ってしまった。どうにも納得のいかない話だ。確かなことは1つだけ。2001年も、区間勝利をリピートするようトライする。」


ツール2000以来、彼はワールドカップシリーズを2つ制し(サンセバスチャン、アムステルゴールド)、その間ツール・デ・フランドルでは2位になった。1回のツールで遂げた「区間 3勝」が納得いかない話だとしても、彼がツール2000のあとに自信を得たということ、これだけは納得がいく話だ。彼のこの自信が、かつて、絶望感に浸りながら、自分を卑下していた男を変えた。この自信が、ライバルたちを今や震撼させる存在だ。