2009年04月28日

今週の六十余州 その40「20. 下総 銚子の濱 外浦」

20図 下総(しもうさ)国は、南に上総ご境を接し、平野が広く開け、その他国との分界が難しく、武蔵・上野・常陸の諸国と分れたのは、大体河の流れによったものであるが、水脈が変転しやすく形勢はますます錯雑して、その移動も極めて多い。
現在の千葉県、茨城県に属す。

銚子港は犬吠埼の北側、慶長以降利根川の河口にあって、かなりの水深もあり、千石積の大船も容易にここを通過したのであるが、その後浅瀬に変じてしまい、大船の入津寄泊出来なくなってしまった。

20図富士銚子市在住の研究家によれば、この図は、現在の銚子市犬若浦から見た景観で、左手に千騎が岩、右前方に行部岬をみ、遠方に富士を見て描いたものという。

利根川の河口南浜には礁脈があって、一ノ岩、二ノ岩、三ノ岩という黒岩が高くたつのが古来から名高く、それらは川口を横ぎり、海の浪がこれにぶつかり激しいものがあった。その一つを描いたものであろう。


歌川広重「六十余州名所図会」完全復刻版 別冊解説書より

mainichi_art at 11:01│Comments(0)TrackBack(0)今週の六十余州 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ようこそいらっしゃいました
毎日アート出版株式会社
東京神田小川町で美術品の販売をしている会社です。
時々、展覧会も開いています。

当社のホームページは
「和美三昧」

ご意見ご要望はこちらからメールしてください!