2017年05月13日

今日は、1日中雨でした
1日空いていましたが、朝から1日かけて
自宅ピアノでカラピアノの録音から編集、制作を
していました。今、21時を過ぎています。
アップデート関係が終わって、録音環境を
ブログにアップです。

この3年、ホール録音を試してきましたカラピアノを、
今後は自宅ピアノで録りたいと思っています。

いつも弾いていますピアノは、YAMAHA G5です。
古いピアノですが、気に入っています。

Photo1














4月の末に調律が入ったばかりで状態は良いです。
でも、流石に古いので、多少、鍵盤がブレルというか、
和音が整わないところがあります。
ハンマーの全取り換えをすれば新しい状態になりますが、
音が変わってしまうので、しばらく、このまま弾きたいです。

コンデンサーマイクは、先日、1本追加して2本でステレオ
で録りました。2本共に、RODE NT1-Aです。

Photo2














1本25,000円程度のコンデンサーマイクですが、悪くない
と思います。マイクをどこに立てるかで、生ピアノの録音
は全然違います。プロのレコーディングエンジニアでも
難しいと言われています。でも、今日は最初に置いた
ところでバランスが良いように思ったので、そのまま
録りました。たった3曲の録音でしたが、3時間かかりました。

オーディオインターフェイスは、Roland QUAD-CAPTURE
を使っています。コンデンサーマイクを、L、Rで入力出来ます。

Photo3













今まで、自宅録音ピアノ伴奏MP3は、コンデンサーマイク1本
でモノで録って、ステレオにコンバートしていました。
でも、それですと、高音が録れないとか、低音が弱いとか
になります。今回は、マイクを2本高音も低音も録れるように
置きました。

ヘッドフォンは、定番のソニーのヘッドフォンを使っています。

Photo4













このヘッドフォンは、スタジオやホールなど定番です。
無難に良いヘッドフォンだと思います。

録音及び編集には、Sound it!を使っています。

Photo5














Sound it!は、 for Windowsと for Mac 両方を使っています。
安いソフトですが、使い易いです。
以前は、販売レベルの音源を録ろうと思った場合は、凄く
高いソフトPro tools(以前は、ソフトだけで100万円と聞きました。)
が定番と聞いていましたが、今は、そんなに高いソフトを
使わなくても、それなりに録れるように思います。

今日録音して、編集してオーディオCDに焼いてオーディオ
で聴いてみて、You tubeにアップしてデスクPC(iMac)で
聴いてみたりしましたが、ホールで録るよりむしろ音が良い
ように思いました。演奏内容は、まだまだです
難しいです。
微妙に揺れたり、「上手くいく」と思うと最後で「ちょっと」と
なったり。まだまだ、検討、練習が必要です。

自宅で録れるようになりましたので、ちょくちょく、今後は
録っていきたいです。
今日録りました3曲は、明日、販売開始予定です。

maimusiccafemaimusiccafe at 21:21│コメント(0)ピアノ | サイト運営

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments