2009年04月07日

今週の六十余州 その37「1. 山城 あらし山 渡月橋」

1図そうだ京都へ行こう

新年度最初の今回は
六十余州の第1図目となる
京都嵐山の渡月橋の図です。
今がちょうど桜の見頃
図の中の嵐山も桜満開です。
第1図ということもあって
広重も力がはいったことでしょう。
まさに錦絵と呼ぶにふさわしい色鮮やかな傑作版画です。

渡月橋は亀山上皇(1259-1274)が「くまなき月の渡るに似る」として命名されたと伝えられています。

1図滝嵐山に掛かる「すやり霞」の切れ目に落ちるのは戸無瀬(となせ)滝。
渡月橋の下
桂川を流れる小舟が春の穏やかな静けさを醸し出してくれています。

歌川広重「六十余州名所図会」完全復刻版の紹介ページはこちらです。(O)

mainichi_art at 10:08│Comments(0)TrackBack(0)今週の六十余州 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ようこそいらっしゃいました
毎日アート出版株式会社
東京神田小川町で美術品の販売をしている会社です。
時々、展覧会も開いています。

当社のホームページは
「和美三昧」

ご意見ご要望はこちらからメールしてください!