2006/5/11 (THU) ギザ
エジプト旅行記第7話です第6話はコチラです。マイコ達を乗せたバスは、微妙な細道を抜けて、石の壁が連なる所で停まりました。まだアラビア文字に慣れないマイコ達は、辺りの看板をキョロキョロしまくり!現地ガイドのハッサンさんに連れられて、石壁の先に歩を進めると、目の前にアイツがいたんですっ

この光景が見たかったのよぉぉぉぉー
キタ――――(゚∀゚)――――!!

まだ続きまぁす♪→
正に、ガイドブックで見た写真のまんまの光景が広がってました
圧巻!

端に寄って、ハッサンさんの説明を聞いてるとき、カメラを持ったエジプシャンが近付いてきたんです。何やら、ココで記念撮影をするらしく、皆適当な配置につきました。


ハイ、チーズ
集合写真

みんな変なポーズをしてるのには、ちゃーんと意味があるんです一番前の人は、スフィンクスをイメージして前に手を出していて、真ん中の人はミイラをイメージして胸の前で手をクロス。一番後ろの人は、ピラミッドをイメージして頭の上で三角形を作ったんです(苦笑)。てか、こうやって見ると、ホント年齢層高めですよね

写真撮影後は、自由行動になって、みんなで写真を撮りまくりながらスフィンクスが間近で見られるスポットに移動しました。


ココを抜けると、スフィンクスがいるらしいんだけど・・・。
ピラミッド見える!

おっ!出口にカフラー王のピラミッドが見えーるー!


コレを見た瞬間「まじスゴーイって叫んじゃった。
超近ーい!

丁度、修復作業中だったみたいで、右側に骨組みがありましたまだ顔面じゃないだけマシですよねぇ。そうそう、スフィンクスには、色々な推測がされてるんですよね。


まずは、スフィンクスの鼻のお話から。誰が壊したのかーというと、
アップで♪

?狂言的なスーフィー教徒が壊した。(“偶像崇拝許すまじ”という理由から。)
?アラブ人の射撃の的にされた。
?古代からの観光客の誰か。
?マルムーク族(スラブ・トルコ・ギリシャ系の白人奴隷。マルムークという言葉も『売られた人間』を意味する)がやった。
?ナポレオン軍の射撃の的にされた。
これだけ出てるんですが、全部推測の域を超えてないんだそうです。因みに、1つだけハッキリ言えるのは、日本人が一番知っている、ナポレオン説は無いらしいです!現地ガイドのハッサンさんも、強く言ってました。

それから、スフィンクスの制作年代。カフラー王が建てた第二ピラミッドと関連して考える人が圧倒的に多いらしいんですが、クフ王が建てた第一ピラミッドの方が実は距離が近いし、スフィンクス神殿とクフ王の大ピラミッド(第一ピラミッド)葬祭殿の構造が似てるからクフ王が建造した説。(スフィンクス神殿は、第二ピラミッドの葬祭殿とも類似点が見られるそうな。)

第二ピラミッドとスフィンクスは、どちらが先に建てられたか解らないけど、先にあったものを意識して次のものが造られたのは確かなようで。スフィンクス神殿から春分、秋分の日に、第二ピラミッドを見ると、太陽がピラミッドの南端に沈んでいくのが見え、夏至だと今度は二つのピラミッドの間に沈む。これは“地平線”を表すヒエログリフに似てるとの指摘があるそうです。スフィンクスが、ホル・エム・アケト(地平線のホルス)と呼ばれていた事にも関連が付つきそうですね。因みに、スフィンクスは正確に真東を向いてるので、常に春分・秋分の日には、日の出の太陽をまっすぐ見てるんですって!

スフィンクスの制作年代の話に戻って、クフ王のインベントリーストーン(目録碑板)によると、“クフ王は、スフィンクスを全面彩色し、復興させた。彼はまず、欠けていたネメス頭巾の背面部を掘り出した。その長さは約7エル(3.7m)である”って書いてあるらしくてて事は、あの有名なギザの三大ピラミッドが建てられる前に、既にスフィンクスが存在してたって事になるんです!この説が正しいとしたら、スフィンクスは紀元前7千〜5千年頃に造られた事になるんです!何もない大地に、ぽつんとスフィンクスがいたなんて・・・。凄すぎるっ!

他にも、スフィンクスは二対になっていて、反対側のスフィンクスは、長期間の豪雨のせいで崩れて流された・・・という説も、考古学に詳しい友人から聞きました。確かに、スフィンクスの風化を見ると、『これは大量の水による激しい侵食の跡だ!』と言う専門家がいるんですよねー。だって、スフィンクス近くの古王時代の墓も調査したんだけど、スフィンクスのような激しい浸食の跡は見られなかったんですって!

私個人の意見としては、スフィンクス二体説を信じてるんですよねぇ。だって、スフィンクス神殿自体、左右対称、すべて2つあるんです!しかも、クフ王のピラミッドから発見された世界最古の大型木造船の“太陽の船”も、発掘された真反対側にもう1隻見つかってるし・・・。全て2つあるんですよー!!だから、スフィンクス二体説、濃厚だと思うんですよね〜おっと、語っちゃったわ(笑)。でも考古学って、調べれば調べるほど面白くって、ハマっちゃうんですよね♪

旅行記に話を戻しまして・・・


スフィンクス前で、既に超仲良し3人組で記念撮影
記念撮影♪

この時、はしゃぎまくるマイコ達の写真を密かに撮っていた、同じツアーの“カケさん”に声をかけられて、一緒に写真を取る事に♪カケさんも、ツアーに一人参加だった様子です。


4人で初パチリ
カケさんも混ざって♪

結構風が強くて、髪の毛が激しいことになってました


この写真、恰幅のいいイスラーム女性がいい感じ〜♪(失礼?)
イスラームの女性と


道端に、こんな感じのお土産売り場が沢山ありました
カッコイイ

今見ると、全部欲しい感じだわ♪たぶん、1個US$1くらいだと思います♪


写真を撮られるのが嫌なのか、お水売りのイスラームの女性がそっぽを向いてました。
お水売りの女性

イスラームの女性は、宗教柄写真を撮られる事をカナリ嫌がるらしいです!特に、全身黒ずくめの純粋なイスラームの女性を撮ろうものなら、法的な事に発展する事もあるらしいので、ちゃんと一声掛けて、更に撮らせてくれたらお礼にチップを渡しましょうね♪


こんな少年まで、片言の英語や日本語を話しながら頑張ってお土産を売ってました。
働く少年

この時は、あまり気付かなかったんですが、学校に行けずにこうやって観光地で働く子供が沢山いたんですよね。
世界中で働く子供の数 1億6600万人。
1日1ドル未満で生活してしている人口比率
西部中部アフリカ55%
東部南部アフリカ38%
南アジア33% etc・・・

世界の15%の子供は働いているんです。この事実を知ったのは、つい最近なんですが、本当に心から衝撃を受けました。学校に行くのが当たり前な国で育った私は、本当に恵まれていたんだな・・・って思いました。


コレ、お気に入りの1枚♪
最高!

ほんっとぉーに、ずっと眺めていたかったです!なんか、故郷に帰ってきた・・・というか、ホッとする感じでした


そして、一時“トリビアの泉”で話題になった、スフィンクスが見つめているケンタッキーも激写してきました!
ケンタッキー♪

なにげに、2階がピザハットでした。スフィンクスを見るのには、最高のベストスポットなんだろうなぁ因みに、このケンタッキーの店舗名はスフィンクス店らしいです。素敵ですよね〜


最後に、1人でイェーイ!!
イェーイ♪

集合時間が迫ってきたので、激しく後ろ髪を惹かれる思いで、スフィンクスとバイバイしました。この後、ピラミッドが見えるレストランでランチを食べに行きます!

【写真提供:すーサン・しんチャン・カケさん】